WAN : T1/E1 と T3/E3

E3 エラー イベントのトラブルシューティング

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、さまざまな E3 エラー イベントについて説明し、それを識別し、トラブルシューティングする方法を示します。 ハード プラグ ループバック テストに関する項もあります。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

エラーイベントを識別して下さい

使用するポートアダプタの種類はさまざまな Cisco IOS のどれを判別しますか。 ソフトウェア コマンドは E3 エラーイベントを表示する。

PA-E3 ポートアダプタ

PA-E3 ポートアダプタの E3 エラーイベントを表示するために show controllers serial コマンドを使用して下さい。

dodi#show controllers serial 5/0
  M1T-E3 pa: show controller:
  ...
  Data in current interval (798 seconds elapsed):
  0 Line Code Violations, 0 P-bit Coding Violation
  0 C-bit Coding Violation
  0 P-bit Err Secs, 0 P-bit Sev Err Secs
  0 Sev Err Framing Secs, 0 Unavailable Secs
  0 Line Errored Secs, 0 C-bit Errored Secs, 0 C-bit Sev Err Secs

PA-MC-E3 ポートアダプタ

PA-MC-E3 ポートアダプタの E3 エラーイベントを表示するために show controllers e3 コマンドを使用して下さい。

dodi#show controllers e3 4/0
  E3 4/0 is up.
  ...
  Data in current interval (81 seconds elapsed):
  0 Line Code Violations, 0 P-bit Coding Violation
  0 C-bit Coding Violation
  0 P-bit Err Secs, 0 P-bit Severely Err Secs
  0 Severely Err Framing Secs, 0 Unavailable Secs
  0 Line Errored Secs, 0 C-bit Errored Secs, 0 C-bit Severely Errored

エラーイベント 定義

これらはポートアダプタに関係なく使用する E3 エラーイベントのための定義です:

  • 回線コード違反は– –これ HDB3 伝送符号にある受け取った極性違反(BPV)の数を報告します。

  • P ビットおよび得られる秒 C ビット コード 違反およびすべては– –これらのエラーが T3 のためにだけ定義されるので、これら常にですゼロ誤ります

  • Severely Err Framing Secs は– –これリモートアラーム点灯が受け取られるまたはフレーム同期損失状態は発生します 1秒間隔の数を報告します。

  • 利用できない秒– –これはコントローラが壊れる 1秒間隔の数を報告します。

  • 行エラー状態の秒– –これは回線コード違反が発生する 1秒間隔の数を報告します。

エラーイベントを解決して下さい

このセクションは E3 行に発生する記述し、方法で情報をそれらを修復する提供しますさまざまなエラーイベントを。

回線コード違反および伝送符号 エラー 秒増加

これらのエラーを解決するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 同軸ケーブル 75 オームののリモート エンドの機器が HDB3 伝送符号の E3 場合を送信 するようにして下さい。

  2. 同軸ケーブル 75 オームのの統合をチェックして下さい。 ケーブルに破損またはその他の物理的異常がないか調べます。 必要であればケーブルを交換します。

  3. 外部ループバック ケーブルをポートに挿入します。 詳細については E3 回線向けハードプラグループバック テストを参照して下さい。

Severely Err Framing Secs および利用できない秒増加

これらのエラーを解決するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ローカルインターフェイス ポートコンフィギュレーションが終端装置 設定と対応するようにして下さい。

  2. ローカル エンドのアラームを識別し、E3 アラーム トラブルシューティングで提案されるステップを完了することを試みて下さい。

  3. 外部ループバック ケーブルをポートに挿入します。 詳細については E3 回線向けハードプラグループバック テストを参照して下さい。

E3 回線向けハードプラグループバック テスト

ハード プラグ ループバック テストはルータハードウェアがエラーを備えていたかどうか確認します。 ルータがハード プラグ ループバック テストに合格する場合、問題は E3 行に他の所であります。

BNCコネクタのハードなケーブル ループバックを設定 して下さい

ハード プラグ ループバックを設定 するために、各端にバイオネット Neill-Concelman オス型(BNC)コネクタが付いている 75 オーム同軸ケーブルを必要とします。 レシーブ(Rx)ポートにポートアダプタの transmit (tx) ポートを接続するためにこの同軸ケーブルを使用して下さい。 また E3 シリアルインターフェイス/コントローラと E1 すべてのコントローラの clock source internal コマンドを設定する必要があります。 これは PA-MC-E3 ポートアダプタのためだけです。

ハード プラグ ループバックを確認して下さい

ポートアダプタの種類は拡張ピングによってハードなループバック、PA-E3 ポートアダプタのために、か E1 Bit Error Rate Test (BERT)を確認する必要があるかどうか判別します PA-MC-E3 ポートアダプタのために。

PA-E3: 拡張 ping テストの準備

PA-E3 ポートアダプタの拡張 ピングテストの準備をするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ルータコンフィギュレーションを保存するために write memory コマンドを使用して下さい。

  2. インターフェイス設定モードのハイレベル データ リンク コントロール(HDLC)にインターフェイス シリアルのためのカプセル化を設定 して下さい。

  3. インターフェイスにユニークなIPアドレスがあるかどうか見るために show running-config コマンドを使用して下さい。 シリアルインターフェイスに IP アドレスがないし、固有のアドレスを得、255.255.255.0 のサブネット マスクのインターフェイスに割り当てるために。

