コラボレーション : Cisco Computer Telephony Integration Option

IPCC ログイン障害のトラブルシューティング: CF_Generic_Unspecified_Rejection

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、IP コンタクト センター(IPCC)環境でエージェント ログイン問題をトラブルシューティングするときに CTI テストが報告する「CF_Generic_Unspecified_Rejection」というエラー メッセージについて説明します。 このドキュメントでは、エラーの原因および考えられる解決方法を中心に説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることを推奨しています。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco ICM バージョン 4.6.2 と それ以降に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題の特定

Cisco IPCC ICM 環境では、Agents レポート CTI サーバにログイン する無力。 問題を解決するのに CTI テストを使用するときこのエラーメッセージが現れます:

CF_Generic_Unspecified_Rejection 
  Or using dumplog utility to dump the JTapi log file, the following
	 error message is identified:
Address xxxx is not in provider's domain

問題を確認するためにこれら二つのメソッドの 1 つを使用できます:

方法 1

Peripheral Gateway (PG CTI サーバが常駐するでところ)、JTapi ログファイルをダンプするのに Dumplog ユーティリティを使用しこのエラーを確認して下さい。

ログ 情報はスペース制限によるこの資料の複数の回線に現われます。

c:\icr\<cust_inst>\PGXY\logfiles\>dumplog 
  /cust <cust_inst> /node jgw<jtapi_instance>
15:32:40 PG1A-jgw1 Trace: performAddCallObserver: Provider 
  hit exception in getAddress for address:
 5002com.cisco.jtapi.InvalidArgumentExceptionImpl:
  Address 5002 is not in provider's domain

文字 c は Cisco ICM をインストールしたドライブを表します。 設定に別のドライブで ICM をインストールする場合、ドライブレターを使用して下さい。

方法 2

CTI サーバが常駐する PG のこれらのステップを完了して下さい:

  1. [Start] > [Run] を選択します。

    Run ダイアログボックスが表示されます。

  2. cmd DOSのコマンドプロンプトを開くため。

  3. コマンド プロンプトの ctitest 入力し、『Enter』 を押して下さい。

    エージェントログイン問題を失敗を報告したエージェント プロファイルを作成するために解決するように使用 CTI テストを参照して下さい。

  4. 開いた入力して下さい。

  5. エージェント ID パスワードでログインに試み、取り付けて下さい。

    ログオン 1111 のために 1111 /instrument 5002 を現われるエラーの例はここにあります:

    この例の情報はスペース制限による複数の回線に現われます。

    CTITest: open 
    CTITest: 15:32:30 Trace: 
    15:32:30 Trace: ... session #1 trying CTI Server on side A 
      (geolab4pg1a port 44027) 
    15:32:30 Trace: ... session #1 connected to side A after 10 ms. 
    15:32:30 Trace: ... session #1 opened after 101 ms. CCTime: 
      15:33:09 PGStatus: NORMAL Peripheral: OnLine 
    15:32:30 Trace: EnterpriseAgent AgentID:1111 State:LOGOUT 
      Extension:5002 Instrument:5002 
    *====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====* 
    
    login 1111 1111 /instrument 5002 
    CTITest: 15:32:40 Trace: *** SET_AGENT_STATE_REQ failure 
      response, err:70 
    (CF_GENERIC_UNSPECIFIED_REJECTION), periph 
      err:10114 after 491 ms. ***

考えられる解決策

IPCC 環境の正常な CTI ログオンのためのこれらのステップを完了して下さい:

  1. 各 Cisco IPCC エージェントが ICM 設定の内で設定されるデバイスターゲット レコードを備えていることを確認して下さい。 デバイスターゲット レコードはここに示されているように構成パラメーター フィールドが、含まれています:

    企業名 グローバルアドレス ConfigParm
    Agent5002 Agent5002 /devtype CiscoPhone /dn 5002

    この設定 例では、この IPCC サイトのすべての設定されたエージェントのためのエージェントの拡張の長さはすべてのデバイスターゲットのために定義されるように /dn パラメータの 4 ディジットです。 従って、エージェントは四桁エージェント ID によってログインする必要があります。

    サンプルデバイスのための拡張は /dn パラメータの 4 ディジット、たとえば 5002 です。 PG のために設定される Cisco ICM を実行するとき「x」のエージェントの拡張の長さを規定 します。

    図 1 – Enterprise Agent Configuration (1) PIM

    /image/gif/paws/22846/CF_Generic-1.gif

  2. 図が 1) エージェントデスクトップ アプリケーションのログインに試みるディジットの数に匹敵することをことをエージェントの拡張の長さ確認して下さい(参照して下さい。

  3. Cisco ICM PIM 設定の JTAPI ユーザ向けのユーザ ID およびユーザパスワードを設定したかどうか確かめて下さい(の IPCC パラメータ セクションを 1)参照して下さい。 この例では、ユーザ ID は pguser です。

    新規 ユーザとして PG を追加するとき Cisco Unified CallManager 管理者 Webページの PG のための同じユーザ ID およびユーザパスワードを入力して下さい。

  4. Cisco Unified CallManager を開いて下さい。

  5. Cisco Unified CallManager の JTAPI ユーザ向けのユーザ ID およびユーザパスワードを設定したかどうか確かめて下さい(図を 2)参照して下さい。 これらの値は ICM PIM設定で入力されるユーザ ID およびユーザパスワードを一致する必要があります。

    図 2 –ユーザ情報

    CF_Generic-2.gif

  6. 電話と JTAPI ユーザ間のアソシエーションを確認して下さい。 アソシエーションを構築するために特定の電話によって pguser (JTAPI ユーザ)を関連付けて下さい。 次の手順を実行します。

    1. [Device Association] をクリックします。 利用可能 な デバイスのリストは現われます(図を 3)参照して下さい。

    2. 拡張 5002 チェックボックスをチェックして下さい。

    3. 同じ行で ext.プライマリの選択をクリアして下さい。

    4. ユーザデバイス アソシエーション リストに電話番号を追加するために『Update』 をクリック して下さい。

      図 3 –ユーザ情報

      CF_Generic-3.gif

その他のリソース

エージェントがログインにそれでもなく、エージェントログインID が確認されたり、これらのステップを完了すれば場合:

  1. ターンアップ IPCCトレース

  2. CTI テストを通してエージェントログイン障害を再現して下さい。

  3. 壊れる CTI テスト ログオンのテキスト クリップを集めて下さい。

  4. CTIServer JTapi、PIM、OPC およびログファイルを集めて下さい。 詳細については Dumplog ユーティリティを使用する方法を参照して下さい。

Cisco Technical Assistance Center (TAC)とのサービス リクエスト登録ユーザのみ)を開くのにこの情報を使用して下さい。 登録ユーザではない場合、ユーザ登録に行き、次に TAC のサービス リクエストを開いて下さい。


関連情報


Document ID: 22846