音声 : H.323

トラブルシューティング:ゲートキーパ エンドポイント コール アドミッション問題

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 12 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料はエンドポイントが Ciscoゲートウェイかサード パーティ ゲートウェイおよびターミナル含む、および Cisco ゲートキーパ(Cisco IOS を呼び出し作れないとき終ると知られているいくつかのよくある 問題に対処しますか。 ゲートウェイおよびルータ)。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Cisco ゲートキーパに登録するために H.323 エンドポイントを設定した後エンドポイントは呼び出しを作れません。

解決策

すべてのエンドポイントがゲートキーパーに登録されることを show gatekeeper endpoint コマンドを確認して下さい。 これらのセクションはこの問題へソリューションです。

アドミッション確認(ビジー トーンが返される)

Admission Confirmed (ACF)がゲートキーパーによって送信 され、がエンドポイント側で着いたら、コールがそれでもビジーシグナルを受け取る場合、ACF の終端 IP アドレスが期待された有効なエンドポイント IP であるかどうか確認して下さい。

value RasMessage ::= admissionConfirm :
     {
       requestSeqNum 18
       bandWidth 5120
       callModel direct : NULL
       destCallSignalAddress ipAddress :
       {
         ip '0AAAC80A'H	  

!--- The hex for IP, 0A AA C8 0A== 10.170.200.10.

         port 1720
         port 1720
       }
       irrFrequency 240
       willRespondToIRR FALSE
       uuiesRequested
       {
         setup FALSE
         callProceeding FALSE
         connect FALSE
         alerting FALSE
         information FALSE
         releaseComplete FALSE
         facility FALSE
         progress FALSE
         empty FALSE
       }
     }

ACF に終端 エンドポイントの IP アドレスがある場合、ゲートキーパーを取除き、コールを確立できるかどうか見るために直接エンドポイント ツー エンドポイント コールを作って下さい。

アドミッション拒否(ARJ)、「rejectReason calledPartyNotRegistered」

この debug h225 asn1 コマンドは calledPartyNotRegistered 示します。

*Mar 15 06:49:19.685: RAS OUTGOING PDU ::=

value RasMessage ::= admissionReject : 
    {
      requestSeqNum 34
      rejectReason calledPartyNotRegistered : NULL    }

これはゲートキーパーはの呼出 し 番号が終わる必要がある情報がないときローカルか起点となる ゲート キーパからキャプチャ される拒絶のための一般的 な 原因です。 この問題の発生には、2 つの理由があります。

1 つの原因はゲートウェイにコール 終端であり、ゲートウェイは E164 アドレスまたは tech-prefix に登録されていません。 これを解決するために、ゲートキーパーに tech-prefix のゲートウェイ登録を確かめて下さい。

これは正しいゲートウェイ 設定例です。

interface Ethernet0/0
 ip address 172.16.13.16 255.255.255.224
 half-duplex
 h323-gateway voip interface
 h323-gateway voip id hwei-gk ipaddr 172.16.13.14 1718
 h323-gateway voip h323-id gw2
 h323-gateway voip tech-prefix 2
….
!
voice-port 2/0/0
!
voice-port 2/0/1
!
voice-port 2/1/0
 station-id name BLARG
 caller-id enable
!
voice-port 2/1/1
!
dial-peer cor custom
!
dial-peer voice 456 pots
 destination-pattern 456
 port 2/1/0
!
dial-peer voice 123 pots
 destination-pattern 2415...
 port 2/1/1
!
gateway

"show gatekeeper gw" from gatekeeper
GATEWAY TYPE PREFIX TABLE
=========================
Prefix: 1*
  Zone hwei-gk master gateway list:
    172.16.13.35:1720 gw1

Prefix: 2*
  Zone hwei-gk master gateway list:
    172.16.13.16:1720 456

このエラーメッセージのための別の原因は被呼加入者がリモートゾーンのターミナルであるであることができ、登録されている同じゲートキーパーゾーンで有効に なる プロキシがことありません。 デフォルトでは、Cisco IOS ゲートキーパーは、ゾーン間端末コール用のプロキシを使用します。 これを表示するために show gatekeeper zone status コマンドを発行して下さい。 プロキシ レジスタを同じローカルゾーンにターミナルと設定するか、またはターミナル コールのためのプロキシの使用をディセーブルにするために no use-proxy hwei-gk default inbound-to terminal コマンドno use-proxy hwei-gk default outbound-from terminal コマンドを発行して下さい。

