ブロードバンド ケーブル : データオーバーケーブル サービス インターフェイス仕様(DOCSIS)

単純なデータをケーブルサービスでDOCSIS 1.1へ移行する方法

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2004 年 9 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

The Data-over-Cable Service Interface Specifications (DOCSIS) 1.1 規格によって、高度なマルチメディアおよびリアルタイム サービスの斬新な組合せを展開するチャンスが、ケーブル サービス プロバイダーにもたらされます。 これらのサービスを展開する前に、現在のデータ サービスを DOCSIS 1.0 の動作環境から DOCSIS 1.1 の動作環境に移行することが重要です。

この文書では、稼動中の DOCSIS 1.0 システムから DOCSIS 1.1 と DOCSIS 1.0 のハイブリッド システムへの変換を行い、最終的には DOCSIS 1.1 ベースのシステムに完全に移行する方法について説明します。 この資料はまた広く使われた Cisco IOS を説明しますか。 修正されたソフトウェア コマンド、DOCSIS によって 1.1 有効に される Cisco IOSソフトウェアで高められるか、または取り替えられて。

この文書では、既存のベスト エフォート データ サービスの、DOCSIS 1.0 環境から DOCSIS 1.1 環境への移行を中心に説明しています。

ハードウェアとソフトウェアのバージョン

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • この文書の作成に使用した DOCSIS 1.0 ベースの Cisco IOS ソフトウェアは、12.1(10)EC1 です。 この資料では、どのキャプチャされる Command Line Interface (CLI) セッションでも Cable Modem Termination System (CMTS)で動作する 12.1(10)EC1 を実行するルータプロンプト uBR7246VXR_1.0 があります。

  • この文書の作成に使用した DOCSIS 1.1 ベースの Cisco IOS ソフトウェアは、12.2(4)BC1a です。 この資料では、どのキャプチャされる CLI セッションでも CMTS で動作する 12.2(4)BC1a を実行するルータプロンプト uBR7246VXR_1.1 があります。

  • この資料を作成するのに使用されるハードウェアが uBR7246VXR です; ただし、すべての Cisco CMTS プラットフォームは—関連したプラットフォームリリースの注記で指定どおりに… DOCSIS 1.1 Cisco IOSソフトウェアを—メモリ要件およびケーブルラインカード ハードウェアリビジョンに応じて実行できます。

DOCSIS 1.1 が提供する新しい機能性

この資料が DOCSIS 1.1 で利用可能 な新しい機能の配備について詳しく説明しないが簡潔に DOCSIS 1.1 が data-over-cable 環境に持って来るいくつかの新しい概念および機能を論議します。

サービスフロー

DOCSIS 1.0 環境では、ケーブルモデムはサービス識別子(SID)によって関連付けられます。 DOCSISコンフィギュレーションファイルの適切なパラメーターを設定する場合、ケーブルモデムと CMTS 間の上下流両方トラフィックに適用される SID は Quality of Service (QoS) プロファイルと関連付けることができます。

DOCSIS 1.1 はサービスフローおよび Service Flow Identifier (SFID)の概念を導入します。 サービスフローはデータのアップストリームか SFID によって識別することができるダウンストリーム フローを表します。 各サービスフローは QoSパラメータセットとして知られている QoSパラメータを割り当てることができます。 これによる主要な影響は、DOCSIS 1.1 では、アップストリームとダウンストリームの Class of Service(CoS; サービス クラス)パラメータが分離された、つまり相互に独立したという点です。 SID という用語は DOCSIS 1.1 でも継続して使用されていて、DOCSIS 1.1 環境ではアップストリームのサービス フローに対応しています。

ほとんどの基本設定では、ケーブルモデム プライマリ ダウンストリーム SFID および自身のユニークな QoSパラメータセットによってプライマリ アップストリーム SFID を、それぞれ割り当てられます。 QoS パラメータ セットは、割り当てられた SFID の CoS 属性を定義します。 プライマリのアップストリーム SFID には、対応するプライマリ SID も割り当てられています。 これらのサービス フローは主として、ケーブル モデムと CMTS 間での MAC 管理トラフィックとキープアライブ トラフィックの受け渡しを処理します。

マルチプルサービス フローはアップストリームまたはダウンストリーム 方向のケーブルモデムごとに割り当てこれらのサービスフローのそれぞれは異なる特性と別の QoSパラメータセットに対応できます。 これにより、ケーブル モデムは、標準のインターネット トラフィックや Voice over IP(VoIP)トラフィックなど、複数の種類のデータ トラフィックを同時に処理できるようになります。

動的サービスの確立および高度なアップストリーム・スケジューリング・サービス

DOCSIS 1.0 システムでは、ケーブルモデムは伝達をし、他のケーブルモデムによって帯域幅のために競うことができる権限がように争う必要がありました。 この動作モードはベスト エフォート サービスと呼ばれています。 このモードは、E メール、Web ブラウジングなど、遅延、ジッタ、または(多くの場合)スループットに関する特定の要件を必要としない従来型のインターネット アプリケーションには適しています。

現代 IP使用可能 な サービスは、VoIP および MPEG VoIP のような、スループットの確実な比率を必要とします。 また、遅延とジッタに関する厳密な要件も必要で、このような要件はベスト エフォート環境では提供できませんでした。 さらに、この種のサービスは一般的に常に非アクティブであり、これらのサービスが必要となるときだけ、そのように、それらを取り扱うリソースは割り当てられる必要があります。 従って、DOCSIS 1.1 は動的に始められ、終えることができるケーブルモデム データ転送にこれらを取り扱うためにモードの範囲を進められた IP サービス提供します。 これらのモードのそれぞれはサービスフローの特性を定義する DOCSIS 1.1 QoSパラメータセットに適用することができます。 そのモードは次のとおりです。

  • Unsolicited Grant Service (UGS) —ケーブルモデムが最低保証速度でデータの固定サイズ バーストを送信するようにするサービスフローは作成されます。 このサービス フローでは、固定サイズのフレームに関して、定期的な送信チャンスがケーブル モデムに与えられるため、ジッタ レベルが保証されます。 このタイプのサービス フローは、特に VoIP アプリケーションに適しています。

  • Real Time Polling Service (RTPS) —帯域幅要求のための 1 つのケーブルモデムのポーリングによってデータを送信するように権限を要求するケーブルモデムのための定期的な機会を提供するサービスフローはすべてのモデムよりもむしろ作成されます。 このサービスは、リアルタイムのデータ送信が必要なアプリケーションに適しており、ケーブル モデムが可変長のデータ バーストを送信できます。 このタイプのサービス フローは、特に MPEG VoIP に適しています。

  • を用いる Unsolicited Grant Service アクティビティー検出(UGS-AD) —このサービス タイプ フローは UGS および RTPS の組み合せです。 それは固定サイズおよび固定速度 伝送の機会の UGS 形式を必要とするが、データが送信 されて いない重要な期間を過しなさいサービスに役立ちます。 このサービス フローの 1 例が VoIP 電話コールで、この場合、コールの 50 % 以上が無音で、データ送信が不要です。 通話が行われ、パケット化した音声を送信する必要がある場合、ケーブル モデムは UGS スタイルの許可を CMTS から受け取ります。 音声が途切れていると、CMTS はデータがないことを検出し、RTPS スタイルのモードに切り替わります。このモードでは、アップストリームの帯域幅が一時的に解放されます。 会話が再開され、ケーブル モデムがパケット化された音声をさらに送信する必要が生じると、ケーブル モデムは、RTPS で許可されたチャンスを使用して、CMTS に追加要求を送信し、UGS スタイルの許可が再開されます。

  • Non-Real Time Polling Service —このサービス タイプ フローは RTPS のようです; ただし、一般的にポーリングはずっと遅いレートで発生し、必ずしも定期的ではないかもしれません。 このサービス フローは、リアルタイム サービスを必要とせず、保証された高いレベルの帯域幅を必要とするアプリケーションに適用されます。 これの例はバルク データ転送またはインターネットゲーム アプリケーションであるかもしれません。

これらのサービス タイプ フローのそれぞれは同時にリアルタイムおよび非リアルタイム アプリケーションがシームレスに共存できるようにするためにケーブルモデムのためにアクティブかもしれません。

クラシファイア

DOCSIS 1.1 はケーブルモデムおよび CMTS が異なるサービス フローに IP トラフィックのさまざまな種類を指示することができる、それ故に、トラフィックのさまざまな種類にサービスの異なるレベルを提供して下さいようにメカニズムを提供し。 分類子はこれらの値に基づいて定義することができます:

  • 送信元または送信先の MAC アドレス

  • 802.1Q VLAN ID

  • 802.1P プライオリティ

  • EtherType

  • 送信元または送信先の IP アドレスまたはネットワーク

  • IPプロトコルタイプ

  • 送信元または送信先のポート番号

  • IP Type Of Service(TOS; サービス タイプ)ビット

  • これらの値の組み合せ

特定ソース IP アドレスおよび UDP ポートからの VOIPトラフィックを一致する、次にデータ転送の UGS モードを提供する QoSパラメータセットがある動的に作成されたサービスフローにことをトラフィック指示するのにたとえば、分類子が使用されるかもしれません。

フラグメンテーション

DOCSIS 1.0 環境では、ケーブルモデムは異なる時刻に伝達のための複数のフラグメントに大きいイーサネットフレームを分割できませんでした。 これは、アップストリーム チャネル幅が狭く、シンボル レートが遅い場合、他のケーブル モデムは送信が開始できるようになるまで、大きなフレームの送信のために長時間待たされる可能性が高いということを意味しています。 大きなフレームが連続することが原因で発生するこの種の遅延は、ジッタと遅延が増加するので、リアルタイム アプリケーションでは受け入れられません。

DOCSIS 1.1 はリアルタイムサービスからのデータが非リアルタイム サービスからのデータのより大きいピースと入れ込むことができるようにケーブルモデムのための機能をより小さい部品に大きいデータフレームを分けるもたらします。 これにより、シンボル速度が遅かったり、輻輳が激しいチャネル上でも、リアルタイム サービスのジッタと遅延に関する要件が保証されます。

ペイロードヘッダー抑制

多くの種類のリアルタイムアプリケ− ションは、VoIP のようなセッションかトランザクションの間にパケットヘッダーフィールドで、固定値を使用するかもしれません。 DOCSIS 1.1 は固定値を用いるパケットヘッダーフィールドを抑制するのに使用送信エンティティができる Payload Header Suppression (PHS)をもたらします。 こうしたフィールドは受信エンティティが復元するため、送信中の帯域幅が節約されます。

この機能は通常、イーサネット、IP、またはパケット化されたリアルタイム データの UDP カプセル化に関連するオーバーヘッドを削減するため、前述した UGS スタイルのサービスのいずれかと組み合わせて使用されます。

ベースラインプライバシプラス

Baseline Privacy Interface (BPI)と呼ばれる簡単なトラフィック暗号化方式はサービスをチェックする基礎的なデータセキュリティおよびデータ統合を提供して DOCSIS 1.0 で利用できます。

DOCSIS 1.1 では、このスキームが大幅に改善され、BPI+ となりました。 BPI+ のアーキテクチャ上の大きな改善点は、X.509 デジタル証明と、Public-Key Infrastructure(PKI; 公開鍵インフラストラクチャ)の使用です。 モデムメーカーによって各ケーブルモデムの内で永久に保存されるユニークなデジタル証明書の使用は—エンドユーザがケーブルモデムの識別を偽造できないようにしましたりまたはサービスを盗むか、または割り込みます。

BPI+ のもう 1 つの大きな利点は、暗号化マルチキャスト セッションがサポートされている点です。 BPI+ では、ケーブル セグメントの全ユーザがマルチキャスト トラフィックを受信できるようにするのではなく、ケーブル サービス プロバイダーが、認証されたモデムでマルチキャスト ストリームの復号方法に関する詳細情報を共有できるようにします。 これにより、プロバイダーは、ケーブル モデム毎にマルチキャスト ストリームへのアクセスを制御できます。

UBR CMTS からDOCSIS 1.1 ソフトウェアへの移行

このセクションでは、稼動中の DOCSIS 1.0 ベースの CMTS から DOCSIS 1.1 ソフトウェアへ移行するために実行する必要のあるステップと、遵守すべき注意事項について説明します。 この段階では CMTS のアップグレードがまだ DOCSIS 1.0 モードで、すべてのケーブルモデム動作している前後に、両方ことが、仮定されます。 これは必ずしも、この段階でケーブル モデムが DOCSIS 1.1 対応のファームウェアを実行していてはならないということを意味しているわけではありません。 DOCSIS 1.0 形式 DOCSISコンフィギュレーションファイルをダウンロードするためにアップグレードが、ケーブルモデム指示されている前後に、そして動作すること、両方とも DOCSIS 1.0 モデムとしてことが仮定されることを意味します。

DOCSIS 1.1 ソフトウェアへの移行は些細な変更ではありません。 Cisco はケーブルサービスプロバイダーが慎重に行動し、展開される前にラボ 環境でまたは実稼働 ネットワークの安全な一部で移行したい DOCSIS 1.1 Cisco IOSソフトウェアのリリースをテストすることを推奨します。 これにより、ケーブル サービス プロバイダーのスタッフは、DOCSIS 1.1 対応 Cisco IOS ソフトウェアの従来とは少々異なるルック アンド フィールを効果的に修得することができます。 さらに、この企画は実稼働 ネットワークのアップグレードが先に行くとき予想外の問題によってか問題が浮上する確率を下げます。

ケーブルサービスプロバイダーはまた uBR 10000 シリーズのために利用可能 な Cisco IOSソフトウェアのすべてのバージョンが 1.1 有効に なる DOCSIS であることわかっている必要があります; 従って、このセクションすべてが uBR 10000 シリーズのために関連していません。

DOCSIS 1.1 対応の Cisco IOSの一連のリリース

CMTS の uBR シリーズ用には、数多くの DOCSIS 1.1 対応 Cisco IOS トレインがあります。 そのこの資料が送達される時、最新および最も安定 した DOCSIS 1.1 対応のリリース トレインは Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2BC です。

DOCSIS 1.1 対応で、これより前の Cisco IOS ソフトウェア リリース トレインは、12.1CX と 12.2XF です。 ただし、のでこれらのリリースの一連のCisco IOSソフトウェア 12.2BC ビルドは追加機能の重要な番号が含まれ、安定性の向上は、Cisco ことを uBR CMTS の DOCSIS 1.1 導入 Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2BC に移行したいと思う顧客推奨します。

Cisco はまた Cisco IOSソフトウェアがアップグレードされる前に必須 ソフトウェア 機能性すべては移行している Cisco IOSソフトウェアのリリースでサポートされることを確認するために顧客が関連した Cisco UBR7200 シリーズ ソフトウェア リリース注記Cisco UBR7100 シリーズ ソフトウェア リリース注記、または Cisco uBR10000 シリーズ ソフトウェア リリース注記を、読んだことを強く推奨します。

DOCSIS 1.1 対応の CMTS ハードウェア

Cisco の CMTS 製品の全体のスイートは関連リリースノートの Supported Hardware セクションにリストされている制限と DOCSIS によって 1.1 有効に される Cisco IOSソフトウェアを、実行できます。 これは、ハードウェア サポートに関連する最も重要な情報です。

  • uBR7200 シリーズ用の MC11-FPGA ケーブル モデム ラインカードは、DOCSIS 1.1 対応の Cisco IOS ソフトウェア リリースではサポートされていません。

  • uBR7200 シリーズ用の MC16B ケーブルモデム ラインカードか。 DOCSIS 1.1 対応の Cisco IOS ソフトウェア リリースによってサポートされません。

DOCSIS 1.1 対応の Cisco IOSソフトウェアは uBR7246 および uBR7223 CMTS プラットフォームで動作します。 しかし Cisco は DOCSIS 1.1 を配置することを計画するケーブルサービスプロバイダーが uBR7200VXR 一連、uBR7100 シリーズ、または uBR10000 シリーズの CMTS 製品の 1 つを考慮すること推奨します。

Cisco は機能を通してダイナミックサービスが、Advanced Upstream Scheduling および BPI+ フローするのような DOCSIS 1.1 が data-over-cable ネットワークで新しい高度なレベルおよび機能性を提供するのでこの推奨事項を、伝えます。 この余分程度がの複雑な状況原因で、それは有利 CMTS で利用可能 な 追加 処理電源が DOCSIS 1.1 が提供できるサービスを充分に活用するあるためにです。

繰り返しになりますが、アップグレード対象の Cisco IOS ソフトウェア リリースに対応するリリース ノートを必ずチェックして、現在ご使用のケーブル モデム ハードウェアとインターフェイス カードがすべてサポートされていることを確認してください。

DOCSIS 1.0 アップストリームの最大伝送バーストサイズパラメータ

DOCSIS 1.1 の仕様では、DOCSIS 1.0 モードで動作するケーブル モデムは、DOCSIS 1.1 CMTS と適切に相互運用できなければならないと規定されています。 Cisco の DOCSIS 1.1 Cisco IOSソフトウェアの実装はこの要件に適合しています。

ただし、DOCSIS 1.1 対応 Cisco IOS ソフトウェアを実行している Cisco CMTS が、DOCSIS 1.0 のケーブル モデムをオンラインにできない状況が 1 つあります。同じ場面で、以前、CMTS で DOCSIS 1.0 対応 Cisco IOS ソフトウェアを実行していた場合は、ケーブル モデムをオンラインにできていました。 この問題は DOCSIS 1.0 モデムの機能から複数の大きいイーサネットフレームを連結し、途切れないデータの大きいバーストとして送信 するために起こります。

DOCSIS 1.0 ケーブルモデムが複数の大きいイーサネットフレームを連結し、(4000 バイトの順序である可能性がある)のトラフィックのバーストを最大サイズ送信したら、これは DOCSIS 1.1 モードでオペレーティングである他のケーブルモデムによって生成されるリアルタイム転送のレイテンシーに対する悪影響をもたらす可能性があります。

従って、Cisco CMTS は DOCSIS 1.1 ソフトウェアを実行している連結が関連したアップストリームポートで有効に なる間、無制限最大 アップストリーム バースト サイズ プログラムする場合 DOCSIS 1.0 モデムがオンライン来ないようにしません(または最大 アップストリーム バースト サイズすばらしいより 2000 バイトを)使用することを。

この出力例と同じようなメッセージは DOCSIS 1.0 モードでオペレーティング、このルールに違反することを試みるあらゆるケーブルモデムのために記録 されます:

%UBR7200-4-OUT_OF_RANGE_MAX_UPSTREAM_BURST: <133>CMTS[DOCSIS]:<73011601>
Bad Max US CH Transmit Burst Configuration setting - Out of Range.
CM Mac Addr <0005.43a6.381f> 
%UBR7200-4-SERVICE_PERMANENTLY_UNAVAILABLE: <133>CMTS[DOCSIS]:<73000403>
Failed, Service unavailable - Permanent.
CM Mac Addr <0005.43a6.381f>

DOCSIS 1.0 モードで動作しているすべてのケーブルモデムが来られるオンラインことを確かめるために(無制限バースト サイズを意味する)ゼロに 2000 バイトか同等を—関連した DOCSISコンフィギュレーションファイルで—大きいアップストリームの最大伝送バーストサイズを使用するようにケーブルモデムがより指示されなかったこと確かめる必要があります。 Cisco は一般的に ケーブルサービスプロバイダーが 1600 に DOCSIS 1.0 サービス クラスのためのアップストリームの最大伝送バーストサイズを設定 した 1 つのフルサイズ イーサネットフレームおよび関連するフレーム オーバーヘッドの最大を取り扱うためにことを、推奨します。

現在 DOCSIS 1.0 Cisco IOSソフトウェアを実行している CMTS でオンライン ケーブルモデムがあればどのケーブルモデムでも対応しないアップストリームの最大伝送バーストサイズとオペレーティングであるかどうか、確認できます。 show cable qos profile コマンドを発行し、Create by カラムが cmmgmt に設定 される各列があるように Max tx burst カラムを確認して下さい。

uBR7246VXR# show cable qos profile

ID? Prio Max?????? Guarantee Max??????? Max?? TOS? TOS?? Create? B???? IP prec
???????? upstream? upstream? downstream tx??? mask value by????? priv? rate
???????? bandwidth bandwidth bandwidth? burst??????????????????? enab? enab
1?? 0??? 0???????? 0???????? 0?? ?????? 0???? 0x0? 0x0?? cmts(r) no??? no
2?? 0??? 64000???? 0???????? 1000000 ?? 0???? 0x0? 0x0?? cmts(r) no??? no
3?? 7??? 31200???? 31200???? 0???? ???? 0???? 0x0? 0x0?? cmts??? yes?? no
4?? 7??? 87200???? 87200???? 0????? ??? 0???? 0x0? 0x0?? cmts??? yes?? no
5?? 0??? 200000??? 0???????? 1500000??? 1600? 0x0? 0x0?? mgmt??? no??? no
6?? 0??? 200000??? 40000???? 1500000??? 0???? 0x0? 0x0 ? cm????? no??? no
7?? 0??? 400000??? 0???????? 3000000??? 2500? 0x0? 0x0?? cm????? no??? no

この例では、ゼロか非常により 2000 年と等しい最大値 tx バーストが含まれているいくつかの行を表示できます。 Create by カラムにリストされている cmmgmt がない行は無視することができます。

行 5 は Max tx burst 列が 1600 に設定されており、これは 2000 よりも小さな値なので、許容できます。

行 6 は Max tx burst 列が 0 に設定されており、これはアップストリーム転送バースト サイズが無制限であることを意味するので、許容できません。

行 7 は Max tx burst 列が 2500 に設定されており、これは 2000 よりも大きな値なので、許容できません。

この例では、show cable qos profile コマンドのこれらのラインに対応する DOCSISコンフィギュレーションファイルは DOCSIS 1.1 Cisco IOSソフトウェアのための受諾可能なパラメータの内で合うために変更されるアップストリームの最大伝送バーストサイズ フィールドを備えなければなりません。

アップストリームの最大伝送バーストサイズを変更するためにそれが受け入れられなければ代替はそれらに接続される DOCSIS 1.0 モード ケーブルモデムがあるアップストリームポートのアップストリーム連結を消すことです。 各々の影響を受けたアップストリームポートのためのケーブル アップストリーム upstream-port-number 連結 cable interface コマンドを発行しないで下さい。

Cisco はそうすることに DOCSIS 1.0 ケーブルモデムの悪影響がないので、DOCSIS 1.0 コンフィギュレーション ファイルのアップストリームの最大伝送バーストサイズを修正することを、よりもむしろディセーブルにします連結を推奨します。 さらに、連結をディセーブルにするとき、DOCSIS 1.0 および DOCSIS 1.1 ケーブルモデムは小さいイーサネットフレームを連結できません。 小さいイーサネットフレームの連結は DOCSISケーブルモデムのためのパフォーマンスの改善の主要なソースです。

Maximum Upstream Transmit Burst Size と、DOCSIS 1.1 対応 Cisco IOS ソフトウェアとのインタラクションの詳細については、『Maximum Upstream Burst パラメータの履歴』を参照してください。

DOCSIS 1.1 対応 Cisco IOS ソフトウェアへのアップグレード

関連リリースノートを読んだおよびずっと電流 CMTS ハードウェアすべては移行したい DOCSIS 1.1 IOS software でサポートされることを確認できる後そして CMTS をアップグレードするプロシージャは他のどの Cisco IOS ソフトウェア アップグレードによってもあります。 Cisco CMTS の Cisco IOSソフトウェアをアップグレードする方法に関する説明に関しては… uBR71XX、uBR72XX および uBR10000 のためのソフトウェアインストールおよびアップグレード手順を参照して下さい。

次の出力例は、DOCSIS 1.1 対応 Cisco IOS ソフトウェア イメージを、TFTP サーバから CMTS 上のフラッシュ メディアにコピーする方法を示すセッション例です。 また Cisco IOSソフトウェアの新しいリリースをロードするために CMTS を設定する方法を示します。 この例では、DOCSIS は 1.1 有効に なった Cisco.com ダウンロードから Cisco IOSソフトウェアイメージ ダウンロードされ、TFTPサーバに保存されました。 、ケースで、Cisco IOSソフトウェアイメージ名前および TFTP サーバ の IP アドレスがおそらく違うことに注目して下さい。


!--- First, determine what kind of flash media that you have in your CMTS.
!--- If it is a PCMCIA flash disk then use the term 'disk' when you refer
!--- to the media.
!--- If it is a PCMCIA flash memory then use the term 'slot' when you refer
!--- to the media. 
!--- If you use the wrong term then you may get an error message such as
!--- "Device not ready" or "No device available".
!--- Try to view the directory of files on the device, to confirm that you
!--- are using the right kind of media and that there is enough space
!--- to store your Cisco IOS software image.

uBR7246VXR_1.0# dir disk0:

Directory of disk0:/ 

??? 1? -rw-???? 8644616?? Jan 09 2002 07:55:12? ubr7200-k1p-mz.121-10.EC.bin 

47890432 bytes total (39239680 bytes free) 

!--- In this case, there is one Cisco IOS software image file currently on the
!--- PCMCIA flash disk, but there are over 39 MB of free disk space. This
!--- should be enough to place another Cisco IOS software image on the flash
!--- disk. If you do not have enough free space then you may have to delete
!--- files from the media with the delete disk0:<filename> or
!--- delete slot0:<filename> command.
!--- If you have PCMCIA flash memory, then you must execute the
!--- squeeze slot0: command after the file deletion, to reclaim
!--- any free space.
!--- At this stage, you can start to copy the new Cisco IOS software image
!--- from a TFTP server to the CMTS:

uBR7246VXR_1.0# copy tftp disk0:

Address or name of remote host []? 172.17.110.131

!--- Use your TFTP server's IP address.

Source filename []? ubr7200-k8p-mz.122-4.BC1a.bin

!--- Use the name of your new Cisco IOS software image.

Destination filename [ubr7200-k8p-mz.122-4.BC1a.bin]?

!--- Press Enter.

Accessing tftp://172.17.110.131/ubr7200-k8p-mz.122-4.BC1a.bin...
Loading ubr7200-k8p-mz.122-4.BC1.bin from 172.17.110.131 (via FastEthernet0/0):
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

!--- Output suppressed.

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
[OK - 9422548/18844672 bytes]

9422548 bytes copied in 214.264 secs (44030 bytes/sec)

!--- Now view the directory listing of your media and confirm that the new
!--- image is present and has the same file size as the source file.

uBR7246VXR_1.0# dir disk0:

Directory of disk0:/

??? 2? -rw-???? 9422548?? Feb 21 2002 12:54:42? ubr7200-k8p-mz.122-4.BC1.bin
??? 1? -rw-???? 9477892?? Feb 13 2002 22:17:20? ubr7200-ik1s-mz.121-10.EC1

47890432 bytes total (28983296 bytes free)

!--- Once the new image has been successfully transferred to the PCMCIA flash
!--- disk or flash memory, the router needs to be configured to load this
!--- image. Remove any old boot system commands from the configuration and
!--- replace them with the boot system flash <disko:|slot0:><image-name>
!--- command. In addition, specify that, if the first image fails to load, 
!--- then the original Cisco IOS software image should be loaded instead.

uBR7246VXR_1.0# show run | include boot_system

boot system flash disk0:ubr7200-ik1s-mz.121-10.EC1? 

