音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity でのポート ロックアップのトラブルシューティング

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントは、次の状態のいずれかに陥っているシステム内の問題を特定する手順を説明します。

  • ポートは使用できなくなります

  • システムの速度低下

  • システム キャッシュ

資料は情報を収集し、解決するためにステップを提供したものです。 この資料が記述したものです情報がエンジニアリング レビューに必要となります。 この情報を提供する障害は、解決時間が長くなります。

このドキュメントの情報は、Cisco Unity for Exchange に基づいています。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unity for Exchange 2.4(6)

  • Cisco Unity 3.x

  • Cisco Unity 4.x

  • Cisco Unity 5.x

  • Cisco Unity 7.x

  • Cisco Unity 8.x

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題の特定

このセクション ヘルプのステップ問題点を明らかにします。 たとえば、ポートが使用できなくなるシステムは頻繁にシステム クラッシュとして記述されています。

コールは発信者がファースト ビジーの状態を聞く場合 Cisco Unity に達しません。 Cisco Unity はファースト ビジーシグナルを生成できません。

  1. Event Log エラーがあるかどうか点検して下さい。

    これはすぐに問題点を明らかにするのを助けることができます。

  2. システムが呼び出しに応答したかどうか確認して下さい。

    返事、もしあればどれこれをするために、各ポートにそれぞれダイヤルし、注意して下さい。

  3. ステータスモニタのポートステータス ウィンドウをチェックして下さい。

    の上でロックされる非アイドル状態状態にあり、または長のこの状態 1 時間にあったらポートは可能性が高いです。

    詳細については Cisco Unity のステータスモニタ セクションを管理参照して下さい。

  4. 各ポートを再設定し、ポートが応答し始めるかどうか見ることを試みて下さい。

    Cisco Unity CallManager テレフォニー アプリケ−ション プログラミング インターフェイス (TAPI) サービスプロバイダー(TSP)をリセットして下さい。 これをするために、Start > Settings > Control Panel > Phone and Modem options > Advanced > Cisco Unity-CallManager TSP > Configure の順に選択 して下さい。

    もう一つのオプションはポートステータス モニタを起動させることです。 起動するために、システムトレイの Cisco Unity アイコンを右クリックして下さい。

  5. 問題が発生した前にシステムの動作に顕著な問題があったかどうか確認して下さい。

    たとえば、システムは全く停止した前に低下を経験しましたか。 そのよう問題が発生した場合、起こった何が丁度記述して下さい。

  6. System Administrator (SA)にアクセスできたかどうか確認して下さい。

  7. すべての avcs* プロセスのステータスを判別して下さい。

    これをするために、Microsoft Windows タスク マネージャに行き、Processes タブをクリックして下さい。 スクリーンキャプチャーを提供します。 CPU稼働率とは何か。

  8. 別の数分の間システムを残せれば場合 Next Failure セクションの準備を収集データにスキップし、ステップ 1 およびステップ 4.を完了して下さい。

  9. Unityステータス トレイ アイコンが付いている Cisco Unity を停止し、再起動できたかどうか確認して下さい。

  10. システムの完全な再始動が問題を解決するかどうか確認して下さい。

システム エクスペリエンス ポート ロックアップ

これらの項目のうちのどれかが本当である場合、ポート ロックアップは多分システムに影響を及ぼします:

  • SA はアクセスすることができます。

  • いくつかのポート返事およびいくつかのポートは。

  • ポートはステータスモニタのポートを再設定したか、または TSP をリセットする後、Identify の次ステップ 4 問題応答し始めます。

すべてのポートが使用できなくなるときシステムにポートのロックアップを経験するシステム クラッシュが生じるようであることができます。

システムにシステム クラッシュが生じます

これらの項目のうちのどれかが本当である場合、問題はシステム クラッシュです:

  • システムが応答しない。

  • Cisco Unity サービスを再開する場合、問題を解決しません。

  • Cisco Unity サービス 1 つまたは全員はもはや動作しません。

  • SA かステータスモニタにアクセスできません。

  • CPU稼働率は 100%でまたはその近辺にあります。

基本的な情報の提供

これらの基本的な詳細を Cisco テクニカル サポートに届けることは重要です:

  • Cisco Unity のためのバージョンおよびビルド情報

  • 電話 システム型およびバージョン

  • Cisco Unity インストールの型—ボイス メッセージか Unified Messaging

  • メール ユーザの数

  • Unified Messaging がある場合、各々のリモート Exchange サーバでホーム メール ユーザの数

  • 、音声 ボードと共に、Cisco Unity を該当する場合インストールしたプラットフォーム

  • Cisco Unity は Text-to-Speech (TTS)および Audio Messaging Interchange Specification (AMIS)のような有効に なりました、特色にします

  • 失敗の周波数

  • TSP のバージョン

次の失敗のために収集データに準備して下さい

ポート ロックアップに関しては

次の手順を実行します。

  1. ポート ロックアップが発生する時最初に、最初の調査のための標準 Message Interface Unit (MIU)トレースおよびアプリケーションログを収集して下さい。

  2. システムが現在 Cisco Unity CallManager TSP の最新バージョンを稼動することを確かめるためにチェックして下さい。

    1. avskinny.tsp と名付けられるファイルのための検索を行って下さい

    2. avskinny.tsp を右クリックしVersion タブを選択して下さい。

    3. それは Cisco Unity CallManager TSP の最新バージョンではないことが分ったら、アップグレードを行って下さい。

      契約済のお客様は正常なアップデート チャネルを通してアップグレードしたソフトウエアを入手する必要があります。 ほとんどの顧客向けに、アップグレードは Cisco.comSoftware Center から入手します。

  3. 適切な資料を他の失敗のために収集データに準備されるために参照して下さい:

  4. FAILED 状態で、ロックされたポートのステータスを表示する TechTools > StatusMonitor.exe (ない HTML バージョン)を選択し、画面をキャプチャ して下さい間。

    これはコールが失敗したときにアクティブだったシステム メッセージ交換の一部分を識別します。

  5. AMIS のようなあらゆる送信コール トラブルシューティングに関しては、発信タスクの実行に使用される大きい番号 ポートが可能性が高いので MWI、メッセージ通知、またはテレフォニー レコードおよび再生(トラップ)は、最後のポートの 1 つを使用します。 Cisco Unity は最後のポートから開始する発信タスクのための利用可能なポートを捜します。

システム クラッシュに関しては

問題がシステム クラッシュである場合 Cisco Unity システム クラッシュのトラブルシューティングを参照して下さい。

システム クラッシュの既知の問題

このセクションがリストする既知 の 問題は Cisco Unityソフトウェアにあります。 Bug Toolkit登録ユーザのみ)の Cisco バグ ID を表示できます。

速度制御— CSCdw88890

Cisco Unity 3.1(x) で存在 するこの問題。 この問題のための回避策は Cisco Unity 3.1(3)および 3.1(2)c にあります。

問題の説明

メッセージ検索の間に再生速度制御を使用する場合、さまざまな現象という結果に終ります。 みられる現象はシステム構成によって決まります。 Cisco Unity はコールをすぐに廃棄するか、コール端の後でポートを無効にするか、またはかもしれませんあらゆるユニティポートに呼び出しに応答しないために。

回避策

詳細については、『Field Notice: Cisco Unity 再生速度制御はすべてのユニティポート 発信者かロック・アップを廃棄するかもしれません

Cisco Unified CallManager port —ロックされる MIU エラーおよびポート CSCdw11833 の AvWav 障害の後で

Cisco Unity 3.1(x) で存在 するこの問題。 Cisco Unity 3.1(5)または 3.1(6) へのアップグレードは問題を解決します。

問題の説明

ポートはステータスモニタに従って使用中、です。 コールは長いかもしれないしポートは他の呼び出しを受け入れません。

症状

イベントログはコールが起きたことをほぼ 20 の MIU エラーにその時に示します。 最初のエラーは次のように現われます:

Event Type: Error
Event Source: AvMiu_MC
Event Category: Error
Event ID: 530
Description: Component Miu: Thread 0x000009B8 had a Failure on Port 1 in AvWav
DESCRIPTION: e:\views\cs_ue3.1.0.56\un_Miu\UnityAvWav\WAV.C(4688) :
Exception caught in Method WavWriteFormatRecordAGC.