注: ゾーン内コールでは、ゾーンのプレフィクスが一致する必要はありません。

*Mar  1 10:34:46.093: RAS OUTGOING PDU ::=

 value RasMessage ::= admissionReject :
      {
        requestSeqNum 11084
        rejectReason requestDenied : NULL
      }

この拒否が起きた原因は、エンドポイントが要求した帯域幅が、ゲートキーパーで設定されている制限を超えたことです。 これを解決するために、ゲートキーパーの帯域幅を bandwidth コマンドの助けによってゲートキーパー モードの下で増加するか、またはエンドポイントからの帯域幅要求を下げて下さい。

この例は設定された限界を超過する帯域幅要求による失敗したコールです。

Value RasMessage ::= admissionRequest :
      {
        requestSeqNum 11084
        callType pointToPoint : NULL
        callModel gatekeeperRouted : NULL
        endpointIdentifier {"6284945400000058"}
        destinationInfo
        {
          e164 : "415525",
          e164 : "415525"
        }
        srcInfo
        {
          e164 : "415526",
          h323-ID : {"hwei-term"}
        }
        srcCallSignalAddress ipAddress :
        {
          ip '0AAAC837'H
          port 1720
        }
        bandwidth 102400     

!--- Requested bandwidth is 10240 K.

        callReferenceValue 1022
        conferenceID '37CE425F850A41468B40D72F145C5C14'H
        activeMC FALSE
        answerCall TRUE
        canMapAlias FALSE
        callIdentifier
        {
          guid '4138E0D40EF0D14C9DB84E54F5190BF4'H
        }
        gatekeeperIdentifier {"hwei-gk"}
        willSupplyUUIEs FALSE
      }
 
 *Mar  1 10:34:46.093: ARQ (seq# 11084) rcvd
 *Mar  1 10:34:46.093: gk_rassrv_arq: arqp=0x62905E20, crv=0x3FE,
 answerCall=1
 *Mar  1 10:34:46.093: RAS OUTGOING PDU ::=
 
 value RasMessage ::= admissionReject :
      {
        requestSeqNum 11084
        rejectReason requestDenied : NULL
      }

!--- The show gatekeeper zone status command is issued and shows the
!--- bandwidth limit is much smaller then the requested bandwidth.

 GATEKEEPER ZONES
                         ================
HWEI-GK name      Domain Name   RAS Address     PORT  FLAGS
-------      -----------   -----------     ----- -----

hwei-gk           cisco.com     172.16.13.14    1719  LS   
  BANDWIDTH INFORMATION (kbps) :
    Maximum total bandwidth     :
    Current total bandwidth     :    0       
    Maximum interzone bandwidth :	 4000  

!--- The limit is 4000 K.

    Current interzone bandwidth :    0       
    Maximum session   bandwidth :
……..

hwei-gk1          cisco.com     172.16.13.37    1719  RS

帯域幅に関する問題に関する詳細については、Cisco ゲートキーパの帯域幅管理のトラブルシューティングと説明を参照して下さい。

この拒否の理由が観察される、および帯域幅に関する問題がなかったら場合、確認して下さい被呼加入者がターミナルであるかどうか、そしてローカルゾーンに登録されているプロキシがあったら。 これを表示するために show gatekeeper zone status コマンドを発行して下さい。 プロキシ レジスタを同じローカルゾーンにターミナルと設定するか、またはターミナル コールのためのプロキシの使用をディセーブルにするために使用プロキシ hwei-gk デフォルト inbound-to ターミナルno use-proxy hwei-gk default outbound-from terminal コマンドを発行しないで下さい。

確認コマンド

このセクションはゲートキーパーおよびゲートウェイで必要な設定の確認を助けるデバッグおよび少数の show コマンドを記述します。 Show コマンド出力例はこれらのコマンドのそれぞれと探せばいいのか含まれている何を説明するためです。

特定の show コマンドは、アウトプットインタープリタ(登録ユーザ専用)によってサポートされています。これにより、show コマンド出力の分析を表示できます。

show gatekeeper endpoint コマンド

show gatekeeper endpoint コマンドは、ゲートキーパーへのエンドポイントの登録状況を確認するために使用します。 これはこのコマンドのよくある出力のための例です。

gatekeeper#show gatekeeper endpoint
                    GATEKEEPER ENDPOINT REGISTRATION
                    ================================
CallSignalAddr  Port  RASSignalAddr   Port  Zone Name         Type    Flags 
--------------- ----- --------------- ----- ---------         ----    ----- 
172.16.13.35    1720  172.16.13.35    50890 hwei-gk                VOIP-GW 
    E164-ID: 2073418
    E164-ID: 5251212
    H323-ID: gw3
Total number of active registrations = 1


!--- The endpoint is registered.

