スイッチ : Cisco MGX 8220 エッジ コンセントレータ

CESM-8 非構造化データ転送

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2013 年 10 月 3 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Circuit Emulation Service Module-8(CESM-8)カードの非構造化データ転送の設定例を示します。

前提条件

要件

この設定を試す前に、次の項目に関して精通していることを確認してください。

  • Cisco CESM-8

  • Cisco MGX 8220

  • Cisco MC3810

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • MGX 8220/8250 ファームウェア 4.1.x 以降では CESM-8T1E1 カード設定がサポートされます。

このドキュメントのすべての設定例は、次のファームウェア、ブートコード、ハードウェア リビジョンに基づきます。

wss-mgxb.1.10.CESM.a > dspcd
        ModuleSlotNumber: 10
        FunctionModuleState: Active
        FunctionModuleType: CESM-8T1
        FunctionModuleSerialNum: 754950
        FunctionModuleHWRev: aa
        FunctionModuleFWRev: 4.1.01
        FunctionModuleResetReason: Local DRAM parity reset
        LineModuleType: LM-RJ48-8T1
        LineModuleState: Present
        mibVersionNumber: 20
        configChangeTypeBitMap: CardCnfChng, LineCnfChng
        cardIntegratedAlarm: Clear
        fab number: 28-2199-02

設定例で顧客宅内機器(CPE)デバイスとして使用する MC3810 マルチサービス アクセス コンセントレータ ユニットは、次のソフトウェア/ハードウェア リリース レベルに基づきます。

wss-3810a# show version 
    Cisco Internetwork Operating System Software 
    IOS (tm) MC3810 Software (MC3810-A2INR3V2-M), Version 11.3(1)MA62, EARLY DEPLOY 
    Copyright (c) 1986-1998 by cisco Systems, Inc.
    Compiled Mon 26-Oct-98 19:35 by runyan 
    Image text-base: 0x00023000, data-base: 0x0064BFDC 

    ROM: System Bootstrap, Version 11.3(1)MA1, MAINTENANCE INTERIM SOFTWARE 
    ROM: MC3810 Software (MC3810-WBOOT-M), Version 11.3(1)MA1, MAINTENANCE INTERIM 

    wss-3810a uptime is 3 days, 1 hour, 20 minutes 
    System restarted by reload 
    System image file is "flash:mc3810-a2inr3v2-mz.113-1.MA62", booted via flash: 

    Cisco MC3810 (MPC860) processor (revision 06.07) with 27648K/5120K bytes of mem. 
    Processor board ID 09502861 
    PPC860 PowerQUICC, partnum 0x0000, version A03(0x0013) 
    Bridging software. 
    MC3810 SCB board (v05.A0) 
    1 Multiflex T1(slot 3) RJ45 interface(v01.K0) 
    1 Multiflex T1(slot 4) RJ45 interface(v01.K0) 
    1 6-DSP(slot2) Voice Compression Module(v01.K0) 
    1 6-DSP(slot5) Voice Compression Module(v01.K0) 
    1 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s) 
    4 Serial network interface(s) 
    2 Channelized T1/PRI port(s) 256K bytes of non-volatile configuration memory. 
    8192K bytes of processor board System flash (INTEL28F016)

    Configuration register is 0x2102 

wss-3810a#

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

CESM-8 カードでは、ポート密度が CESM-4 カードより 100 パーセント増加しており、クロッキングとフレーミングのさまざまな機能拡張があります。 CESM-4 カードでは、同期クロッキングで T1/E1 の基本的な非構造化サービスのみがサポートされます。 CESM-8 では、基本的な非構造化サービス、および基本/個別線信号方式(CAS)構造化サービスが提供されます。

このドキュメントでは、CESM-8 カードの非構造化サービス機能、特にクロッキング スキーム(同期、同期残余タイム スタンプ(SRTS)、適応型)および framingonVCdisconnect 機能についてのみ説明します。 回線エミュレーションや非構造化データ転送の背景情報については、次の仕様を参照してください。

設定

CESM-8 は T1 回線と E1 回線の両方に対応しています。 両方の回線タイプは、コマンドの同一セットを使用して設定します。

  • 回線は、カードで設定する最初のエンティティです。

  • 次に論理ポートを設定し、アクティブ回線に関連付けます。 このポートは、カードで使用するデジタル信号レベル 0s(DS0s)の範囲、および使用する CES のタイプ(構造化または非構造化)を定義します。

  • 最後に、ATM ネットワークでデータをルーティングするため、ポートごとにチャネルを作成します。

このセクションでは次の設定について説明します。

注: このドキュメントで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

同期クロッキング

この例では、MC3810 ユニット WSS-3810A と WSS-3810B をマルチフレックス トランク(MFT)モジュール(Controller T1 0/Serial 2)経由で、ハイレベル データ リンク コントロール(HDLC)をレイヤ 2 プロトコルとして使用して接続します。 各マルチフレックス トランク(MFT)モジュールは、それぞれの CESM カードの回線 2 に接続します。 テスト ネットワークのすべてのデバイスは、WSS-BPXC の内部発振器からタイミングを取得します。

この例では、次のネットワーク ダイアグラムを使用します。

/image/gif/paws/22236/UDT-Synchronous.gif

  1. CESM — ビルド行

    2 つの CESM カードの回線を始動します。 回線設定は、関連する T1 回線または E1 回線の物理層パラメータをカバーします。

    MGX-B
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > addln 2
    
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > dsplns
    Line Conn    Type       Status/Coding    Length       XmtClock Alarm Stats
         Type                                              Source        Alarm
    ---- ----- ------------ ------ -------- ------------- -------- ----- -----
    10.1 RJ-48 dsx1ESF      Dis/dsx1B8ZS    0-131 ft      LocalTim 
    10.2 RJ-48 dsx1ESF      Ena/dsx1B8ZS    0-131 ft      LocalTim  No    No 
    10.3 RJ-48 dsx1ESF      Dis/dsx1B8ZS    0-131 ft      LocalTim 
    10.4 RJ-48 dsx1ESF      Dis/dsx1B8ZS    0-131 ft      LocalTim 
    10.5 RJ-48 dsx1ESF      Dis/dsx1B8ZS    0-131 ft      LocalTim 
    10.6 RJ-48 dsx1ESF      Dis/dsx1B8ZS    0-131 ft      LocalTim 
    10.7 RJ-48 dsx1ESF      Dis/dsx1B8ZS    0-131 ft      LocalTim 
    10.8 RJ-48 dsx1ESF      Dis/dsx1B8ZS    0-131 ft      LocalTim 
          