!--- The current Cisco IOS software image name.

uBR7246VXR_1.0# conf t

Enter configuration commands, one per line.? End with CNTL/Z.

uBR7246VXR_1.0(config)# no boot system flash disk0:ubr7200-ik1s-mz.121-10.EC1

uBR7246VXR_1.0(config)# boot system flash disk0:ubr7200-k8p-mz.122-4.BC1.bin

uBR7246VXR_1.0(config)# boot system flash disk0:ubr7200-ik1s-mz.121-10.EC1

uBR7246VXR_1.0(config)# end

!--- Now confirm that the configuration changes took effect as desired
!--- and that the new Cisco IOS software image will be loaded first,
!--- but if it fails to load, the original Cisco IOS software image
!--- will be loaded. Finally, save the configuration so that, when the
!--- router is reloaded, the new Cisco IOS software image is loaded.

uBR7246VXR_1.0# show run | include boot_system

boot system flash disk0:ubr7200-k8p-mz.122-4.BC1.bin 
boot system flash disk0:ubr7200-ik1s-mz.121-10.EC1 

uBR7246VXR_1.0# write memory

Building configuration... 
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!![OK]

この段階では CMTS が reload コマンドまたは電源の再投入によってリブートされるとき、新しい DOCSIS によって 1.1 有効に される Cisco IOSソフトウェアはロードされ、アクティブになります。

CMTS で BPI+ を実行するための準備

DOCSIS 1.0 ケーブルモデムはケーブルモデムと CMTS 間の簡単なトラフィック暗号化を提供する BPI と操作するために提供することができます。 CMTS で特別なコンフィギュレーションが BPI をこのように実行するために必要となりません但し例外としては CMTS は Cisco IOSソフトウェアイメージ名前で文字「k1」か「k8」と設定 される Cisco IOSソフトウェア機能を使用する必要があります。

DOCSIS 1.1 モード 使用で拡張 な 暗号化方式を、ケーブルモデムと CMTS 間で操作するケーブルモデムは、BPI+ を呼出しました。 このスキームは X.509 認証を利用するという点で、DOCSIS 1.0 ベースの BPI よりもより高度なものになっています。 これらはスプーフィングまたは別のケーブルモデムのトラフィックを乗っ取ることからケーブルモデムを停止する方法を提供します。

従って、BPI+ を DOCSIS によって 1.1 有効に される Cisco IOSソフトウェアの現在のバージョンと実行するために、CMTS ブートフラッシュに DOCSIS ルートCA認証をロードすることは必要です。 Verisign Web ページから認証をダウンロードして下さいleavingcisco.com次に、この証明書を TFTP サーバ上に保存し、CMTS ブートフラッシュ メディアにコピーします。 ファイルは」ブートフラッシュおよび指名された「root-cert に CMTS によって認識されるためにコピーされる必要があります。

原証明を追加した後、認証をロードするために CMTS のためのテスト ケーブル生成する認証 コマンドを、発行して下さい。 BPI+ モードで動作しようとするモデムを接続することもできます。

uBR7246VXR_1.1# test cable generate-certificate ?

cablemodem                Generate CM Test certificate
manufacturer              Generate Manufacturer Test certificate
root                      Generate Root Test certificate
self-signed-manufacturer  Generate Self-signed Manufacturer Test certificate

uBR7246VXR_1.1# test cable generate-certificate root

Generating DOCSIS root test certificate.
Building Root certificate.
Building Root certificate done.
Generating DOCSIS root test certificate.
Building Root certificate.
Building Root certificate done.

必要であれば、証明書ファイルは slot0:で保存されるかもしれません またはdisk1: メディア。 12.2(4)BC1a より Cisco IOSソフトウェア 以降のリリースが disk0 で root-cert ファイルを保存できることを必要とします: または disk1: が使用され、 メディア。

前回 の テスト コマンドがちょうどテストであることに留意して下さい。 それだけが実質製造業者 認証を、テスト用の生成された 1 確認しません。 test コマンドによって生成されたルート証明書では、996 バイトではなく、958 バイト長のルート証明書を生成します。 実稼働環境に BPI+ を実装する場合、必ず既存のプラントで実際に動作しているケーブル モデムを使用している 996 バイト長のルート証明書を使用してください。 ルート証明書を検索する順番は、ブートフラッシュ、slot0、slot1、disk0、disk1 の順です。 いったんルート証明書が見つかったら、誤ったルート証明書が読み込まれ、ケーブル モデムが拒否された場合でも、再検索されることはありません。 したがって、996 バイトのファイル サイズのルート証明書が、希望する場所(slot0、disk0 など)だけに存在し、その他の場所にはないということを確認してください。 ただし操作上およびセキュリティの理由でブートフラッシュの root-cert を、保存することが、提案されます。

DOCSIS ルートCA認証が Cisco CMTS にどのようにロードできるか示すセッション例はここにあります。 Verisign Webサイトから認証をダウンロードし、TFTPサーバに DOCSIS 認証を保存することができることが仮定されます。 デフォルトで、この証明書ファイルは呼ばれます「CableLabs_DOCSIS.509」。と CMTS が DOCSIS によって 1.1 有効に される Cisco IOSソフトウェアにアップグレードされる前か後にこのプロシージャがどちらか実行されたことができることに注目して下さい。 ただし、それはケーブルモデムが BPI+ を利用することを試みる前にする必要があります; さもなければ、ケーブルモデムはオンライン来ません。


!--- First, make sure that the bootflash is clean and has enough space
!--- to store the DOCSIS Root CA Certificate. The bootflash only needs
!--- about 1000 bytes free to store the Certificate, but it is good to
!--- make sure that the bootflash is clean anyway.
!--- If you decide to delete any files from the bootflash then you will
!--- need to issue a squeeze bootflash: command to reclaim freed space.

uBR7246VXR_1.1# dir bootflash:

Directory of bootflash:/

??? 1? -rw-???? 3156920?? Mar 06 2002 15:53:23? ubr7200-boot-mz.120-16.SC3.bin

3407872 bytes total (250824 bytes free)

!--- Next, copy the DOCSIS Root CA Certificate file from the TFTP server
!--- to the bootflash. When you copy the file, you must name it “root-cert.”

uBR7246VXR_1.1# copy tftp bootflash:

Address or name of remote host []? 172.17.110.131

!--- Replace with your TFTP server's IP address.

Source filename []? CableLabs_DOCSIS.509

!--- The name of the Certificate file downloaded from Verisign.

Destination filename [CableLabs_DOCSIS.509]? root-cert

!--- File name must be set to “root-cert.”

Loading CableLabs_DOCSIS.509 from 172.17.110.131 (via FastEthernet0/0): !
[OK - 996/1024 bytes]

996 bytes copied in 4.104 secs (249 bytes/sec)

!--- Finally, confirm that the root-cert file is present on the bootflash
!--- of the CMTS. The file size for the current DOCSIS Root CA Certificate
!--- should be 996 bytes.

uBR7246VXR_1.1# dir bootflash:

Directory of bootflash:/

??? 1? -rw-???? 3156920?? Mar 06 2002 15:53:23? ubr7200-boot-mz.120-16.SC3.bin
??? 2? -rw-???????? 996?? Mar 06 2002 16:03:46? root-cert

3407872 bytes total (249700 bytes free)

アップグレードの後のCMTS のモニタリング

テクノロジー インフラストラクチャのあらゆるピースのあらゆる主要なアップグレードと同様に、できる重要厳密に監視しますアップグレードの直後の期間のシステムをです。 さらに予想外の問題が発生すればまたは不十分な準備が起こったら、オリジナル ソフトウェアリビジョンに戻れます位置にあることもまた重要です。

従って、Cisco はシステムをリロードし、Cisco IOSソフトウェアの新しいリリースをアクティブにする前にアップグレードされた CMTS システムにコンソールアクセスがアクセスできることを慎重なケーブルサービスプロバイダーが確かめることを推奨します。 さらに、Cisco は CMTS はリロードしているが、コンソール ログはルータコンソールで現われるあらゆるメッセージのキャプチャ されることを推奨します。 アップグレード関連で問題が発生した場合、このコンソール ログはトラブルシューティングに大いに役立ちます。

CMTS がリロードされた後、これらの事柄を厳密に監視して下さい:

  • ケーブルモデムが来られるオンライン、CMTS とネットワーク管理ステーションから ping することができることを確かめて下さい。

  • エンドユーザの Customer Premises Equipment (CPE) デバイスが DHCP リースを得られる、リモート インターネットホストから ping することができるインターネット接続を確認するためにことを確かめて下さい。

  • CMTS コンソールで現われる珍しいログメッセージを監視して下さい。 Telnetセッションでは、コンソール ログ メッセージをバッファ付きログメッセージを表示するために表示する terminal monitor コマンドおよび問題 show log を発行して下さい。 どの珍しいですか予想外メッセージでも現れる場合、後 の 分析のためにそれらをキャプチャ することは非常に重要です。

  • CMTS のインターフェイスおよびポートすべてが認識された確かめ、ことを正しく初期化しました。 show ip interface brief コマンドの出力に、認識されてアクティブ化されているインターフェイスが表示されます。

DOCSIS 1.1 CMTS と動作するDOCSIS 1.0 ケーブルモデム

DOCSIS 1.1 は DOCSIS 1.0 モードでオペレーティングであるケーブルモデムが DOCSIS によって 1.1 有効に される CMTS とシームレスに操作できるはずであることを統治を委任します。 これには、DOCSIS 1.0 の動作にしか対応していないケーブル モデムや、DOCSIS 1.0 スタイルのコンフィギュレーション ファイルでプロビジョニングされた DOCSIS 1.1 対応ケーブル モデムも含まれています。

CMTS は DOCSIS 1.1 対応の Cisco IOSソフトウェアにアップグレードされた後、ケーブルモデムがまだ DOCSIS 1.0 モードの来るために最初にオンライン提供されること予想されます。 これはアップグレードが DOCSIS 1.0 モードで、ケーブルモデム提供されたにちがいない直前にという理由によります、; さもなければ、それらは古い DOCSIS 1.0 CMTS ソフトウェアに対して来られませんでしたオンライン。 ネットワークで既に DOCSIS 1.1 対応のファームウェアを実行しているケーブルモデムがあっても、DOCSIS 1.1 機能を組み込むために CMTS がアップグレードされた後 DOCSIS 1.1 オペレーションのためのこれらのケーブルモデムを提供することはまでできません。 これは、DOCSIS 1.1 モードでプロビジョニングされたケーブル モデムは、DOCSIS 1.0 だけを実行している CMTS では動作できないためです。

DOCSIS 1.0 サービスクラスから同等のDOCSIS 1.1 サービスクラスパラメータへの変換方法

DOCSIS 1.1 対応の CMTS の DOCSIS 1.0 モデムを操作するとき、理解するべき重要な概念は CMTS が DOCSIS 1.1 QoS 政体の枠内で DOCSIS 1.0 形式 QoSパラメータをどのように管理するかです。

DOCSIS 1.0 QoS は上下流 スループット特性が両方とも DOCSISコンフィギュレーションファイルで規定 され、上下流特性が両方とも SID と関連付けられる双方向 サービス クラス プロファイルに基づいています。 DOCSIS 1.1 QoS は単方向サービスフローに基づいています、つまり上下流 QoS が個別に定義され、管理する必要があることを意味します。

DOCSIS 1.1 CMTS では、DOCSIS 1.0 スタイルの QoS プロファイルは、双方向の DOCSIS 1.0 QoS プロファイルから、同等のアップストリームおよびダウンストリームの DOCSIS 1.1 QoS パラメータ セットに変換されます。 それはそれから上下流 サービスフローを分けるためにこれらを適用します。

このようにして、DOCSIS 1.0 サービス クラスは、同等の DOCSIS 1.1 アップストリームとダウンストリームの QoS パラメータに分割されます。

図 1

migrating_to_docsis11_22030_1a.gif

DOCSIS 1.0ケーブル モデムに割り当てられたDOCSIS 1.0 QoSプロファイルの表示

複数のケーブル モデムが、DOCSIS 1.1 対応の CMTS に接続されていると仮定します。 一部のケーブル モデムは DOCSIS 1.0 ケーブル モデムであり、他は DOCSIS 1.0 モードでプロビジョニングされた DOCSIS 1.1 対応ケーブル モデムです。残りは、DOCSIS 1.1 モードで動作している DOCSIS 1.1 ケーブル モデムです。 次の出力例は、上記ケーブル モデムの show cable modem コマンドの出力です。 show cable modem コマンドの出力フォーマットが Cisco IOSソフトウェアの DOCSIS 1.0 リリースでそれと異なっていることに注目して下さい。 DOCSIS 1.0 と DOCSIS 1.1 の CLI の相違点については、「DOCSIS 1.0 と DOCSIS 1.1 間で変更されたコマンド ライン インターフェイス」のセクションで詳細に説明します。

uBR7246VXR_1.1# show cable modem

MAC Address??? IP Address??? I/F?????? MAC???????? Prim RxPwr? Timing? Num BPI
?????????????????????????????????????? State?????? Sid? (db)?? Offset? CPE Enb
0090.9607.3831 10.1.1.18???? C3/0/U1?? online(pt)? 1???? 0.00?? 3820?? 0??? Y
0090.9607.3830 10.1.1.16???? C3/0/U1?? online(pt)? 2???? 0.25?? 3820?? 0??? Y
0002.fdfa.0a35 10.1.1.26???? C3/0/U1?? online(pt)? 3???? 0.25?? 3820?? 1??? Y
0001.9659.4461 10.1.1.21???? C3/0/U1?? online(pt)? 4???? -0.50? 3828?? 0??? Y
0001.9659.4447 10.1.1.30???? C3/0/U1?? online(pt)? 5???? -0.25? 3828?? 0??? Y
0001.64ff.e459 10.1.1.29???? C3/0/U1?? online????? 6???? -0.25? 3820?? 0??? N
0001.9659.4477 10.1.1.13???? C3/0/U1?? online(pt)? 7???? 0.00?? 3828?? 0??? Y
0001.9659.43fd 10.1.1.32???? C3/0/U1?? online(pt)? 8???? -0.50? 3828?? 0??? Y
0001.64ff.e4ad 10.1.1.28???? C3/0/U1?? online????? 9???? 0.25?? 3840?? 0??? N

見られる場合があるように特定のケーブルモデムによって関連付けられる DOCSIS 1.1 show cable modem コマンド出力はもはや DOCSIS 1.0 QoS プロファイルを示さなかったものです。 このコマンドの新しい出力形式の詳細については、新しい show cable modem コマンドが説明されているセクションを参照してください。

特定のケーブル モデムに関連付けられている DOCSIS 1.0 QoS プロファイルを表示するには、show cable modem registered コマンドが使用できます。 次の出力例に見られるように、このコマンドに show cable modem コマンドの DOCSIS 1.0 形式と同じような出力フォーマットがあります。

uBR7246VXR_1.1# show cable modem registered

Interface Prim Online????? Timing Rec   QoS CPE  IP address???MAC address
????????? Sid? State?????? Offset Power
C3/0/U1?? 1??? online(pt)? 3820?? 0.25?? 5?? 0?? 10.1.1.18??? 0090.9607.3831
C3/0/U1?? 2??? online(pt)? 3816?? 0.25?? 6?? 0?? 10.1.1.16??? 0090.9607.3830
C3/0/U1?? 3??? online(pt)? 3820?? 0.25?? 5?? 0?? 10.1.1.26??? 0002.fdfa.0a35
C3/0/U1?? 4??? online(pt)? 3832?? 0.00?? 5?? 0?? 10.1.1.21??? 0001.9659.4461
C3/0/U1?? 5??? online(pt)? 3828?? 0.00?? 5?? 0?? 10.1.1.30??? 0001.9659.4447
C3/0/U1?? 6??? online????? 3820?? -0.25? 2?? 0?? 10.1.1.29??? 0001.64ff.e459
C3/0/U1?? 7??? online(pt)? 3828?? 0.00?? 6?? 0?? 10.1.1.13??? 0001.9659.4477
C3/0/U1?? 8??? online(pt)? 3832?? -0.50? 5?? 0?? 10.1.1.32??? 0001.9659.43fd
C3/0/U1?? 9??? online????? 3840?? 0.25?? 2?? 0?? 10.1.1.28??? 0001.64ff.e4ad

見られる場合があるようにモデムに 2 の QoS プロファイルが、5 あります、または DOCSIS 1.0 QoS プロファイルについて詳しく知っている 6.人の読者は CMTS と QoS プロファイル 2 がオフ・ラインであるか、またはきちんと登録しなかったかもしれません DOCSIS 1.0 ケーブルモデムに割り当てられることを再呼び出しする。 DOCSIS 1.1 CMTS 上の show cable modem registered 出力から、ケーブル モデムにこの QoS プロファイルが割り当てられていることが判明した場合、そのケーブル モデムには、関連する DOCSIS 1.0 スタイルの QoS プロファイルが割り当てられていない(モデムは DOCSIS 1.1 モードでプロビジョニングされている)ことを意味します。

2 以外 QoS プロファイルと示されているケーブルモデムにそれらと関連付けられる有効な DOCSIS 1.0 形式 QoS プロファイルがあります。 この場合、QoS プロファイル 5 および 6 は数ケーブルモデムに割り当てられました。

サービスパラメータのクラスを表示する show cable qos profile profile-index-number verbose コマンドを発行して下さい個々の QoS プロファイルに属する。 次の出力例は、QoS プロファイル 5 が、1.5 Mbps の最大ダウンストリーム速度、200 Kbps の最大アップストリーム速度、40 Kbps の保証アップストリーム速度、アップストリーム トラフィック プライオリティ 3、および 1600 バイトの最大アップストリーム伝送バーストの DOCSIS 1.0 サービス クラスに対応していることを示しています。

uBR7246VXR_1.1# show cable qos profile 5 verbose

Profile Index?????????????????????????? 5
Name
Upstream Traffic Priority?????????????? 3
Upstream Maximum Rate (bps)???????????? 200000
Upstream Guaranteed Rate (bps)????????? 40000
Unsolicited Grant Size (bytes)????????? 0
Unsolicited Grant Interval (usecs)????? 0
Upstream Maximum Transmit Burst (bytes) 1600
IP Type of Service Overwrite Mask?????? 0x0
IP Type of Service Overwrite Value????? 0x0
Downstream Maximum Rate (bps)?????????? 1500000
Created By????????????????????????????? cm
Baseline Privacy Enabled??????????????? no

DOCSIS 1.0ケーブル モデムに割り当てられたDOCSIS 1.1 QoSパラメータ セットの表示

DOCSIS 1.1 サービスフローは QoSパラメータセットによって提供されたサービス属性のクラスです。 少くともで、DOCSIS 1.1 ケーブルモデムにダウンストリーム サービス フローに対応するあり、アップストリームサービスフローに対応する 1 アップストリーム QoSパラメータセットがあります少なくとも 1 つのダウンストリーム QoSパラメータセットが。

DOCSIS 1.0 モードでオペレーティングであるケーブルモデム DOCSISコンフィギュレーションファイルによって双方向 DOCSIS 1.0 形式 QoS プロファイルが割り当てられるが、DOCSIS 1.1 CMTS は同等の単方向 DOCSIS 1.1 QoSパラメータセットにこの DOCSIS 1.0 形式 QoS プロファイルを変換します。 さらに、DOCSIS によって 1.1 有効に される CMTS はケーブルモデムに DOCSIS 1.0 CMTS に発生しようように、双方向 SID よりもむしろ DOCSIS 1.1 形式アップストリームサービスフローおよびダウンストリーム サービス フローを割り当てます。 こうすることにより、CMTS は DOCSIS 1.0 と DOCSIS 1.1 のケーブル モデムの QoS 機能を、同じように処理できます。 さらに、これは DOCSIS 1.0 ケーブルモデムに関する限りでは、透過的にされます。

特定のケーブルモデムによって関連付けられる DOCSIS 1.1 形式 QoSパラメータを見つけるために、show cable modem {MAC アドレスを発行して下さい | IP アドレス} qos verbose コマンド。 ケーブルモデムを、それと関連付けられる DOCSIS 1.0 QoS プロファイルがある 0001.9659.4461 のような考慮すれば、show cable qos profile コマンドおよび show cable modem {MAC アドレスを発行できます | DOCSISコンフィギュレーションファイルによってモデムに割り当てられる DOCSIS 1.0 QoS プロファイルが DOCSIS 1.1 QoSパラメータセットと対応することがわかる IP アドレス} qos verbose コマンドはケーブルモデムによって、関連付けました:

  1. このケーブルモデムに 5.の DOCSIS 1.0 QoS プロファイルがあることを確認して下さい。

    uBR7246VXR_1.1# show cable modem 0001.9659.4461 registered
    
    Interface Prim Online????? Timing Rec   QoS CPE  IP address?? MAC address
    ????????? Sid? State?????? Offset Power
    C3/0/U1?? 4??? online(pt)? 3832?? 0.00?? 5?? 0?? 10.1.1.21??? 0001.9659.4461
  2. QoS プロファイル 5 が 1.5 Mbps に対応すること、200 キロビット/秒、アップストリーム 優先順位保証される、1600 バイトの 3 の、40 キロビット/秒および最大アップストリーム送信バーストをチェックして下さい。

    uBR7246VXR_1.1# show cable qos profile 5
    
    ID? Prio Max?????? Guarantee Max??????? Max?? TOS? TOS?? Create? B???? IP prec
    ???????? upstream? upstream? downstream tx??? mask value by????? priv? rate
    ???????? bandwidth bandwidth bandwidth? burst??????????????????? enab? enab
    5?? 3??? 200000??? 40000???? 1500000??? 1600? 0x0? 0x0?? cm????? no??? no
  3. 同じケーブルモデムに割り当てられる DOCSIS 1.1 形式 QoSパラメータセットをチェックして下さい。

    SFID 9 は、変換されたアップストリーム パラメータに対応し、SFID 10 は、変換されたダウンストリーム パラメータに対応しています。

    uBR7246VXR_1.1# show cable modem 0001.9659.4461 qos verbose
    
    Sfid??????????????????????????????????? : 9
    Current State?????????????????????????? : Active
    Sid???????????????????????????????????? : 4
    Traffic Priority??????????????????????? : 3
    Maximum Sustained rate????????????????? : 200000 bits/sec
    Maximum Burst?????????????????????????? : 1600 bytes
    Mimimum Reserved rate?????????????????? : 40000 bits/sec
    Minimum Packet Size???????????????????? : 64 bytes
    Admitted QoS Timeout??????????????????? : 200 seconds
    Active QoS Timeout????????????????????? : 0 seconds
    Maximum Concatenated Burst????????????? : 1600 bytes
    Scheduling Type???????????????????????? : Best Effort
    Request/Transmission policy???????????? : 0x0
    IP ToS Overwrite[AND-mask, OR-mask]???? : 0xFF, 0x0
    Current Throughput????????????????????? : 0 bits/sec, 0 packets/sec
    
    Sfid??????????????????????????????????? : 10
    Current State?????????????????????????? : Active
    Sid???????????????????????????????????? : N/A
    Traffic Priority??????????????????????? : 0
    Maximum Sustained rate????????????????? : 1500000 bits/sec
    Maximum Burst?????????????????????????? : 1522 bytes
    Mimimum Reserved rate?????????????????? : 0 bits/sec
    Minimum Packet Size???????????????????? : 64 bytes
    Admitted QoS Timeout??????????????????? : 200 seconds
    Active QoS Timeout????????????????????? : 0 seconds
    Maximum Latency???????????????????????? : 0 usecs
    Current Throughput????????????????????? : 0 bits/sec, 0 packets/sec

show cable modem {MAC アドレスを発行する時 | IP アドレス} qos verbose コマンド、この DOCSIS 1.0 ケーブルモデムに割り当てられる DOCSIS 1.1 形式 QoSパラメータがオリジナル DOCSIS 1.0 QoS プロファイルと同等であることがわかります。

ダウンストリーム 方向に関しては、DOCSIS 1.0 QoS プロファイルに見られるように最大ダウンストリーム 帯域幅(1.5 Mbps)は SFID 10.の最大持続 レートパラメータに変換されました。

アップストリーム 方向に関しては、DOCSIS 1.0 QoS プロファイルに見られるように最大アップストリーム 帯域幅(200 キロビット/秒)は SFID 9.の最大持続 レートパラメータに SFID 9 のための最小予約レートにさらに、保証されたアップストリーム 帯域幅(40 キロビット/秒)変換されました変換されました; アップストリーム トラフィック 優先順位(3)は SFID 9 のためのトラフィック 優先順位に変換されました; そしてアップストリーム最大送信バーストサイズ(1600) SFID 9.のための最大連結バーストに変換されました。

これらのサービス フロー内にあり、DOCSIS 1.0 に対応する値がないその他の DOCSIS 1.1 パラメータは、DOCSIS 1.0 サービス クラスが DOCSIS 1.1 パラメータ セットに変換された場合、デフォルト値のままになります。

DOCSIS 1.0 ケーブルモデムからDOCSIS 1.1 への移行

CMTS が DOCSIS 1.1 IOS software にアップグレードされ、すべてのケーブルモデムが DOCSIS 1.0 モードの来られるオンライン後次 の ステップはケーブルモデムを DOCSIS 1.1 ファームウェアへ移動し、DOCSIS 1.1 モードのこれらのケーブルモデムを提供することです。

CMTS が DOCSIS 1.1 IOS software にアップグレードされる前に DOCSIS 1.1 ファームウェアにケーブルモデムをアップグレードすることもまた可能性のあるです。 ただし、ケーブルモデムはまだ DOCSIS 1.0 モードで CMTS が DOCSIS 1.0 可能な IOS software を実行している間提供されなければなりません。

またすべてのケーブルモデムがケーブル モデム ハードウェアの制限か DOCSIS 1.1 対応のファームウェアの欠如が理由で DOCSIS 1.1 に、アップグレードされるファームウェアを備える場合がないことに注目して下さい。 この場合、これらの特定のモデムは DOCSIS 1.0 モードに提供されて残る必要があります。 これらのケーブルモデムが古典的なインターネットアクセスのために有用に残るが、可能になる DOCSIS 1.1 と余分 QoS およびセキュリティ機能を利用できません。

DOCSIS 1.1 環境の DOCSIS 1.1 ソフトウェアに Ciscoケーブルモデムをアップグレードすることを望んだ場合イメージ 12.2(15)CZ をダウンロードして下さい(uBR905、uBR925 および CVA122 のための Cisco ダウンロード ソフトウェア エリアで掲示される)。 このイメージは、CableLabs によって認証され、そのイメージの機能すべてとさらに追加機能を収納した 12.2(8)YI イメージのスーパーセットです。 最近の型のモデムはこのイメージがモデムにダウンロードされれば DOCSIS 1.1 コンフィギュレーション ファイルとの DOCSIS 1.1 モードの来る必要がありますオンライン罰金。