Gatekeeper#show gatekeeper endpoint
                    GATEKEEPER ENDPOINT REGISTRATION
                    ================================
CallSignalAddr  Port  RASSignalAddr   Port  Zone Name         Type    Flags 
--------------- ----- --------------- ----- ---------         ----    ----- 
Total number of active registrations = 0

!--- The endpoint is not registered.

show gatekeeper gw コマンド

show gatekeeper gw コマンドは tech-prefix のためのエンドポイント 登録ステータスを確認するために使用されます。 これはこのコマンドのよくある出力のための例です。

Gatekeeper#show gatekeeper gw
GATEWAY TYPE PREFIX TABLE
=========================
Prefix: 1*
  Zone hwei-gk master gateway list:
    172.16.13.35:1720 gw1

show gatekeeper zone status コマンド

show gatekeeper zone status コマンドはこの例に示すようにローカルゾーン ステータスおよびリモートゾーン 情報を、表示するために使用されます。

2611-3#show gatekeeper zone status
                         GATEKEEPER ZONES
                         ================
HWEI-GK name      Domain Name   RAS Address     PORT  FLAGS
-------      -----------   -----------     ----- -----

hwei-gk           cisco.com     172.16.13.14    1719  LS   
  BANDWIDTH INFORMATION (kbps) :
    Maximum total bandwidth     :
    Current total bandwidth     :    0       
    Maximum interzone bandwidth :	 4000
    Current interzone bandwidth :    0       
    Maximum session   bandwidth :
  SUBNET ATTRIBUTES :
    All Other Subnets : (Enabled)
  PROXY USAGE CONFIGURATION :
    Inbound Calls from all other zones : 
      to terminals in local zone hwei-gk : use proxy
      to gateways in local zone hwei-gk  : do not use proxy
      to MCUs in local zone hwei-gk  : do not use proxy
    Outbound Calls to all other zones :
      from terminals in local zone hwei-gk : use proxy
      from gateways in local zone hwei-gk  : do not use proxy
      from MCUs in local zone hwei-gk  : do not use proxy

hwei-gk1          cisco.com     172.16.13.37    1719  RS

show gateway コマンド

show gateway コマンドはゲートキーパーに登録ステータスを確認するために使用されます。 このコマンドのよくある出力はこの例で示されています。

gw3#show gateway
 Gateway  gw3/ww  is registered to Gatekeeper hwei-gk

Alias list (CLI configured) 
 E164-ID 2073418
 E164-ID 5251212
 H323-ID gw3
Alias list (last RCF) 
 E164-ID 2073418
 E164-ID 5251212
 H323-ID gw3

 H323 resource thresholding is Disabled

!--- The gateway is registered to gatekeeper (hwei-gk).

gw3#show gateway
 Gateway  gw3  is not registered to any gatekeeper

Alias list (CLI configured) 
 E164-ID 2073418
 E164-ID 5251212
 H323-ID gw3/WW
Alias list (last RCF) 

 H323 resource thresholding is Disabled

!--- The gateway is not registered to the gatekeeper.

debug h225 asn1 コマンド

debug h225 asn1 コマンドは、ゲートキーパーおよびシスコのゲートウェイの debug コマンドです。 この資料では、ARJ フィールドだけを探し、拒否の理由を捜します。 この例は ARJ フィールドの出力例です。

Output from gateway
*Mar 26 04:12:38.508: RAS INCOMING PDU ::=

value RasMessage ::= admissionReject :
    {
      requestSeqNum 34
      rejectReason calledPartyNotRegistered : NULL
    }

Output from gatekeeper
*Mar 15 06:49:19.685: RAS OUTGOING PDU ::=

value RasMessage ::= admissionReject : 
    {
      requestSeqNum 34
      rejectReason calledPartyNotRegistered : NULL
    }

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 22170