コラボレーション : Cisco ICM CTI Desktop

IPCC エージェント ログイン障害のトラブルシューティング: CF_Invalid_AgentID_Specified

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco IP Contact Center(IPCC)環境のエージェント ログイン問題をトラブルシューティングする際に CTITest ユーティリティ コマンドで報告される CF_Invalid_AgentID_Specified のエラー メッセージについて説明します。 このドキュメントでは、このエラーの原因と、考えられる解決策について説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco ICM バージョン 4.6.2 および それ 以降に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題の特定

IPCC Cisco ICM 環境では、Agents レポートそれらは CTI サーバにログインできません。 このエラーメッセージは問題を解決するのに CTI テストガイドを使用するとき返されます:

CF_Invalid_AgentID_Specified

エラーを確認して下さい

CTI サーバがインストールされているところ CTI テストガイドを使用し、Peripheral Gateway (PG)のこれらのステップを完了して下さい:

  1. Run ダイアログボックスを表示するために Start > Run の順に選択 して下さい。

  2. DOSコマンド ウィンドウを開くために cmd コマンドを入力して下さい。

  3. コマンド プロンプトから、ctitest コマンドを入力して下さい。

    失敗を報告したエージェント プロファイルを作成するために Using CTITest to Troubleshoot Agent Login Problems を参照して下さい。

  4. 開いた入力して下さい。

  5. ログインにエージェントにエージェント ID パスワードを使用して試み、取り付けて下さい。

    これはログオン 1110 のための返されたエラーの出力例 1111 /instrument 5002 です:

    CTITest: open 
      CTITest: 12:26:35 Trace: 
      12:26:35 Trace: ... session #1 trying CTI Server on side A 
        (geolab4pg1a port 44027) 
      12:26:35 Trace: ... session #1 connected to side A after 20 ms 
      12:26:35 Trace: ... session #1 opened after 80 ms CCTime: 
        12:27:14 PGStatus: NORMAL 
      Peripheral: OnLine 
      12:26:35 Trace: EnterpriseAgent AgentID: State: UNKNOWN 
      12:26:35 Trace: 
      *====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====
      login 1110 1111 /instrument 5002 
      CTITest: 12:26:47 Trace: *** SET_AGENT_STATE_REQ failure 
        response, err:256 
      (CF_INVALID_AGENT_ID_SPECIFIED), periph err:0 
        after 101 ms. ***

考えられる解決策

正常な CTI ログオンに必要な Cisco ICM エージェント コンフィギュレーション データの 2 つのキー ピースがあります:

  • ログインID

  • Password

ログオン 1110 のための返されたエラーの出力例では 1111 /instrument 5002 は失敗する 1110 のログインID と(確認をエラーセクション参照して下さい)、エージェント ログオンします。 ユーザ ID を確認するためにエージェントの設定をチェックする必要があります。

Cisco ICM バージョン 4.6.2 と それ以降— Agent Explorer を設定を確認するために設定します ICM を使って下さい。 ペリフェラル番号はエージェントログインID です。 1101 という値に注意して下さい。

図 1: エージェントのコンフィギュレーション- Cisco ICM バージョン 4.6.2 と それ以降

/image/gif/paws/23064/CF_Invalid-2.gif

Cisco ICM バージョン 4.1.x - 4.6.x —設定を確認するために Configure ICR でエージェントのコンフィギュレーションを使用して下さい。 ペリフェラル番号はエージェントログインID です。 1101 という値に注意して下さい。

図 2: エージェントのコンフィギュレーション- Cisco ICM バージョン 4.1.x - 4.6.x

/image/gif/paws/23064/CF_Invalid-1.gif

その他のリソース

エージェントがログインにそれでもなく、エージェントログインID が確認されれば、これらのステップを完了する必要があります:

  1. ターンアップ IPCCトレース

  2. CTITest のエージェントログイン障害を再現して下さい。

  3. 失敗したctitestログインのテキスト クリップを集めて下さい。

  4. JTapi、PIM、OPC および CTIServerr ログファイルを集めて下さい。 Dumplog ユーティリティを使用する方法を参照して下さい。

Cisco テクニカル サポートとのサービス リクエストを開くのに情報のこのパッケージを使用して下さい。 登録ユーザではない場合、Cisco.com 登録に行き、次にテクニカル サポートとのサービス リクエストを開いて下さい


関連情報


Document ID: 23064