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > dspln 2
    LineNum:                   2
    LineConnectorType:         RJ-48
    LineEnable:                Enabled
    LineType:                  dsx1ESF
    LineCoding:                dsx1B8ZS
    LineLength:                0-131 ft
    LineXmtClockSource:        LocalTiming
    LineLoopbackCommand:       NoLoop
    LineSendCode:              NoCode
    LineUsedTimeslotsBitMap:   0xffffff
    LineLoopbackCodeDetection: codeDetectDisabled

    MGX-C
    wss-mgxc.1.10.CESM.a > addln 2
    

  2. CESM — ポートを設定して下さい

    論理ポートを追加します。 ポートは、特定の回線で一連の DS0 に論理グループを提供し、CES モードを定義します。 非構造化サービスでは、ある回線のすべての DS0 が 1 つのポートに含まれます。

    MGX-B
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > addport 21 2 1 24 2
          
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > dspport 21
     SlotNum:                     10
     PortLineNum:                 2
     PortNum:                     21
     PortRowStatus:               Add
     PortNumOfSlots:              24
     PortDs0ConfigBitMap(1stDS0): 0xffffff(1)
     PortSpeed:                   1544kbps
     PortType:                    unstructured
     PortState:                   Active

    MGX-C
    wss-mgxc.1.10.CESM.a > addport 22 2 1 24 2
    

  3. CESM — チャネルを追加して下さい

    論理チャネルは、接続の ATM 側のパラメータを制御します。 1 つの論理チャネルを 1 つの論理ポートにリンクします。 ここでは、基本サービス用にポートを設定し(個別線信号方式(CAS)は非構造化データ転送に適していない)、チャネルでセル損失が発生した場合にすべての 1s を送信する条件を設定します。 次に、チャネル バッファ サイズ、セル遅延変動許容値(CDVT)、クロッキング値を設定します。

    MGX-B
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > addchan 121 21 1 0 255 15
          
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > cnfchan 121 1000 1000 0 1 1 1 
          
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > dspchan 121
     ChanNum:                  121
     ChanRowStatus:            Mod
     ChanLineNum:              2
     ChanMapVpi:               10
     ChanMapVci:               121
     ChanCBRService:           unstructured
     ChanClockMode:            Synchronous
     ChanCAS:                  Basic
     ChanPartialFill:          47
     ChanMaxBufSize:           384 bytes
     ChanCDV:                  1000 micro seconds
     C L I P:                  1000 milliseconds
     ChanLocalRemoteLpbkState: Disabled
     ChanTestType:             TestOff
     ChanTestState:            NotInProgress
     ChanRTDresult:            65535 ms
     ChanPortNum               21
     ChanConnType              PVC
     ISDetType                 DetectionDisabled
     CondData                  255
     CondSignalling            15
     ExtISTrig                 DisableIdleSupression
     ISIntgnPeriod             4095 seconds 
     ISSignallingCode          0
     OnHookCode                1

    MGX-C
    wss-mgxc.1.10.CESM.a > addchan 122 22 1 0 255 15
    
    wss-mgxc.1.10.CESM.a > cnfchan 122 1000 1000 0 1 1 1
    

  4. CESM — 検査する チャネル統計情報

    設定の現段階ではチャネル統計情報を検知 すれば#、いくつかの明確 な 問題を見ます。 各カードで関連付けられているチャネルはネットワークにセルを送信しているようですが、どのチャネル レポートもセルを受信していないので、チャネルの状態はアラーム状態です。 ここでの問題は、相手先固定接続(PVC)を構築して CESM カードから CESM カードに AAL1 セルを転送していなかったことです。

    MGX-B
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > clrchancnts
          
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > dspchancnt 121
     ChanNum:                  121
     Chan State:               alarm
     Chan RCV ATM State:       Normal
     Chan XMT ATM State:       Normal
     Cell Loss Status:         Cell Loss
     Reassembled Cells:        0
     Generated Cells:          158171
     Header Errors:            0
     Seqence Mismatches:       0
     Lost Cells:               0
     Channel Uptime (secs.)    186
     Signalling Status         Offhook

  5. BPX — CBR 接続を追加して下さい

    ある CESM から別の CESM にセルを運ぶには、各 MGX シェルフが掛かる BXM トランク カードから固定ビット レート(CBR)接続を構築する必要があります。 この PVC は T1 非構造化ストリームを運ぶので、セル レートを 1 秒あたり 4107 セルに設定します

    (193 ビット/フレーム * 8000 フレーム/秒)/(47 バイト/セル * 8 ビット/バイト)= 4106.38 セル/秒

    BPX-B
    wss-bpxb     TN     StrataCom     BPX 8600     9.1.04     Nov. 13 1998     14:54 EST 
          
     Local        Remote        Remote                               Route
     Channel      NodeName      Channel      State       Type        Avoid     COS O
     3.1.10.121   wss-bpxc      10.1.10.122  Ok          cbr                    0  L
          
    Last Command: addcon 3.1.10.121 wss-bpxc 10.1.10.122 cbr 4107 * 1000 * Y
          
    ---------------------------------------------------------------------------
          
    wss-bpxb     TN     StrataCom     BPX 8600     9.1.04     Nov. 13 1998     15:41 EST 
          
    Conn: 3.1.10.121       wss-bpxc  10.1.10.122          cbr        Status:OK
       PCR(0+1)    % Util    CDVT(0+1)   Policing 
       4107/4107  100/100    1000/1000     4/4
    Owner: LOCAL  Restriction: NONE   COS: 0
    Trunk Cell Routing Restrict: Y
    Path:   wss-bpxb 1.1-- 1.1wss-bpxc
    Pref:   Not Configured
          
    wss-bpxb      BXM      : OK         wss-bpxc     BXM       : OK
                  Line 3.1 : OK                      Line 10.1 : OK
                  OAM Cell RX: Clear                 NNI       : OK
                  NNI      : OK
          