より古いモデムはそれらの不正確な DOCSIS 認証を備えるかもしれないし、ために CZ イメージに加えて認証 アップグレードを、必要として下さい。 モデムの証明書の更新方法については、『Cisco uBR905/uBR925 ケーブル アクセス ルータと CVA122 ケーブル ボイス アダプタでの DOCSIS 証明書のアップグレード』を参照してください。

さらに、不正確な認証と提供された uBR905、uBR925 および CVA122 製品のための新しい認証が含まれている CD-ROM ディスクを必要とします。 シスコのお客様は、このディスクを無料で入手できます(シスコ部品番号 UBR/CVA-CERT-UPG)。

このイメージは、uBR905、uBR925 または CVA122 にしか使用できません。 uBR924 および uBR904 製品は、DOCSIS 1.1 をサポートしません。これらの製品には、DOCSIS 1.1 イメージのオーバーヘッドをサポートするために十分なオンボード フラッシュ メモリまたは RAM が装備されていないためです。

またそれらが 65 MHz に調整できないので、ことにこれらの製品サポート EuroDOCSIS 1.1 のどれも注目しないで下さい。 CVA122E は、EuroDOCSIS をサポートしている唯一の Cisco CPE でした。 Cisco は CVA122E のための EuroDOCSIS 1.1 イメージをリリースしません。

ケーブル モデム ファームウェアをDOCSIS 1.1にアップグレードする方法

ケーブル モデムのファームウェアを DOCSIS 1.1 対応ファームウェアにアップグレードする手順は、他のケーブル モデムのファームウェア アップグレードと大きな違いはありません。 当然 DOCSIS 1.1 対応のファームウェアにアップグレードするとき特別な手順に従う必要がある場合、ケーブルモデムベンダーとチェックすることは重要です。

SNMP 操作

ケーブル モデムのファームウェアをアップグレードするための最初の一般的な方法は、SNMP の操作で行う方法です。 ケーブルモデムの特定 の ブランドおよびモデルのそれぞれは TFTPサーバの IP アドレスおよびアップグレードするため新しいファームウェア イメージの名前が含まれている一組の SNMP 手順送信 されます。

次のシーケンスは UNIXワークステーション示します— IP アドレス 172.17.110.131 との TFTPサーバの firmware-1.1.bin と名付けられるleavingcisco.com イメージにファームウェアをアップグレードするために IP アドレス 10.1.1.30 が付いているケーブルモデムを命じている SNMP マネジメントツールの NET-SNMP スイートが装備されている。 実質ネットワークでは、このプロセスはアップグレードされる必要があるひとつひとつのケーブルモデムのために手動で実行されるよりもむしろ自動化されます。 この例で使用されている SNMP の変数名の詳細については、『DOCS-CABLE-DEVICE-MIB』を参照してください。

  1. TFTP サーバの IP アドレスを設定します。

    unix# snmpset 10.1.1.30 private docsDevSwServer.0 a 172.17.110.131
    
    docsDev.docsDevMIBObjects.docsDevSoftware.docsDevSwServer.0 = IpAddress: 172.17.110.131
  2. アップグレードするケーブル モデム ファームウェア イメージの名前を設定します。

    unix# snmpset 10.1.1.30 private docsDevSwFilename.0 s firmware-1.1.bin
    
    docsDev.docsDevMIBObjects.docsDevSoftware.docsDevSwFilename.0 = ubr920-k8v6y5-mz.122-6c.bin
  3. 特定のイメージファイルにおよびアップグレードを先に行くためにケーブルモデム指示して下さい: docsDevSwAdminStatus フィールドに 1 を設定します。

    unix# snmpset 10.1.1.30 private docsDevSwAdminStatus.0 i 1
    
    docsDev.docsDevMIBObjects.docsDevSoftware.docsDevSwAdminStatus.0 = upgradeFromMgt(1)
  4. 数秒後に、ケーブルモデムが全く新しいファームウェア イメージ(inProgress)をダウンロードしていることを確認して下さい。

    unix# snmpget 10.1.1.30 public docsDevSwOperStatus.0
    docsDev.docsDevMIBObjects.docsDevSoftware.docsDevSwOperStatus.0 = inProgress(1)
  5. ファームウェアのダウンロードの終了と、ケーブル モデムがリセットが終わるまで 5 分ほど待ってから、ケーブル モデムの現在のファームウェア バージョンを確認します。

    unix# ping 10.1.1.30
    
    10.1.1.30 is alive
    
    unix# snmpget 10.1.1.30 public docsDevSwCurrentVers.0
    
    docsDev.docsDevMIBObjects.docsDevSoftware.docsDevSwCurrentVers.0 = firmware-1.1.bin

DOCSIS コンフィギュレーション ファイル

次に一般的な方法は、アップグレードする最新のファームウェア イメージの場所と名前を指定する DOCSIS コンフィギュレーション ファイルを、特定のブランドとモデルのケーブル モデムに送信することです。

理想的にはこの方式を使用するとき、プロビジョニング システムは正しいファームウェアイメージが正しいのに作るケーブルモデムのモデル 規定 されるようにケーブルモデムの異なる型に異なる DOCSISコンフィギュレーションファイルを送れますには十分に洗練されるはずで。 対応しないファームウェアイメージをダウンロードするためにケーブルモデムが命じられる場合ループで捕まるかもしれません: つまり、ケーブル モデムがオンライン状態になり、DOCSIS コンフィギュレーション ファイルを受信し、特定のイメージをダウンロードします。すると、そのイメージを拒否してリセットがかかり、このサイクルが繰り返されるということです。

次の例は、新しいファームウェア イメージとその場所を指定するための DOCSIS コンフィギュレーション ファイルへの追加点を示しています。 この画面イメージは、『Cisco DOCSIS Configurator を使用した DOCSIS 1.0 コンフィギュレーション ファイルの作成』(登録ユーザのみ)からの抜粋です。 Cisco Broadband Configurator バージョン 4.0 デモ登録ユーザのみ)でコンフィグレータのデモ バージョンをダウンロードできます; ただし、どの DOCSIS 対応 コンフィギュレーションファイル生成 ツールでも使用されるかもしれません。 Cisco Broadband Configurator バージョン 4.0 の非デモ バージョンがほしいと思う場合、営業担当者に連絡して下さい。

Cisco Broadband Configurator バージョン 4.0 デモ登録ユーザのみ)は DOCSIS 1.0- および 1.1 型コンフィギュレーションに使用することができます。

図 2 – Cisco スタンドアロン Javaコンフィグレータに見られるようにソフトウェア アップグレード フィールド、

migrating_to_docsis11_22030_1b.gif

ケーブル モデムの中には、CLI や Web インターフェイスを使用してアップグレードできるものがあります。 ただし、アップグレードのこの方式がすべての DOCSISケーブルモデムによくないので、例はここに与えられません。 その代り、ケーブルモデム 製造業者のドキュメントを参照して下さい。

接続されたケーブルモデムの機能の調べ方

DOCSIS 1.1 モードで動作できるケーブルモデムを参照する show Cable Modem mac コマンドを発行して下さい:

uBR7246VXR_1.1# show cable modem mac

MAC Address??? MAC???????? Prim? Ver???? Frag? Concat PHS?? Priv? DS??? US
?????????????? State?????? Sid??????????????????????????????????? Saids Sids
0090.9607.3830 online(pt)? 1???? DOC1.0? no??? no???? no??? BPI?? 0???? 0
0090.9607.3831 online(pt)? 2???? DOC1.0? no??? no???? no??? BPI?? 0???? 0
0002.fdfa.0a35 online(pt)? 3 ??? DOC1.1? yes?? yes??? yes?? BPI+? 0???? 4
0001.9659.4447 online(pt)? 4???? DOC1.0? no??? yes??? no??? BPI?? 0???? 0
0001.64ff.e4ad online(pt)? 5 ??? DOC1.1? yes?? yes??? yes?? BPI+? 0???? 4
0001.9659.4477 online(pt)? 6???? DOC1.0? no??? yes??? no??? BPI?? 0???? 0
0001.9659.4461 online(pt)? 7???? DOC1.0? no??? yes??? no??? BPI?? 0???? 0

MAC アドレス 0002.fdfa.0a35 と 0001.64ff.e4ad が割り当てられたモデムが DOCSIS 1.1 の MAC バージョンを割り当てられていることを確認できます。 これらのモデムは、断片化、ペイロード ヘッダー抑制など、DOCSIS 1.1 固有の機能を実行できます。

ケーブル モデムで DOCSIS 1.1 対応のファームウェアが動作するようになると、ケーブル モデムに送信される DOCSIS コンフィギュレーション ファイルのスタイルによって、DOCSIS 1.0 モードまたは DOCSIS 1.1 モードのいずれかでプロビジョニングできます。

show cable modem {MAC アドレスを発行して下さい | ケーブルモデムが DOCSIS 1.0 モードか DOCSIS 1.1 モードで動作したかどうか確認する IP アドレス} verbose コマンド。 このコマンド 出力の最初の例では、MAC Version フィールドは DOCSIS 1.0 モードで動作することを提供したことを疑わしいケーブルモデムが DOCSIS 1.1 モードで動作できるが Provisioned Mode フィールドは示しますことを示します。

uBR7246VXR_1.1# show cable modem 0001.64ff.e4ad verbose

MAC Address                         : 0001.64ff.e4ad
IP Address????????????????????????? : 10.1.1.39
Prim Sid??????????????????????????? : 1
QoS Profile Index?????????????????? : 11
Interface?????????????????????????? : C3/0/U1
Upstream Power????????????????????? : 208 dBmV (SNR = 22.85 dBmV)
Downstream Power??????????????????? : 4294967168 dBmV (SNR = 35.02 dBmV)
Timing Offset?????????????????????? : 2807
Received Power????????????????????? :? 1.00
MAC Version???????????????????????? : DOC1.1
Provisioned Mode??????????????????? : DOC1.0
Capabilities??????????????????????? : {Frag=Y, Concat=Y, PHS=Y, Priv=BPI+}
Sid/Said Limit????????????????????? : {Max Us Sids=4, Max Ds Saids=0}
Optional Filtering Support????????? : {802.1P=N, 802.1Q=N}
Transmit Equalizer Support????????? : {Taps/Symbol= 1, Num of Taps= 8}
Number of CPE IPs?????????????????? : 0(Max CPE IPs = 50)
CFG Max-CPE???????????????????????? : 50
Flaps?????????????????????????????? : 0()
Errors????????????????????????????? : 0 CRCs, 0 HCSes
Stn Mtn Failures??????????????????? : 1 aborts, 0 exhausted
Total US Flows????????????????????? : 1(1 active)
Total DS Flows????????????????????? : 1(1 active)
Total US Data?????????????????????? : 117 packets, 12112 bytes
Total US Throughput???????????????? : 0 bits/sec, 0 packets/sec
Total DS Data?????????????????????? : 105 packets, 9202 bytes
Total DS Throughput???????????????? : 0 bits/sec, 0 packets/sec
Active Classifiers????????????????? : 0 (Max = NO LIMIT)

show cable modem registered コマンドを実行して、DOCSIS 1.0 モードで動作しているケーブル モデムと、DOCSIS 1.1 モードで動作しているケーブル モデムを判別することも簡単にできます。 この場合の大まかなルールは、Null DOCSIS 1.0 QoS プロファイル番号 2 が割り当てられたケーブル モデムは、DOCSIS 1.1 モードで動作しているということです。

uBR7246VXR_1.1# show cable modem registered

Interface Prim Online????? Timing Rec   QoS CPE  IP address?? MAC address
????????? Sid? State?????? Offset Power
C3/0/U1?? 1??? online(pt)? 3824?? 0.25?? 5?? 0?? 10.1.1.37??? 0090.9607.3830
C3/0/U1?? 2??? online(pt)? 3824?? 0.25?? 5?? 0?? 10.1.1.35??? 0090.9607.3831
C3/0/U1?? 3??? online(pt)? 3828?? -0.50? 5?? 0?? 10.1.1.38??? 0002.fdfa.0a35
C3/0/U1?? 4??? online(pt)? 3828?? -0.75? 5?? 0?? 10.1.1.36??? 0001.9659.4447
C3/0/U1?? 5??? online(pt)? 3840?? -0.25? 2?? 0?? 10.1.1.39??? 0001.64ff.e4ad
C3/0/U1?? 6??? online(pt)? 3836?? -0.50? 5?? 0?? 10.1.1.34??? 0001.9659.4477
C3/0/U1?? 7??? online(pt)? 3836?? 0.00?? 5?? 0?? 10.1.1.33??? 0001.9659.4461

前例では、MAC アドレス 0001.64ff.e4ad のケーブルモデムだけ QoS プロファイル 2.でマークされます。 これはこのケーブルモデムが DOCSIS 1.0 形式 QoS プロファイルを使用していないことを示します; むしろ、それは DOCSIS 1.1 モードでオペレーティングです。 つまり、MAC アドレス 0001.64ff.e4ad のケーブル モデムは、DOCSIS 1.1 スタイルのコンフィギュレーション ファイルでプロビジョニングされているということです。

ベストエフォート型サービスのための簡単なDOCSIS 1.1 設定ファイルの作成

このセクションでは、簡単なベスト エフォート型 DOCSIS 1.1 スタイルのコンフィギュレーション ファイルの作成方法を説明します。このファイルは、既存の DOCSIS 1.0 コンフィギュレーション ファイルと同じ機能を実行します。

移行元の DOCSIS 1.0 コンフィギュレーション ファイルには、次の情報が含まれます。

  • 1.5 Mbps の最大ダウンストリーム速度を規定 する サービス クラス

  • 200 キロビット/秒の最大 アップストリーム レート

  • 1600 バイトのアップストリームの最大伝送バースト

  • BPI は有効に なります

  • ケーブル モデム接続用に、3 台の CPE デバイスが許可されています。

次の例は、DOCSIS 1.0 コンフィギュレーション ファイルに対応する show cable qos profile profile-index-number verbose コマンドの出力例と、このファイルに対する Cisco DOCSIS CPE コンフィギュレータからキャプチャした画面を示しています。

uBR7246VXR_1.1# show cable qos profile 7 verbose

Profile Index????????????????????? ???? 7
Name
Upstream Traffic Priority?????????????? 0
Upstream Maximum Rate (bps)???????????? 200000
Upstream Guaranteed Rate (bps)????????? 0
Unsolicited Grant Size (bytes)????????? 0
Unsolicited Grant Interval (usecs)????? 0
Upstream Maximum Transmit Burst (bytes) 1600
IP Type of Service Overwrite Mask?????? 0x0
IP Type of Service Overwrite Value????? 0x0
Downstream Maximum Rate (bps)?????????? 1500000
Created By????????????????????????????? cm
Baseline Privacy Enabled??????????????? yes

この QoS プロファイルに対応する DOCSIS コンフィギュレーション ファイル要素を示します。これは、Cisco CPE コンフィギュレータ ツールに表示されたときのものです。 最初に、Class of Service タブのコンテンツを見ます。 このタブで表示されるパラメータは、DOCSIS 1.1 スタイルのコンフィギュレーション ファイルのものではなく、DOCSIS 1.0 スタイルの DOCSIS コンフィギュレーション ファイル専用として入力されます。

図 3 – DOCSIS 1.0 Class of Service タブ。 このタブは、DOCSIS 1.0 スタイルのコンフィギュレーション ファイル専用として入力されます。

migrating_to_docsis11_22030_1c.gif

CPE タブにも構成情報が含まれていますが、1 台のモデムごとに 3 台の CPE という制限が指定されています。 Max Number of CPEs フィールドは、DOCSIS 1.0 と DOCSIS 1.1 の両方のスタイルのコンフィギュレーション ファイルに対して入力されます。 このタブの CPE の最大数および CPE イーサネットのMACアドレス フィールドだけ DOCSIS 1.0 形式コンフィギュレーション ファイルのために入力することができることに注目して下さい。

図 4 – CPE タブ。 このタブの最初の 2 つのフィールドは DOCSIS 1.0 および DOCSIS 1.1 両方のためです; 最後の 3 つのフィールドは DOCSIS 1.1 だけに特定です。

migrating_to_docsis11_22030_1d.gif

同等の設定による DOCSIS 1.1 コンフィギュレーション ファイルを作成するには、Downstream Service Flow の作成、Upstream Service Flow の作成、使用可能な Maximum Number of CPEs の指定、および BPI がアクティブであることの指定を実行する必要があります。 以降のセクションでは、上記コンポーネントのセットアップ方法について説明します。

1 つの DOCSISコンフィギュレーションファイル内の DOCSIS 1.0- および DOCSIS 1.1 仕様属性混合しないことは非常に重要です。 たとえば、DOCSIS 1.0 サービス属性のクラスを定義する同じファイルの DOCSIS 1.1 形式サービスフローを定義しないで下さい。

ダウンストリーム・サービス・フロー

空の DOCSIS コンフィギュレーション ファイルから作業を始めます。 図 5.に見られるようにダウンストリーム サービス フロー タブ内の関連フィールドで、完了して下さい。

Next 画面キャプチャでは関連している他のフィールドのために場所を空けるために、この simple DOCSIS 1.1 コンフィギュレーション ファイルを設定して無関係であるいくつかのフィールドは縮まりました。 これらのフィールドについてのより詳しい 情報は Cisco DOCSIS CPE Configurator 内のまたはサマリ DOCSIS 1.1 インターフェイス 指定のヘルプ ダイアログから得ることができますleavingcisco.com

図 5 –ベストエフォート型サービスのためのダウンストリーム サービス フロー 設定

migrating_to_docsis11_22030_1e.gif

フロー参照

フロー参照は DOCSISコンフィギュレーションファイル内のサービスフローのための固有の識別番号です。 拡張コンフィギュレーション ファイル内でこの番号を使用して、サービス フローを分類子や ペイロード ヘッダー抑制ルールにリンクできます。 異なるサービス フロー 参照番号は DOCSISコンフィギュレーションファイルの内で作成される各サービスフローのために規定 する必要があります。

この場合これが DOCSISコンフィギュレーションファイルの内で作成している最初のサービスフローであるので、1 へのフロー参照を、単に設定 して下さい。

Service Class Name

DOCSIS 1.1 では、サービスフローのための QoSパラメータを規定 するでそれらを DOCSISコンフィギュレーションファイルの内で規定 しますよりもむしろ CMTS における指定されたサービス クラスを、作成することは可能性のある。 この例では、この機能性は使用されません。

QoS Parameter Set Type

DOCSIS 1.0 では、ケーブルモデムが DOCSISコンフィギュレーションファイルをダウンロードする時、ファイルはすぐにアクティブになること規定 されるサービス・クラスすべて。 DOCSIS 1.1 では、準備およびアクティベーションのさまざまな状態にサービスフローを置くことは可能性のあるです。 サービスフローは次の状態の 1 つにある場合もあります; またはそれは 3 ビットにつき表されるこれらの状態の組み合せにある場合もあります。 各状態は QoS Parameter Set Type フィールド内の 2 進数字に対応します。

  • 提供されたセット(0) ビット—最下位ビット(このフィールドの値は 1) DOCSISコンフィギュレーションファイルで規定 される サービスフローのために設定 されます。

  • 是認されたセット(1) ビット—次の最下位ビット(このフィールドの値は 2) CMTS スケジューリング プロセスに是認される QoS 属性がある必要があり、予約される適切なリソースがあるサービスフローのために設定 されます。 つまり、サービス フローに専用のリソースを割り当てたい場合、このビットを設定する必要があるということです。 通常これは、DOCSIS コンフィギュレーション ファイル内で作成されたサービス フローに対する場合です。 米国 SID がこの状態で割り当てられることに注目して下さい。

  • 設定 される アクティブ(2) ビット—次の最下位ビット(このフィールドの値は 4)それらに送信 されるべき CMTS 割り当てトラフィックがある必要があるサービスフローのために設定 されます。 このビットと、Admitted Set ビットの意味のわずかな違いは、Admitted Set ビットを単独で設定しても、CMTS 内のリソースがサービス フロー用に 予約されるだけで、このビットだけでは、トラフィックを実際に送信できないという点です。 Active Set ビットと Admitted Set ビットの両方を設定すると、予約したリソースを介したトラフィックの送信を実際に許可することになります。

DOCSISコンフィギュレーションファイルでこれらの属性すべてにこの例(すなわち、それ規定 される サービスフローと関連付けられてほしいので、それのためにリソースを予約したいと思いトラフィックにそれにフローしてほしいです)で作成している、このフィールドの 3 ビットすべてを設定 して下さい。 これにより、このフィールドの 10進値は 1 + 2 + 4 で、7 になります。

トラフィック優先度

DOCSIS 1.0 サービス クラス コンフィギュレーションでは、0 が低優先順位である 7 つが高優先順位である別のアップストリーム トラフィックのための優先順位を規定でき。 より高いアップストリーム トラフィック 優先順位のケーブルモデムはアップストリーム 優先順位のケーブルモデムの前に伝達をすることが常にできます。

DOCSIS 1.1 では、同じコンセプトは適用します; ただし、今存在 する ダウンストリーム サービス フローの優先順位を設定する新しい機能。 ダウンストリーム サービス フローのプライオリティは、0(最低のプライオリティ)〜 7(最高のプライオリティ)にセットされたこのフィールドで設定できます。 このフィールドが空のままになる場合、それらは 0 の優先順位にデフォルトで設定されます。

この場合、このサービスフローのためのトラフィック 優先順位を規定しないで下さい、つまりトラフィックが特別 な 優先順位を受け取らないことをこのサービスフロー上のフロー ダウンストリームであるそれは意味します。

最大許容トラフィックレート

このフィールドは、このサービス フローを介して運用可能なトラフィックの最大速度を指定します。 この例に関しては、サービスフローにダウンストリーム トラフィックに 1.5 Mbps の上限を置いてほしいこと規定 して下さい。

最大 トラフィック バースト

Max Concatenated Burst Size フィールドと混同しないために、このフィールドは CMTS とレート制限 トラフィックへのケーブルモデムによって使用する Ratelimiting アルゴリズムと関連しています。 このフィールドの値により、トークン バケット速度制限アルゴリズムが使用する Maximum Burst サイズ(バイト)が設定されます。 それはアルゴリズムを制限するトークンバケットレートがこのサービスフローのための特別な修正か調整を必要としなければふつうは適切このフィールドは空白を残すためにです。

最小値予約済みのトラフィックレート

DOCSIS 1.0 サービス クラス コンフィギュレーションでは、フレームリレー の 認定情報レート(CIR)に類似している保証された最小アップストリーム レートを規定 することは可能性のあるです。 このフィールドは、アップストリーム チャネルが輻輳している場合でも、最低でも Guaranteed Minimum Upstream Rate で、ケーブル モデムが常にデータを送信できることを保証します。

DOCSIS 1.1 では、この概念はダウンストリーム サービス フローに同様に拡張されます。 Min Reserved Traffic Rate フィールドにビット レートを設定すると、この機能を利用できます。 この場合、保証されたダウンストリーム レートが必要となりません、従ってこのフィールドは空白を残して下さい。

仮定された最小値予約 レート パケットサイズ

サービス フロー内でダウンストリームの Min Reserved Traffic Rate を指定すると、このパラメータが関連してきます。 フレームがこのサービスフローによって送信 される、およびそのフレームのサイズが規定 された仮定された最小値予約 レート パケットサイズより小さければ場合、このフレームはこのパラメータと等しいサイズであるように扱われます。

たとえば仮定された最小値予約 レート パケットサイズが 100 バイトに設定 されれば、および 64 バイトフレームこのサービスフローによって送信 されます、そして 100 バイトであるように CMTS は利用される最小値保留トラフィックレートの会計および測定単位の目的でこのフレームを扱います。

最小値保留トラフィックレートを規定 しなかったので、この例にこのパラメータ ブランクを残して下さい。

Timeout for Active QoS Parameters

値がこのフィールドで規定 される場合、そして指定された 秒数のサービスフロー上のトラフィックフロー無し、CMTS はサービスフローを無効にします。 これは、VoIP やビデオなどのアプリケーション用にダイナミックにセットアップされるサービス フローに対して有効です。 指定した期間、セッションの非アクティブ状態が続くと、そのセッションは終了したと見なされ、そのセッション専用として割り当てられたリソースを非アクティブにできます。

明らかに、これはベストエフォート型 インターネット トラフィックに食料調達するサービスフローのために設定 するべき不適当なフィールドです。 エンドユーザがインターネットに数日間アクセスしなくても、エンドユーザはまだはたらくとサービスが期待します。 従って、現在の例にこのフィールドは空白を残して下さい。

Timeout for Admitted QoS Parameters

値がこのフィールドで規定 され、サービスフローが是認されるで示されて設定され、秒の指定 番号のための変更かアップデート無しにそこに残れば場合、CMTS は是認された状態からのサービスフローを奪取 し、それと関連付けられるリソースを自由に使えるようにします。 VoIP コールをかける場合に、このシナリオが適用されることがあります。 CMTS はボイス コール用にリソースを予約するように指示されますが、受信ユーザが電話に応答しなかったため、トラフィックの送信が許可されません。 サービスフローがアクティブになるか、またはリフレッシュされる前にこのでフィールド パス規定 される時間、それのための CMTS がとサービスフロー決してアクティブにならない仮定できなければおよび、それ故に、リソースは無効にすることができます。

ベストエフォート データサービスの場合には、この例のような、このフィールドは無関係です; 従って、許可それブランク。

最大 DS レイテンシー

このフィールドはダウンストリーム サービス フロー専用です。 それはサービス プロバイダ ネットワーク側のインターフェイスからのケーブルインターフェイスのダウンストリームチャンネルに CMTS を通っているダウンストリーム最小値保留トラフィックレートに従うパケットのパケットのための最大レイテンシーを(マイクロ秒で)定義するサービス提供に関係します。 レイテンシー要件を満たすことができることを値がこのフィールドで規定 される、および CMTS が信じなければ場合サービスフローは確立されることができません。

この例では、ダウンストリーム サービス フローのための最小値保留トラフィックレートを規定 しなくて、特定のダウンストリーム CMTS レイテンシー要件がありません。 したがって、このフィールドには何も指定しません。

Vendor Specific QoS

このフィールドの値は、プロビジョニングされているケーブル モデムの製造元によって異なります。 この場合、ベンダ別の QoSパラメータは設定 される必要がありません。 このフィールドを利用できるケーブルモデムがあったらこのフィールドの適切な使用のためのケーブルモデムベンダーのドキュメントを参考にして下さい。

