コラボレーション : Cisco ICM Peripheral ゲートウェイ

ICM を使用した Sprint NIC オフライン問題のトラブルシューティング

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、1 つ以上の SPRCOMM のリンクを閉じることを示す、Cisco Intelligent Contact Management(ICM)の Sprint ネットワーク インターフェイス コントローラ(NIC)プロセスにおける、1 つ以上の SPRCOMM リンクが CLOSED(オフライン)であることを示すメッセージの根本原因を特定するのに必要な手順について説明します。

ICM がスプリント ネットワークからのシグナリングを失うとき、ICM CallRouter の Sprint NIC プロセスおよび Administration Workstation (AW)のイベント ビューアはこれと同じようなメッセージを表示する:

06:37:41 SPRCOMM Link 2 to SCP IRVINE 91/1:11:3 CLOSED. 
 06:38:44 X25Receiver - Unexpected error on link 2 PVC 4(Error 0 hex=0). Re-Establish 
 06:38:45 PVCEntry - reset_channel failed on link 2 PVC 4 
 06:38:45 PVCEntry - reset_channel failed on link 2 PVC 1 
 06:38:45 X25 link (2) PVC (1) reset failed. Detaching.

Cisco ICM の外に発生している事実上いずれの場合も、これは条件によって引き起こされます。 根本的な原因で着くために以下に説明がある手順を使用して下さい。

はじめに

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

このドキュメントの読者は次の項目に関する知識が必要です。

  • Cisco ICM

  • スプリント ネットワーク N00-number (例: 700、800、900) 呼ルーティング

  • Microsoft Windows NT

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco ICM バージョン 4.6.2 以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

SprintとCisco の関係

スプリントの Intelligent Network Service 配信ファシリティはカスタマー プレマイズによって基づく機器がスプリント ネットワーク N00-number (例に加わるようにします: 700、800、900) 呼ルーティング。 スプリント ネットワークのサービスのセット 制御点(SCP)はスプリント ネットワークと顧客宅内機器間の通信機能を提供します。 顧客宅内機器は外部ルーティング プロセッサとしてスプリント、か SiteRP によって命名され、実際に Cisco ICM です。

SCP はスプリント ネットワークのエンド ノードであり、電話交換機からスプリント ネットワーク全体の届く N00番 コール 照会要求を処理する役割があります。 SiteRP ノードは SCP が照会要求をリダイレクトするカスタマー サイトにあるエンド ノードです。 以前に示されるように、ICM は SiteRP のロールを担います。 Cisco ICM の SiteRP インターフェイスは ICM Central Controller で動作する Sprint NIC として知られている Microsoft Windows NT プロセスとして実装されます。 Cisco ICM はコール照会をから受け取り、Sprint NIC を通してスプリント ネットワークへの照会応答(ラベル)を返します。

スプリント ネットワークに 5 SCP があります。 二重にされた ICM 環境では、各 ICM NIC は Sprint FiberNet ネットワークで提供される各 SCP に 5 つの 56 キロビット/秒ポイントツーポイント通信リンクを通ってスプリント ネットワークに、1 つ接続します。 5 つの通信リンクは専用 T1.5 回線から得られる 5 つの DS0 チャネルです。 2 つの T1.5 回線はスプリント FiberNet で 5 スプリントに二重にされた ICM を SCP 接続するために使用されます。 二重にされた ICM の各側のためのスプリント FiberNet データ回線終端機器は TP7 と呼ばれるチャネル バンクそっくりのデバイスで構成されています。 着信側機器はスプリントによって提供されます。

各 ICM Sprint NIC は 3 Eicon テクノロジー Dual-Port Network Adapter/PC (DPNA) カードが含まれています。 DPNA カードの 2 つのポートはポート 1 およびポート 2 としてポート 1 がカードの上端に最も密接なポートであり、ポート 2 がカードの PC コネクタ エッジに最も密接なポートであるところで、指定されます。 6 つの DPNA ポートの 5 つは SCP に接続するのに使用されています。 残りの DPNA ポートは使用されず無効になっています。 シンプレックス ICM 設定では、Sprint NIC が冗長リンクを通して SCP に接続される場合 5 DPNA カードが必要となります。

Cisco はそれぞれが V.35 インターフェイスを使用して DPNA ポートからスプリント データ回線終端機器に接続する 5 つの 9 フィート ケーブルを供給します。 ケーブルに DPNA カードにオス型 DB-26 コネクタおよびスプリント データ回線終端デバイスに規格オス型 34 ピン V.35 コネクタがあります。 通信リンクはスプリント ネットワークの SCP にルーティングされます。 二重にされた ICM 設定のための物理的 な ネットワーク インターフェイスは図 1.示されています