    Conn:   3.1.10.121       wss-bpxc     10.1.10.122    cbr     Status:OK
       PCR(0+1)     % Util       CDVT(0+1)       Policing
       4107/4107    100/100      1000/1000          4
          
    Trunk Cell Routing Restrict: Y
          
    Last Command: dspcon 3.1.10.121
    

  6. CESM — 接続統計を監視して下さい

    CESM カードのチャネル カウンタを調べると、 状況は改善しているようです。 接続がアラーム状態ではなく、セルの入力と出力がすべての意図と目的で同一であることに注意してください。

    MGX-B
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > clrchancnts
     
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > clrsarcnts
     
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > dspchancnt 121
    ChanNum:                   121
    Chan State:                okay
    Chan RCV ATM State:        Normal
    Chan XMT ATM State:        Normal
    Cell Loss Status:          No Cell Loss
    Reassembled Cells:         40401
    Generated Cells:           40401
    Header Errors:             0
    Seqence Mismatches :       0
    Lost Cells:                0
    Channel Uptime (secs.)     345
    Signalling Status          Offhook
     
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > dspsarcnt 121
                              SarShelfNum:         1
                              SarSlotNum:          10
                              SarChanNum:          121
                                    Tx                      Rx
                              ---------------       ---------------
      Total Cells:            85571                 85571
      Total CellsCLP:         0                     0
      Total CellsAIS:         0                     0
      Total CellsFERF:        0                     0
      Total CellsEnd2EndLpBk: 0                     0
      Total CellsSegmentLpBk: 0                     0
      RcvCellsDiscOAM:                              0

  7. BPX — 接続統計を監視して下さい

    この画面でも、ポートからネットワークとネットワークからポートのセルが同一であることに注意してください。 平均 CPS が接続の PCR より高いか、%util が 100 より高いか、いずれかの dscd カウンタがクロックアップしている場合は、データ ストリームの PCR を正しく計算していなかったと考えられます。

    BPX-B
    wss-bpxb       TN    StrataCom       BPX 8600  9.1.04    Nov. 13 1998 14:57 EST 
     
    Channel Statistics for 3.1.10.121  Cleared: Nov. 13 1998 14:57  (-)
    PCR: 4107/4107 cps      Collection Time: 0 day(s) 00:00:33      Corrupted: NO
       Traffic      Cells      CLP      Avg CPS   %util  Chan Stat Addr: 31132770
    From Port   :    137416          0     4106      99
    To Network  :    137416    ---         4106      99
    From Network:    137416          0     4106      99
    To Port     :    137416          0     4106      99
                                                                                    
    Rx Frames Rcv :         0  NonCmplnt Dscd:         0  Rx Q Depth    :         0
    Tx Q Depth    :         0  Rx CLP0       :    137416  Rx Nw CLP0    :    137416
    Igr VSVD ACR  :         0  Egr VSVD ACR  :         0  Tx Clp 0      :    137416
    Rx Clp 0+1    :    137416  Tx Clp 0 Dscd :         0  Tx Clp 1 Dscd :         0
    Tx Clp0+1 Dscd:         0
     
    This Command: dspchstats 3.1.10.121 1
    

  8. クロッキングの確認

    この例のクロッキングの準備では、すべてのユニットが WSS-BPXC の内部発振器にクロックをトレースしています。 BPXC がネットワークで最速のルーティング ノードなので、BPXB はクロックを PBXC から自動的に取ります。 各 MGX シェルフは、バス インバンドのタイミングを BNM カードから計るように設定されています。 両方の CESM カードの回線はローカルでタイミングを計ります。 各 MC3810 は、MFT からの再生クロックを使用して内部バスのタイミングを計るように設定されています。 MFT はクロック スリップを示していないので、エンドツーエンドのタイミングは適切です(MC3810 を選択したのは、タイミングについて厳密だからです)。

    BPX-B
    wss-bpxb       TN    StrataCom       BPX 8600  9.1.04    Nov. 13 1998 15:28 EST 
     
                                 Current Clock Source
     
    Source Node:     wss-bpxc
    Source Line:     Internal (CC)
     
    Clock Type:                 
    Clock Frequency: 1544000
     
    Path to Source:
       wss-bpxb 1.1--wss-bpxc
     
    Last Command: dspcurclk
    

    MGX-B
    wss-mgxb.1.3.ASC.a > dspclksrc
      PrimaryClockSource:   Inband from BNM
      SecondaryClockSource: Internal Oscillator
      CurrentClockSource:   Primary
      ClockSwitchState:     NoChange
      ExtClkPresent:        Not Present
      ExtClkSrcImpedance:   100 ohms
      ExtClkConnectorType:     DB-15

    MGX-C
    wss-mgxc.1.4.ASC.a > dspclksrc 
      PrimaryClockSource:   Inband from BNM
      SecondaryClockSource: Internal Oscillator
      CurrentClockSource:   Primary
      ClockSwitchState:     NoChange
      ExtClkPresent:        Not Present
      ExtClkSrcImpedance:   75 ohms
      ExtClkConnectorType:  BNC

    3810-A
    wss-3810a# show network-clocks 
    Priority 1 clock source(desired config): T1 0
    Priority 1 clock source(run-time config): T1 0
    Clock switch delay: 10
    Clock restore delay: 10
    T1 0 is clocking system bus for 1078 seconds.
    Run Priority Queue:  controller0,
     
    wss-3810a# show cont t1 0
    T1 0 is up.
      No alarms detected.
      Framing is ESF, Line Code is B8ZS, Clock Source is Line.
      Data in current interval (17 seconds elapsed):
         0 Line Code Violations, 0 Path Code Violations
         0 Slip Secs, 0 Fr Loss Secs, 0 Line Err Secs, 0 Degraded Mins
         0 Errored Secs, 0 Bursty Err Secs, 0 Severely Err Secs, 0 Unavail Secs