アップストリームサービスフロー

ダウンストリーム サービス フローを設定した後、アップストリームサービスフローは設定することができます。 再度、この simple DOCSIS 1.1 コンフィギュレーション ファイルを設定して無関係であるいくつかのフィールドは関連している他のフィールドのために場所を空けるために縮まりました。 これらのフィールドの詳細情報は、Cisco DOCSIS CPE コンフィギュレータのヘルプ ダイアログ、または「DOCSIS 1.1 インターフェイス仕様の要約」から取得できます。leavingcisco.com

図 6 –アップストリームサービスフロー 定義の左半分

migrating_to_docsis11_22030_1f.gif

フロー参照

ダウンストリーム フロー参照と同様に、このフィールドは DOCSISコンフィギュレーションファイル内のサービスフローのための固有の識別番号です。 ダウンストリーム サービス フローに既に 1 のフロー参照を割り当ててしまったので、アップストリームサービスフローへの別のフロー参照を割り当てて下さい。 この例では、第 2.を使用して下さい。

Service Class Name

ダウンストリームの Service Class Name を参照してください。

QoS Parameter Set Type

ダウンストリーム QoSパラメータセット型と同様にこのサービスフローに提供されて、是認されてアクティブほしいので、1 + 2 + 等号 7. 4 にこのフィールドの値を設定 すれば。

トラフィック優先度

ダウンストリームの Traffic Priority を参照してください。 DOCSIS 1.0 コンフィギュレーション ファイルで規定 される アップストリームチャネル優先順位がある場合これはその値を規定 する可能性があるフィールドです。 ただしこの例のためのアップストリームチャネル優先順位を規定しなかったので、このフィールドは空白を残して下さい。

最大持続トラフィックレート

ダウンストリーム最大持続トラフィックレートと同様に、この例の 200 キロビット/秒である望ましい最大アップストリーム 帯域幅制限を規定 する以外。

最大 トラフィック バースト

ダウンストリームの Max Traffic Burst を参照してください。

このフィールドは、DOCSIS 1.0 サービス クラスにある Maximum Upstream Transmit Burst Size フィールドとは、名前が似ていますが直接の対応関係はありません。 DOCSIS 1.0 Maximum Upstream Transmit Burst に対応している DOCSIS 1.1 アップストリームのサービス フロー フィールドは、Max Concatenated Burst です。

最小値予約済みのトラフィックレート

ダウンストリームの Min Reserved Traffic Rate を参照してください。 DOCSIS 1.0 コンフィギュレーション ファイルで規定 される保証された最小アップストリーム レートがある場合これはその値を規定 する可能性があるフィールドです。 ただしこの例のための保証された最小アップストリーム レートを規定 しなかったので、このフィールドは空白を残して下さい。

最小値予約済みの Pkt 仮定されたサイズ

ダウンストリームの Assumed Min Reserved Packet Size を参照してください。

Timeout for Active QoS Parameters

ダウンストリームの Timeout for Active QoS Parameters を参照してください。

Timeout for Admitted QoS Parameters

ダウンストリームの Timeout for Admitted QoS Parameters を参照してください。

最大連結バースト

Max Concatenated Burst は、アップストリーム サービス フロー定義特有です。 このフィールドには、アップストリームで送信可能な連結フレームの最大バースト長を入力します。 デフォルトで、このフィールドは 0 に設定 されます、つまり連結フレームのアップストリーム バーストのサイズに制限がないことを意味します。 このフィールドに Max Upstream 送信バーストと呼ばれる DOCSIS 1.0 フィールドの並列があることは無益です。 DOCSIS 1.1 環境では、DOCSIS によって 1.0 提供されるケーブルモデムのための Max Upstream Transmit Burst フィールドは 2000 バイト上の 0 (無制限サイズ)またはあらゆる値に設定 することができません。 DOCSIS 1.1 ケーブルモデムの場合、DOCSIS 1.1 Upstream Max Concatenated Burst フィールドはあらゆる値にケーブルモデムの伝達機能を超過しない限り設定 することができます。

DOCSIS 1.1 モードで動作しているケーブル モデムの Upstream Max Concatenated Burst サイズには制限がないのは、DOCSIS 1.1 ケーブル モデムは大きなアップストリーム バーストを断片化できるためです。 このため、遅延またはジッタによって大きな影響を受けるアップストリーム トラフィックでも、アップストリーム チャネルで大きなフレームが送信されるのを待つことによる影響を受けなくなります。 DOCSIS 1.0 ケーブルモデムはアップストリーム トラフィックの大きいバーストをフラグメント化できません; 従って、DOCSIS 1.0 モードで動作するケーブルモデムのためのアップストリーム送信バーストサイズは制限 する必要があります。

この場合提供していることケーブルモデムが DOCSIS 1.1 モードで動作しているので、このフィールドに 1600 バイト DOCSIS 1.0 アップストリームの最大伝送バースト値を転送する必要がありません。 ケーブルモデムがあらゆるサイズの連結フレームを送信 するようにこのフィールドは空白を、残して下さい。

Service Flow Scheduling Type

DOCSIS 1.0 システムでは、利用可能のアップストリーム スケジューリング メカニズムの唯一の種類はベストエフォート型サービスです。 この場合、ケーブル モデムは CMTS からの帯域幅割り当ての要求で、他のケーブル モデムと競合する必要があります。 DOCSIS 1.1 では、アップストリームサービスフローに加えることができる 5 つの異なるアップストリーム スケジューリング メカニズムがあります。 Service Flow Scheduling Type フィールドには、数値を設定できます。この数値は、サービス フローに対して設定するスケジューリング メカニズムの種類に対応しています。

  • ベストエフォート型サービス(2) —この種類のサービスは標準のインターネットトラフィックのため、DOCSIS 1.0 ケーブルモデムが受け取るアップストリーム QoS の同じ種類を提供します。 Service Flow Scheduling Type フィールドに何も指定しないと、このスケジューリング スキームがデフォルトとなります。

  • Non-Real Time Polling Service (3) —この種類のサービスは高い スループット必要条件の標準のインターネットトラフィックのためです。

  • Real Time Polling Service (4) —この種類のサービスは可変長のおよび予測 不可能 な 間隔のデータを送信 するかもしれないリアルタイムアプリケ− ションのためです。 ビデオのコンテンツによって決まるが、あったりまだ低い送信する レイテンシーを必要とする可変帯域幅の要求がこの種類のトラフィックの例は Video over IP です。

  • アクティビティー検出(5)を用いる Unsolicited Grant Service —この種類のサービスは一時的に間隔の送信された無作為に終えるかもしれないスループット 要件および厳密なレイテンシーのトラフィックのためです。 この種類のトラフィックの例は Voice Activity Detection またはアクティブ 無音抑止のを用いる VoIP です。

  • Unsolicited Grant Service (6) —この種類のサービスは厳密なレイテンシーおよび定数スループット 要件のトラフィックのためです。 この種類のトラフィックの例は VoIP です。

この例では、ベストエフォート型サービスだけを望みます、従って値 2.を使用して下さい。 ただしベストエフォート型サービスがデフォルト アップストリーム スケジューリング タイプであるので、このフィールドは空白を残すことは同じく問題がなかろうでしよう。

図 7 –アップストリームサービスフロー 定義の右の半分

migrating_to_docsis11_22030_1g.gif

Request Transmission Policy

このフィールドの値はビットを組み合わせて設定 されます。 各ビットはこのサービスフローがデータを CMTS に送信するか、または CMTS からの帯域幅を要求することができる状況についての情報を示します。 各ビットの位置、値、意味、および適切な用途について、このセクションで説明します。

  • 送信権 割当 サイズ(ビット 8、256)値合わないパケットを廃棄して下さいサービスフロー スケジューリング タイプが Unsolicited Grant Service (6)かアクティビティー検出(5)を用いる Unsolicited Grant Service に設定 されたらだけこのビットは関連しています。 他のどのスケジューリング タイプも規定 される場合、このビットは無視されます。 それが設定 される、このサービスフローを使用するように意図しパケットが規定 された 送信権 割当 サイズより大きければ場合、パケットは廃棄する必要があります。 設定 されなくて、それから送信権 割当 サイズより大きいパケットは通常ベストエフォート型 サービス フローである、ケーブルモデムによって関連付けられるプライマリ アップストリームサービスフローで送信する必要があります。

  • ペイロード ヘッダー(ビット 7、128)値抑制しないで下さいサービスフローが Payload Header Suppression を行うことができるかどうかこのビットは支配します。 設定 された、それから場合サービスフローはこのサービスフローを使用するように意図するパケットの Payload Header Suppression を行わないかもしれません。 設定 されなくて、それから Payload Header Suppression はこのサービスフローを使用するように意図するパケットのためにパケットが設定された Payload Header Suppression ルールを一致する限り発生します。

  • データ(ビット 6、64)値フラグメント化しないで下さいサービスフローがトラフィックのアップストリーム バーストのフラグメンテーションを行うことができるかどうかこのビットは支配します。 設定 された、サービスフローを使用するそれから場合送信 された帯はフラグメンテーションを行わないかもしれません。 設定 されなくて、それからフラグメンテーションは CMTS から手順にケーブルモデムの機能によって、行われます。

  • データ(ビット 5、32)値連結しないで下さいサービスフローが 1 つのより大きい連結フレームにマルチフレームの連結を行うことができるかどうかこのビットは支配します。 設定 された、それから場合サービスフローはサービスフローの一部として送信 される帯のための連結を行わないかもしれません。 設定 されなくて、それから連結はケーブルモデムおよび米国 Max Concatenated Burst フィールドの機能によって発生します。

  • データの Piggyback Requests は(ビット 4 は、16)評価します—サービスフローが送信されたデータフレームの上にデータ要求を便乗できるかどうかこのビットは支配します。 便乗データ要求にケーブルモデムがコンテンション ベース 要求 メカニズムの使用を避けられることを意味します; これは CMTS が要求を受け取るというより大きい可能性を確認します。 このビットが設定 される場合、このサービスフローの内で送信 されるフレームは便乗されたデータ要求が含まれていないかもしれません。 設定 されなくて、それからこのサービスフローの内で送信 されるフレームはそれらで便乗されるデータ要求がある場合があります。 このビットは、Scheduling Types に UGS と UGS-AD を設定した US サービス フローに対して設定する必要があります。また、このビットは、スケジューリング タイプを RTPS に設定したサービス フローに対しても設定します。

  • データ(ビット 3、8)値のために要求/データ機会を使用しないで下さいサービスフローが要求/データ転送機会の間にデータを送信できるかどうかこのビットは支配します。 ケーブル モデムは、このような要求/データ チャンスによって、最初に帯域幅要求を送信せずにデータを送信できます。 ただし、この種の伝送の機会の間に別のケーブルモデムの伝達との衝突の可能性があります。 このビットが設定 される場合、このサービスフロー内の帯は要求/データ機会の間に送信 されないかもしれません。 設定 されなくて、それからサービスフローは要求/データ機会の間に帯を送信できます。 このビットは、Scheduling Types に UGS と UGS-AD を設定した US サービス フローに対して設定する必要があります。また、このビットは、スケジューリング タイプを RTPS に設定したサービス フローに対しても設定します。

    Cisco CMTS は決して要求/データ転送機会を生成しません。

  • 要求(ビット 2、4)値のために要求/データ機会を使用しないで下さいサービスフローが要求/データ転送機会の間に帯域幅要求を送信できるかどうかこのビットは支配します。 このビットが設定 される場合、アップストリーム 伝送機会のための要求かこのサービスフローに属する帯に代わるアップストリーム 帯域幅は、要求/データ機会の間に、送信 されないかもしれません。 設定 されなくて、それから帯域幅要求は要求/データ機会の間に送信することができます。 このビットは、Scheduling Types に UGS と UGS-AD を設定した US サービス フローに対して設定する必要があります。また、このビットは、スケジューリング タイプを RTPS に設定したサービス フローに対しても設定します。

  • 要求機会が設定されるある特定のトラフィック 優先順位値があるサービスフローに利用できるときプライオリティ要求マルチキャスト要求の機会(ビット 1、2)値使用しないで下さいサービスフローが帯域幅要求を送信できるかどうかこのビットは支配します。 DOCSIS 1.1 は帯域幅要求を送信 する特定のトラフィック 優先順位があるサービスフローを用いるケーブルモデムだけ可能にするために方式を提供します(メカニズムによってプライオリティ要求マルチキャスト要求の機会を呼出しました)。 このビットが設定 される場合、アップストリーム 伝送機会のための要求かこのサービスフローに属する帯に代わるアップストリーム 帯域幅はプライオリティ要求マルチキャスト要求の機会の間に送信 されないかもしれません。 設定 されなくて、それから帯域幅要求はプライオリティ要求マルチキャスト要求の機会の間に送信することができます。 このビットは、Scheduling Types に UGS と UGS-AD を設定した US サービス フローに対して設定する必要があります。また、このビットは、スケジューリング タイプを RTPS に設定したサービス フローに対しても設定します。 それは NRTPS にスケジューリング タイプが設定されているとサービスフローのために設定 されるか、またはサービスではないはずです。

  • ブロードキャスト要求機会(ビット 0、1)値使用しないで下さいサービスフローが正常な帯域幅要求機会の間に帯域幅要求を送信できるかどうかこのビットは支配します。 このビットが設定 される場合、このサービスフローに属する帯に代わるアップストリーム 伝送機会のための要求は正常なブロードキャスト 帯域幅要求機会の間に送信 されないかもしれません。 設定 されなくて、それから帯域幅要求は正常なブロードキャスト 帯域幅要求機会の間に送信することができます。 このビットは、Scheduling Types に UGS と UGS-AD を設定した US サービス フローに対して設定する必要があります。また、このビットは、スケジューリング タイプを RTPS に設定したサービス フローに対しても設定します。 それは NRTPS にスケジューリング タイプが設定されているとサービスフローのために設定 されるか、またはサービスではないはずです。

次の表は、Service Flow Scheduling Type と Request Transmission Policy の設定を示します。

Scheduling Type UGS サイズに合ってはいけない廃棄して下さい PHS を使用しないで下さい データをフラグメント化しないで下さい Concat データは Piggyback Requests を使用しないで下さい データのために Req/データを使用しないで下さい 要求のために Req/データを使用しないで下さい 優先順位 マルチキャスト Req を使用しないで下さい ブロードキャスト Req を使用しないで下さい
ビット 8 - 256 ビット 7 - 128 ビット 6 - 64 ビット 5 - 32 ビット 4 - 16 ビット 3 - 8 ビット 2 - 4 ビット 1 - 2 ビット 0 - 1
BE X X X X X X X X X
NRTPS X X X X X X X 0 (Rec) 0 (Rec)
RTPS X X X X 1(推奨) 1(推奨) 1(推奨) 0 (Rec) 0 (Rec)
UGS-AD X X X X 1 (必須) 1 (必須) 1 (必須) 1 (必須) 1 (必須)
UGS X X X X 1 (必須) 1 (必須) 1 (必須) 1 (必須) 1 (必須)

  • x — 要求 伝送ポリシー ビットは望まれるようにまたはない、設定 されるかもしれません。

  • (必須) —ビットは設定 する必要があります。

  • (Rec) —ビットは設定 する必要がありますがそれが必要となりません。

Request Transmission Policy パラメータは、デフォルト値が 0 であるベスト エフォート サービスを除く、すべてのサービス フローのスケジューリング タイプ に対して入力する必要があります。 この例では、デフォルト値はベストエフォート型 スケジューリング タイプを使用しているので適切です; そうこのフィールドは空白を残して下さい。

通常、UGS と UGS-AD を設定した場合、すべてのビットを 1 に設定します(つまり、このフィールドに 10 進数で 511 を設定することになります)。

公称のポーリング間隔

このフィールドは、Scheduling Type に RTPS、NRTPS または UGS-AD を設定した US サービス フローに対する、連続する要求チャンス間の間隔(マイクロ秒)を設定します。

このフィールドがベストエフォート型 サービス フローに無関係であるので、この例でそれを空のままにして下さい。

Tolerated Poll Jitter

このフィールドは、Nominal Polling Interval フィールドに設定したような、完全に周期的なポーリング間隔に対する最大ジッタまたは最大変動(マイクロ秒)に要求されるサービス保証値を指定します。 このフィールドは、Scheduling Type に RTPS、NRTPS または UGS-AD を設定した US サービス フローにだけ適用できます。

このフィールドがベストエフォート型 サービス フローに無関係であるので、この例でそれを空のままにして下さい。

Unsolicited Grant Size

このフィールドは、Scheduling Type に UGS または UGS-AD を設定した US サービス フローに対して提供される、個々のデータ許可サイズ(バイト)を設定します。 この値は、サービス フロー内で送信される DOCSIS フレーム全体のサイズを考慮する必要があります。

このフィールドがベストエフォート型 サービス フローに無関係であるので、この例でそれを空のままにして下さい。

公称 認可 間隔

このフィールドは、Scheduling Type が UGS または UGS-AD の US サービス フローに対して、このサービス フローに与えられる、連続の任意のデータ許可に必要な間隔(マイクロ秒)を指定します。

このフィールドがベストエフォート型 サービス フローに無関係であるので、この例でそれを空のままにして下さい。

Tolerated Grant Jitter

このフィールドは、Nominal Grant Interval フィールドに設定したような、完全に周期的な任意の許可配信に対する最大ジッタまたは最大変動(マイクロ秒)に要求されるサービス保証値を指定します。 このフィールドは、Scheduling Type に UGS または UGS-AD を設定した US サービス フローにだけ適用できます。

このフィールドがベストエフォート型 サービス フローに無関係であるので、この例でそれを空のままにして下さい。

間隔ごとのアクセス許可

このフィールドは、(Nominal Grant Interval ごとに)Scheduling Type が UGS または UGS-AD の US サービス フローに対し、サービス フローに与えられるデータ許可数を指定します。 たとえば 1 VOIPフォン コールだけケーブルモデムからかけられれば、そしてこのフィールドは 1.に設定 されるかもしれません。 2 つの同時 VOIPフォン呼び出しがかけられる場合、このフィールドは 2.に設定 されるかもしれません。

このフィールドがベストエフォート型 サービス フローに無関係であるので、この例でそれを空のままにして下さい。

IP TOS 上書き

このフィールドを使用して、アップストリーム サービス フローから受信した IP パケットの IP Type of Service(ToS; サービス タイプ)ヘッダー ビットを変更するように、CMTS に指示できます。 2 バイト 16進値は規定 されます。 着信パケットの IP Type of Service フィールドの CMTS によってビット単位のANDed 行う最初のオクテットはマスクです。 このフィールドの 2 番目のバイトは、新しい IP Type of Service フィールドを生成するために、AND 操作の結果に 1 ビット単位で論理和(OR)を実行するマスクです。 この新しいフィールドは、対象の IP パケットに適用されます。

ケーブル セグメントの優先順位を— Unsolicited Grant Service フローまたはまた Real Time Polling Service フローからのパケットのような—バックホール ネットワーク内の特別な処理を受け取ることができる得るこの機能はそのデータを確認して役立ちます。 バックホール ネットワークが、IP Type of Service フィールドに基づいて IP パケットにプライオリティを付けるように設定する場合に、この機能を使用します。

このフィールドは、ベスト エフォート サービス フローに使用できます。 ただし、この簡単な例で、この機能は使用されません。 したがって、このフィールドには何も指定しません。

Vendor Specific QoS

ダウンストリームの Vendor Specific QoS を参照してください。

顧客宅内機器

DOCSIS 1.0 形式コンフィギュレーション ファイルによって、DOCSIS 1.1 コンフィギュレーション ファイルは規定 される CPE の最大数を備える必要があります。 このフィールドがそれから規定 されない場合、1 つの CPEデバイスだけがケーブルモデムを通してネットワーク アクセスを得ることができます、デフォルトで。 この例では、3.に CPE の最大数を設定 して下さい。

図 8 – DOCSIS 1.1 形式コンフィギュレーション ファイルの CPE の最大数を設定 して下さい

migrating_to_docsis11_22030_1h.gif

ベースラインプライバシプラス(BPI+)

DOCSIS 1.0 形式コンフィギュレーション ファイルでは、BPI を有効に するために Class of Service タブの下で値を設定 して下さい。 BPI は DOCSIS 層でシンプル データ 暗号化 サービスを提供します。

DOCSIS 1.1 システムでは、BPI+ と呼ばれる新しいトラフィック 暗号化 方式は有効に することができます。 DOCSIS 1.1 ケーブル モデムの BPI+ をオンにするには、DOCSIS 1.1 スタイルのコンフィギュレーション ファイル内にある(Miscellaneous タブ上の)Privacy Enable ドロップダウン リストで、1 - Yes を選択する必要があります。 さらに、BPI+ を実行するために CMTS は準備され、ロードされる DOCSIS ルートCA認証があるようにして下さい: 確認手順については、「BPI+ を実行するための CMTS の準備」のセクションの指示に従ってください。

図 9 – DOCSIS 1.1 形式コンフィギュレーション ファイルのイネーブル BPI+

/image/gif/paws/22030/migrating_to_docsis11_22030_1i.gif

DOCSIS 1.0 モードで動作するケーブルモデムは BPI+ を使用しないかもしれません; そして DOCSIS 1.1 モードで動作するケーブルモデムは標準 BPI を使用しないかもしれません。 モデムが DOCSIS 1.1 モードと 1.0 モードのどちらで動作しているかによって、ケーブル モデムに適切な BPI が設定されていることを確認する必要があります。

DOCSIS 1.0 から DOCSIS 1.1 へアップグレードされたベンダーのケーブルモデムはそれに対応する組み込み X.509 デジタル認証または RSA キーの欠如による BPI+ を実行できないかもしれません。 ケーブルモデムが BPI+ を実行できるかどうか判別するためにケーブルモデムベンダーに相談して下さい。

DOCSIS 1.1 ケーブルモデムに—どちらか CMTS の BPI+ を実行するために準備 1 基あたりに—プライバシー イネーブル ドロップダウン リストをに設定 する必要いいえ BPI+ を実行してほしくなければケーブルモデムがそれをすることができないか、または CMTS がそうするために十分に準備されなかったので

DOCSIS 1.0 と DOCSIS 1.1 間のコマンド・ライン・インターフェイス変更

既に DOCSIS 1.0 Cisco IOSソフトウェアを実行している CMTS の CLI について詳しく知っているケーブルサービスプロバイダーは、DOCSIS 1.1 対応の Cisco IOSソフトウェアを実行している CMTS の CLI の少し問題があります。

このセクションでは、DOCSIS 1.0 環境で一般的に使用されていて、DOCSIS 1.1 対応 Cisco IOS ソフトウェアで使用方法や出力が変更されたコマンドについて説明します。 それはまた DOCSIS 1.0 ベースの Cisco IOSソフトウェアからのコマンドを取り替えるか、または増加する新しいコマンドを論議します。

このセクションでは、ペイロード ヘッダー抑制や分類子など、DOCSIS 1.1 に固有の機能を専用に処理するコマンドについては説明しません。

show cable modem

CMTS に接続されるケーブルモデムのステータスを表示する show cable modem コマンドを発行して下さい。 このコマンドの出力表示は DOCSIS 1.1 対応の Cisco IOSソフトウェアのいくつかの変更を経ました。 さらに、このコマンドで使用するパラメータおよびいくつかのオプションは変更され、追加されました。

DOCSIS 1.0 Cisco IOS ソフトウェアでの、このコマンドの基本形式を次に示します。

uBR7246VXR_1.0# show cable modem

Interface?? Prim Online??? Timing  Rec???QoS CPE  IP address?? MAC address
??????????? Sid? State???? Offset  Power
Cable3/0/U1 1??? online(pt) 3832?? -0.25? 5?? 0?? 10.1.1.21??? 0001.9659.4461
Cable3/0/U1 2??? online???? 3844??? 0.50? 6?? 0?? 10.1.1.28??? 0001.64ff.e4ad
Cable3/0/U1 3??? online(pt) 3836??? 0.50? 5?? 0?? 10.1.1.32??? 0001.9659.43fd
Cable3/0/U1 4??? online(pt) 3836?? -0.25? 5?? 0?? 10.1.1.30??? 0001.9659.4447
Cable3/0/U1 5??? online(pt) 3832??? 0.25? 5?? 0?? 10.1.1.26??? 0002.fdfa.0a35
Cable3/0/U1 6??? online???? 3832??? 0.00? 6?? 0?? 10.1.1.29??? 0001.64ff.e459
Cable3/0/U1 7??? online(pt) 3828??? 0.00? 5?? 0?? 10.1.1.16??? 0090.9607.3830
Cable3/0/U1 8??? online(pt) 3824??? 0.00? 5?? 0?? 10.1.1.18??? 0090.9607.3831
Cable3/0/U1 9??? online(pt) 3836?? -0.50? 5?? 0?? 10.1.1.13??? 0001.9659.4477

DOCSIS 1.1 対応の Cisco IOSソフトウェアでは、show cable modem コマンド出力はわずかに異なります:

ubr7246VXR_1.1# show cable modem

MAC Address??? IP Address?? I/F?????? MAC???????? Prim RxPwr? Timing? Num BPI
????????????????????????????????????? State?????? Sid? (db)?? Offset? CPE Enb
0001.64ff.e4ad 10.1.1.28??? C3/0/U1?? online????? 1???? 0.25?? 3842?? 0??? N
0001.9659.4461 10.1.1.21??? C3/0/U1?? online(pt)? 2???? -0.50? 3830?? 0??? Y
0001.9659.43fd 10.1.1.32??? C3/0/U1?? online(pt)? 3???? -1.00? 3834?? 0??? Y
0001.9659.4447 10.1.1.30??? C3/0/U1?? online(pt)? 4???? 0.25?? 3830?? 0??? Y
0001.64ff.e459 10.1.1.29??? C3/0/U1?? online????? 5???? -0.25? 3826?? 0??? N
0002.fdfa.0a35 10.1.1.26??? C3/0/U1?? online(pt)? 6???? -0.75? 3826?? 0??? Y
0090.9607.3830 10.1.1.16??? C3/0/U1?? online(pt)? 7???? -0.25? 3822?? 0??? Y
0090.9607.3831 10.1.1.18??? C3/0/U1?? online(pt)? 8???? -0.25? 3822?? 0??? Y

show cable modem コマンド出力の DOCSIS 1.1 形式は、ケーブル モデムの表示とリスト検索がより簡単に行えるように設計されています。 show cable modem 出力の DOCSIS 1.1 バージョンから削除されたフィールドは、ケーブル モデムが属している DOCSIS 1.0 QoS プロファイルを表示する QoS フィールドです。 DOCSIS 1.1 対応 Cisco IOS ソフトウェアでは、ケーブル モデムを DOCSIS 1.0 スタイルの QoS プロファイルに関連付けることはできないため、このフィールドは削除されました。 その代り、彼らは DOCSIS 1.1 形式 QoSパラメータセットと関連付けられます。 CMTS ユーザが—または表示したいです show cable modem コマンドの DOCSIS 1.0 形式形式を使用している—それら必要があります show cable modem registered コマンドを発行するケーブルモデムによって関連付けられる DOCSIS 1.0 QoS プロファイルを表示したければケーブルモデム。