  4. clear counters コマンドでインターフェイス カウンタをクリアして下さい。

PA-E3: 拡張 ピングテストを行って下さい

PA-E3 ポートアダプタのシリアルラインpingテストを行うためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 拡張 ピングテストを行うためにこれらのステップを完了して下さい:

    1. 型として ping ip を選択して下さい。

    2. IP アドレスがターゲットアドレスとして割り当てられるインターフェイスの IP アドレスを入力して下さい。

    3. 反復数として 1000 選択して下さい。

    4. Datagram size として 1500 選択して下さい。

    5. タイムアウトのためにプロンプト表示された場合、『Enter』 を押して下さい。

    6. 拡張 cmds のために『Yes』 を選択 して下さい。

    7. 送信元アドレスのためにプロンプト表示された場合、『Enter』 を押して下さい。

    8. サービス タイプのためにプロンプト表示された場合、『Enter』 を押して下さい。

    9. IP ヘッダーの Df ビットを設定 するためにプロンプト表示された場合『Enter』 を押して下さい。

    10. 応答データを検証するためにプロンプト表示された場合『Enter』 を押して下さい。

    11. データパターンとして 0x0000 を選択して下さい。

    12. 3 回を『Enter』 を押して下さい。

    行うこと pingパケット サイズが 1500 バイトである、すべてのゼロ、0x0000 ping することに注意すれば。 また、PING カウント仕様は 1000 に設定 されます。 従って、この場合、千の 1500 バイト pingパケットは送信されます。

  2. show interfaces serial コマンド 出力を検査し、入力エラーが増加するかどうか判別して下さい。 入力エラーが増加しない場合、ローカルハードウエアは、ケーブルおよびルータインターフェイスカードのような、おそらく良好です。

  3. 別のデータ パターンで追加の拡張 ping を実行します。 次に、例を示します。

    • ステップ1 を繰り返して下さい、しかし 0x1111 のデータパターンを使用して下さい。

    • ステップ1 を繰り返して下さい、しかし 0xffff のデータパターンを使用して下さい。

    • ステップ1 を繰り返して下さい、しかし 0xaaaa のデータパターンを使用して下さい。

  4. 拡張 ピングテストすべてが 100%正常であることを確認して下さい。

  5. show interfaces serial コマンドを入力して下さい。 E3 シリアルインターフェイスは巡回冗長検査を(CRC)、フレーム、入力、または他のエラーが含まれていてはなりません。 これを確認するために show interfaces serial コマンド 出力の端からの第 5 および第 6 ラインを検知 して下さい。

    ping すべてが 100%正常であり、No エラーが発生すれば、ハードウェアはおそらくよいです。 問題はケーブルまたは電話会社の問題です。

  6. ループバック ケーブルをインターフェイスから取除き、ポートに再び E3 行を差し込んで下さい。

  7. ルータで、拡張 ピングテストの間に消すために copy startup-config running-config exec コマンドを行う running-config への変更を入力して下さい。 出力先のファイル名の入力が求められたら、Enter キーを押します。

PA-MC-E3: E1 行の BERT の準備をして下さい

BERT回路は PA-MC-E3 ポートアダプタに構築されます。 内蔵 BERT回路に接続するために E1 行、ない E3 行を設定できます。

2 つのテストのカテゴリ パターンは内蔵 BERT回路によって生成することができます:

  • 擬似乱— ITU-T O.151 および O.153 に合致する指数数

  • 反復的—ゼロまたはゼロおよび物の物か代替

E1 ラインの BERT の準備をするために、clear counters コマンドでインターフェイス カウンタをクリアして下さい。

PA-MC-E3: E1 行の BERT を行って下さい

E1 行の BERT を行うためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. e1-line-number 値が 1-16 である e1 <e1-line-number> BERT パターン 2^23 間隔 1 E3 コントローラ設定 コマンドで E1 行の BERT パターンを送信 して下さい。

  2. BERT が完了した後、show controllers e3 コマンド出力を検査し、かどうか判別して下さい:

    • 受け取ったビットは BERT 間隔の間に E1 行で送信されるビットの数によって対応します。

    • ビットエラーはゼロに残ります。

    ビットエラーが増加しない場合、ローカルハードウエアは、ケーブルおよびルータインターフェイスカードのような、おそらく良好です。

    E3 4/0 E1 2
       No alarms detected.
       Framing is crc4, Clock Source is line, National bits are 0x1F.
       BERT test result (done)
       Test Pattern : 2^23, Status : Not Sync, Sync Detected : 1
       Interval : 1 minute(s), Time Remain : 0 minute(s)
       Bit Errors(Since BERT Started): 0 bits, 
       Bits Received(Since BERT start): 111 Mbits
       Bit Errors(Since last sync): 0 bits
       Bits Received(Since last sync): 111 Mbits
    
  3. E1 他の行の追加 BERT を行って下さい。

    BERT すべてが 100%正常であり、ビットエラーがなければ、ハードウェアはおそらくよいです。 問題はケーブルまたは電話会社の問題です。

  4. ループバック ケーブルをインターフェイスから取除き、ポートに再び E3 行を差し込んで下さい。

    ケースをオープンする場合、Cisco テクニカル サポートにこの情報を提供して下さい:

    • show running interface e3 x/y

    • show controller

    • clear counters

    • show interfaces

    • 別のパターンの PING

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 22882