    3810-C
    wss-3810c# show network-clocks
    Priority 1 clock source(desired config): T1 0
    Priority 1 clock source(run-time config): T1 0
    Clock switch delay: 10
    Clock restore delay: 10
    T1 0 is clocking system bus for 1161 seconds.
    Run Priority Queue:  controller0,
          
    wss-3810c# show cont t1 0
    T1 0 is up.
      No alarms detected.
      Framing is ESF, Line Code is B8ZS, Clock Source is Line.
      Data in current interval (53 seconds elapsed):
         0 Line Code Violations, 0 Path Code Violations
         0 Slip Secs, 0 Fr Loss Secs, 0 Line Err Secs, 0 Degraded Mins
         0 Errored Secs, 0 Bursty Err Secs, 0 Severely Err Secs, 0 Unavail Secs

  9. MC3810 の設定

    3810 設定ファイルの関連する部分を以下に示します。 コントローラ T1 0 が MFT であり、デバイスのシリアル 2 インターフェイスに結び付けられていることに注意してください。 T1 コントローラのデフォルトのクロック ソースは回線です。 DVM モジュール(コントローラ T1 1)で 3810 のタイミングの問題を防止するには、両方のコントローラがバスのタイミングを計ろうとしないように、そのコントローラのクロック ソースを設定します。

    3810-A
    wss-3810a# wr t
    Building configuration...
     
    Current configuration:
    !
    version 11.3
    !
    hostname wss-3810a
    !
    network-clock base-rate 64k
    network-clock-select 1 T1 0
    !
    controller T1 0
     framing esf
     linecode b8zs
     channel-group 0 timeslots 1-24 speed 64
    !
    controller T1 1
     framing esf
     clock source loop-timed
     linecode b8zs
    !
    interface Serial2
     ip address 10.97.100.1 255.255.255.0
    !
    end

    3810-C
    wss-3810c# wr t
    Building configuration...
     
    Current configuration:
    !
    version 11.3
    !
    hostname wss-3810c
    !
    network-clock base-rate 64k
    network-clock-select 1 T1 0
    !
    controller T1 0
     framing esf
     linecode b8zs
     channel-group 0 timeslots 1-24 speed 64
    !
    controller T1 1
     framing esf
     clock source loop-timed
     linecode b8zs
    !
    interface Serial2
     ip address 10.97.100.2 255.255.255.0
    !
    end

同期残余タイム スタンプ(SRTS)クロッキング

残念なことに、すべてのデバイスがクロック ソースを単一リファレンスにトレースすることをすべてのネットワーク設定が許可しているわけではありません。 このような状況では、エンド デバイスがネットワークからクロックを取るポジションにいないときは、SRTS クロッキングによってタイミングがネットワークを通過します。

SRTS は、次のことを前提として動作します。

  • 回線エミュレーション サービス(CES)のネットワーク部分のすべての要素では、クロックを単一リファレンスにトレースできる。

  • CPE もクロックを単一リファレンスにトレースできる。

CPE とネットワーク クロック ソースが別々のリファレンスであることは明らかです。 同一であるならば、同期クロッキングを使用しています。

この例では、「同期クロッキング」で使用したものと同じ設定を使用しますが、同期タイミングではなくて SRTS を使用するように、CESM カードのチャネル パラメータを変更します。 次に、内部発振器からタイミングを取るように、いずれかの MC3810 ユニットを変更します。 その他の MC3810 ユニットは、引き続き回線からタイミングを取ります。

/image/gif/paws/22236/UDT-SRTS.gif

  1. 1. CESM — SRTS クロッキングのための修正するチャネル

    MGX-B
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > cnfchan 121 1000 1000 0 2 1 1
    
    wss-mgxc.1.10.CESM.a > cnfchan 122 1000 1000 0 2 1 1
    

  2. MC3810 — 3810-A のクロック ソースを変更して下さい

    MGX-B
    wss-3810a# conf t
    Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
    wss-3810a(config)# no network-clock-select 1 T1 0
    wss-3810a(config)# network-clock-select 1 system(SCB) 
    wss-3810a(config)#
    %MC3810_DSX1-5-MC3810_NOTICE: system(SCB) clocking PCM Bus
    %MC3810_DSX1-5-MC3810_NOTICE: system(SCB) clocking PCM Bus
     
    wss-3810a(config-controller)# cont t1 0
    wss-3810a(config-controller)# clock source internal
    wss-3810a(config-controller)# ^Z
    wss-3810a#
    %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
    wss-3810a#

  3. MC3810 — クロッキングの確認

    3810-A
    wss-3810a# show network-clocks 
    Priority 1 clock source(desired config): system(SCB)
    Priority 1 clock source(run-time config): system(SCB)
    Clock switch delay: 10
    Clock restore delay: 10
    system(SCB) is clocking system bus for 51 seconds.
    Run Priority Queue:  system(SCB),
     
    wss-3810a# show cont t1 0
    T1 0 is up.
      No alarms detected.
      Slot 3 CSU Serial #08625445 Model TEB HWVersion 4.70
      Framing is ESF, Line Code is B8ZS, Clock Source is Internal.
      Data in current interval (5 seconds elapsed):
         0 Line Code Violations, 0 Path Code Violations
         0 Slip Secs, 0 Fr Loss Secs, 0 Line Err Secs, 0 Degraded Mins
         0 Errored Secs, 0 Bursty Err Secs, 0 Severely Err Secs, 0 Unavail Secs
    wss-3810a#

    3810-C
    wss-3810c# show network-clocks 
    Priority 1 clock source(desired config): T1 0
    Priority 1 clock source(run-time config): T1 0
    Clock switch delay: 10
    Clock restore delay: 10
    T1 0 is clocking system bus for 3672 seconds.
    Run Priority Queue:  controller0,
     
    wss-3810c# show cont t1 0
    T1 0 is up.
      No alarms detected.
      Slot 3 CSU Serial #06706054 Model TEB HWVersion 4.70
      Framing is ESF, Line Code is B8ZS, Clock Source is Line.
      Data in current interval (40 seconds elapsed):
         0 Line Code Violations, 0 Path Code Violations
         0 Slip Secs, 0 Fr Loss Secs, 0 Line Err Secs, 0 Degraded Mins
         0 Errored Secs, 0 Bursty Err Secs, 0 Severely Err Secs, 0 Unavail Secs
    wss-3810c#

  4. MC3810 の設定

    MC3810 ユニットの新しい設定を簡潔にまとめると、次のようになります。 3810A のみで設定が変更されています。

    3810-A
    wss-3810a# wr t
    Building configuration...
     