次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
MAC アドレス ケーブル モデムの 6 オクテットの MAC アドレスを 16 進数表記したもの。 この MAC アドレスは、ケーブル モデムの一意の識別子です。 従ってコマンド 出力の左側に、指標付けし、表示することもっと簡単にすることを置きます。
IP アドレス ケーブル モデムの IP アドレス。 ケーブル モデムの IP アドレスは、CMTS 内で一意です。 従ってコマンド 出力の左側の方に、指標付けし、表示することもっと簡単にすることを置きます。
I/F ケーブル モデムが接続されているダウンストリーム ケーブル インターフェイスとアップストリーム ポート。 この列は、DOCSIS 1.0 形式の show cable modem コマンド出力の Interface と同じ意味を持っています。 ただし、Docsis 1.1 コマンド出力はより多くの簡潔 な フォーマットにインターフェイスを表現します: Cable という言葉は、C という文字で略記されています。
MAC 状態 ケーブル モデムが CMTS と確立した接続状態。 このカラムに show cable modem コマンド出力の DOCSIS 1.0 形式で Online State カラムと同じ意味があります。 モデムはオフ・ラインでとして一般的に、いくつかの init またはリジェクト状態の 1 つのオンライン、または表示する。
Prim Sid このケーブル モデムに関連付けられているプライマリ アップストリームの SID 番号。 このカラムに show cable modem コマンド出力の DOCSIS 1.0 形式の Prim SID カラム同じ意味があります。
RxPwr(db) このケーブル モデムから供給されるアップストリーム受信電力(dBmV)。 この列は、DOCSIS 1.0 形式の show cable modem コマンド出力の Rec Power 列と同じ意味を持っています。
Timing Offset CMTS からケーブル モデムへパケットを送信し、そのパケットが CMTS へ返ってくるまでの往復時間のオフセット。 このカラムに show cable modem コマンド出力の DOCSIS 1.0 形式でタイミングオフセット カラムと同じ意味があります。
数字 CPE このケーブル モデムの背後にある、アクティブな CPE デバイスの数。 この列は、DOCSIS 1.0 形式の show cable modem コマンド出力の CPE 列と同じ意味を持っています。
BPI Enb このフィールドは、ケーブル モデムが BPI(DOCSIS 1.0 モードで動作している場合)で動作するようにプロビジョニングされているか、あるいは BPI+(DOCSIS 1.1 モードで動作している場合)で動作するようにプロビジョニングされているかを示します。 このフィールドは必ずしもケーブルモデムが、実際、BPI を実行していることを示しません; そうすることを提供したことだけを示します。 ケーブルモデムはそれが online(pt)状態で示されている場合 BPI か BPI+ の実行に成功しています。 DOCSIS 1.0 形式の show cable modem コマンド出力には、同等のフィールドはありません。

show cable modem [<mac-address> |  <ip-address> |  <interface>]

show cable modem コマンドは単一ケーブルモデムのためにケーブルモデムの MAC アドレス、IP アドレス、または接続されたケーブル インターフェイスまたはアップストリームポート 規定 する場合実行されるかもしれません。 このコマンドの出力形式は show cable modem コマンド自体の出力形式に似ています。各列は、show cable modem コマンド出力と同じ意味を持っています。

これらは show cable modem [mac-address の出力を示すいくつかの例です | IP アドレス | DOCSIS 1.1 対応の Cisco IOSソフトウェアのインターフェイス]コマンド:

uBR7246VXR_1.1# show cable modem 10.1.1.41

MAC Address??? IP Address?? I/F?????? MAC???????? Prim RxPwr? Timing? Num BPI
????????????????????????????????????? State?????? Sid? (db)?? Offset? CPE Enb
0006.2854.7319 10.1.1.41??? C3/0/U1?? online(pt)? 3???? 0.00?? 3848?? 1??? Y

uBR7246VXR_1.1# show cable modem 0001.9659.4447

MAC Address??? IP Address?? I/F?????? MAC???????? Prim RxPwr? Timing? Num BPI
????????????????????????????????????? State?????? Sid? (db)?? Offset? CPE Enb
0001.9659.4447 10.1.1.36??? C3/0/U1?? online(pt)? 3???? 0.25?? 2812?? 0??? Y

uBR7246VXR_1.1# show cable modem cable 4/0

MAC Address??? IP Address?? I/F?????? MAC???????? Prim RxPwr? Timing? Num BPI
????????????????????????????????????? State?????? Sid? (db)?? Offset? CPE Enb
0090.9607.3830 10.1.1.37??? C4/0/U0?? online(pt)? 1???? -0.25? 2806?? 0??? Y
0050.7366.12fb 10.1.1.43??? C4/0/U0?? online(pt)? 2???? -0.50? 2288?? 0??? Y
0002.fdfa.0a35 10.1.1.38??? C4/0/U0?? online(pt)? 3???? 0.25?? 2807?? 1??? Y

uBR7246VXR_1.1# show cable modem cable 3/0 upstream 1

MAC Address??? IP Address?? I/F?????? MAC???????? Prim RxPwr? Timing? Num BPI
????????????????????????????????????? State?????? Sid? (db)?? Offset? CPE Enb
0001.64ff.e4ad 10.1.1.39??? C3/0/U1?? online????? 1???? 0.50?? 2807?? 0??? N
0001.9659.4447 10.1.1.36??? C3/0/U1?? online(pt)? 3???? 0.25?? 2812?? 0??? Y
0001.9659.4461 10.1.1.33??? C3/0/U1?? online(pt)? 4???? 0.00?? 2814?? 0??? Y
0001.64ff.e459 10.1.1.42??? C3/0/U1?? online????? 5???? 0.00?? 2803?? 0??? N
0020.4089.7ed6 10.1.1.40??? C3/0/U1?? online????? 6???? 0.75?? 2800?? 0??? Y
0090.9607.3831 10.1.1.35??? C3/0/U1?? online(pt)? 7???? 0.50?? 2805?? 0??? Y
0006.2854.7319 10.1.1.41??? C3/0/U1?? online????? 8???? 0.00?? 2808?? 0??? N

show cable modem {<mac-address> |  <ip-address>} CNR

DOCSIS 1.0 ベースの Cisco IOSソフトウェアでは、ケーブル・モデム単位のアップストリーム Signal to Noise (SNR)推定値を得る show cable modem detail コマンドを発行して下さい:

uBR7246VXR_1.0# show cable modem detail

Interface?? SID? MAC address??? Max CPE? Concatenation? Rx SNR
Cable3/0/U1 1??? 0090.9607.3831 3??????? no???????????? 29.17
Cable3/0/U1 2??? 0006.2854.7319 15?????? yes??????????? 29.88
Cable3/0/U1 3??? 0001.9659.4461 3??????? yes??????????? 29.26
Cable3/0/U1 4??? 0001.9659.4447 3??????? yes??????????? 29.31
Cable3/0/U1 5??? 0001.64ff.e459 50?????? yes??????????? 29.47
Cable3/0/U1 6??? 0001.64ff.e4ad 50?????? yes??????????? 29.66
Cable3/0/U1 7??? 0020.4089.7ed6 3??????? no???????????? 29.58
Cable3/0/U1 8??? 0000.f025.1bd9 1??????? no???????????? 29.41

DOCSIS 1.1 対応の Cisco IOSソフトウェアでは、もはや存在 する show cable modem detail コマンド。 その代り、show cable modem {MAC アドレスを発行して下さい | ケーブル・モデム単位のアップストリーム SNRリ ーディングを得る IP アドレス} CNR コマンド:

uBR7246VXR_1.1# show cable modem 10.1.1.41 cnr

MAC Address??? IP Address?? I/F???????? MAC???????? Prim? snr/cnr
??????????????????????????????????????? State?????? Sid?? (db)
0006.2854.7319 10.1.1.41??? C3/0/U1???? online(pt)? 3???? 29.04

次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
MAC アドレス ケーブル モデムの 6 オクテットの MAC アドレスを 16 進数表記したもの。
IP アドレス ケーブル モデムの IP アドレス。
I/F ケーブル モデムが接続されているダウンストリーム ケーブル インターフェイスとアップストリーム ポート。
MAC 状態 ケーブル モデムが CMTS と確立した接続状態。 モデムはオフ・ラインでとして一般的に、いくつかの init またはリジェクト状態の 1 つのオンライン、または表示する。
Prim Sid このケーブル モデムに関連付けられているプライマリ アップストリームの SID 番号。
snr/cnr (db) このケーブル モデムのアップストリーム SNR。

ケーブルモデムが接続されるケーブルラインカードは組み込みスペクトル管理機能がない場合、この値はこのケーブルモデムから受信される大きいパケットのための受け取った波形に基づく推定です。 ケーブルモデムが接続されるケーブルラインカードは組み込みスペクトル管理機能が(MC16S カードのような)あれば、この値はラインカードのスペクトル分析 ハードウェアから得られ、より正確です。

show cable modem {<mac-address> |  <ip-address>} CPE

DOCSIS 1.0 ベースの Cisco IOSソフトウェアでは、CPEデバイスの MAC アドレスおよびある特定のデバイスの後ろで接続される IP アドレスを判別するために非表示 Cisco IOSソフトウェアコマンド show interface ケーブル スロット/ポート モデム[sid-number]発行して下さい。 そのコマンドでは、sid-number は特定のケーブルモデムの SID に設定できますまたはゼロに設定することができます(0)、コマンドをケーブルインターフェイスに接続される示してもらうためケーブルモデムすべてを:

uBR7246VXR_1.0# show interface cable 3/0 modem 0

SID?? Priv bits? Type????? State???? IP address????? method??? MAC address
1???? 11???????? modem???? up??????? 10.1.1.43?????? dhcp????? 0050.7366.12fb
2???? 11???????? modem???? up??????? 10.1.1.35?????? dhcp????? 0090.9607.3831
3???? 11???????? modem???? up??????? 10.1.1.37?????? dhcp????? 0090.9607.3830
4???? 00???????? modem???? up??????? 10.1.1.42?????? dhcp????? 0001.64ff.e459
5???? 11???????? modem???? up??????? 10.1.1.36?????? dhcp????? 0001.9659.4447
6???? 00???????? modem???? up??????? 10.1.1.39?????? dhcp????? 0001.64ff.e4ad
7???? 11???????? modem???? up??????? 10.1.1.33?????? dhcp????? 0001.9659.4461
8???? 11???????? host????? unknown?? 192.168.1.10??? static??? 0050.5480.326e
8???? 11???????? modem???? up??????? 10.1.1.38?????? dhcp????? 0002.fdfa.0a35
9???? 00???????? modem???? up??????? 10.1.1.41?????? dhcp????? 0006.2854.7319
12??? 00???????? modem???? up??????? 10.1.1.40?????? dhcp????? 0020.4089.7ed6

このコマンドが DOCSIS 1.1 対応の Cisco IOSソフトウェアでまだ利用できている間、show cable modem {MAC アドレスを発行できます | 特定のケーブルモデムに接続される CPEデバイスについての詳細を表示する IP アドレス} CPE コマンド:

uBR7246VXR_1.1# show cable modem 0006.2854.7319 cpe

IP address??????? MAC address
192.168.1.50????? 0000.0c02.f4be

次の表は、このコマンドの出力の一部のフィールドについて説明します。

フィールド 説明
IP アドレス 指定したケーブル モデムに接続されている CPE デバイスの IP アドレス。
MAC アドレス 指定したケーブル モデムに接続されている CPE デバイスの MAC アドレス。

show cable modem {<mac-address> |  <ip-address>} QoS

DOCSIS 1.0 ベースの Cisco IOSソフトウェアでは、show cable modem コマンドは各ケーブルモデムによって関連付けられる DOCSIS 1.0 形式 QoS プロファイル番号をリストします。 次に show cable qos profile コマンドを実行して、各 QoS プロファイル番号に対応する QoS パラメータを表示できます。

uBR7246VXR_1.0# show cable modem 10.1.1.35

Interface?? Prim Online??? Timing Rec??? QoS CPE IP address?? MAC address
??????????? Sid? State???? Offset Power
Cable3/0/U1 1??? online(pt) 2799??0.75?  5?? 0?? 10.1.1.35 ?? 0090.9607.3831

uBR7246VXR_1.0# show cable qos profile 5

ID? Prio Max?????? Guarantee Max??????? Max?? TOS? TOS?? Create? B???? IP prec
???????? upstream? upstream? downstream tx??? mask value by????? priv? rate
???????? bandwidth bandwidth bandwidth? burst??????????????????? enab? enab
5?? 0??? 200000??? 0???????? 1500000??? 1600? 0x0? 0x0?? cm????? yes?? no

DOCSIS によって 1.1 有効に される Cisco IOSソフトウェアでは、ケーブルモデムに割り当てられる DOCSIS 1.1 形式 QoSパラメータを表示するいくつかの新しい方法があります。 これらの 1 つは show cable modem {MAC アドレスです | IP アドレス} qos コマンド:

uBR7246VXR_1.1# show cable modem 10.1.1.41 qos

Sfid? Dir Curr? Sid?? Sched? Prio MaxSusRate? MaxBrst?? MinRsvRate? Throughput
????????? State?????? Type
7???? US? act?? 3???? BE???? 0??? 200000????? 1522????? 0?????????? 190968
8???? DS? act?? N/A?? BE???? 0??? 15000000??? 1522????? 0?????????? 11291458

この例では、IP アドレス 10.1.1.41 が付いているケーブルモデムに 2 つのサービスフローがあります(7 番号が付いて、8)それと関連付けられる。 次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
Sfid このサービス フローに関連付けられているサービス フロー ID。
Dir アップストリーム サービス フローに対して US を、ダウンストリーム サービス フローに対して DS を設定します。
Currステート このサービス フローの状態。
  • 提供されるが、是認されないまたはアクティブ
  • ADM —是認されるしかし非アクティブ
  • 行為—アクティブ
Sid これがアップストリームサービスフローである場合、これはこのサービスフローと関連付けられる SID 数です。 ダウンストリーム サービス フローは SID を使用しません。
Sched Type Service Flow Scheduling Type:
  • あって下さい— ベスト エフォート
  • UGS — Unsolicited Grant Service
  • UGS_AD — アクティビティー検出を用いる Unsolicited Grant Service
  • RTPS — Real Time Polling Service
  • NRTPS — Non-Real Time Polling Service フロー
Prio サービス フローのプライオリティは、このサービス フローに関連付けられている帯域幅要求に与えられるプライオリティを示します。 0 が最低で、7 が最高です。
MaxSusRate トークン バケット ポリシング アルゴリズムによって実行された、このサービス フローに対する Maximum Allowed Traffic Rate(bps)。
MaxBrst トークン バケット トラフィック ポリシング アルゴリズムで使用される、このサービス フローに対する Maximum Traffic Burst(バイト)。
MinRsvRate このサービスフローに設定される最小予約レートが(最小スループットレートを確認するため)あれば、このフィールドはこの値を表示します(ビット/秒で)。
スループット 直前の 1 秒間で計算した、このサービス フロー上の現在のスループット(bps)。

show cable modem {<mac-address> |  <ip-address>} qos verbose

このコマンドは親 show cable modem {MAC アドレスで見られるコマンドより詳細な情報を表示するものです | IP アドレス} qos コマンド:

uBR7246VXR_1.1# show cable modem 10.1.1.40 qos verbose

Sfid??????????????????????????????????? : 24
Current State?????????????????????????? : Active
Sid???????????????????????????????????? : 12
Traffic Priority??????????????????????? : 0
Maximum Sustained rate????????????????? : 200000 bits/sec
Maximum Burst?????????????????????????? : 1600 bytes
Mimimum Reserved rate?????????????????? : 0 bits/sec
Minimum Packet Size???????????????????? : 64 bytes
Admitted QoS Timeout??????????????????? : 200 seconds
Active QoS Timeout????????????????????? : 0 seconds
Maximum Concatenated Burst????????????? : 1600 bytes
Scheduling Type???????????????????????? : Best Effort
Request/Transmission policy???????????? : 0x0
IP ToS Overwrite[AND-mask, OR-mask]???? : 0xFF, 0x0
Current Throughput????????????????????? : 0 bits/sec, 0 packets/sec

Sfid??????????????????????????????????? : 25
Current State?????????????????????????? : Active
Sid???????????????????????????????????? : N/A
Traffic Priority??????????????????????? : 0
Maximum Sustained rate????????????????? : 1500000 bits/sec
Maximum Burst?????????????????????????? : 1522 bytes
Mimimum Reserved rate?????????????????? : 0 bits/sec
Minimum Packet Size???????????????????? : 64 bytes
Admitted QoS Timeout??????????????????? : 200 seconds
Active QoS Timeout????????????????????? : 0 seconds
Maximum Latency???????????????????????? : 0 usecs
Current Throughput????????????????????? : 0 bits/sec, 0 packets/sec

このコマンドからのコマンド出力は、ケーブル モデムに関連付けられている各サービス フローに対して show interface cable slot/port service-flow service-flow-index qos verbose コマンドを実行した場合と同じです。 したがって、このコマンド出力の詳細については、「show interface cable slot/port service-flow service-flow-index qos verbose」のセクションを参照してください。

show cable modem [<mac-address> |  <ip-address> |  <interface>]接続

DOCSIS 1.0 ベースの Cisco IOSソフトウェアでは、ケーブルモデムのための接続統計情報を得るために show interface ケーブル スロット/ポート SID sid-number 接続 コマンドを発行して下さい:

uBR7246VXR_1.0# show interface cable 3/0 sid 5 connectivity

Sid?? 1st time??? Times? %online???? Online time??????????? Offline time
????? online????? Online????????? min???? avg???? max???? min???? avg???? max
5???? Mar 05 2002 1????? 99.99?? 00:00?? 1d19h?? 1d19h?? 00:08?? 00:08?? 00:08

DOCSIS 1.1 ベースの Cisco IOSソフトウェアでは、このコマンドはもはや利用できません。 それは show cable modem connectivity コマンドと取替えられました:

uBR7246VXR_1.1# show cable modem connectivity

Prim? 1st time??? Times? %online???? Online time??????????? Offline time
Sid?? online????? Online????????? min???? avg???? max???? min???? avg???? max
1???? Mar 06 2002 1????? 99.99?? 00:00?? 14h44m? 14h44m? 00:05?? 00:05?? 00:05
2???? Mar 06 2002 1????? 99.98?? 00:00?? 14h44m? 14h44m? 00:08 ? 00:08?? 00:08
3???? Mar 06 2002 1????? 99.98?? 00:00?? 14h44m? 14h44m? 00:08?? 00:08?? 00:08
4???? Mar 06 2002 41???? 98.53?? 00:59?? 21:14?? 3h38m?? 00:05?? 00:18?? 00:20
5???? Mar 06 2002 1????? 99.99?? 00:00?? 14h43m? 14h43m? 00:05?? 00:05?? 00:05
6???? 03:26:18??? 6????? 99.86?? 00:42?? 2h27m?? 13h23m? 00:05?? 00:12?? 00:14
7???? Mar 06 2002 1????? 99.99?? 00:00?? 14h43m? 14h43m? 00:05?? 00:05?? 00:05
8???? 14:29:59??? 1????? 99.99?? 00:00?? 14h43m? 14h43m? 00:05?? 00:05?? 00:05

このコマンドのフィールドすべては 0 に CMTS における clear counters コマンドを発行するときリセットされます。

次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
Prim Sid このケーブル モデムに関連付けられているプライマリ アップストリームの SID 番号。
1st time online ケーブル モデムが最初にオンライン状態になった時の CMTS の時刻。 これは hh として示されています: mm: ケーブルモデムがオンラインそれの同日来たら ss は、コマンド発行されます; さもなければ、それはケーブルモデムがオンライン来た日付を表示します。
Times Online このケーブル モデムがオンライン状態になった回数。
%online (ケーブルモデムがずっとオンライン状態にであるこのケーブルモデムが最初にアクティブになったので)時間のパーセント。か。
Online Time min このケーブル モデムがオンライン状態であった最短時間。
Online Time avg このケーブル モデムがオンライン状態であった平均時間。
Online Time max このケーブル モデムがオンライン状態であった最長時間。
オフ・ライン時間最小値 このケーブル モデムがオンライン状態になった後オフライン状態であった最短時間。
オフ・ライン時間 avg このケーブル モデムがオンライン状態になった後オフライン状態であった平均時間。
オフ・ライン時間最大値 このケーブル モデムがオンライン状態になった後オフライン状態であった最長時間。

show cable modem [<mac-address> |  <ip-address> |  <interface>]カウンター

DOCSIS 1.0 ベースの Cisco IOSソフトウェアでは SIDごとのパケットおよびオクテット カウンタを得るために、命じます show interface ケーブル スロット/ポート SID カウンターを発行できます:

uBR7246VXR_1.0# show interface cable 3/0 sid counters

Sid?? Inpackets? Inoctets?? Outpackets Outoctets? Ratelimit? Ratelimit
????????????????????????????????????????????????? BWReqDrop? DSPktDrop
1???? 246??????? 23586????? 241??????? 21854????? 0????????? 0
2???? 1773?????? 260409???? 0????????? 0????????? 0????????? 0
3???? 491??????? 47796????? 478??????? 43175????? 0????????? 0
4???? 434??????? 41058????? 423??????? 38592????? 0????????? 0
5???? 256??????? 24434????? 244??????? 22125????? 0????????? 0
6???? 299??????? 28445????? 289??????? 26264????? 0????????? 0
7???? 256??????? 24701????? 246??????? 22231????? 0????????? 0
8???? 195??????? 18342????? 186??????? 16212????? 0????????? 0

このコマンドは、DOCSIS 1.1 対応 Cisco IOS ソフトウェアでも使用できます。 ただし、DOCSIS 1.1 で、SID はアップストリームだけエンティティです。 したがって、このコマンドの DOCSIS 1.1 バージョンでは、アップストリーム カウンタしか表示されません。 新しいコマンドがあります DOCSIS によって 1.1 有効に される Cisco IOSソフトウェアで利用可能の—ケーブルモデムによって関連付けられるすべてのサービスフローのための総上下流 オクテットおよびパケットカウントを示す show Cable Modem counters コマンド:

uBR7246VXR_1.1# show cable modem counters

MAC Address??? US Packets?? US Bytes?? DS Packets?? DS Bytes
0020.4089.7ed6 3960???????? 372364???? 3953???????? 363690
0090.9607.3831 3949???????? 370690???? 3946???????? 363186
0090.9607.3830 3949???????? 370690???? 3946???????? 363186
0002.fdfa.0a35 5460???????? 549567???? 9279???????? 895697
0001.64ff.e4ad 7154???????? 694009???? 5333???????? 497295
0006.2854.7319 2208???????? 210217???? 5430???????? 484154
0001.64ff.e459 3961???????? 372227???? 3955???????? 363770
0001.9659.4461 11826??????? 1062992??? 4546???????? 424924

このコマンドのフィールドすべては 0 に CMTS における clear counters コマンドを発行するときリセットされます。

次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
MAC アドレス ケーブル モデムの MAC アドレス。
US Packets ケーブル モデムから CMTS が受信したアップストリーム データ パケットの総数。
US Bytes ケーブル モデムから CMTS が受信したアップストリーム データ バイトの総数。
DS パケット CMTS からケーブル モデムへ直接送信されたダウンストリーム データ パケットの総数。 ブロードキャスト パケットとマルチキャスト パケットは、この数には含まれません。
DS バイト CMTS からケーブル モデムへ直接送信されたダウンストリーム データ バイトの総数。 ブロードキャスト パケットとマルチキャスト パケットのバイト数は、この数には含まれません。

show cable modem [<mac-address> |  <ip-address> |  <interface>]フラップ

DOCSIS 1.0 ベースの Cisco IOSソフトウェアでは、ケーブルモデム フラップ統計情報を得る show cable flap-list コマンドを発行できます:

uBR7246VXR_1.0# show cable flap-list

MAC Address??? Upstream??? Ins? Hit?? Miss? CRC?? P-Adj Flap? Time
0006.2854.7319 Cable3/0/U1 110? 113?? 551?? 0???? 0???? 220?? Mar 16 14:14:26
0000.f025.1bd9 Cable3/0/U1 0??? 851?? 1???? 0???? 0???? 1???? Mar 16 13:51:32
0050.7366.12fb Cable3/0/U0 1??? 2026? 8???? 0???? 0???? 2???? Mar 16 14:05:07

このコマンドは、DOCSIS 1.1 対応 Cisco IOS ソフトウェアでも使用できます。 ただし、show cable modem flap コマンドと呼ばれる DOCSIS によって 1.1 有効に される Cisco IOSソフトウェアで利用可能 な新しいコマンドがあります。 このコマンドを実行すると、フラップ リスト内のケーブル モデムだけでなく、すべてのケーブル モデムのフラップ統計情報を表示できます。

これはこのコマンドからの出力例です; いくつかのケーブルモデムにそれらに対して記録されるゼロ フラップがあることに注目して下さい:

uBR7246VXR_1.1# show cable modem flap

MAC Address??? I/F???? Ins?? Hit?? Miss? CRC?? P-Adj?? Flap? Time
0000.f025.1bd9 C3/0/U1 67??? 205?? 522?? 0???? 0?????? 134?? Mar 18 15:39:21
0090.9607.3831 C3/0/U1 0???? 291?? 0???? 0???? 0?????? 0
0001.9659.4461 C3/0/U1 0???? 278?? 1???? 0???? 0?????? 1???? Mar 18 15:08:58
0001.64ff.e4ad C3/0/U1 0???? 277?? 0???? 0???? 1?????? 1???? Mar 18 15:18:09
0006.2854.7319 C3/0/U1 0???? 277?? 0???? 0???? 1?????? 1???? Mar 18 15:17:44
0001.64ff.e459 C3/0/U1 0???? 277?? 0???? 0???? 0?????? 0
0020.4089.7ed6 C3/0/U1 0???? 274?? 0???? 0???? 1?????? 1???? Mar 18 15:18:14

このコマンドのフィールドすべては 0 に clear cable flap-list を{すべて発行するときリセットされます | CMTS における MAC アドレス}コマンド。

