音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity によるメッセージの自動削除設定

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Exchange において特定の日数後に保存済みメッセージが削除されるように Cisco Unity バージョン 3.x および 4.x を設定する方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • Exchange のための Cisco Unity バージョン 3.x および 4.x

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

設定

指定の一定時間の Cisco Unity から Cisco Unity メッセージ記憶装置マネージャ スクリプト プロパティの設定によって自動的にメッセージを削除できます。

Unity のこの機能を有効に するために、これらのステップを実行して下さい:

  1. Cisco Unity ツール ターミナルでは、管理 ツールを拡張し、メッセージ記憶装置マネージャをダブルクリックして下さい。

    Cisco Unity Message Store Manager ウィンドウは表示する。

    /image/gif/paws/23269/unity-autodelete1.gif

  2. 必要なメッセージ記憶装置 エージェントを選択して下さい。

    この場合、それはテストです。

    /image/gif/paws/23269/unity-autodelete2.gif

  3. 、そしてインボックスからの Unity ダンプスターに右クリック移動メッセージ 『Scripts』 をクリック して下さい。 ポップアップメニューから『Properties』 を選択 して下さい。

    New ウィンドウはインボックスからの Unity ダンプスターにネーム移動メッセージと開きます。

    unity-autodelete3.gif

  4. 必須期間に Message age を設定 して下さい。 たとえば、前に 7 日以上着いたメッセージを削除するためにだけたいと思うかもしれません。 [OK] をクリックします。

    unity-autodelete4.gif

    特定の経過時間のメッセージのスクリプト行為があることを選択できます。

トラブルシューティング

問題

Cisco Unity バージョン 3.x および 4.x はサブスクライバのインボックスから自動的にメッセージを削除しません。

解決策

Cisco Unity メッセージ ストレージは Microsoft Exchange です、従って Microsoft からのメールボックス マネージャを自動的にあらゆる型のまたはあらゆる状態のメッセージを削除するのに使用できます。 メールボックス マネージャはまた削除されるメッセージのそれらを知らせているサブスクライバかシステム アドミニストレータにメッセージを送るために設定することができます。 とりわけ音声メール メッセージを目標とするために、フィルタとしてメッセージ クラス IPM.Note.Voice.Unity を使用して下さい。

メールボックス マネージャについての XADM を参照して下さい: Exchange 2000 サーバ SP1 メールボックス マネージャleavingcisco.comメールボックス マネージャは Exchange 2003 年でまた利用できます。

メールボックス マネージャは Microsoft ツールです。 ツールについてのすべての質問およびサポートのための要求は Microsoft に指向する必要があります。

Cisco Unity バージョン 3.1(1) および 4.0(1)にはじまって、保存されたメッセージを削除するのにスクリプトを使用するメッセージ記憶装置マネージャと呼ばれるユーティリティがあります。 詳細については、メッセージ記憶装置マネージャを参照して下さい。


関連情報


Document ID: 23269