    Current configuration:
    !
    version 11.3
    !
    hostname wss-3810a
    !
    network-clock base-rate 64k
    network-clock-select 1 system(SCB)
    !
    controller T1 0
     framing esf
     clock source internal
     linecode b8zs
     channel-group 0 timeslots 1-24 speed 64
    !
    controller T1 1
     framing esf
     clock source loop-timed
     linecode b8zs
    !

    3820-C
    wss-3810c# wr t
    Building configuration...
     
    Current configuration:
    !
    version 11.3
    !
    hostname wss-3810c
    !
    network-clock base-rate 64k
    network-clock-select 1 T1 0
    !
    controller T1 0
     framing esf
     linecode b8zs
     channel-group 0 timeslots 1-24 speed 64
    !
    controller T1 1
     framing esf
     clock source loop-timed
     linecode b8zs
    !

適応クロッキング

CPE デバイスとネットワーク要素を同一クロックに結び付けられないときは、一般的に適応クロッキングを選択します(同一クロックに結び付けられる場合は、同期クロッキングを使用します)。 CPE デバイスをあるクロックに結び付けてネットワーク要素を別のクロックに結び付けられない場合も、適応クロッキングを使用します(CPE デバイスとネットワーク要素を別々のクロックに結び付けられる場合は、SRTS クロッキングを使用します)。 これにより、ある CPE をクロックに、別の CPE を別のクロックに、ネットワーク要素をまた別のクロックに結び付けることができるようになります。 これは専用回線では理想的な状況ではなく、回線エミュレーションを使用しても、状況は自動的には改善されません。 適応クロッキングでは、CESM T1/E1 インターフェイスの送信クロッキングがバッファ サイズに基づいて単に調整されます。 バッファがいっぱいになると、クロックの速度は上がり、バッファが空になると、クロックの速度は下がります。

この例では、チャネル クロッキング設定を適応に変更し、両方の MC3810 ユニットが内部クロックを使用してクロッキングするように 3810-C のクロッキングを変更することで、SRTS 設定を基本的に拡張します。

/image/gif/paws/22236/UDT-Adaptive.gif

  1. CESM — アダプティブ クロッキングのための修正するチャネル

    MGX-B
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > cnfchan 121 1000 1000 0 3 1 1
     
    wss-mgxc.1.10.CESM.a > cnfchan 122 1000 1000 0 3 1 1
    

  2. MC3810 — 3810-C のクロック ソースを変更して下さい

    3810-C
    wss-3810c# conf t
    Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
    wss-3810c(config)# no network-clock-select 1 T1 0
    wss-3810c(config)# network-clock-select 1 system(SCB) 
    wss-3810c(config)#
    %MC3810_DSX1-5-MC3810_NOTICE: system(SCB) clocking PCM Bus
    %MC3810_DSX1-5-MC3810_NOTICE: system(SCB) clocking PCM Bus
     
    wss-3810c(config-controller)# cont t1 0
    wss-3810c(config-controller)# clock source internal
    wss-3810c(config-controller)# ^Z
    wss-3810c#
    %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
    wss-3810c#

  3. MC3810 — クロッキングの確認

    この設定手順の構文から分かるように、状況は他の 2 つのクロック モードのようにクリーンではありません。 回線は始動していますが、スリップとエラー秒数が多くなっています。 BPX ノードで設定した PVC でレポートされるセル レートを調べると、興味深いことが分かります。 MC3810 ユニットの内部クロックは、セル レートが上がっているため、明らかに少し速く動作しています (注: 接続の PVC セル レートを上げても、スリップやエラー秒数の問題は解決しませんでした)。

    3810-A
    wss-3810a# show network-clocks
    Priority 1 clock source(desired config): system(SCB)
    Priority 1 clock source(run-time config): system(SCB)
    Clock switch delay: 10
    Clock restore delay: 10
    system(SCB) is clocking system bus for 32 seconds.
    Run Priority Queue:  system(SCB),
    
    wss-3810a# show cont t1 0
    T1 0 is up.
      No alarms detected.
      Slot 3 CSU Serial #08625445 Model TEB HWVersion 4.70
      Framing is ESF, Line Code is B8ZS, Clock Source is Internal.
      Data in current interval (74 seconds elapsed):
         0 Line Code Violations, 945 Path Code Violations
         23 Slip Secs, 0 Fr Loss Secs, 0 Line Err Secs, 1 Degraded Mins
         74 Errored Secs, 74 Bursty Err Secs, 0 Severely Err Secs, 0 Unavail Secs
    wss-3810a#

    3810-C
    wss-3810c# show network-clocks
    Priority 1 clock source(desired config): system(SCB)
    Priority 1 clock source(run-time config): system(SCB)
    Clock switch delay: 10
    Clock restore delay: 10
    system(SCB) is clocking system bus for 614 seconds.
    Run Priority Queue:  system(SCB),
    
    wss-3810c# show cont t1 0
    T1 0 is up.
      No alarms detected.
      Slot 3 CSU Serial #06706054 Model TEB HWVersion 4.70
      Framing is ESF, Line Code is B8ZS, Clock Source is Internal.
      Data in current interval (102 seconds elapsed):
         0 Line Code Violations, 1326 Path Code Violations
         66 Slip Secs, 0 Fr Loss Secs, 0 Line Err Secs, 1 Degraded Mins
         94 Errored Secs, 94 Bursty Err Secs, 8 Severely Err Secs, 0 Unavail Secs
    wss-3810c#

    BPX-B
    wss-bpxb       TN    StrataCom       BPX 8600  9.1.04    Nov. 16 1998 13:17 EST 
    
    Channel Statistics for 3.1.10.121  Cleared: Nov. 16 1998 13:17  (/)  Snapshot
    PCR: 4107/4107 cps      Collection Time: 0 day(s) 00:00:32      Corrupted: NO
       Traffic      Cells      CLP      Avg CPS   %util  Chan Stat Addr: 31132770
    From Port   :    131711          0     4108     100
    To Network  :    131711    ---         4108     100
    From Network:    131712          0     4108     100
    To Port     :    131712          0     4108     100
                                                                                    