次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
MAC アドレス ケーブル モデムの MAC アドレス。
I/F ケーブル モデムが接続されているダウンストリーム ケーブル インターフェイスとアップストリーム ポート。
Ins このケーブルモデムがフラップ リスト 挿入時間までに規定 される期間内の来る連続的 な 試みにオンライン作った回数を数えます。 挿入はケーブルモデムがオンライン 初期 レンジングによって来るように試みるときと定義されます。 フラップ リスト 挿入時間は 180 秒にデフォルトで設定 されます; またはそれを設定するケーブル フラップ リスト 挿入時間グローバル 設定 コマンドを発行できます。 このカウンターの各増分はまたフラップ カウンターを増分します。
ヒット このケーブルモデムがステーション メンテナンスのキープアライブ 要求に応答したこと回数を数えます。
ミス このケーブルモデムがステーション メンテナンスのキープアライブ 要求に応答しなかったこと回数を数えます。 ケーブルモデムが連続ミス しきい値よりより多くの連続ミスを経験し、それからヒットを経験すれば場合、フラップ カウンターは増分します。 連続ミス しきい値は 6 にデフォルトで設定 されます; またはそれを設定するケーブル フラップ リスト ミスしきい値ミス グローバル 設定 コマンドを発行できます。
CRC CRCエラーが含まれている帯の数を数えますこのケーブルモデムから届く。
P-Adj アップストリーム出力電力を変更するためにこのケーブルモデムが多く発注されたこと回数をより flap-list 電源の大きさ調節するしきい値を数えます。 flap-list 電源は 2 dB にしきい値をデフォルトで設定 されます調節します; またはそれを設定するケーブル フラップ リスト 電力調節 しきい値 dB グローバル 設定 コマンドを発行できます。 このカウンターの各増分はまたフラップ カウンターを増分します。
フラップ このケーブルモデムがフラップ イベントを登録したこと回数を数えます。
時刻 このケーブルモデムがフラップ カウンターを増分したフラップ イベントを記録したシステム クロックに従う time —最後。

show cable modem [<mac-address> |  <ip-address> |  <interface>] MAC

DOCSIS 1.0 ベースの Cisco IOSソフトウェアでは、ケーブルモデムの機能を表示する show cable modem detail コマンドを発行できます:

uBR7246VXR_1.0# show cable modem detail

Interface?? SID? MAC address??? Max CPE? Concatenation? Rx SNR
Cable3/0/U1 1??? 0090.9607.3831 3??????? no???????????? 29.17
Cable3/0/U1 2??? 0006.2854.7319 15?????? yes??????????? 29.88
Cable3/0/U1 3??? 0001.9659.4461 3??????? yes??????????? 29.26
Cable3/0/U1 4??? 0001.9659.4447 3??????? yes??????????? 29.31
Cable3/0/U1 5??? 0001.64ff.e459 50?????? yes??????????? 29.47
Cable3/0/U1 6??? 0001.64ff.e4ad 50?????? yes??????????? 29.66
Cable3/0/U1 7??? 0020.4089.7ed6 3??????? no???????????? 29.58
Cable3/0/U1 8??? 0000.f025.1bd9 1??????? no???????????? 29.41

DOCSIS 1.1 対応 Cisco IOS ソフトウェアでは、show cable modem detail コマンドは廃止されました。 ただし、DOCSIS によって 1.1 有効に される Cisco IOSソフトウェアで、CMTS と登録するときモデムによってアドバタイズされるようにケーブルモデムの DOCSIS 層機能を、表示する show Cable Modem mac コマンドを発行できます:

uBR7246VXR_1.1# show cable modem mac

MAC Address??? MAC???????? Prim? Ver???? Frag? Concat PHS?? Priv? DS??? US
?????????????? State?????? Sid??????????????????????????????????? Saids Sids
0020.4089.7ed6 online????? 1???? DOC1.0? no??? no???? no??? BPI?? 0???? 0
0090.9607.3831 online(pt)? 2???? DOC1.0? no??? no???? no??? BPI?? 0???? 0
0001.64ff.e459 online????? 3???? DOC1.0? no??? yes??? no??? BPI?? 0???? 0
0001.9659.4461 online(pt)? 4???? DOC1.0? no??? yes??? no??? BPI?? 0???? 0
0006.2854.7319 online????? 5???? DOC1.1? yes?? yes??? yes?? BPI+? 0???? 4
0001.64ff.e4ad online????? 6???? DOC1.1? yes?? yes??? yes?? BPI+? 0???? 4
0000.f025.1bd9 init(rc)??? 8???? DOC1.0? no??? no???? no??? BPI?? 0???? 0
0090.9607.3830 online(pt)? 1???? DOC1.0? no??? no???? no??? BPI?? 0???? 0
0002.fdfa.0a35 online(pt)? 2???? DOC1.1? yes?? yes??? yes?? BPI+? 0???? 4

次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
MAC アドレス ケーブル モデムの MAC アドレス。
MAC 状態 ケーブル モデムが CMTS と確立した接続状態。 モデムはいくつかの init またはリジェクト状態の 1 つで一般的に、オンライン、またはオフ・ラインで示されています。
Prim Sid このケーブル モデムに関連付けられているプライマリ SID 番号。
Ver このケーブル モデムがサポートしている DOCSIS 仕様のバージョン。 DOC1.0 は DOCSIS 1.0 機能だけあるケーブルモデムのために表示する。 DOC1.1 は DOCSIS 1.1 機能があるケーブルモデムのために表示する。

このフィールドは必ずしも、ケーブル モデムが動作しているモードを示しているわけではありません。 DOCSIS 1.1 対応のケーブルモデムは DOCSIS 1.0 モードで動作できます。

Frag このケーブルモデムが DOCSIS 1.1 形式フラグメンテーションを行うことができる場合このフィールドははいに設定 されます。 このケーブルモデムが DOCSIS 1.1 形式フラグメンテーションを行うことができない場合このフィールドはにいいえ設定 されます
Concat このケーブルモデムが連結を行うことができる場合このフィールドははいに設定 されます。 このケーブルモデムが連結を行うことができない場合このフィールドはにいいえ設定 されます
PHS このケーブルモデムが DOCSIS 1.1 形式 PHS を行うことができる場合このフィールドははいに設定 されます。 このケーブルモデムが DOCSIS 1.1 形式 PHS を行うことができない場合このフィールドはにいいえ設定 されます
Priv このケーブルモデムが BPI+ 暗号化をサポートできる場合このフィールドは BPI+ に設定 されます; さもなければ、それは BPI に設定 されます。
DS Saids このケーブル モデムがサポートできる BPI+ スタイルのダウンストリーム Security Association Identifier(SAID)の数。 DOCSIS 1.1 モードで動作可能なケーブル モデムに対してしか、このフィールドは意味を持ちません。
US Sids このケーブル モデムがサポートできるアップストリーム SID の数。 DOCSIS 1.1 モードで動作可能なケーブル モデムに対してしか、このフィールドは意味を持ちません。

show cable modem [<mac-address> |  <ip-address> |  phy <interface>]

DOCSIS 1.0 ベースの Cisco IOSソフトウェアでは、ケーブル・モデム単位のアップストリーム SNR 推定値を得る show cable modem detail コマンドを発行できます。 さらに、ケーブルモデムごと の ダウンストリーム 信号統計情報を得る show cable modem remote-query コマンドを発行できます:

uBR7246VXR_1.0# show cable modem detail

Interface?? SID? MAC address??? Max CPE? Concatenation? Rx SNR
Cable3/0/U1 1??? 0090.9607.3831 3??????? no???????????? 29.17
Cable3/0/U1 2??? 0006.2854.7319 15?????? yes??????????? 29.88
Cable3/0/U1 3??? 0001.9659.4461 3??????? yes??????????? 29.26
Cable3/0/U1 4??? 0001.9659.4447 3??????? yes??????????? 29.31
Cable3/0/U1 5??? 0001.64ff.e459 50?????? yes??????????? 29.47
Cable3/0/U1 6??? 0001.64ff.e4ad 50?????? yes??????????? 29.66
Cable3/0/U1 7??? 0020.4089.7ed6 3??????? no???????????  29.58
Cable3/0/U1 8??? 0000.f025.1bd9 1??????? no???????????? 29.41

uBR7246VXR_1.0# show cable modem remote-query

Remote Query Polling State : Active
IP address?? MAC address???? S/N??? US???? DS??? Tx Time Micro (dB) Modem
???????????????????????????? Ratio? Power? Power Offset? Reflection State
10.1.1.12??? 0000.f025.1bd9?? 0.0??? 0.0??? 0.0? 0?????? 0????????  online
10.1.1.35??? 0090.9607.3831? 37.2?? 27.0??? 5.9? 12421?? 7????????  online(pt)
10.1.1.33??? 0001.9659.4461? 36.6?? 27.0??? 0.0? 12425?? 15???????  online(pt)
10.1.1.39??? 0001.64ff.e4ad? 35.2?? 20.8? -12.6? 12417?? 19???????  online
10.1.1.36??? 0001.9659.4447? 37.4?? 27.0??? 0.0? 12424?? 13???????  online(pt)
10.1.1.41??? 0006.2854.7319?? 0.0??? 0.0??? 0.0? 0?????? 0????????  init(i)
10.1.1.42??? 0001.64ff.e459? 34.5?? 21.8? -14.4? 12415?? 15???????  online
10.1.1.40??? 0020.4089.7ed6? 38.5?? 28.0??? 0.0? 12415?? 40???????  online

DOCSIS 1.1 対応 Cisco IOS ソフトウェアでは、show cable modem detail コマンドは廃止されました。 ただし、show cable modem remote-query コマンドはまだ利用できます。 この 2 つのコマンドの機能は、新規の show cable modem phy コマンドに統合されました。このコマンドは、ダウンストリームとアップストリームの信号特性をケーブル モデムごとに表示します。

uBR7246VXR_1.1# show cable modem phy

MAC Address??? USPwr? USSNR? Timing MicroReflec DSPwr? DSSNR
?????????????? (dBmV) (dBmV) Offset (dBc)?????? (dBmV) (dBmV)
0001.64ff.e4ad 19.8?? 18.99? 2807?? 19????????? -12.8? 35.02
0000.f025.1bd9 0.0??? 19.74? 2286?? 0?????????? 0????? -----
0001.9659.4447 27.0?? 21.24? 2812?? 13????????? 0????? 37.04
0001.9659.4461 26.0?? 21.64? 2814?? 15????????? 0????? 36.06
0001.64ff.e459 20.8?? 22.42? 2803?? 15????????? -14.7? 34.05
0020.4089.7ed6 26.0?? 24.34? 2800?? 41????????? 0????? 38.05
0090.9607.3831 27.0?? 23.62? 2805?? 7?????????? 5.6??? 37.02
0090.9607.3830 24.0?? 17.62? 2806?? 7?????????? 5.1??? 37.05
0050.7366.12fb 0.0??? 18.14? 2287?? 0?????????? 0????? -----
0002.fdfa.0a35 20.0?? 18.25? 2807?? 15????????? -12.8? 33.04

次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
MAC アドレス ケーブル モデムの MAC アドレス。
USPwr(dBmV) このケーブル モデムが送信しているアップストリーム電力レベル(dBmV)。

この値は SNMP を介してケーブル モデムから取得します。またこの値を取得するには、cable modem remote-query 機能が適切に設定されている必要があります。

USSNR(dBmV) CMTS アップストリーム ポートで測定される、このケーブル モデムが生成する信号のアップストリーム信号対雑音比の推定値。

組み込みスペクトル管理機能がないケーブルラインカードに関しては、この値はただ推定です。

Timing Offset ケーブル モデムのレンジング時間オフセット(単位は 1/10,240,000 秒)。
MicroReflec (dBc) このインターフェイス上で認識されたインチャネル応答など、マイクロリフレクションの合計(信号レベル未満の dBc 値)。

この値は SNMP を介してケーブル モデムから取得します。またこの値を取得するには、cable modem remote-query 機能が適切に設定されている必要があります。

DSPwr (dBmV) ケーブル モデムが受信したダウンストリーム電力レベル(dBmV)。 ケーブル モデムがダウンストリーム受信電力レベルの測定をサポートしていない場合、このフィールドは 0 に設定されます。

この値は SNMP を介してケーブル モデムから取得します。またこの値を取得するには、cable modem remote-query 機能が適切に設定されている必要があります。

DSSNR (dBmV) ケーブル モデムで測定したダウンストリーム信号対雑音比。

この値は SNMP を介してケーブル モデムから取得します。またこの値を取得するには、cable modem remote-query 機能が適切に設定されている必要があります。

show cable modem [<mac-address> |  <ip-address> |  <interface> は]登録しました

show cable modem registered コマンド出力は DOCSIS 1.0 ベースの Cisco IOSソフトウェアと DOCSIS 1.1 ベースの Cisco IOS ソフトウェア リリースの間で変わりませんでした。 ただし、このコマンドはコマンド 出力がすぐにどのケーブルモデムが DOCSIS 1.1 モードでオペレーティングであるか正確に測るのに使用することができるので、余分重要性を得ます。 DOCSIS 1.0 QoS Profile に 2 が表示されたケーブル モデムは、DOCSIS 1.1 モードで動作していると考えられます。

さらに、このコマンドの出力フォーマットは Cisco IOSソフトウェアの DOCSIS 1.0 ベースのリリースの show cable modem コマンドのためと同じです。 このため、DOCSIS 1.1 スタイルの show cable modem コマンド出力形式に精通していないユーザにとっても、出力の解釈が簡単になります。

uBR7246VXR_1.1# show cable modem registered

Interface Prim Online????? Timing Rec??? QoS CPE IP address?? MAC address
????????? Sid? State?????? Offset Power
C3/0/U1?? 1??? online????? 2807?? 0.75?? 11? 0?? 10.1.1.39??? 0001.64ff.e4ad
C3/0/U1?? 3??? online(pt)? 2812?? 0.00?? 5?? 0?? 10.1.1.36??? 0001.9659.4447
C3/0/U1?? 4??? online(pt)? 2814?? 0.00?? 5?? 0?? 10.1.1.33??? 0001.9659.4461
C3/0/U1?? 5??? online????? 2803?? 0.00?? 11? 0?? 10.1.1.42??? 0001.64ff.e459
C3/0/U1?? 6??? online????? 2800?? -1.00? 5?? 0?? 10.1.1.40??? 0020.4089.7ed6
C3/0/U1?? 7??? online(pt)? 2805?? 0.50?? 5?? 0?? 10.1.1.35??? 0090.9607.3831
C3/0/U1?? 8??? online????? 2807?? -0.50? 2?? 0?? 10.1.1.41??? 0006.2854.7319

上記出力の最後のケーブル モデムには、DOCSIS 1.0 QoS プロファイルに 2 が表示されています。 これはこのケーブル モデムが DOCSIS 1.1 モードで動作していることを示しています。 他のケーブルモデムはすべて DOCSIS 1.0 モードでオペレーティングであるために示されています。

次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
Interface ケーブル モデムが接続されているダウンストリーム ケーブル インターフェイスとアップストリーム ポート。
Prim Sid このケーブル モデムに関連付けられているプライマリ SID 番号。
Online State ケーブル モデムが CMTS と確立した接続状態。 このフィールドは、DOCSIS 1.0 形式の show cable modem コマンド出力の Online State 列と同じ意味を持っています。 モデムはいくつかの init またはリジェクト状態の 1 つで一般的に、オンライン、またはオフ・ラインで示されています。
Timing Offset ケーブル モデムのレンジング時間オフセット(単位は 1/10,240,000 秒)。
Rec Power このケーブル モデムに対し、CMTS アップストリーム ポートで測定された、アップストリームの受信電力レベル。
QoS このケーブル モデムに割り当てられた、DOCSIS 1.0 スタイルの QoS プロファイル。 QoS プロファイル第 2 がケーブルモデムに割り当てられる場合、ケーブルモデムは DOCSIS 1.1 モードでオペレーティングです。 そうでない場合、この QoS プロファイルに対応した DOCSIS 1.0 サービス クラス パラメータが表示されます(show cable qos-profile コマンドを実行してください)。
CPE このケーブル モデムに現在接続されている、アクティブな CPE デバイスの数。
IP アドレス このケーブル モデムの IP アドレス。
MAC アドレス このケーブル モデムの MAC アドレス。

show cable modem [<mac-address> |  <ip-address> |  <interface>]詳細表示

show cable modem verbose コマンドは、ケーブル モデムのほどんどすべての側面に関する詳細情報を表示します。 この単一のシンプルなコマンドは、特定のケーブル モデムに関するさまざまな情報を入手するのに有効です。

uBR7246VXR_1.1# show cable modem 0006.2854.7319 verbose

MAC Address???????????????????????? : 0006.2854.7319
IP Address????????????????????????? : 10.1.1.41
Prim Sid??????????????????????????? : 3
Interface?????????????????????????? : C3/0/U1
Upstream Power????????????????????? : 320 dBmV (SNR = 29.01 dBmV)
Downstream Power??????????????????? : 1 dBmV (SNR = 34.05 dBmV)
Timing Offset?????????????????????? : 2807
Received Power????????????????????? :?0.50
MAC Version???????????????????????? : DOC1.1
Provisioned Mode??????????????????? : DOC1.1
Capabilities??????????????????????? : {Frag=Y, Concat=Y, PHS=Y, Priv=BPI+}
Sid/Said Limit????????????????????? : {Max Us Sids=4, Max Ds Saids=0}
Optional Filtering Support????????? : {802.1P=N, 802.1Q=N}
Transmit Equalizer Support????????? : {Taps/Symbol= 1, Num of Taps= 8}
Number of CPE IPs?????????????????? : 1(Max CPE IPs = 5)
CFG Max-CPE???????????????????????? : 15
Flaps?????????????????????????????? : 1(Mar 20 18:03:47)
Errors????????????????????????????? : 0 CRCs, 0 HCSes
Stn Mtn Failures??????????????????? : 4 aborts, 0 exhausted
Total US Flows????????????????????? : 2(2 active)
Total DS Flows????????????????????? : 1(1 active)
Total US Data?????????????????????? : 197 packets, 21149 bytes
Total US Throughput???????????????? : 0 bits/sec, 0 packets/sec
Total DS Data?????????????????????? : 172 packets, 14004 bytes
Total DS Throughput???????????????? : 0 bits/sec, 0 packets/sec
Active Classifiers????????????????? : 1 (Max = NO LIMIT)
CM Upstream Filter Group??????????? : 4
CM Downstream Filter Group????????? : 3
CPE Upstream Filter Group?????????? : 2
CPE Downstream Filter Group???????? : 1

次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
MAC アドレス このケーブル モデムの MAC アドレス。
IP アドレス このケーブル モデムの IP アドレス。
Prim Sid このケーブル モデムに関連付けられているプライマリ SID 番号。
QoS Profile Index このケーブル モデムに割り当てられた、DOCSIS 1.0 スタイルの QoS プロファイル。 QoS プロファイル第 2 がケーブルモデムに割り当てられる場合、ケーブルモデムは DOCSIS 1.1 モードでオペレーティングです。
Interface ケーブル モデムが接続されているダウンストリーム ケーブル インターフェイスとアップストリーム ポート。
Upstream Power このケーブル モデムが送信しているアップストリーム電力レベル(dBmV)。

この値は SNMP を介してケーブル モデムから取得します。またこの値を取得するには、cable modem remote-query 機能が適切に設定されている必要があります。

ダウンストリーム電力 ケーブル モデムが受信したダウンストリーム電力レベル(dBmV)。 ケーブル モデムがダウンストリーム受信電力レベルの測定をサポートしていない場合、このフィールドは 0 に設定されます。

この値は SNMP を介してケーブル モデムから取得します。またこの値を取得するには、cable modem remote-query 機能が適切に設定されている必要があります。

Timing Offset ケーブル モデムのレンジング時間オフセット(単位は 1/10,240,000 秒)。
Received Power このケーブル モデムに対し、CMTS アップストリーム ポートで測定された、アップストリームの受信電力レベル。
MAC バージョン このケーブル モデムがサポートしている DOCSIS 仕様のバージョン。 DOC1.0 は DOCSIS 1.0 機能だけあるケーブルモデムのために表示する。 DOC1.1 は DOCSIS 1.1 機能があるケーブルモデムのために表示する。
Provisioned Mode このケーブル モデムが動作するように現在プロビジョニングされている、DOCSIS 仕様のバージョン DOC1.0 は DOCSIS 1.0 モードで動作するために提供されるケーブルモデムのために表示する。 DOC1.1 は DOCSIS 1.1 モードで動作するために提供されるケーブルモデムのために表示する。
機能 DOCSIS 1.1 形式フラグメンテーション(Frag=Y/N)を行う機能を連結示すケーブルモデムのアドバタイズされた機能、か。 (Concat=Y/N)および Payload Header Suppression (PHS=Y/N)。 それはまたサポートされる BPI のバージョンを表します(Priv=BPI+/BPI)。
Sid/Said Limit このサポート ケーブルモデムができる Upstream SID の数(最大値私達 SID)およびこのサポート ケーブルモデムができる BPI+ 形式ダウンストリーム SAID の数(最大値 DS Saids)。 DOCSIS 1.1 モードで動作可能なケーブル モデムに対してしか、このフィールドは意味を持ちません。
Optional Filtering Support 802.1P および 802.1Q フィルタリングをサポートするケーブル モデムの機能。 DOCSIS 1.1 モードで動作可能なケーブル モデムに対してしか、このフィールドは意味を持ちません。
Transmit Equalizer Support このケーブル モデムでサポートされている、Upstream Transmit Pre-Equalizer(アップストリーム伝送プレイコライザ)のタップ数と、シンボルごとのタップ数。 DOCSIS 1.1 モードで動作可能なケーブル モデムに対してしか、このフィールドは意味を持ちません。
CPE IP の数 このケーブル モデムの背後で検出された CPE デバイスの数。このケーブル モデムの背後で許可されている CPE IP アドレスの最大許容数がその後に表示されます。
CFG Max-CPE このケーブル モデムに接続されていて、ネットワークへの同時アクセスを許可されている CPE デバイスの最大数。
フラップ このケーブル モデムにによって記録されるフラップ数、および最新のフラップが発生した時刻(CMTS クロックに準拠)。
エラー このケーブル モデムからのアップストリーム送信で記録された、CRC エラーと Header Check Sum(HCS)エラーの数。
Stn Mtn Failures このケーブル モデムの Ranging Aborts カウンタと、Ranging Exhausted カウンタの数。 レンジング 打ち切るはケーブルモデムにケーブルモデムの受け取ったアップストリーム 伝送が 16 の連続した ステーション メンテナンス ポーリングのための CMTS に受け入れられないとき送信 されます。 Ranging Exhauted 状態はケーブルモデムが 16 の連続した ステーション メンテナンス ポーリングに応答しないと発生します。
Total US Flows このケーブル モデムのプロビジョニングされている、または許可されているアップストリーム サービス フローの総数。その後にアクティブなサービス フローの数が表示されます。
Total DS Flows このケーブル モデムのプロビジョニングされている、または許可されているダウンストリーム サービス フローの総数。その後にアクティブなサービス フローの数が表示されます。
Total US Data このケーブル モデムから CMTS が受信したアップストリーム データ パケットとバイトの総数。
Total US Throughput このケーブル モデムに関連付けられていて、アクティブ状態のすべてのアップストリーム サービス フローをまとめた、現時点におけるアップストリーム スループット。
Total DS Data このケーブル モデムに CMTS が送信したダウンストリーム データ パケットとバイトの総数。 この値にはブロードキャストまたはマルチキャストのパケットは含まれていません。
Total DS Throughput このケーブル モデムに関連付けられていて、アクティブ状態のすべてのダウンストリーム サービス フローをまとめた、現時点におけるダウンストリーム スループット。
アクティブ クラシファイア このケーブル モデムのサービス フローにアクティブに関連付けられている分類子の数。このケーブル モデムに関連付けることが可能な分類子の最大数がその後に表示されます。 このフィールドは DOCSIS 1.1 モードで動作できるケーブルモデムにだけ適切です。か。
CM アップストリーム フィルタグループ ケーブル モデム自体から着信するアップストリーム トラフィックに適用される DOCSIS CMTS パケット フィルタ グループ番号。 このフィールドは、DOCSIS 1.1 モードでプロビジョニングされているケーブル モデムに対してしか表示されません。DOCSIS 1.1 では、適切な加入者管理フィルタ グループは DOCSIS コンフィギュレーション ファイル内で適用されています。
CM ダウンストリーム フィルタグループ ケーブル モデム自体へ着信するダウンストリーム トラフィックに適用される DOCSIS CMTS パケット フィルタ グループ番号。 このフィールドは、DOCSIS 1.1 モードでプロビジョニングされているケーブル モデムに対してしか表示されません。DOCSIS 1.1 では、適切な加入者管理フィルタ グループは DOCSIS コンフィギュレーション ファイル内で適用されています。
CPE アップストリーム フィルタグループ ケーブル モデムに接続されている CPE から着信するアップストリーム トラフィックに適用される DOCSIS CMTS パケット フィルタ グループ番号。 このフィールドは、DOCSIS 1.1 モードでプロビジョニングされているケーブル モデムに対してしか表示されません。DOCSIS 1.1 では、適切な加入者管理フィルタ グループは DOCSIS コンフィギュレーション ファイル内で適用されています。
CPE ダウンストリーム フィルタグループ ケーブル モデムに接続されている CPE へ着信するダウンストリーム トラフィックに適用される DOCSIS CMTS パケット フィルタ グループ番号。 このフィールドは、DOCSIS 1.1 モードでプロビジョニングされているケーブル モデムに対してしか表示されません。DOCSIS 1.1 では、適切な加入者管理フィルタ グループは DOCSIS コンフィギュレーション ファイル内で適用されています。

show interface ケーブル <slot>/<port>

DOCSIS 1.1 対応 Cisco IOS ソフトウェアのリリースにより、非常に多くの新機能が show interface cable slot/port コマンド シリーズに組み込まれました。 このセクションでは、DOCSIS 1.0 ベースの Cisco IOS ソフトウェアから DOCSIS 1.1 ベースの Cisco IOS ソフトウェアへの間で新しく導入されたか、大幅に変更された show interface cable slot/port サブコマンドのうち、一般的に使用されているものについて詳細に説明します。

show interface ケーブル <slot>/<port> ダウンストリーム

show interface cable slot/port downstream コマンド出力には、DOCSIS 1.1 対応 Cisco IOS ソフトウェアで、複数の予備フィールドが表示されます。 コマンド出力の最初の 3 行は、DOCSIS 1.0 対応の Cisco IOS ソフトウェアと同じです。 コマンド出力の最後の 4 行は、DOCSIS 1.1 対応の Cisco IOS ソフトウェア独自のものです。 このコマンドの出力例を次に示します。

uBR7246VXR_1.1# show interface cable 3/0 downstream

Cable3/0: Downstream is up
???? 348 packets output, 27855 bytes, 0 discarded
???? 0 output errors
???? 9 total active devices, 8 active modems
??????? Total downstream bandwidth: 30341646
??????? Total downstream reserved bandwidth: 50000
??????? Worst case latency for low latency queue: 0 usecs
??????? Current Upper limit for worst case latency: 0 usecs

