コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Enterprise

IPCC 問題のトラブルシューティングのための推奨されるトレースレベル

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次

OPC

概要

このドキュメントでは、IP Contact Center(IPCC)環境でトラブルシューティングするときの推奨されるトレース レベルについて説明します。 トレースを起動するには、次のユーティリティを使用します。

注: 終了したらすべてのトレースを消すことを忘れないでいて下さい。 またテストすることを終わった後、プロセス コマンド ウィンドウを開けたままにしないで下さい。 これはシステム リソース、特に CPU稼働率およびメモリに大きく影響します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco ICM バージョン 4.x および それ 以降に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

推奨されるトレース レベル

これらのプロセスはトレース レベルを上げるように要求します:

注: トレースするターンアップ最初にマシンの空きディスク容量の量を判別する前に。 ログが上書きされないようにするために EMSAllLogFileMax および EMSLogFileMax を調節して下さい。 および詳しい方向詳細についてはトレースするターンアップを参照して下さい。

JTapi

Peripheral Gateway (PG CTI サーバがインストールされているでところ)、JTapi Gateway プロセスのためにトレースするターンアップに Procmon ユーティリティを使用して下さい:

注: 二重にされた PG 環境では、活動ページでトレースするイネーブル。 詳細については OPCTest コマンドライン ユーティリティを使用して参照し、活動ページを判別するために OPCTest ユーティリティを使用して下さい。

C:\>procmon <cust_inst> <node> jgw<jtapi instance>
>>>trace JT_TPREQUESTS /on 
>>>trace JT_JTAPI_EVENT_USED* /on 
>>>trace JT_PIM_EVENT /on 
>>>trace JT_ROUTE_MESSAGE /on 
>>>trace *CONF* /on

トレースをオフにするためにこのコマンドを使用して下さい:

>>> trace * /off

注: trace コマンドは大文字/小文字の区別があります。

Eagtpim

エンタープライズ エージェントが PIM インストールされている PG で、エンタープライズ エージェント PIMプロセスのためにトレースするターンアップに Procmon ユーティリティを使用して下さい:

C:\>procmon <cust_inst> <node> pim<pim instance>
>>>trace tp* /on 
>>>trace precall /on 
>>>trace *event /on 
>>>trace csta* /on

トレースをオフにするためにこのコマンドを使用して下さい:

>>> trace * /off

OPC

エンタープライズ エージェントが PIM インストールされている PG で、Open Peripheral Controller (OPC) プロセスのためにトレースするターンアップに OPCTest ユーティリティを使用して下さい:

C:\>opctest /cust <cust_inst> /node <node> 
opctest:debug /agent /routing /cstacer /tpmsg /closedcalls

トレースをオフにするためにこのコマンドを使用して下さい:

OPCTEST: debug /noall

CTI OS Server

CTI OS サーバがインストールされているサーバで、CTI OS プロセスのためにトレースするターンアップに Regedt32 を使用して下さい:

  • 先のバージョンに関してはより 5.0:

    software\GeoTel\icr\<cust_inst>\CTIOS\EMS\CurrentVersion\library\
      Processes\ctios 
     
    Set EMSTraceMask = 0xA0F
  • 7.0 およびそれ以降へのバージョン 5.0 に関しては:

    software\Cisco Systems Inc.\ICM\<cust_inst\CTIOS\EMS\CurrentVersion\
      library\Processes\ctios
    
    Set EMSTraceMask = 0xA0F
  • バージョン 7.0 に関してはへの 7.1(1):

    software\Cisco Systems Inc.\ICM\<cust_inst\CTIOS\EMS\CurrentVersion\library\Processes\ctios
     
    Set EMSTraceMask = 0x20A0F
  • バージョン 7.1(2) および それ 以降に関しては:

    software\Cisco Systems Inc.\ICM\<cust_inst\CTIOS\EMS\CurrentVersion\library\Processes\ctios
     
    Set EMSTraceMask = 0x60A0F

注: 既定のトレース マスクは 0x20003 に設定 されるところにリリース 7.0(0) のを除くすべてのリリースの 0x3 です。

CTI OS ドライバ

CTI OS サーバがインストールされているサーバで、CTI OS ドライバ プロセスのためにトレースするターンアップに Regedt32 を使用して下さい:

  • 先のバージョンに関してはより 5.0:

    software\GeoTel\icr\<cust_inst>\CTIOS\EMS\CurrentVersion\library\
      Processes\ctidriverSet
    
    EMSTraceMask = 0xA0F
  • バージョン 5.0 および それ 以降に関しては:

    software\Cisco Systems Inc.\ICM\<cust_inst\CTIOS\EMS\CurrentVersion\
     library\Processes\ctidriver
    
    Set EMSTraceMask = 0xA0F 

注: トレース データの流入を取り扱うためにログファイルのサイズを調節しなければならないことは可能性のあるです。 このプロセスの情報についてはトレースの上の回転を参照して下さい。

CTI サーバ

CTI が Sever インストールされている PG で、CTI プロセスのためにトレースするターンアップに Regedt32 を使用して下さい:

  • 先のバージョンに関してはより 5.0:

    software\GeoTel\icr\<cust_inst>\CG1A\EMS\CurrentVersion\library\
      Processes\ctisvr 
     
    Set EMSTraceMask = F0
  • バージョン 5.0 および それ 以降に関しては:

    software\Cisco Systems, Inc.\ICM\<cust_inst>\CG1A\EMS\CurrentVersion\
     Library\Processes\ctisvr
    
    Set EMSTraceMask = F0 

注: そこにクライアント側問題を解決する場合、ログのセッション情報を見るために F8 に EMSTracemask を設定 することは必要である場合もあります。

VRU PIM

VRU PIM ログを引っ張る方法のこの techtip を参照して下さい。 デフォルト トレースは通常別の方法で要求されて十分ではないです。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/custcosw/ps1001/products_tech_note09186a00800949b1.shtml

IP IVR トレース

> システム > トレース > CRS エンジン > これらのトレース 設定および一定デバッグ 『AppAdmin』 を選択 して下さい:

Libraries:
LIB_ICM
 
Miscellaneous:
ENG
 
Steps:
Steps_ICM
 
Subsystems:
SS_ICM
SS_TEL 

トレースをオフにするためにデバッグのチェックを外す必要があります。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 23065