音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco CallManager: サブスクライバをアップグレードできない、または更新されたデータベースが見つからない

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 10 月 8 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco CallManager 3.x において、パブリッシャおよび多数のサブスクライバをアップグレードする際、エラー メッセージが表示されないことがあります。 ただし、クラスタ内のサーバがリブートしても、電話にもデバイスにも正しいサブスクライバが登録されません。 クラスタ内の Cisco CallManager ノード同士がフェールオーバーできないことが多くあります。 また、Application Event Viewer を調べると、Cisco CallManager サービスの停止と開始を繰り返している多くのインスタンスが表示されます。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco CallManager 3.0 のすべてのマイナー リリースに基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

SQL Enterprise Manager にアクセスし、パブリッシャおよびサブスクライバの両方のデータベースを開きます。 パブリッシャのおよび各サブスクライバのための最新の Cisco CallManagerデータベース バージョン(CCM030x)をチェックして下さい。 SQL Enterprise Manager 内のパブリッシャ および サブスクライバ データベースを表示するときサブスクライバに最新データベースがないことに注意すれば、おそらくネットワーク内の指名解決問題に直面しています。

このダイアグラムはパブリッシャおよびサブスクライバが両方最新データベースのコピーが含まれていることを示します。 この場合は、CCM0301 です。

/image/gif/paws/23272/subscriber-upgrade-fails-1.gif

SQL Enterprise Manager 内のデータベースおよびバージョンを表示する方法のさらに詳しい詳細については破損した Cisco CallManager クラスタ SQL サブスクリプションの再構築 ドキュメント内のパブリッシャ上 の サブスクリプション セクションを作り直すことを参照して下さい。

この問題を確認するもう一つの方法は C:\CCMDBSetup.log で見つけられる最も新しいデータベースアップグレード ログを示すことです。 スクロールし、この出力を探して下さい:

4-28-2002 10:54:00 _DBPullSubscription: CALLMAN01 CCM0302 sa ******** CALLMAN02
CCM0302 sa ******** C:\Program Files\Cisco\Bin\ 0

4-28-2002 11:11:32 Pulling subscription from CALLMAN01 to subscribe to the CCM0302 Database.
Return Code = 8 DB_SCRIPT_ERROR

この出力はサブスクライバはパブリッシャに連絡し、正しいデータベースのバージョンを判別できたが防いだ問題があったことを示したものですコピーされる/複製ことを。

加入者サーバはパブリッシャ サーバの名前の解決の問題によるパブリッシャ サーバにアクセスできないかもしれません。 同じような出力があるように CallManager インストール ログを確認して下さい:

1-8-2006 10:10:10 _DBGetVersion: CALLMAN03 CCM0300  ******** 
1-8-2006 10:10:27 Subscriber has problem to connect to the Publisher Database.

この出力はサブスクライバがパブリッシャ サーバことをに接続の問題に直面することを示したものです。

解決策

Microsoft SQL サーバでは、一部のタイプの Remote-Procedure Call(RPC; リモート プロシージャ コール)タスクに NetBIOS ネーム解決を使用しています。 このため、パブリッシャおよびすべてのサブスクライバは、NetBIOS ネーム解決用に LMHOSTS ファイルを使用する必要があります。 サーバ間でネーム解決を正しく行うには、クラスタ内のすべてのサーバも HOSTS ファイルを使用する必要があります。

Cisco Unified CallManager インストールの間にサーバの DNS をディセーブルにして下さい。 サーバは名前解決のためにホスト ファイルを使用する必要があります。

Windows 2000 はディレクトリ C:\winnt\system32\drivers\etc でサンプル ホストおよび LMHOST ファイルが(HOSTS.SAM および LMHOSTS.SAM)含まれています。 カスタム インストールのためのサンプル ファイルを修正するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. Cisco CallManagerパブリッシャから Notepad のようなテキストエディタを使用し、ファイル C:\winnt\system32\drivers\etc\hosts.sam を開いて下さい。

  2. から#記号開始するコメント ラインを読んで下さい。 それからファイルからすべての行を削除して下さい。 Windows では、ネーム解決で行うすべての操作について、ファイルのすべての行が解析されます。

  3. パブリッシャのパブリッシャ、領域およびホスト名の IP アドレスを入力して下さい。 ホスト名は ipconfig /all コマンドで見つけることができます。

    操作を繰り返して、各行にクラスタ内のサーバ 1 台を指定します。 これはサンプル ホスト ファイルです:

    127.0.0.1           localhost
    172.18.110.90       ICSCM1
    172.18.110.94       ICSCM2
  4. 拡張なしで C:\winnt\system32\drivers\etc\hosts としてファイルを保存して下さい。

    メモ帳のデフォルトでは、.txt 拡張子が付加されます。 したがって、Windows Explorer またはコマンド プロンプトを使用して、.txt 拡張子を削除してください。

    Windows Explorer のデフォルトでは、ファイルの拡張子が表示されません。 従ってファイル拡張子を表示するか、または使用しますことを、ちょうど rename コマンドを確かめて下さい。

  5. Notepad のようなテキストエディタを使用し、ファイル C:\winnt\system32\drivers\etc\lmhosts.sam を開いて下さい。

  6. すべてのコメント行を読み、削除します。 サーバごとに 1 行を追加しますが、サーバ名の後に #PRE というテキストを付加します。 この出力はサンプル lmhost ファイルです:

    172.18.110.90     ICSCM1     #PRE
    172.18.110.94     ICSCM2     #PRE
  7. 拡張なしで C:\winnt\system32\drivers\etc\lmhosts としてファイルを保存して下さい。

    メモ帳のデフォルトでは、.txt 拡張子が付加されます。 したがって、Windows Explorer またはコマンド プロンプトを使用して、.txt 拡張子を削除してください。

    Windows Explorer のデフォルトでは、ファイルの拡張子が表示されません。 従ってファイル拡張子を表示する確かめて下さいまたは rename コマンドを使用して下さいことを。

  8. コマンド プロンプトを開き、nbtstat -R コマンドを入力して、LMHOSTS ファイルの内容を NetBIOS 名キャッシュにロードします。 LMHOST ファイルが正常に解析され、ロードされたことを確認するために nbtstat - c コマンドを使用して下さい。 情報がリストされていないleavingcisco.com 場合 Microsoft Knowledge Base 記事 Q180099 を参照して下さい。

    NetBIOS リモート キャッシュは遠隔ノードのための name-to-address 解決だけが含まれています。

    subscriber-upgrade-fails-2.jpg

  9. services.msc を Start > Run の順に選択 し、タイプして下さい

  10. [OK] をクリックします。

  11. DNS クライアント サービスを選択し、サービス名を右クリックし、『Restart』 を選択 して下さい。

  12. クラスタの各 Cisco CallManager サーバのためのステップ 1 〜 11 を繰り返して下さい。

  13. サブスクライバで、Cisco CallManager のアップグレードをもう一度実行します。 成功すれば、サブスクライバに現在の Cisco CallManagerデータベースがあること、そしてパブリッシャからサブスクリプションを正常に引っ張ることがわかります。


関連情報


Document ID: 23272