    Rx Frames Rcv :         0  NonCmplnt Dscd:         0  Rx Q Depth    :         0
    Tx Q Depth    :         0  Rx CLP0       :    131711  Rx Nw CLP0    :    131712
    Igr VSVD ACR  :         0  Egr VSVD ACR  :         0  Tx Clp 0      :    131712
    Rx Clp 0+1    :    131711  Tx Clp 0 Dscd :         0  Tx Clp 1 Dscd :         0
    Tx Clp0+1 Dscd:         0
    
    Last Command: dspchstats 3.1.10.121 1
    

  4. CESM — 接続統計を監視して下さい

    この手順で示す出力では、CESM カードですべてが正しく機能していると思われることに注意してください。 たしかに、以下の構文は、カウンタのクリアの 60 秒以内にこのドキュメント用にコピーしたものですが、損失セルやその他の異常はありません。 これは、AAL1 セルが CESM カード間に入っているが、厳しい MC3810 クロッキング要件と調和できないという問題があることを暗示しています。

    MGX-B
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > clrchancnts
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > clrsarcnts
    
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > dspchancnt 121
    ChanNum:                   121
    Chan State:                okay
    Chan RCV ATM State:        Normal
    Chan XMT ATM State:        Normal
    Cell Loss Status:          No Cell Loss
    Reassembled Cells:         292885
    Generated Cells:           292885
    Header Errors:             0
    Seqence Mismatches :       0
    Lost Cells:                0
    Channel Uptime (secs.)     20391
    Signalling Status          Offhook
    
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > dspsarcnt 121
                              SarShelfNum:         1
                              SarSlotNum:          10
                              SarChanNum:          121
                                    Tx                      Rx
                              ---------------       ---------------
      Total Cells:            466696                466698
      Total CellsCLP:         0                     0
      Total CellsAIS:         0                     0
      Total CellsFERF:        0                     0
      Total CellsEnd2EndLpBk: 0                     0
      Total CellsSegmentLpBk: 0                     0
      RcvCellsDiscOAM:                              0

  5. MC3810 の設定

    3810-A
    wss-3810a# wr t
    Building configuration...
    
    Current configuration:
    !
    version 11.3
    !
    hostname wss-3810a
    !
    network-clock base-rate 64k
    network-clock-select 1 system(SCB)
    !
    controller T1 0
     framing esf
     clock source internal
     linecode b8zs
     channel-group 0 timeslots 1-24 speed 64
    !
    controller T1 1
     framing esf
     clock source loop-timed
     linecode b8zs
    !

    3810-C
    wss-3810c# wr t
    Building configuration...
    
    Current configuration:
    !
    version 11.3
    !
    hostname wss-3810c
    !
    network-clock base-rate 64k
    network-clock-select 1 system(SCB)
    !
    controller T1 0
     framing esf
     clock source internal
     linecode b8zs
     channel-group 0 timeslots 1-24 speed 64
    !
    controller T1 1
     framing esf
     clock source loop-timed
     linecode b8zs

VC 接続解除のフレーミング

レガシー CPE を CESM-8 に接続するときは、framingOnVcDisconnect port オプションを使用します。 このオプションは非構造化ポートに非常に類似しています。 framingOnVcDisconnect と非構造化ポートの唯一の違いは、ネットワーク側でセル損失があるときに明らかになります。 非構造化ポートの場合、コンディショナル データは回線で送信されます。 framingOnVcDisconnect の場合、CPE から受信した回線データは CPE にループ バックされるので、CPE はフレーミングを失いません。

  1. CESM — framingOnVcDisconnect のためのポートを再構成して下さい

    残念なことに、この時点でポート タイプを簡単に再定義することはできません。 まずポートに関連付けられているチャネルを削除し、ポートを再定義してチャネルを再追加してからチャネル設定を調整する必要があります。 この設定によって手順を示します。

    MGX-B
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > delchan 121
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > delport 21
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > addport 21 2 1 24 3
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > addchan 121 21 1 0 255 15
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > cnfchan 121 1000 1000 0 2 1 1
     
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > dspport 21
      SlotNum:                      10
      PortLineNum:                  2
      PortNum:                      21
      PortRowStatus:                Add
      PortNumOfSlots:               24
      PortDs0ConfigBitMap(1stDS0):  0xffffff(1)
      PortSpeed:                    1544kbps
      PortType:                     framingOnVcDisconnect
      PortState:                    Active
    
    ss-mgxb.1.10.CESM.a > dspchans
        Channel     ChanNum   Status   CDV   MaxBufSize   CLIP    CBRservice
      ------------  -------   ------  -----  ----------  ------  ------------
      10.2.21.121     121      Mod     1000      384      1000   unstructured
     
      Number of channels:    1

    MGX-C
    wss-mgxc.1.10.CESM.a > delchan 122
    wss-mgxc.1.10.CESM.a > delport 22
    wss-mgxc.1.10.CESM.a > addport 22 2 1 24 3
    wss-mgxc.1.10.CESM.a > addchan 122 22 1 0 255 15
    wss-mgxc.1.10.CESM.a > cnfchan 122 1000 1000 0 2 1 1
     
    wss-mgxc.1.10.CESM.a > dspport 22
      SlotNum:                      10
      PortLineNum:                  2
      PortNum:                      22
      PortRowStatus:                Add
      PortNumOfSlots:               24
      PortDs0ConfigBitMap(1stDS0):  0xffffff(1)
      PortSpeed:                    1544kbps
      PortType:                     framingOnVcDisconnect
      PortState:                                      Active

  2. MS3810—framingOnVcDisconnect での CPE の動作

    BPX-B と BPX-C の間で PVC がダウンしている状態では、3810 ユニットの T1 コントローラがダウンせず、HDLC キープアライブが MC3810 ユニットにループ バックされることが分かります。 ただし、CESM カードはまだセル損失を示し、アラーム状態になっています。

    BPX-B
    wss-bpxb       TN    StrataCom       BPX 8600  9.1.04    Nov. 13 1998 15:51 EST 
     
