音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity サブスクライバ一覧レポートの実行

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Unity システムに設定されている現在の加入者のリストを表示する方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unity バージョン 3.1(5) および それ 以降に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

サブスクライバ リストを作成して下さい

次の手順を実行します。

  1. Cisco Unity SA Webページから Reports Subscribers > Subscribers の順に選択 し、『All subscribers』 をクリック して下さい。

  2. レポートを生成するためにウィンドウの右上隅の実行アイコンをクリックして下さい。

    unity-subscriber-listing-1.gif

  3. レポートが終了した後、Cisco Unity は管理者に E メールを送信 します。 レポートは c:\CommServer\Reports\SUBSCRIBER _xxxxxx.htm フォルダの下で保存されます。

    注: Cisco Unity から Cisco Unityサブスクライバ 情報を引き抜くのにサブスクライバ情報 ダンプする ツールを使用して下さい。

結果の確認

Webブラウザの c:\CommServer\Reports\SUBSCRIBER _xxxxxx.htm の下で作成済ファイルを表示して下さい。

unity-subscriber-listing-2.gif

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

ユニティ サブスクライバ メッセージ活動報告は失敗します

ステータスモニタからの Unity レポートを取り消した後、ステータスモニタはレポートをまったくリストしません。 アプリケーションログはこのエラーメッセージでいっぱいになり、レポートはその後はたらかないかもしれません:

Event Type:	Error
Event Source:	CiscoUnity_RepDir
Event Category:	(62000)
Event ID:	10001
Date:		3/31/2005
Time:		9:44:05 AM
User:		N/A
Computer:	UNITYSERVER
Description:
REPDIR FATAL ERROR FILE
e:\views\cs_ue4.0.3.159\un_Reports\ReportDirector\AvRepDirSvrSvc\AvRepDir.cp
p LINE 1715 VALUE 0x80004005

次にチェックインされたときステータス モニタリングは、レポート キュー ステータス秒以内に、動作するジョブを示し失敗し、ファイルは生成されません。

完全に可能な限りで、Cancel レポートが、終わるようにちょうどそれらがするため。 レポートがとてつもなく多くの時間以降に完了しないし、それを取り消す必要があればこの workarouond を行えば:

  1. レポートをキャンセルしたときの予期せぬ動作を無視します。

  2. まだ取り消されたレポートに専用されているかもしれないリソースを片付けるために AvRepDirSvrSvc を再起動して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 22433