回避策

ポートをリリースするためにシステムをリブートして下さい。

ステータスモニタが付いているポートを再設定できません。 Cisco Unity ステータス トレイ アイコンからそれを停止するように試みる場合 Unity はハングします。

解決策

Cisco Unity 3.1(3)へのアップグレード。

スレッド セーフ— CSCae08069

Cisco Unity のすべてのバージョンで存在 するこの問題。 この問題のための回避策は Cisco Unity 2.4.6.135 およびそれ以降にあります。

問題の説明

Cisco Unity を呼出すとき無音か Ring No Answer (RNA)を得ます。 これはビジーシステム セットアップに発生する G.729 デコードを使用するためにようです。 また、G.711 システムでそれを見るかもしれません。 イベントログは MIU エラーが含まれています。 また、ポートは Cisco Unified CallManager から切り離し、再接続します。 イベントログは 2 つのポートからの AvWav 多数の同一のエラーをすぐにリストします。

更に検知 する場合、acmStreamConvert()、AvWav 機能の中で、AcmStreamConvert() である Microsoft Win32 Application Programming Interface (API; アプリケーション プログラミング インターフェイス) 機能にコールを同時に作るために 2 つのポートを検出します。 両方とも例外を投げます。 そのポイントから、発信者は無音か RNA を聞きます。

回避策

Cisco Unity バージョン 2.4.6.135 およびそれ以降のこれらのステップを完了して下さい:

  1. レジストリへのナビゲート。

  2. キー HKLM/Software/Active Voice/UnityAvWav/1.0/ForceGlobalAcmThreadSafety=1 を追加して下さい。

  3. Cisco Unity サーバを再起動します。

    このレジストリ 設定を有効に する ステップバイステップの説明に関しては G729a コーデックを有効に した後 Cisco Unity ポート ロック・アップを参照して下さい。

Cisco Unified CallManager は転送状態で音声メールポートを、ポートです Busied CSCdw94340、CSCdw70477、CSCdw36431、CSCdw19730、CSCdw47532、CSCdw55180 去ります

Cisco CallManager 3.1(2)で存在 するこの問題。 それは Cisco Unified CallManager 3.1(3)a で解決されます—特派員 3.の設計。

問題の説明

Cisco Unity は転送を行うように試み Cisco Unified CallManager はこのエラーを返します:

Transferring - ERROR splitting_primary_call:
	 time out on waiting response.

転送は完了しません。 Cisco Unity はビジー状態でポートを去るフックでポートを戻すのに必要な刺激を受け取りません。

症状

Cisco Unity を呼出すとき発信者 RNA をか使用中は受け取ります。

回避策

Cisco Unified CallManager 3.1(3)a へのアップグレード—特派員 3.の設計。

G729 MSG 型記録のための AGC のイネーブルはロック・アップ Cisco Unity ポート— CSCdw92062 よろしいです

Cisco Unity 3.1 で存在 するこの問題。 この問題は Cisco Unity 3.1(3)で解決されます。

問題の説明

Cisco Unity システムは発信者の後で残しますメッセージをポートをロックするかもしれません。 Cisco Unity はまた発信者の後で残しますメッセージをコールを廃棄するかもしれません。

症状

これは Cisco Unity 3.1(x) に Unity で有効に なる メッセージ レコード形式として設定 される 自動利得制御 (AGC)および G.729 があるとき発生します。

イベント ビューア エラーはこれらのエラーを含むことができます:

12:00:33:559,AvMiu_MC,690,-1,-1,MiuGeneral,0,1, 
File: e:\views\cs_UE3.1.2.17\un_Miu\UnityAvWav\WAV.C(4651) 
Method: WavWriteFormatRecordAGC Failure: 
call to AcmConvertGetSizeDst failed,0x00000BD0

12:00:33:560,AvMiu_MC,690,-1,-1,MiuGeneral,0,1, File: 
e:\views\cs_UE3.1.2.17\un_Miu\UnityAvWav\WAV.C(6223) 
Method: WavNotify Failure: 
call to WavWriteFormatRecordAGC failed,0x00000BD0

12:01:03:560,AvMiu_MC,690,-1,-1,MiuGeneral,0,1, 
File: e:\views\cs_UE3.1.2.17\un_Miu\UnityAvWav\WAVIN.C(725) 
Method: WavInClose Failure: 
call to WaitForSingleObject (hEventDeviceClosed) failed,0x00000D68

12:01:03:561,AvMiu_MC,690,-1,-1,MiuGeneral,0,1, 
File: e:\views\cs_UE3.1.2.17\un_Miu\UnityAvWav\WAV.C(5437) 
Method: WavStopRecord Failure: call to WavInClose failed,0x00000D68

12:01:03:560,AvMiu_MC,690,-1,-1,MiuGeneral,0,1, 
File: e:\views\cs_UE3.1.2.17\un_Miu\UnityAvWav\WAV.C(2254) 
Method: WavStop Failure: call to WavStopRecord failed,0x00000D68

12:01:03:561,AvMiu_MC,690,-1,-1,MiuGeneral,0,1,
e:\views\cs_UE3.1.2.17\un_Miu\UnityAvWav\WAVIN.C(1064) : 
Exception caught in Method WavInStop | 
Data hWavIn 021E4CC4,0x00000BD0

12:01:03:560,AvMiu_MC,683,-1,-1,MiuGeneral,0,1,CAvMiuWave::Record(),
AvWav WavStop failed with 0xFFFFFFFF,0x00000D68

12:01:03:561,AvMiu_MC,686,-1,-1,MiuGeneral,0,1,CAvMiuWave::Record(), 
FileName: C:\DOCUME~1\ADMINI~1.RAC\LOCALS~1\Temp\WAV1.tmp 
HWAV: 0x021E493C WavState: WAV_STOPPING,0x00000D68

12:01:03:560,AvMiu_MC,688,-1,-1,MiuGeneral,0,1,CAvMiuWave::Record(),
1,[11:54:25:938 - 0x00000D78] 
Drop() - S_OK,0x00000D68

------------------------------------------------------------------

Source: AvMiu_MC
Category: Error
EventId: 530
Description:
Component Miu: Thread 0x00000BD0 had a Failure on Port 1 in AvWav
DESCRIPTION:
File: e:\views\cs_UE3.1.2.17\un_Miu\UnityAvWav\WAV.C(4651)
Method: WavWriteFormatRecordAGC
Failure: call to AcmConvertGetSizeDst failed.

回避策

このセクションが示すように、Cisco Unity ステータスモニタからのポートを再設定して下さい。

ステータスモニタは C:\Commserver\TechTools ディレクトリにあります。

  1. ステータスモニタを開いて下さい。

  2. ロックされている見つけ、『Reset Port』 をクリック して下さいポートを。

    複数のポートがロックされている場合、Cisco Unity サービスを停止し、再開して下さい。

  3. レジストリからの Cisco Unity システムの AGC をディセーブルにして下さい。

    AGCUseCompression キーをこのディレクトリの下で見つけ、0 にそれを設定 して下さい:

    \\HKLM\Software\ActiveVoice\MIU\1.0\Initialization
  4. 実施されるために無力のためのシステムを再始動して下さい。