     Local           Remote      Remote                             Route
     Channel         NodeName    Channel         State  Type        Avoid COS O
     3.1.10.121      wss-bpxc    10.1.10.122     Down   cbr                0  L
     
    Last Command: dncon 3.1.10.121
    

    3810-A
    wss-3810a# deb serial interface
    Serial2: HDLC myseq 1, mineseen 1*, yourseen 16, line up 
    Serial2: HDLC myseq 2, mineseen 2*, yourseen 17, line up 
    Serial2: HDLC myseq 3, mineseen 3*, yourseen 18, line up 
    Serial2: HDLC myseq 4, mineseen 4*, yourseen 19, line up 
    Serial2: HDLC myseq 5, mineseen 5*, yourseen 20, line up 
    Serial2: HDLC myseq 6, mineseen 6*, yourseen 21, line up 
    Serial2: HDLC myseq 7, mineseen 7*, yourseen 22, line up 
    
    /** Connection downed at this point **/
    
    Serial2: HDLC myseq 8, mineseen 8*, yourseen 23, line up 
    Serial2: HDLC myseq 9, mineseen 9*, yourseen 24, line up 
    Serial2 - Keepalive time mismatch - should be 10 secs, is 6
    Serial2: HDLC myseq 10, mineseen 24*, yourseen 10, line up (looped)
    Serial2: HDLC myseq 11, mineseen 10*, yourseen 11, line up (looped)
    
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > clrchancnts
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > clrsarcnts
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > dspchancnt 121
    
    ChanNum:                   121
    Chan State:                alarm
    Chan RCV ATM State:        Normal
    Chan XMT ATM State:        Normal
    Cell Loss Status:          Cell Loss
    Reassembled Cells:         0
    Generated Cells:           38019
    Header Errors:             0
    Seqence Mismatches :       0
    Lost Cells:                0
    Channel Uptime (secs.)     356
    Signalling Status          Offhook
     
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > dspsarcnt 121
                              SarShelfNum:         1
                              SarSlotNum:          10
                              SarChanNum:          121
                                    Tx                      Rx
                              ---------------       ---------------
      Total Cells:            80725                 0
      Total CellsCLP:         0                     0
      Total CellsAIS:         0                     0
      Total CellsFERF:        0                     0
      Total CellsEnd2EndLpBk: 0                     0
      Total CellsSegmentLpBk: 0                     0
      RcvCellsDiscOAM:                              0

    3810-C
    wss-3810c# deb serial interface
    Serial2: HDLC myseq 16, mineseen 16*, yourseen 2, line up 
    Serial2: HDLC myseq 17, mineseen 17*, yourseen 3, line up 
    Serial2: HDLC myseq 18, mineseen 18*, yourseen 4, line up 
    Serial2: HDLC myseq 19, mineseen 19*, yourseen 5, line up 
    Serial2: HDLC myseq 20, mineseen 20*, yourseen 6, line up 
    Serial2: HDLC myseq 21, mineseen 21*, yourseen 7, line up 
    Serial2: HDLC myseq 22, mineseen 22*, yourseen 8, line up 
    
    /** Connection downed at this point **/
    
    Serial2: HDLC myseq 23, mineseen 23*, yourseen 9, line up 
    Serial2: HDLC myseq 24, mineseen 23, yourseen 9, line up 
    Serial2 - Keepalive time mismatch - should be 10 secs, is 13
    Serial2: HDLC myseq 25, mineseen 9*, yourseen 25, line up (looped)
    Serial2: HDLC myseq 26, mineseen 25*, yourseen 26, line up (looped)

  3. MC3810—framingOnVcDisconnect での CPE の動作

    この設定手順の出力は、ポートを非構造化として設定したときに PVC をダウンさせた場合、何が発生するかを示しています。

    3810-A
    wss-3810a# deb serial int
    Serial network interface debugging is on
    wss-3810a#
    
    Serial2: HDLC myseq 282, mineseen 282*, yourseen 283, line up 
    Serial2: HDLC myseq 283, mineseen 283*, yourseen 284, line up 
    
    /** Connection downed at this point **/
    
    %CONTROLLER-5-UPDOWN: Controller T1 0, changed state to down
    %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Serial2, changed state to down
    %LINK-3-UPDOWN: Interface Serial2, changed state to down
    
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > clrsarcnts
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > clrchancnts
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > dspchancnt 121
    ChanNum:                   121
    Chan State:                alarm
    Chan RCV ATM State:        Normal
    Chan XMT ATM State:        Normal
    Cell Loss Status:          Cell Loss
    Reassembled Cells:         0
    Generated Cells:           25782
    Header Errors:             0
    Seqence Mismatches :       0
    Lost Cells:                0
    Channel Uptime (secs.)     3221
    Signalling Status          Offhook
     
    wss-mgxb.1.10.CESM.a > dspsarcnt 121
                              SarShelfNum:         1
                              SarSlotNum:          10
                              SarChanNum:          121
                                    Tx                      Rx
                              ---------------       ---------------
      Total Cells:            70951                 0
      Total CellsCLP:         0                     0
      Total CellsAIS:         0                     0
      Total CellsFERF:        0                     0
      Total CellsEnd2EndLpBk: 0                     0
      Total CellsSegmentLpBk: 0                     0
      RcvCellsDiscOAM:                              0

    3810-C
    wss-3810c# deb serial int
    Serial network interface debugging is on
    wss-3810c#
    Serial2: HDLC myseq 283, mineseen 283*, yourseen 283, line up 
    %CONTROLLER-5-UPDOWN: Controller T1 0, changed state to down
    
    /** Connection downed at this point **/
                              
    %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Serial2, changed state to down
    %LINK-3-UPDOWN: Interface Serial2, changed state to down

コマンド リスト

このセクションでは、このドキュメント全体の設定例で使用したコマンド、使用可能オプションと値をリストしています。

addln line_num

  • line_num は、1 ~ 8 の範囲の数値にすることができます。

cnfln line_num line_code line_len clk_src [E1-signaling]

  • line_num は、1 ~ 8 の範囲の数値にすることができます。

  • line_code は次のうちいずれかにすることができます。

    • 2 = B8ZS (T1)

    • 3 = HDB3 (E1)

    • 4 = AMI (T1/E1)