このコマンドのダウンストリーム出力 カウンターすべては clear interface コマンドを発行するときリセットされます。

次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
packets output このケーブル インターフェイスによってダウンストリーム方向に送信されたデータ パケット数。
バイト このケーブル インターフェイスによってダウンストリーム方向に送信されたデータ パケットに関連付けられているバイト数。
廃棄される パケットの数 エラーによるダウンストリームで送信されない; たとえば、CMTS はメモリを使い果たします、またはフレームはインターフェイスのMTU値には大きすぎます。
出力エラー 送信エラーが原因で送信できなかったパケット数。
Total Active Devices このケーブル インターフェイスに接続されているアクティブなケーブル モデムと CPE の総数。
アクティブなモデム このケーブル インターフェイスに接続されているアクティブなケーブル モデム数。
Total Downstream Bandwidth このケーブル インターフェイスに関連付けられているダウンストリーム帯域幅(bps)。
Total Downstream Reserved Bandwidth ダウンストリームの Min Reserved Traffic Rate パラメータを利用するダウンストリーム サービス フロー用に予約されるダウンストリーム帯域幅の合計。
Worst Case Latency for Low Latency Queue このケーブル インターフェイスの Max DS Latency パラメータを利用するダウンストリーム サービス フローで発生する可能性がある最悪の遅延。
最悪の場合のレイテンシーのための現在の上限 このケーブルインターフェイスにあるダウンストリーム サービス フローの何れかのための最も低い規定 された最大 DS レイテンシー パラメータ。 低レテンシキューのための最悪の場合のレイテンシーが最悪の場合のレイテンシーのための現在の上限より大きくなりました DS サービスフローが試みダウンストリーム サービス フロー 存在是認されることを、それは是認されません。

show interface ケーブル <slot>/<port> MAC スケジューラー <upstream-port-number>

DOCSIS によって 1.0 有効に される Cisco IOSソフトウェアでは、アップストリーム スケジューリングおよびパフォーマンスについての統計情報を表示するために show interface ケーブル スロット/ポート アップストリーム upstream-port-number コマンドを発行できます:

uBR7246VXR_1.0# show interface cable 3/0 upstream 0

Cable3/0: Upstream 0 is administratively down
???? Received 0 broadcasts, 0 multicasts, 0 unicasts
???? 0 discards, 0 errors, 0 unknown protocol
???? 0 packets input, 0 uncorrectable
???? 0 noise, 0 microreflections
???? Total Modems On This Upstream Channel : 0 (0 active)
???? Default MAC scheduler
???? Queue[Rng Polls]? 0/64, fifo queueing, 0 drops
???? Queue[Cont Mslots]? 0/104, fifo queueing, 0 drops
???? Queue[CIR Grants]? 0/64, fair queueing, 0 drops
???? Queue[BE Grants]? 0/64, fair queueing, 0 drops
???? Queue[Grant Shpr]?? 0/64, calendar queueing, 0 drops
???? Reserved slot table currently has 0 CBR entries
???? Req IEs 0, Req/Data IEs 0
???? Init Mtn IEs 0, Stn Mtn IEs 0
???? Long Grant IEs 0, Short Grant IEs 0
???? Avg upstream channel utilization : 0%
???? Avg percent contention slots : 0%
???? Avg percent initial ranging slots : 0%
???? Avg percent minislots lost on late MAPs : 0%
???? Total channel bw reserved 0 bps
???? CIR admission control not enforced
???? Admission requests rejected 0
???? Current minislot count?? : 2865362??? Flag: 0
???? Scheduled minislot count : 2865402??? Flag: 0

show interface cable slot/port upstream コマンドは、DOCSIS 1.1 対応 Cisco IOS ソフトウェアでも使用できます。 ただし、DOCSIS 1.0 可能な Cisco IOSソフトウェアのこのコマンドによって表示するいくつかのフィールドは show interface ケーブル スロット/ポート MAC スケジューラー upstream-port-number コマンド 出力に(DOCSIS によって 1.1 有効に される Cisco IOSソフトウェアで)移動されました。 さらに、出力は今高度 DOCSIS 1.1 アップストリーム スケジューリング メカニズムについての詳細を示したものです:

uBR7246VXR_1.1# show interface cable 3/0 mac-scheduler 1

DOCSIS 1.1 MAC scheduler for Cable3/0/U1
     Queue[Rng Polls] 0/64, 0 drops
     Queue[CIR Grants] 0/64, 0 drops
     Queue[BE(7) Grants] 0/64, 0 drops
     Queue[BE(6) Grants] 0/64, 0 drops
     Queue[BE(5) Grants] 0/64, 0 drops
     Queue[BE(4) Grants] 0/64, 0 drops
     Queue[BE(3) Grants] 0/64, 0 drops
     Queue[BE(2) Grants] 0/64, 0 drops
     Queue[BE(1) Grants] 0/64, 0 drops
     Queue[BE(0) Grants] 0/64, 0 drops
     Req Slots 81256509, Req/Data Slots 0
     Init Mtn Slots 568433, Stn Mtn Slots 68664
     Short Grant Slots 2261, Long Grant Slots 2064698
     Awacs Slots 0
     Fragmentation count 6
     Fragmentation test disabled
     Avg upstream channel utilization : 1%
???? Avg percent contention slots : 97%
???? Avg percent initial ranging slots : 2%
???? Avg percent minislots lost on late MAPs : 0%
???? Sched Table Adm-State: Grants 1, Reqpolls 1, Util 20%
???? UGS??? : 0 SIDs, Reservation-level in bps 0
???? UGS-AD : 1 SIDs, Reservation-level in bps 412800
???? RTPS?? : 0 SIDs, Reservation-level in bps 0
???? NRTPS? : Not Supported
???? BE???? : 8 SIDs, Reservation-level in bps 0

次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
Queue[Rng Polls] ステーション メンテナンス許可がどのようにについての並べられるか統計情報を表示する。 保留中の許可数が表示されます。保留状態のステーション メンテナンス許可の許容最大数がその後に表示され、その後さらにこのアップストリーム ポート上の Grant キューがいっぱいだったためにスケジューラからドロップされたステーション メンテナンス許可数が表示されます。
Queue[CIR Grants] データ 付与がこのアップストリームポートの最小値保留トラフィックレート パラメータを使用するアップストリームサービスフローのためにどのようにについての並べられるか統計情報を表示する。
Queue[BE(x) Grants] データ 付与がさまざまなアップストリーム トラフィック 優先順位のアップストリームサービスフローのためにどのようにについての並べられるか統計情報を表示する。
Req Slots このアップストリーム ポートのために、アドバタイズされる帯域幅要求送信チャンスの数。
Req/Data Slots このアップストリーム ポートのために、アドバタイズされる要求/データ送信チャンスの数。
Init Mtn スロット このアップストリーム ポートのために、アドバタイズされる初期メンテナンス(初期レンジング)チャンスの数。
Stn Mtn Slots このアップストリーム ポートのために、アドバタイズされるステーション メンテナンス(ユニキャスト レンジング)チャンスの数。
Short Grant Slots このアップストリーム ポートのために許可されるショート データ許可の数。
長い許可スロット このアップストリーム ポートのために許可されるロング データ許可の数。
Awacsスロット ハードウェア スペクトラム管理機能を促進するために発行される許可数。 ハードウェア スペクトラム管理機能を内蔵していないケーブル ラインカードのアップストリーム ポートでは、このカウンタは増分しません。
フラグメンテーション カウント DOCSIS 1.1 断片化スキームを使用した、このアップストリーム ポートが受信したフレーム数。
Avg upstream channel utilization このアップストリーム ポートの、現在の平均チャネル使用率(アップストリーム データ トラフィックと DOCSIS 管理トラフィックが対象)。
Avg percent contention slots 帯域幅要求チャンスの節約専用に割り当てられているアップストリーム チャネル帯域幅の、現在の平均的な割合。 通常この数値は、チャネルの 100 % から、アップストリーム データと管理トラフィックおよび初期レンジング スロットを引いた値とほぼ等しくなります。
Avg percent initial ranging slots オンライン状態になろうとしているケーブル モデムの初期レンジング チャンスの節約専用に割り当てられているアップストリーム チャネル帯域幅の、現在の平均的な割合。
Avg percent minislots lost on late Maps 帯域幅割り当て MAP メッセージの送信が遅れたために使用されていないミニスロットの現在の平均割り当て。
Sched Table Adm-State 是認された UGS 形式アップストリームサービスフロー(アクセス許可)の数、是認された RTPS 形式アップストリームサービスフロー(Reqpolls)の数を、およびこれらのサービスフローと関連付けられると期待されるチャネル利用を記述します。
UGS スケジューリング メカニズムの UGS 形式を使用している、およびこれらの Upstream SID によって予約される帯域幅 表示する Upstream SID の数を(ビット/秒で)。
UGS-AD スケジューリング メカニズムの UGS AD 形式を使用している、およびこれらの Upstream SID によって予約される帯域幅 表示する Upstream SID の数を(ビット/秒で)。
RTPS スケジューリング メカニズムの RTPS 形式を使用している、およびこれらの Upstream SID によって予約される帯域幅 表示する Upstream SID の数を(ビット/秒で)。
NRTPS スケジューリング メカニズムの NRTPS 形式を使用している、およびこれらの Upstream SID によって予約される帯域幅 表示する Upstream SID の数を(ビット/秒で)。
BE スケジューリング メカニズムのあ形式を使用している、およびこれらの Upstream SID によって予約される帯域幅 表示する Upstream SID の数を(ビット/秒で)。

show interface ケーブル <slot>/<port> QoS paramset

DOCSIS によって 1.0 有効に される Cisco IOSソフトウェアでは、DOCSIS 1.0 形式 QoS プロファイルと関連付けられるパラメータを表示する show cable qos profile コマンドを発行できます:

uBR7246VXR_1.0# show cable qos profile

ID? Prio Max?????? Guarantee Max??????? Max?? TOS? TOS?? Create? B???? IP prec
???????? upstream? upstream? downstream tx??? mask value by????? priv? rate
???????? bandwidth bandwidth bandwidth? burst??????????????????  enab? enab
1?? 0??? 0???????? 0???????? 0????????? 0???? 0x0? 0x0?? cmts(r) no??? no
2?? 0??? 64000???? 0???????? 1000000??? 0???? 0x0? 0x0?? cmts(r) no??? no
3?? 7??? 31200???? 31200???? 0????????? 0???? 0x0? 0x0?? cmts??? yes?? no
4?? 7??? 87200???? 87200???? 0????????? 0???? 0x0? 0x0?? cmts??? yes?? no
5?? 0??? 200000??? 0???????? 1500000??? 1600? 0x0? 0x0?? cm????? yes?? no
10? 0??? 128000??? 0???????? 512000???? 1600? 0x0? 0x0?? mgmt??? no??? no
11? 0??? 128000??? 0???????? 1000000??? 1600? 0x0? 0x0?? mgmt??? no??? no
12? 1??? 256000??? 0???????? 2000000??? 1600? 0x0? 0x0?? mgmt??? yes?? no
13? 0??? 20000???? 0???????? 64000????? 1600? 0x0? 0x0?? mgmt??? no??? no

このコマンドは、DOCSIS 1.1 対応の Cisco IOS ソフトウェアにも残っており、DOCSIS 1.0 スタイルの QoS プロファイルを表示します。

DOCSIS 1.1 スタイルの QoS パラメータ セットを表示するには、show interface cable slot/port qos paramset コマンドを実行します。 show interface cable slot/port service-flow コマンドを使用してサービス フローを表示した時、QoS パラメータ セットのインデックス番号を使用して、このサービス フローに関連付けられているサービス クラスを示します。 その QoSパラメータセット インデックス番号によって関連付けられる実際 の パラメータを表示するために show interface ケーブル スロット/ポート QoS paramset を発行して下さい:

uBR7246VXR_1.1# show interface cable 3/0 qos paramset

Index Name???????????? Dir?? Sched? Prio MaxSusRate? MaxBurst??? MinRsvRate
1????????????????????? US??? BE???? 0??? 64000?????? 0?????????? 0
2????????????????????? DS??? BE???? 0??? 1000000???? 0?????????? 0
3????????????????????? US??? BE???? 0??? 200000????? 1600??????? 0
4????????????????????? DS??? BE???? 0??? 1500000???? 1522??????? 0
5????????????????????? US??? BE???? 0??? 500000????? 1522??????? 0
6????????????????????? US??? UGS_AD
7????????????????????? DS??? BE???? 0??? 2000000???? 1522??????? 0
8????????????????????? US??? BE???? 0??? 128000????? 1600??????? 0
9????????????????????? DS??? BE???? 0??? 1000000???? 1522??????? 0
10???????????????????? DS??? BE???? 0??? 100000????? 1522??????? 50000

次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
インデックス この DOCSIS 1.1 スタイルの QoS パラメータ セットに関連付けられているインデックス番号。
名前 この DOCSIS 1.1 スタイルの QoS パラメータ セットに関連付けられている名前。
Dir この QoSパラメータセットがアップストリームサービスフローかダウンストリーム サービス フローのためであるかどうか示します。
Sched このサービス フローに関連付けられているスケジューリング タイプ。
  • あって下さい— ベスト エフォート
  • UGS — Unsolicited Grant Service
  • UGS_AD — アクティビティー検出を用いる Unsolicited Grant Service
  • RTPS — Real Time Polling Service
  • NRTPS — Non-Real Time Polling Service
Prio この QoS パラメータ セットを使用しているサービス フローに関連付けられているプライオリティ。 範囲は、0(最低)〜7(最高)です。
MaxSusRate この QoS パラメータ セットを使用しているサービス フローに対する最大平均レートまたはスループット(bps)。
MaxBurst —アルゴリズムを制限するトークンバケットレート使用される最大トラフィックバーストサイズ(バイトで) —この QoSパラメータセットを使用しているサービスフローのために…。 DOCSIS 1.0 システムの名前が類似する Maximum Upstream Transmit Burst フィールドと異なる点は、このフィールドの値が、アップストリーム パスで送信可能な最大フレーム サイズを必ずしも示していないという点です。
MinRsvRate この QoS パラメータ セットを使用しているサービス フローに対する Minimum Reserved Throughput Rate または Committed Information Rate(bps)。

show interface ケーブル <slot>/<port> QoS paramset <service-template-index> 詳細表示

show interface cable slot/port qos paramset service-template-index verbose コマンドは、DOCSIS 1.1 スタイルの個々の QoS パラメータ セットの詳細情報を表示します。 このコマンドの出力は、個々の QoS パラメータ セットに設定されている属性の種類によって異なります。

uBR7246VXR_1.1# show interface cable 3/0 qos paramset 8 verbose

Index:????????????????????????????????? 8
Name:
Direction:????????????????????????????? Upstream
Minimum Packet Size???????????????????? 64 bytes
Admitted QoS Timeout??????????????????? 200 seconds
Active QoS Timeout????????????????????? 0 seconds
Scheduling Type:??????????????????????? Unsolicited Grant Service(AD)
Request/Transmission Policy:??????????? 0x1FF
Nominal Polling Interval:?????????????? 10000 usecs
Tolerated Poll Jitter:????????????????? 2000 usecs
Unsolicited Grant Size:???????????????? 500 bytes
Nominal Grant Interval:???????????????? 10000 usecs
Tolerated Grant Jitter:???????????????? 2000 usecs
Grants per Interval:??????????????????? 1
IP ToS Overwrite [AND-mask,OR-mask]:??? 0xFF,0x0
Parameter Presence Bitfield:??????????? {0x0, 0x3FC000}

uBR7246VXR_1.1# show interface cable 3/0 qos paramset 10 verbose

Index:????????????????????????????????? 10
Name:
Direction:????????????????????????????? Downstream
Traffic Priority:?????????????????????? 0
Maximum Sustained Rate:???????????????? 100000 bits/sec
Max Burst:????????????????????????????? 1522 bytes
Minimum Reserved Rate:????????????????? 50000 bits/sec
Minimum Packet Size???????????????????? 100 bytes
Admitted QoS Timeout??????????????????? 200 seconds
Active QoS Timeout????????????????????? 0 seconds
Scheduling Type:??????????????????????? Reserved
Max Latency:??????????????????????????? 20000 usecs
Parameter Presence Bitfield:??????????? {0x1340, 0x0}

次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
インデックス この DOCSIS 1.1 スタイルの QoS パラメータ セットに関連付けられているインデックス番号。
名前 この DOCSIS 1.1 スタイルの QoS パラメータ セットに関連付けられている名前。
方向 この QoSパラメータセットがアップストリームサービスフローまたはダウンストリーム サービス フローのためであるかどうか示します。
トラフィック優先度 この QoS パラメータ セットを使用しているサービス フローに関連付けられているプライオリティ。 範囲は、0(最低)〜7(最高)です。
最大 持続 レート この QoS パラメータ セットを使用しているサービス フローに対する最大平均レートまたはスループット(bps)。
最大バースト —アルゴリズムを制限するトークンバケットレート使用される最大トラフィックバーストサイズ(バイトで) —この QoSパラメータセットを使用しているサービスフローのために…。 DOCSIS 1.0 システムの名前が類似する Maximum Upstream Transmit Burst フィールドと異なる点は、このフィールドの値が、アップストリーム パスで送信可能な最大フレーム サイズを必ずしも示していないという点です。
最小予約レート この QoS サービス セットを使用しているサービス フローに対する Minimum Reserved Throughput Rate または Committed Information Rate(bps)。
最小パケットサイズ —最小予約レートを計算するために使用される最小パケットサイズ(バイトで) —この QoSパラメータセットを使用しているサービスフローのために…。
Admitted QoS Timeout この QoS パラメータ セットを使用しているサービス フローが Admitted 状態で、そのサービス フローでアクティビティが確認されなかった場合、どのくらいの期間(秒)その状態が続けば、サービス フローが Admitted 状態から抜け出すかを示します。 このフィールドが 0 に設定 される場合、この QoSパラメータセットと関連付けられるサービスフローに無限 Admitted QoS Timeout があります。
アクティブな QoS の タイムアウト この QoS パラメータ セットを使用している Active 状態のサービス フローが、どのくらいの期間(秒)データの送受信がなければ、Active 状態および Admitted 状態から抜け出すかを示します。 このフィールドが 0 に設定 される場合、この QoSパラメータセットと関連付けられるサービスフローに無限アクティブな QoS の タイムアウトがあります。
最大連結バースト この QoS パラメータ セットを使用しているサービス フロー内で送信可能な連結フレームの最大長バースト(バイト)。
Scheduling Type この SID に関連付けられているスケジューリング タイプ。
Request/Transmission policy 各ビットが状況についての情報をときこの QoSパラメータセットと関連付けられるサービスフロー示す、ビットを組み合わせて設定 される値はデータを CMTS に送信するか、または CMTS からの帯域幅を要求することができます。 詳細については、「Request Transmission Policy」のセクションを参照してください。
公称のポーリング間隔 この QoS サービス パラメータ セットを使用している RTPS、NRTPS、または UGS-AD スタイルのサービス フローの連続要求チャンスの間隔(マイクロ秒)。
Tolerated Poll Jitter この QoS パラメータ セットを使用している RTPS、NRTPS、または UGS-AD スタイルのサービス フローに対し、完全に周期的なポーリング間隔に対する最大ジッタまたは最大変動(マイクロ秒)に要求されるサービス保証値。
Unsolicited Grant Size この QoS パラメータ セットを使用している、UGS または UGS-AD スタイルのサービス フローに与えられる個々のデータ許可サイズ(バイト)。
公称 認可 間隔 この QoS パラメータ セットを使用している UGS または UGS-AD スタイルのサービス フローに対する連続する任意のデータ許可の間隔(マイクロ秒)。
Tolerated Grant Jitter この QoS パラメータ セットを使用している UGS または UGS-AD スタイルのサービス フローに対し、完全に周期的な任意のデータ許可に対する最大ジッタまたは最大変動(マイクロ秒)に要求されるサービス保証値。
間隔ごとのアクセス許可 この QoS パラメータ セットを使用している UGS または UGS-AD スタイルのサービス フローに対し、(Nominal Grant Interval ごとに)与えられるデータ許可数。
IP TOS 上書き CMTS がこの QoSパラメータセットを使用しているサービスフローから受信される着信 IP パケットのための IP Type of Service ヘッダー フィールドをどのように変更するか示します。 着信パケットの IP Type of Service フィールドの CMTS によってビット単位のANDed 行う最初のオクテットはマスクです。 2 番目のバイトは、IP パケットに適用する新しい IP Type of Service フィールドを生成するために、AND 操作の結果に 1 ビット単位で論理和(OR)を実行するマスクです。
最大レイテンシー この QoS パラメータ セット(ダウンストリーム方法のサービス フロー用)が割り当てられたサービスを使用しているパケットに対し、CMTS を介した Maximum Latency(マイクロ秒)に要求されるサービス保証値。
Parameter Presence Bitfield この QoS パラメータ セット内にどのサービス フロー パラメータが存在しているかを示す 2 つのビット フィールド。 括弧の最初のセットはアップストリームとダウンストリームの両方のサービス フローに共通のパラメータと、ダウンストリーム サービス フローに固有のパラメータを示します。 括弧の 2 番目のセットは、アップストリーム サービス フローに固有のパラメータを示します。

show interface ケーブル <slot>/<port> サービスフロー

DOCSIS 1.0 ベースの Cisco IOSソフトウェアでは、show cable modem コマンドを発行し、QoS プロファイルを表示するためにケーブルモデムによって関連付けられる QoS カラムを表示できます:

uBR7246VXR_1.0# show cable modem 10.1.1.35

Interface?? Prim Online??? Timing Rec??? QoS CPE IP address?? MAC address
??????????? Sid? State???? Offset Power
Cable3/0/U1 1??? online(pt) 2799??0.75?  5?? 0?? 10.1.1.35??? 0090.9607.3831

DOCSIS によって 1.1 有効に される IOS software では、サービスフローと関連付けられる DOCSIS 1.1 形式 QoSパラメータセットを表示するために show interface ケーブル スロット/ポート サービスフロー コマンドを発行できます。 (QoS Provパラメーター ADM、およびインデックス行為フィールドで与えられる QoSパラメータセット インデックスによって表される QoSパラメータを表示するために show interface ケーブル スロット/ポート QoS paramset コマンドを発行できます。)

uBR7246VXR_1.1# show interface cable 3/0 service-flow

Sfid? Sid?? Mac Address???? QoS Param Index?? Type??? Dir??? Curr?? Active
??????????????????????????? Prov? Adm? Act?????????????????? State? Time
4???? N/A?? 0001.9659.4447?? 4???? 4??? 4???? prim??? DS???? act??? 1d0h39m
3???? 1???? 0001.9659.4447?? 3???? 3??? 3???? prim??? US???? act??? 1d0h39m
6???? N/A?? 0001.64ff.e4ad?? 6???? 6??? 6???? prim??? DS???? act??? 1d0h39m
14??? N/A?? 0006.2854.7319?? 9???? 9??? 9???? prim??? DS???? act??? 1d0h2m
457?? N/A?? 0006.2854.7319?? 10??? 10?? 0???? sec(S)? DS???? adm??? 00:00
13??? 6???? 0006.2854.7319?? 7???? 7??? 7???? prim??? US???? act??? 1d0h2m
456?? 155?? 0006.2854.7319?? 8???? 8??? 8???? sec(S)? US???  act??? 21h31m
458?? 156?? 0006.2854.7319?? 0???? 11?? 11??? dyn(S)? US???? act??? 00:10
16??? N/A?? 0050.7366.12fb?? 4???? 4??? 4???? prim??? DS???? act??? 1d0h39m
15??? 7???? 0050.7366.12fb?? 3???? 3??? 3???? prim??? US???? act??? 1d0h39m
24??? N/A?? 0090.9607.3831?? 4???? 4??? 4???? prim??? DS???? act??? 1d0h39m
23??? 10??? 0090.9607.3831?? 3???? 3??? 3???? prim??? US???? act??? 1d0h39m

次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
Sfid この行のデータに対応する SFID 番号。
Sid サービスフローがアップストリームサービスフローである場合、この値は準の SID 数です。
MAC アドレス このサービス フロー ID が属しているケーブル モデムの MAC アドレス。
QoS Prov このサービスフロー ID に対する提供されたサービス クラスに対応する QoSパラメータセット インデックスはこの数によって関連付けられるサービス クラスを表示するために show interface ケーブル スロット/ポート QoS paramset コマンドを発行します。
Param Adm このサービスフロー ID に対する是認されたサービス クラスに対応する QoSパラメータセット インデックスはこの数によって関連付けられるサービス クラスを表示するために show interface ケーブル スロット/ポート QoS paramset コマンドを発行します。
インデックス行為 このサービスフロー ID に対するアクティブなサービス クラスに対応する QoSパラメータセット インデックスはこの数によって関連付けられるサービス クラスを表示するために show interface ケーブル スロット/ポート QoS paramset コマンドを発行します。
タイプ この SFID が対応しているサービス フローのタイプ。
  • きちんとした— DOCSISコンフィギュレーションファイルによって提供されるプライマリサービスフロー。
  • —また DOCSISコンフィギュレーションファイルによって提供されるセカンダリサービス フロー。
  • dyn — CMTS およびケーブルモデムによって動的に作成されたセカンダリサービス フロー。
Dir このサービス フローが流れる方向。
  • 米国— アップストリーム
  • DS — 下流
Currステート サービス フローの現在の状態。
  • 提供される
  • ADM —是認される
  • 行為—アクティブ
アクティブ な 時間 サービス フローがアクティブ化している時間。 非アクティブなサービス フローには、00:00 を設定します。

show interface ケーブル <slot>/<port> サービスフロー カウンター

DOCSIS によって 1.0 有効に される Cisco IOSソフトウェアでは、SIDごとのカウンターを表示するために show interface ケーブル スロット/ポート SID カウンター コマンドを発行できます:

uBR7246VXR_1.0# show interface cable 3/0 sid counters

Sid?? Inpackets? Inoctets?? Outpackets Outoctets? Ratelimit? Ratelimit
????????????????????????????????????????????????? BWReqDrop? DSPktDrop
1???? 246??????? 23586????? 241??????? 21854????? 0????????? 0
2???? 1773?????? 260409???? 0????????? 0????????? 0????????? 0
3???? 491??????? 47796????? 478??????? 43175????? 0????????? 0
4???? 434??????? 41058????? 423??????? 38592????? 0????????? 0
5???? 256??????? 24434????? 244??????? 22125????? 0????????? 0
6???? 299??????? 28445????? 289??????? 26264????? 0????????? 0
7???? 256??????? 24701????? 246??????? 22231????? 0????????? 0
8???? 195??????? 18342????? 186??????? 16212????? 0????????? 0

このコマンドは、DOCSIS 1.1 対応 Cisco IOS ソフトウェアでも使用できます。 ただし、DOCSIS 1.1 で、SID はアップストリームだけエンティティです。 したがって、このコマンドの DOCSIS 1.1 バージョンでは、アップストリーム カウンタしか表示されません。 show interface ケーブル スロット/ポート サービスフロー カウンターを両方向で機能しているサービスフローのためのカウンターを表示するために命じます発行して下さい:

uBR7246VXR_1.1# show interface cable 3/0 service-flow counters

Sfid? Packets???? Bytes?????? PacketDrops Bits/Sec??? Packets/Sec
14??? 4826??????? 460427????? 0?????????? 90247?????? 99
457?? 0?????????? 0?????????? 0?????????? 0?????????? 0
13??? 5126??????? 573503????? 0?????????? 0?????????? 0
456?? 652???????? 326000????? 0?????????? 382406????? 99