図 1: 二重にされた ICM 設定のための物理的 な ネットワーク インターフェイス

/image/gif/paws/23342/sprintnic.gif

問題の特定

この問題は注意され 1つ以上スプリント SCP がフラグを付けられるとき閉じますとして Cisco ICM によって。 x が Sprint NIC a か b.を表す CallRouter の sprx.log ファイルからの抜粋は下記にあります。 これらのログファイルは CallRouter で sprx プロセス ウィンドウを検知 することまたは Dumplog Utiliity を使用して sprx.log ファイルをダンプして表示することができます。

06:37:41 SPRCOMM Link 2 to SCP IRVINE 91/1:11:3 CLOSED. 
06:38:44 X25Receiver - Unexpected error on link 2 PVC 4(Error 0 hex=0). Re-Establish 
06:38:45 PVCEntry - reset_channel failed on link 2 PVC 4 
06:38:45 PVCEntry - reset_channel failed on link 2 PVC 1 
06:38:45 X25 link (2) PVC (1) reset failed. Detaching.

上記のコードは Cisco ICM CallRouter がスプリント ネットワーク ファシリティから必要なシグナリングを受け取っていないことを示します。

注: これらのイベントはまたモニタ ICM アプリケーションで表示する。

解決策

スプリント リンクにおけるネットワーク上の問題の証拠を見る Cisco ICM CallRouter の次のステップを続行して下さい。 これらはスプリント ネットワークが ICM となぜの通信していないか判別のクイック・ステップです。

  1. Sprint NIC プロセスがスプリント ネットワークに接続される問題を経験している CallRouter の ICM サービスを停止して下さい。

  2. Sprint NIC プロセスがスプリント ネットワークに接続される問題を経験している CallRouter の Eicon サービスを停止して下さい。

  3. コマンド プロンプトから、次を実行して下さい:

    C:\EICON\WSNT>eccard start /E 1 
    EiconCard Management Utility 
    Copyright (C) Eicon Technology Corporation 1993-1997. All Rights Reserved.
    EiconCard 1: S94                      PCB version 800287.3 
    EiconCard 1 initialized 
    Activating port(s) ... 
    ECCARD: ERROR #PD342. 
    Port 1. Network status [a0- 0]. Link level is not ready. 
    Port 2. Network connection established. 
    
    Command partially completed. Error(s) occurred. 
    -------------------------------------------------------------------------------

    Windows NT 問題判断物理的 な 層 サポートページのためのleavingcisco.com Eicon ネットワーク・コネクションに従って、これはネットワークにエラーがあることを意味します。 そのページからの関連抜粋は続きます:

    d) [A0-00] Link Level is not ready. This message indicates that the EiconCard
     is working, and the physical layer is working, but that Layer 2 did not activate 
    correctly. This is most likely a problem with the network or the modem, and 
    needs to be sorted out in conjunction with the PTT.
  4. Eicon カードおよびドライバがであることを確認するためにインストールされ、正しく操作します、コマンド プロンプトから次を実行して下さい:

    C:\EICON\WSNT>eccard status 
    EiconCard Management Utility 
    Copyright (C) Eicon Technology Corporation 1993-1997. All Rights Reserved. 
    EiconCard Configuration : 
    Card Type         ID       Status     PCB        IO Port IRQ Address 
    ------------------------------------------------------------------- 
    1    S94          20003    LOADED     800287.3      FC60  12     n/a 
    2    S94          20005    LOADED     800287.3      FC70  20     n/a 
    
    EiconCard Port mapping : 
    Card  Port  Port name        Protocol 
    ------------------------------------- 
    1      01   PORT1            X25 
           02   PORT2            X25 
    2      03   PORT3            X25 
           04   PORT4            X25 
    
    EiconCard Memory status : 
    Card Type           Free        Total 
    ------------------------------------- 
    1    S94            1796 K     2048 K 
    2    S94            1796 K     2048 K 
    Command completed successfully.

    正常に完了する、および Eicon からの情報に基づく Eicon card status コマンドがこの問題は Cisco ICM に外部であるコンフィギュレーションかスプリント ネットワーク 機器によって引き起こされていることを判別できるので。 この例では、スプリントは X.25 レイヤ2 プロトコルが所定のリンクでなぜ失敗しているか判別する必要があります。

  5. 終了した時、Eicon および ICM サービスを再開して下さい。

  6. 結果がスプリント ネットワーク問題を指す場合、スプリントの障害報告票を開いて下さい。 さもなければ、詳細事項に関しては Cisco に連絡して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 23342