  • line_len(回線の長さ)は次のうちいずれかにすることができます。

    • 8 = E1(SMB 回線モジュール)

    • 9 = E1(RJ48 回線モジュール)

    • 10 = T1 0 から 131 のフィート Line Build Out

    • 11 = T1 131 から 262 フィート

    • 12 = T1 262 から 393 フィート

    • 13 = T1 393 から 524 フィート

    • 14 = T1 524 から 655 フィート

    • 15 = T1 > 655 フィート

  • clk_src(クロック ソース)は次のうちいずれかにすることができます。

    • 1 = ループ クロック。 インターフェイスの送信クロックは、接続デバイスからの受信クロックにロックされます。

    • 2 = ローカル クロック。 CESM-8 カードでは、バックプレーンから取得したクロックを使用して送信クロックを動作させます。

  • E1-signaling は次のうちいずれかにすることができます。

    • CAS = 個別線信号方式。 シグナリング情報はタイムスロット 16 に含まれ、フレーミングはタイムスロット 0 で運ばれます。

    • CAS_CRC = 巡回冗長検査(CRC)を含む CAS。

    • CCS = 共通チャネル信号。 シグナリング情報は特定のタイムスロットに結び付きません。 フレーミングは最初のタイムスロットで運ばれます。

    • CCS_CRC = CRC を含む CCS。

    • CLEAR = 着信ストリームでフレーミングかシグナリングの識別は行われません。 データ ストリーム全体はデータとみなされます。

addport port_num line_num begin_slot num_slot port_type

  • port_num は次のうちいずれかにすることができます。

    • 1 から 192 の範囲 = T1(8 回線 * 24 DS0/回線)

    • 1 から 248 の範囲 = E1(8 回線 * 31 DS0/回線)

  • line_num は、1 ~ 8 の数値にすることができます。

  • begin_slot は、ポートを開始する回線の先頭タイムスロットです。

  • num_slot は、ポートに割り当てた DS0 タイムスロットの数です。

  • port_type は、次のうちいずれかにすることができます。

    • 1 = 構造化

      T1 の場合は、1 から 24 DS0 の範囲の帯域幅で構造化ポート タイプを設定できます。

      E1 の場合は、フレーミング タイムスロット(CCS か CAS)、またはシグナリング タイムスロット(CAS)を構造化ポートに含めることができません。

    • 2 = 非構造化

      T1 の場合、非構造化ポート = 24 DS0。

      E1 の場合は、E1 シグナリングを CLEAR に設定したときに限って非構造化ポートを設定できます。

    • 3 = framingOnVcDisconnect

      このポート タイプは基本的に非構造化と同じですが、大きな違いが 1 つあります。非構造化ポートでネットワーク側のセル損失が発生すると、CESM-8 はコンディショナル データを回線に送信します。 framingOnVcDisconnect の場合、ネットワーク側でのセル損失により、CESM-8 は CPE から受信したデータをポートにループ バックするので、CPE はフレーミングを失いません。 非構造化ポートに存在する、DS0 カウントとシグナリング タイプと同じ制限事項がここにも適用されます。

addchan chan_num port_num CesCas partial_fill cond_data cond_signaling

  • chan_num は、32 から 279 の範囲の数値にすることができます。

  • port_num は次のうちいずれかにすることができます。

    • 1 から 192 の範囲 = T1(8 回線 * 24 DS0/回線)

    • 1 から 248 の範囲 = E1(8 回線 * 31 DS0/回線)

  • CesCas は次のうちいずれかにすることができます。

    • 1 = 基本。 CES インターネットワーキング機能は、ネットワークでの特別な転送のシグナリング情報を認識しません。

    • 2 = e1Cas。 E1 個別線信号方式(CAS)を転送用に回復します。

    • 3 = ds1SfCas。 T1 個別線信号方式をスーパーフレーム構造(ABAB)から回復します。

    • 4 = ds1EsfCas。 T1 CAS を拡張スーパーフレーム構造(ABCD)から回復します。

  • partial_fill は、0(ゼロ)または 20 から 47 の値にすることができます。

    • 0 または 47 = 満杯

    • 20 から 47 の範囲 = E1 構造化

    • 25 から 47 の範囲 = T1 構造化

    • 33 から 47 の範囲 = T1/E1 非構造化

  • cond_data は次のうちいずれかにすることができます。

    • 0 から 255 = 構造化データ転送(SDT)

    • 255 = 非構造化データ転送(UDT)

  • cond_signaling は、4 ビット ABCD ビット パターンの 10 進表現であり、範囲は 0 から 15 です。…

    • 0 = バイナリの 0000

    • 10 進の 1 = バイナリの 0001

    • 10 進の 8 = バイナリの 1000

    • 15 小数点 = 1111 バイナリ

cnfchan chan_num CDV CLIP bufsize clockmode IdleDetEnable ExtIStrig

  • chan_num は、32 から 279 の範囲の数値にすることができます。

  • CDV(セル遅延変動)は次のうちいずれかにすることができます。

    • T1 の場合、1000 から 24000 マイクロ秒の範囲(125 ずつ増加)。

    • E1 の場合、1000 から 32000 マイクロ秒の範囲(125 ずつ増加)。

  • CLIP(セル廃棄統合時間)は、1000 ミリ秒から 65535 ミリ秒の範囲の値にすることができます。

  • bufsize(バイト単位の出力バッファ サイズ)は、次のうちいずれかにすることができます。

    • 0 = バッファ サイズを自動的に計算します(8 SAR-PDU の維持に十分な大きさにする必要があります)。

    • 最低バッファサイズ = 384 バイト(8 つのセルペイロードから 1 つの完全な seq 数字サイクル)。

    • 最大バッファ サイズ = T1 構造化の場合は 9216。 その他の場合は 16384。

  • clockmode は次のうちいずれかにすることができます。

    • 1 = 同期(UDT/SDT)

    • 2 = SRTS(UDT)

    • 3 = 適応(UDT)

  • IdleDetEnable は次のうちいずれかにすることができます。

    • 1 = ディセーブル

    • 2 = イネーブル

  • ExtIStrig は次のうちいずれかにすることができます。

    • 1 = アイドル抑制無効

    • 2 = アイドル抑制有効

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 22236