コラボレーション : Cisco ICM Peripheral ゲートウェイ

ペリフェラル ゲートウェイ - PGAG プロセスのアサート

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック



目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Intelligent Contact Management(ICM)環境のペリフェラル ゲートウェイ(PG)デバイス管理プロアセス(DMP)エージェント(PGAG)プロセスの障害について説明します。 障害が発生すると、PGAG プロセスは次のエラー メッセージを報告します。

pg1A-pgag Fail: Assertion failed: dmpp->source ==  
nmargs.DMPSystemID. File:D:\R1\dmp\pg\MESSAGES.CPP. Line 77

この資料は可能性のある回避策を示したものです。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

  • ICM トラブルシューティング

  • PG 設定

  • コンピュータ テレフォニー インテグレーション (CTI) サーバコンフィギュレーション

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は ICM バージョン 4.5 および それ 以降に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

PG サービスを開始した後、PGAG プロセスはすぐにそれ自身をリサイクルし、Peripheral Interface Manager (PIM)は非アクティブになりません。 PG の PGAG プロセスを、プロセス ウィンドウの外観表示するかまたは PGAG ログファイルを表示するのに Dumplog ユーティリティを使用するために。 PGAG ログにこのメッセージがあります:

pg1A-pgag Fail: Assertion failed: dmpp->source == 
nmargs.DMPSystemID. File: D:\R1\dmp\pg\MESSAGES.CPP. Line 77

注: スペース制限による 2 つの行上のこのメッセージ表示。

PG ログと共に、Dr. Watson ユーティリティはネーム drwtsn32.log で対応した テキストファイルを作成します。 ファイルはこの情報が含まれています:

FAULT ->77f7629c cc             int     3 
        77f7629d c3             ret 
        77f7629e 8bc0             mov     eax,eax 

*----> Stack Back Trace <----* 

FramePtr ReturnAd Param#1 Param#2 Param#3 Param#4 Function Name 
0012fe60 00406cd4 e101c003 00000000 00000000 00000001 ntdll!DbgBreakPoint 
0012fe7c 00402c61 00437898 004378c4 004378e8 0000004d PGAGENT!EMSFailMessage (FPO: 
[1,0,0]) 
0012fea0 004142a5 003f5a01 003f5a30 003f4630 003f5a00 PGAGENT!default_handler (FPO: 
[EBP 0x77f05f8d] [2,0,4]) 
0012fef4 00413d34 003f5a30 00000012 77f8e4f1 0012ffc0 PGAGENT!MDSStopMetering (FPO: 
[EBP 0x003f4630] [1,14,4]) 
0012ff0c 004013da 46d9f530 01c1e21e 000407d2 000c0005 PGAGENT!MDSStartClient (FPO: 
[EBP 0x00000012] [0,0,4]) 
0012ff84 77f8e4f1 7ffdf000 80000003 003009b0 00000000 PGAGENT!main (FPO: [2,15,2]) 
00000012 00000000 00000000 00000000 00000000 00000000 ntdll!RtlpNtEnumerateSubKey

注: いくつかのスペース制限による 2 つの行上のこのコード ディスプレイ。

Dr. Watson ユーティリティのその他の情報に関しては、drwtsn32.log ファイルはであるもの参照して下さいか。

解決策

問題は CTI Gateway (CG) ノード特性の下で ICM システム ID フィールドと ID フィールド間のミスマッチが原因です。 CG ノード特性は CTI Server Properties ウィンドウに CTI サーバを設定するとき現われます。 「ICM システム ID」は CTI サーバと関連付けられる PG の DMP デバイス番号を規定 します。 「ID」は CTI サーバの数を規定 します。

この例は正しい設定を提供したものです。 例では、PG プロパティ ウィンドウの PG ノード特性の下の ID フィールドはこの場合 PG 1.、ID フィールドであり、CTI Server Properties ウィンドウの CG ノード特性の下の ICM システム ID フィールドはそれぞれ CG 1 および 1 である必要があります。

/image/gif/paws/23071/pgag_assert.gif

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 23071