WAN : T1/E1 と T3/E3

E3 アラームのトラブルシューティング

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料に E3 行の別のアラームを解読しトラブルシューティングを実行する方法を記述されています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

アラームを識別して下さい

使用されるポートアダプタの種類に基づくこれらの Cisco IOS か。 ソフトウェア コマンドはコントローラハードウェアに E3 インターフェイス ステータス仕様を表示する:

  • PA-E3: show interfaces serial

    dodi# show interfaces serial 5/0
    Serial5/0 is down, line protocol is down?
    ...
    rxLOS active, rxLOF inactive, rxAIS inactive
    txAIS inactive, rxRAI inactive, txRAI active
  • PA-MC-E3: show controllers e3

    dodi# show controllers e3 4/0
    E3 4/0 is down.
    ...
    Transmitter is sending remote alarm.
    Receiver has loss of signal. Line Code is HDB3, Clock Source is Line.
    ...

この情報はテクニカルサポート担当者が行う診断タスクに役立ちます。

アラームのトラブルシューティングを実行して下さい

このセクションによってはアラームを訂正するためにアラームおよび手順の種類が当たります。

rxLoS (レシーバに信号消失があります)

レシーブ(rx)信号消失(LOS)アラームはポートアダプタの rx ポートが E3 有効で物理的 な場合を受け取らないことを意味します。

rxLoS アラームをクリアするためには、これらのステップを完了して下さい:

  1. インターフェイス ポートと E3 サービスプロバイダー側の設備または遠隔 E3 端末装置間のケーブルが正しく接続するようにして下さい。

    ケーブルが正しいポートにつなぐようにして下さい。 必要な場合は、ケーブルを接続し直してください。

  2. 統合 75 オームの同軸ケーブル チェックして下さい。

    ケーブルに破損またはその他の物理的異常がないか調べます。 必要であればケーブルを交換します。

rxLoF (レシーバにフレーム同期損失があります)

rx Loss Of Framing (LOF) アラームはインプットポートが G.751 フレーム作成を受け取らない意味しましたりまたは受け取った G.751 フレーム作成の同期をことを失いました。

rxLoF アラームをクリアするためには、これらのステップを完了して下さい:

  1. 遠隔 E3 端末装置が G.751 フレーム作成を送信 するようにして下さい。

    必要ならばフレーム化する G.751 を有効に して下さい。

  2. サービスプロバイダーが E3 リモート端末装置からの G.751 フレーム作成を透過的に渡すようにして下さい。

    サービスプロバイダーに clear-channel E3 回線を必要ならば提供するように依頼して下さい。

このプロシージャが問題を解決しない場合、この資料の rxLoS (レシーバに信号消失があります)セクションを参照して下さい。

rxAIS (レシーバは AIS を得ています)

rx アラーム表示信号 (AIS)はポートに接続する機器からの E3 行アップストリームのエラーの発生を示します。

AISアラームは入力の AIS 場合(すべての "1"s)の検出で宣言されます。 今でも LOF アラームの後で存在 する AISアラームは宣言されたアクティブアクティブです。 (すべての "1"s 場合のフレームのない性質により残る場合を引き起こします。) AISアラームは LOF アラームがクリアされるとクリアされます。

rxAIS アラームをクリアするためには、不正確な内部コンフィギュレーション(電話会社の内で)またはアップストリーム接続の失敗があるように確認するようにサービスプロバイダーに連絡して下さい。

rxRAI (レシーバはリモート アラームを備えています)

rx Remote Alarm Indication (RAI)は終端装置に終端装置がローカル機器から受け取る場合に問題があることを意味します。

RAI アラームは Aビットが 1 に(G.751 フレームのビット 11)設定 されるとき宣言されます。 RAI アラームは LOS または LOF アラームの検出で宣言されません。

rxRAI アラームをクリアするためには、これらのステップを完了して下さい:

  1. 外部ループバック ケーブルをポートに挿入します。

    詳細については、E3 エラーイベント トラブルシューティングE3 回線向けハードプラグループバック テスト セクションを参照して下さい。

  2. アラームがあったかどうか確認して下さい。

    アラームを参照しない場合、ローカルハードウエアはおそらく良好です。 そのケースでは、これらのステップを完了して下さい:

    1. インターフェイス ポートおよび E3 E3 サービスプロバイダー側の設備または端末装置間の同軸ケーブルが正しく接続するようにするためにケーブルをチェックして下さい。

      ケーブルが正しいポートに接続するようにして下さい。 必要な場合は、ケーブルを接続し直してください。

    2. ケーブル保全をチェックするために、同軸ケーブルの中断か他の物理的 な異常を探して下さい。

      必要であればケーブルを交換します。

    3. 設定をリモート エンドでチェックし、設定がポート設定を一致することを確認して下さい。

    問題が続くようであれば、サービス プロバイダーに問い合せてください。

  3. ループバック ケーブルを取除き、E3 行を再接続して下さい。

  4. 同軸ケーブル セットアップをチェックして下さい。

  5. ルータの電源をオフ/オンします。

  6. 異なるポートに E3 行を接続して下さい。

    E3 行と同じ設定でポートを設定して下さい。 問題がなくなる場合、障害の原因は元のポートにあります。

txRAI (トランスミッタはリモート アラームを送信 して います)

E3 インターフェイスの Transmit(Tx) Remote Alarm Indication (RAI)はインターフェイスにインターフェイスがリモート設備から受け取る場合に問題があることを意味します。

txRAIアラームをクリアするためには、これらのステップを完了して下さい:

  1. 設定がポート設定を一致するそれを確認するためにリモート エンドで設定をチェックして下さい。

  2. 終端装置から発生するシグナルの問題を解決して下さい。

    アクティブなレシーバ アラームにより txRAIアラームを引き起こします。 アクティブなレシーバ アラームは E3 ポートに/カードは終端装置からの場合に問題があることを示します。

txAIS

tx アラーム表示信号 (AIS)は E3 シリアルインターフェイスかコントローラがシャットダウンするとき宣言されます(PA-E3 だけ)。 すべての物で構成されているメッセージは E3 無枠場合で("1"s)送信 されます。

txAIS アラームをクリアするためには、E3 シリアルインターフェイスかコントローラを始動する no shutdown コマンドを発行して下さい。

PA-MC-E3 の E3 コントローラがシャットダウンしたときに、show controllers e3 コマンドは" Transmitter is sending AIS " メッセージを表示する。


関連情報


Document ID: 22881