    操作は G.711 および G.729 両方メッセージのための AGC をディセーブルにします。

AvWav: ExAcmFormatGetText の障害によりポートロック引き起こす場合があります— CSCdx15569

Cisco Unity のすべてのバージョンで存在 するこの問題。

解決策

Cisco テクニカル サポートでサービス リクエストを作成して下さい。

問題の説明

Cisco Unity ポートは一つずつ使用できなくなり、呼び出しを受け取ることを止めます。

症状

破損している .wav ファイルのリソース交換ファイルフォーマット(RIFF)ヘッダのセクションがあれば、AvWav ExAcmFormatGetText 機能は失敗します。 これは結局 AvWav で発表されない重要なセクションになります。 壊れるポートへの後に続くコールは無音状態になるために答えるかもしれませんし、まったく答えられないかもしれません。

AvWav エラーの一連はイベントログに現われます。 最初のエラーはこれとして現われます:

Component Miu: Thread 0x000009F0 had a Failure on Port 5 in AvWav

File: D:\commsvr\Sources\UnityAvWav\ACM.C(581)
Method: ExAcmFormatGetText
Failure: call to acmFormatDetails failed with error(200)

MIU の競合状態は割り当て解除されない呼び出しの— CSCdw54752 原因となります

Cisco Unity 2.4(x) で存在 するこの問題。

この問題は Cisco Unity 3.x.にありません

解決策

Cisco Unity 3.x へのアップグレードは Cisco テクニカル サポートで、またはサービス リクエストを作成します。

症状

イベントログ ディスプレイは待っているドロップする完了イベント エラーを時間を計りました、通常設定が無効になられたポートのに先行している。 これはあらゆる統合で起こる場合があります。 ただし、IP統合があれば、イベントログは Skinnyトレースの以前の呼び出し割り当て解除されなかったメッセージを表示するかもしれません。

これらのメッセージのどちらかがイベントログに現われる場合、システムにこの問題があることを必ずしも意味します。 多くの問題はこれらの現象のどちらかに導く場合があります。

Cisco Unity は RPC Hang-CSCdw22615 が理由で応答しません

Cisco Unity 2.4(x) および 3.0(3) で存在 するこの問題。

この不具合はアプリケーションを実行する Windows 9x クライアントがある場合発生しますテレフォニー レコードおよびプレーバック(トラップ)を使用する。 これらは ViewMail および自動転送(AA)が含まれています。

解決策

Cisco テクニカル サポートでサービス リクエストを作成して下さい。

症状

Cisco Unity は呼び出しの返事を停止しますが、動作するようです。 Cisco Unity は実際に各ポートのコールに応答しますが、それは無音です。 それは各ポートのためにこれをした後、もう呼び出しに応答しません。 SA、ステータスモニタ、StatusMonitor.exe および他の多くの Cisco Unity ツールは開きません。

これは Windows 9x の Remote Procedure Call (RPC)の実装を用いる不具合です。

名前を警告 する 不正 な ASCII は svchost.exe を終えることができます

この問題は TSP バージョン 8.3(1)に発生します。 この問題は使用される TSP バージョンにない Cisco Unity バージョンによって決まります。 この問題は Cisco バグ ID CSCth05576登録ユーザのみ)によって文書化されています。

解決策

Unity 診察道具の SkinnyTSP 診断をディセーブルにして下さい。 有効な ASCII文字だけ含むためにネーム形式を警告 する 着信 ASCII を訂正して下さい。

症状

Cisco Unity はすべての Cisco Unified CallManager統合から Unity 診察道具で SkinnyTSP 診断を有効に してもらうときだけ呼び出しに応答することを止めます。 アプリケーションログはこのエラーメッセージを表示します:

Event Type:	Error
Event Source:	Application Error
Event Category:	(100)
Event ID:	1000
Date:		5/28/2010
Time:		5:34:44 AM
User:		N/A
Computer:	UNITY80
Description:
Faulting application svchost.exe, version 5.2.3790.3959, faulting module ntdll.dll, 
version 5.2.3790.4455, fault address 0x0001a3e1.

関連情報


Document ID: 22374