このコマンドのフィールドすべては clear counters コマンドを発行するときリセットされます。

次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
Sfid この行が対応している SFID。
パケット このサービス フローを介して送受信されたパケット数。
バイト このサービス フローを介して送信されたバイト数。
PacketDrops このサービス フローの速度制限によってドロップされたダウンストリーム パケット数、またはアップストリーム データ許可数。
ビット/秒 このサービス フローの現在のスループット(bps)。
Packets/Sec このサービス フローより送受信される 1 秒当たりの現在のパケット数。

show interface ケーブル <slot>/<port> サービスフロー <service-flow-index> は詳細表示に逆らいます

show interface ケーブル スロット/ポート サービスフロー service-flow-index カウンター verbose コマンドはサービスフローと関連付けられるカウンタ情報を、詳しく示します:

uBR7246VXR_1.1# show interface cable 3/0 service-flow 14 counters verbose

Sfid?????????????????? : 14
Packets??????????????? : 1406
Octets???????????????? : 1373874
RateLimit Delayed Pkts : 693
RateLimit Dropped Pkts : 0
Bits/sec?????????????? : 1019840
Packets/Sec??????????? : 129

このコマンドのフィールドすべては clear counters コマンドを発行するときリセットされます。

次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
Sfid この行が対応している SFID。
パケット このサービス フローを介して送受信されたパケット数。
オクテット このサービス フローを介して送信されたバイト数。
RateLimit Delayed Pkts このサービス フローのトラフィック シェーピングによって遅延が発生したダウンストリーム パケット数、またはアップストリーム データ許可数。
RateLimit Dropped Pkts このサービス フローの速度制限によってドロップされたダウンストリーム パケット数、またはアップストリーム データ許可数。
ビット/秒 このサービス フローの現在のスループット(bps)。
Packets/Sec このサービス フローより送受信される 1 秒当たりの現在のパケット数。

show interface ケーブル <slot>/<port> サービスフロー QoS

DOCSIS によって 1.0 有効に される Cisco IOSソフトウェアでは、show cable modem コマンドを発行し、関連した QoS プロファイル番号を得、次に QoS プロファイル番号と関連付けられるサービスパラメータのクラスを表示する show cable qos profile コマンドを、発行して下さい:

uBR7246VXR_1.0# show cable modem 10.1.1.35

Interface?? Prim Online??? Timing Rec??? QoS CPE IP address?? MAC address
??????????? Sid? State???? Offset Power
Cable3/0/U1 1??? online(pt) 2799??0.75   5?? 0?? 10.1.1.35??? 0090.9607.3831

uBR7246VXR_1.0# show cable qos profile 5

ID? Prio Max?????? Guarantee Max??????? Max?? TOS? TOS?? Create? B???? IP prec
???????? upstream? upstream? downstream tx??? mask value by????? priv? rate
???????? bandwidth bandwidth bandwidth? burst??????????????????? enab? enab
5?? 0??? 200000??? 0???????? 1500000??? 1600? 0x0? 0x0?? cm????? yes?? no

DOCSIS によって 1.1 有効に される Cisco IOSソフトウェアでは、show interface ケーブル スロット/ポート サービスフロー qos コマンドは 2 つのコマンドを実行する必要性のないサービスフローと関連付けられる主要な QoSパラメータを表示することを可能にします:

uBR7246VXR_1.1# show interface cable 3/0 service-flow qos

Sfid? Dir Curr? Sid?? Sched? Prio MaxSusRate? MaxBrst?? MinRsvRate? Throughput
????????? State?????? Type
14??? DS? act?? N/A?? BE???? 0??? 2000000???? 1522????? 0?????????? 8124
457?? DS? adm?? N/A?? BE???? 0??? 100000????? 1522????? 50000?????? 0
13??? US? act?? 6???? BE???? 0??? 500000????? 1522????? 0?????????? 0
456?? US? act?? 155?? UGS_A? 0??? 0?????????? 1522????? 0?????????? 57643

次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
Sfid この行が対応している SFID。
Dir このサービス フローが流れる方向。
  • 米国— アップストリーム
  • DS — 下流
Currステート サービス フローの現在の状態。
  • 提供される
  • ADM —是認される
  • 行為—アクティブ
Sid サービスフローがアップストリームサービスフローならこのフィールドはそれと関連付けられる SID を示します。
Sched Type この SID に関連付けられているスケジューリング タイプ。
Prio このサービス フローに関連付けられている、0(最低)〜 7(最高)の送信プライオリティ。
MaxSusRate このサービス フローの最大平均レートまたはスループット(bps)。
MaxBrst —アルゴリズムを制限するトークンバケットレート使用される最大トラフィックバーストサイズ(バイトで) —このサービスフローのために…。 DOCSIS 1.0 システムの名前が類似する Maximum Upstream Transmit Burst フィールドと異なる点は、このフィールドの値が、このサービス フローのアップストリーム パスで、送信可能な最大フレーム サイズを必ずしも示していないという点です。
MinRsvRate このサービス フローの Minimum Reserved Rate または Committed Information Rate(bps)。
スループット このサービス フローの現在のスループット(bps)。

show interface ケーブル <slot>/<port> サービスフロー <service-flow-index> qos verbose

show interface cable slot/port service-flow qos verbose コマンドは、基本的な show interface cable slot/port service-flow qos コマンドよりも詳細な情報を表示します。

uBR7246VXR_1.1# show interface cable 3/0 service-flow 24 qos verbose

Sfid??????????????????????????????????? : 24
Current State?????????????????????????? : Active
Sid???????????????????????????????????? : 12
Minimum Packet Size???????????????????? : 0 bytes
Admitted QoS Timeout??????????????????? : 200 seconds
Active QoS Timeout????????????????????? : 0 seconds
Scheduling Type???????????????????????? : Unsolicited Grant Service
Unsolicited Grant Size????????????????? : 150 bytes
Nominal Grant Interval????????????????? : 100000 usecs
Grants per interval???????????????????? : 1
Tolerated Grant Jitter????????????????? : 100000 usecs
Request/Transmission policy???????????? : 0x1FF
IP ToS Overwrite[AND-mask, OR-mask]???? : 0xFF, 0x0
Current Throughput????????????????????? : 0 bits/sec, 0 packets/sec

uBR7246VXR_1.1# show interface cable 3/0 service-flow 19 qos verbose

Sfid??????????????????????????????????? : 19
Current State?????????????????????????? : Active
Sid???????????????????????????????????? : N/A
Traffic Priority??????????????????????? : 0
Maximum Sustained rate????????????????? : 100000 bits/sec
Maximum Burst?????????????????????????? : 1522 bytes
Mimimum Reserved rate?????????????????? : 50000 bits/sec
Minimum Packet Size???????????????????? : 100 bytes
Admitted QoS Timeout??????????????????? : 200 seconds
Active QoS Timeout????????????????????? : 0 seconds
Maximum Latency???????????????????????? : 20000 usecs
Current Throughput????????????????????? : 0 bits/sec, 0 packets/sec

このコマンドによって表示されるフィールドは、照会されているサービス フローに関連する場合だけ表示されます。

次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
Sfid この行が対応している SFID。
現在のステート サービス フローの現在の状態。 Provisioned、Admitted または Active。
Sid サービスフローがアップストリームサービスフローなら SID はそれと関連付けられます。 このフィールドは、その SID 番号を表示します。 このサービスフローがあれば N/A ダウンストリーム サービス フローはそれから表示する。
トラフィック優先度 このサービス フローに関連付けられている、0(最低)〜 7(最高)のプライオリティ。
最大 持続 レート このサービス フローの最大平均レートまたはスループット(bps)。
最大バースト —アルゴリズムを制限するトークンバケットレート使用される最大トラフィックバーストサイズ(バイトで) —このサービスフローのために…。 DOCSIS 1.0 システムの名前が類似する Maximum Upstream Transmit Burst フィールドと異なる点は、このフィールドの値が、アップストリーム パスで送信可能な最大フレーム サイズを必ずしも示していないという点です。
最小予約レート このサービス フローの Minimum Reserved Throughput Rate または Committed Information Rate(bps)。
最小パケットサイズ —最小予約レートを計算するのに使用される最小パケットサイズ(バイトで) —このサービスフローのために…。
Admitted QoS Timeout サービス フローが Admitted 状態で、そのサービス フローでアクティビティが確認されなかった場合、どれくらい期間(秒)その状態が続けば、サービス フローが Admitted 状態から抜け出すかを示します。 このフィールドが 0 に設定 されれば サービスフローに無限 Admitted QoS Timeout があります。
アクティブな QoS の タイムアウト サービス フローが Active 状態で、そのサービス フローでデータの送受信が確認されなかった場合、どれくらい期間(秒)その状態が続けば、サービス フローが Active 状態および Admitted 状態から抜け出すかを示します。 このフィールドが 0 に設定 されれば サービスフローに無限アクティブな QoS の タイムアウトがあります。
最大連結バースト このサービス フローを介して送信できる連結フレームの最大バースト長(バイト)。
Scheduling Type この SID に関連付けられているスケジューリング タイプ。
Unsolicited Grant Size このサービス フローに提供されている個々のデータ許可のサイズ(バイト)(UGS または UGS-AD スタイルのスケジューリング タイプを使用している場合)。
公称 認可 間隔 このサービス フローで、連続する、任意のデータ許可の間隔(マイクロ秒)(UGS または UGS-AD スタイルのスケジューリング タイプを使用している場合)。
間隔ごとのアクセス許可 Nominal Grant Interval ごとに、対象となるサービス フローに与えられたデータ許可数(UGS または UGS-AD スタイルのスケジューリング タイプを使用している場合)。
Tolerated Grant Jitter このサービス フローが UGS または UGS-AD スタイルのスケジューリング タイプを使用している場合、そのサービス フローに対し、完全に周期的な任意のデータ許可に対して最大ジッタまたは最大変動(マイクロ秒)に要求されるサービス保証値。
公称のポーリング間隔 このサービス フローで、連続する要求チャンスの間隔(マイクロ秒)(RTPS、NRTPS または UGS-AD スタイルのスケジューリング タイプを使用している場合)。
Tolerated Polling Jitter RTPS、NRTPS、または UGS-AD スタイルのスケジューリング タイプを使用しているサービス フローに対し、完全に周期的なポーリング間隔に対して最大ジッタまたは最大変動(マイクロ秒)に要求されるサービス保証値。
Request/Transmission policy ビットを組み合わせて設定 される値。 各ビットはこのサービスフローがデータを CMTS に送信するか、または CMTS からの帯域幅を要求することができる状況についての情報を示します。 詳細については、「Request Transmission Policy」のセクションを参照してください。
IP TOS 上書き このフィールドは、このサービス フローから着信する IP パケットに対し、CMTS が IP Type of Service Header フィールドをどのように変更するかを示します。 着信パケットの IP Type of Service フィールドの CMTS によってビット単位のANDed 行う最初のオクテットはマスクです。 2 番目のバイトは、IP パケットに適用する新しい IP Type of Service フィールドを生成するために、AND 操作の結果に 1 ビット単位で論理和(OR)を実行するマスクです。
最大レイテンシー サービス フローがダウンストリーム方向の場合、そのサービス フローを使用しているパケットに対し、CMTS を介した Maximum Latency(マイクロ秒)で要求されるサービス保証値。
現在のスループット このサービス フローの現在のスループット(bps)。

show interface ケーブル <slot>/<port> サービスフロー <service-flow-index> 詳細表示

show interface cable slot/port service-flow service-flow-index verbose コマンドは、基本的な show interface cable slot/port service-flow コマンドよりも詳細な情報を表示します。

uBR7246VXR_1.1# show interface cable 3/0 service-flow 19 verbose

Sfid??????????????????????????????????? : 4
Mac Address???????????????????????????? : 0090.9607.3831
Type??????????????????????????????????? : Primary
Direction?????????????????????????????? : Downstream
Current State?????????????????????????? : Active
Current QoS Indexes [Prov, Adm, Act]??? : [4, 4, 4]
Active Time???????????????????????????? : 21h04m
Sid???????????????????????????????????? : N/A
Traffic Priority??????????????????????? : 0
Maximum Sustained rate????????????????? : 1500000 bits/sec
Maximum Burst?????????????????????????? : 1522 bytes
Minimum Reserved Rate?????????????????? : 0 bits/sec
Admitted QoS Timeout??????????????????? : 200 seconds
Active QoS Timeout????????????????????? : 0 seconds
Packets???????????????????????????????? : 130
Bytes?????????????????????????????????? : 123096
Rate Limit Delayed Grants?????????????? : 0
Rate Limit Dropped Grants?????????????? : 0
Current Throughput????????????????????? : 68715 bits/sec, 9 packets/sec
Classifiers                             : NONE

このコマンドのフィールドすべては clear counters コマンドを発行するときリセットされます。

次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
Sfid この行が対応している SFID。
MAC アドレス このサービス フロー ID が属しているケーブル モデムの MAC アドレス。
タイプ この SFID が対応しているサービス フローのタイプ。
  • プライマリ— DOCSISコンフィギュレーションファイルによって提供されるプライマリサービスフロー。
  • Secondary(Static) —また DOCSISコンフィギュレーションファイルによって提供されるセカンダリサービス フロー。
  • Secondary(Dynamic) — CMTS およびケーブルモデムによって動的に作成されたセカンダリサービス フロー。
方向 このサービス フローが流れる方向。 Upstream または Downstream。
現在のステート サービス フローの現在の状態。 Provisioned、Admitted または Active。
現在の QoS インデックス このサービス フローの Provisioned、Admitted、および Active の各サービス クラスに対応する QoS パラメータ セット インデックス。
アクティブ な 時間 サービス フローがアクティブ化している時間。 非アクティブなサービス フローには、0 を設定します。
Sid サービスフローがアップストリームサービスフローなら SID はそれと関連付けられます。 このフィールドは、その SID 番号を表示します。 このサービスフローがあれば N/A ダウンストリーム サービス フローはそれから表示する。
トラフィック優先度 このサービス フローに関連付けられている、0(最低)〜 7(最高)のプライオリティ。
最大 持続 レート このサービス フローの最大平均レートまたはスループット(bps)。
最大バースト —アルゴリズムを制限するトークンバケットレート使用される最大トラフィックバーストサイズ(バイトで) —このサービスフローのために…。 DOCSIS 1.0 システムの名前が類似する Maximum Upstream Transmit Burst フィールドと異なる点は、このフィールドの値が、アップストリーム パスで送信可能な最大フレーム サイズを必ずしも示していないという点です。
最小予約レート このサービス フローの Minimum Reserved Throughput Rate または Committed Information Rate(bps)。
Admitted QoS Timeout サービス フローが Admitted 状態で、そのサービス フローでアクティビティが確認されなかった場合、どれくらい期間(秒)その状態が続けば、サービス フローが Admitted 状態から抜け出すかを示します。 このフィールドが 0 に設定 されれば サービスフローに無限 Admitted QoS Timeout があります。
アクティブな QoS の タイムアウト サービス フローが Active 状態で、そのサービス フローでデータの送受信が確認されなかった場合、どれくらい期間(秒)その状態が続けば、サービス フローが Active 状態および Admitted 状態から抜け出すかを示します。 このフィールドが 0 に設定 されれば サービスフローに無限アクティブな QoS の タイムアウトがあります。
パケット このサービス フローを介して送受信されたパケット数。
バイト このサービス フローを介して送信されたバイト数。
Rate Limit Delayed Grants このサービス フローのトラフィック シェーピングによって遅延が発生したダウンストリーム パケット数、またはアップストリーム データ許可数。
Rate Limit Dropped Grants このサービス フローの速度制限によってドロップされたダウンストリーム パケット数、またはアップストリーム データ許可数。
現在のスループット このサービス フローの現在のスループット(bps)。
クラシファイア このフィールドは、このサービス フローに関連付けられているパケット分類子の情報を表示します。 持っているサービスフローの場合には分類子はそれらと、このフィールド ディスプレイどれも関連付けませんでした。 それらと関連付けられる分類子があるサービスフローの場合には規定 された 分類子 パラメータは表示する。

show interface ケーブル <slot>/<port> SID

DOCSIS によって 1.0 有効に された Cisco IOSソフトウェアで show interface ケーブル スロット/ポート SID コマンドはケーブルインターフェイスにある SID についての詳細を示したものです:

uBR7246VXR_1.0# show interface cable 3/0 sid

Sid? Prim Type Online???? Admin?? QoS Create????? IP Address? MAC Address
???? Sid?????? State????? Status????? Time
1???????? stat online(pt) enable? 5?? 01:29:27??? 10.1.1.35?? 0090.9607.3831
2???????? stat online???? enable? 5?? 01:29:27??? 10.1.1.12?? 0000.f025.1bd9
3???????? stat online(pt) enable? 5?? 01:29:43??? 10.1.1.33?? 0001.9659.4461
4???????? stat online(pt) enable? 5?? 01:29:47??? 10.1.1.36?? 0001.9659.4447
5???????? stat online???? enable? 11? 01:29:49??? 10.1.1.42?? 0001.64ff.e459
6???????? stat init(i)??? enable? 2?? 01:29:51??? 10.1.1.41?? 0006.2854.7319
7???????? stat online???? enable? 11? 01:29:55??? 10.1.1.39?  0001.64ff.e4ad
8???????? stat online???? enable? 5?? 01:30:05??? 10.1.1.40?? 0020.4089.7ed6
9???????? stat online(pt) enable? 5?? 01:30:09??? 10.1.1.38?? 0002.fdfa.0a35
10??????? stat online(pt) enable? 5?? 01:30:13??? 10.1.1.43?? 0050.7366.12fb
11??????? stat online(pt) enable? 5?? 01:30:21??? 10.1.1.37?? 0090.9607.3830

DOCSIS によって 1.1 有効に される Cisco IOSソフトウェアでは新しい DOCSIS 1.1 仕様フィールドおよびパラメータを含むために、このコマンドの出力は修正されました。 さらに、DOCSIS 1.1 で、SID は厳しくアップストリームだけエンティティです。 したがって、このコマンド出力には、アップストリーム サービス フローに対応した情報だけが表示されます。

uBR7246VXR_1.1# show interface cable 3/0 sid

Sid? Prim? MAC Address??? IP Address????? Type Age????? Admin?? Sched? Sfid
??????????????????????????????????????????????????????? State?? Type
1????????? 0090.9607.3831 10.1.1.35?????? stat 22h26m?? enable? BE???? 3
2????????? 0001.9659.4447 10.1.1.36?????? stat 22h26m?? enable? BE???? 5
3????????? 0000.f025.1bd9 0.0.0.0???????? stat 22h26m?? enable? BE???? 7
4????????? 0001.64ff.e4ad 10.1.1.39?????? stat 22h26m?? enable? BE???? 9
5????????? 0006.2854.7319 10.1.1.41?????? stat 22h26m?? enable? BE???? 11
6????????? 0001.9659.4461 10.1.1.33?????? stat 22h26m?? enable? BE???? 13
7????????? 0001.64ff.e459 10.1.1.42?????? stat 22h26m?? enable? BE???? 15
8??? 5??????????????????????????????????? stat 22h26m?? enable? UGS_AD 17
9??? 5??????????????????????????????????? stat 22h26m?? enable? BE???? 18
10???????? 0050.7366.12fb 10.1.1.43?????? stat 22h26m?? enable? BE???? 20
11???????? 0020.4089.7ed6 10.1.1.40?????? stat 22h26m?? enable? BE???? 22
12?? 5??????????????????????????????????? dyn? 22h26m?? enable? UGS??? 24
13?? 5??????????????????????????????????? dyn? 22h26m?? enable? BE???? 25

次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
Sid この SID に関連付けられているアップストリーム SID 番号。
Prim この SID がケーブルモデムによって関連付けられるプライマリ SID でなければ、これはこの SID のケーブルモデムによって関連付けられるプライマリ SID 数です。
MAC アドレス この SID が属しているケーブル モデムの MAC アドレス。
IP アドレス この SID が属しているケーブル モデムの IP アドレス。
タイプ このフィールドは、SID が DOCSIS コンフィギュレーション ファイルによって静的にプロビジョニングされているか(stat)、ケーブル モデムや CMTS によって動的に生成されているか(dyn)を示します。
Age この SID がアクティブ化している総時間。
Adminの状態 この SID の管理状態: enable、disable または destroyed。
Sched Type この SID に関連付けられているスケジューリング タイプ。
  • あって下さい— ベスト エフォート
  • UGS — Unsolicited Grant Service
  • UGS_AD — アクティビティー検出を用いる Unsolicited Grant Service
  • RTPS — Real Time Polling Service
  • NRTPS — Non-Real Time Polling Service
Sfid この SID が関連付けられているアップストリーム SFID インデックス。

show interface ケーブル <slot>/<port> SID カウンター

DOCSIS によって 1.0 有効に される Cisco IOSソフトウェアでは、show interface ケーブル スロット/ポート SID カウンターを SIDごとのカウンターを表示するために命じます発行して下さい:

uBR7246VXR_1.0# show interface cable 3/0 sid counters

Sid?? Inpackets? Inoctets?? Outpackets Outoctets? Ratelimit? Ratelimit
????????????????????????????????????????????????? BWReqDrop? DSPktDrop
1???? 31???????? 3758?????? 25???????? 2268?????? 0????????? 0
2???? 24???????? 3285?????? 16???????? 1408?????? 0????????? 0
3???? 62???????? 6764?????? 50???????? 4499?????? 0????????? 0
4???? 54???????? 5826?????? 44???????? 3998?????? 0????????? 0
5???? 49???????? 5292?????? 37???????? 3344?????? 0????????? 0
6???? 471??????? 74862????? 0????????? 0????????? 0????????? 0
7???? 65???????? 7152?????? 49???????? 4587?????? 0????????? 0
8???? 36???????? 4410?????? 26???????? 2276?????? 0????????? 0
9???? 59???????? 6481?????? 45???????? 4821?????? 0????????? 0
10??? 8????????? 1635?????? 9????????? 780??????? 0????????? 0
11??? 26???????? 3300?????? 20???????? 1818?????? 0????????? 0

DOCSIS によって 1.1 有効に される Cisco IOSソフトウェアでは新しい DOCSIS 1.1 仕様フィールドおよびパラメータを含むために、このコマンドの出力は修正されました。 さらに、DOCSIS 1.1 で、SID は厳しくアップストリームだけエンティティです。 したがって、このコマンド出力には、アップストリーム サービス フローに関する情報だけが表示されます。

uBR7246VXR_1.1# show interface cable 3/0 sid counters

Sid? Req-polls? BW-reqs??? Grants???? Packets??? Frag?????? Concatpkts
???? issued???? received?? issued???? received?? complete?? received
1??? 0????????? 70???????? 70???????? 70???????? 0????????? 0
2??? 0????????? 126??????? 126??????? 126??????? 0????????? 0
3??? 0????????? 278??????? 278??????? 0????????? 0????????? 0
4??? 0????????? 127??????? 127??????? 127??????? 0????????? 0
5??? 0????????? 70???????? 70???????? 70???????? 0????????? 0
6??? 0????????? 146??????? 146??????? 146??????? 0????????? 0
7??? 0????????? 84???????? 84???????? 84???????? 0????????? 0
8??? 192488???? 0????????? 0????????? 0????????? 0????????? 0
9??? 0????????? 0????????? 0????????? 0????????? 0????????? 0
10?? 0????????? 0????????? 0????????? 0????????? 0????????? 0
11?? 0????????? 70???????? 70???????? 70???????? 0????????? 0
12?? 0????????? 0????????? 19248????? 0????????? 0????????? 0
13?? 0????????? 0????????? 0????????? 0????????? 0????????? 0

このコマンドのフィールドすべては clear counters コマンドを発行するときリセットされます。

次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
Sid この SID に関連付けられているアップストリーム SID 番号。
Req-polls issued この SID に送信されたユニキャスト帯域幅要求チャンスの数。この場合、この SID は RTPS、NRTPS、または UGS-AD スタイルのスケジューリング タイプを使用しています。
受け取った BWreqs この SID から CMTS が受信したアップストリーム帯域幅要求数。
発行されるアクセス許可 この CMTS が SID に与えたアップストリーム データ許可の数。
Packets received この SID から CMTS が受信したデータ パケットの数。
完全な Frag この SID から CMTS が完全に受信した断片化フレームの数。
Concatpkts は受け取りました この SID から CMTS が正常に受信した、連結パケットを含むフレーム数。

show interface ケーブル <slot>/<port> SID <sid-number> は詳細表示に逆らいます

show interface cable slot/port sid sid-number counters verbose コマンドは、基本的な show interface cable slot/port sid counters コマンドよりも詳細な情報を表示します。

uBR7246VXR_1.1# show interface cable 3/0 sid 1 counters verbose

Sid??????????????????????????? : 1
Request polls issued?????????? : 0
BWReqs {Cont,Pigg,RPoll,Other} : 64, 6, 0, 0
No grant buf BW request drops? : 0
Rate exceeded BW request drops : 0
Grants issued????????????????? : 70
Packets received?????????????? : 70
Bytes received???????????????? : 6552
Fragment reassembly completed? : 0
Fragment reassembly incomplete : 0
Concatenated packets received? : 0
Queue-indicator bit statistics : 0 set, 0 granted

このコマンドのフィールドすべては clear counters コマンドを発行するときリセットされます。

次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
Sid この SID に関連付けられているアップストリーム SID 番号。
Request Polls Issued この SID に送信されたユニキャスト帯域幅要求チャンスの数。この場合、この SID は RTPS、NRTPS、または UGS-AD スタイルのスケジューリング タイプを使用しています。
BWReqs この SID から CMTS が受信したアップストリーム帯域幅要求数。
  • cont — コンテンション ベース ブロードキャストかマルチキャスト 帯域幅要求機会の一部として受け取った要求の数。
  • Pigg —要求の数はアップストリーム データフレームの要求の便乗によって受け取りました。
  • RPoll —ユニキャスト 帯域幅要求機会の間に受け取った要求の数。
  • —他の状況の間に CMTS によって受け取った帯域幅要求の数。
アクセス許可 buff BW 要求ドロップ無し スケジューリングまたは競合の問題で、データ許可が与えられない、この SID に対するアップストリーム データ要求数。
Rate exceeded BW request drops SID に適用されているアップストリーム速度制限を超えたためデータ許可が与えられない、この SID に対するアップストリーム データ要求数。
発行されるアクセス許可 この CMTS が SID に与えたアップストリーム データ許可の数。
Packets received この SID から CMTS が受信したデータ パケットの数。
受け取ったバイト この SID からのデータ トラフィックで、CMTS が受信したデータ パケットの数。
完了するフラグメント再構成 この SID から CMTS が完全に受信した断片化フレームの数。
不完全なフラグメント再構成 この SID から CMTS が完全に受信できなかった断片化フレームの数。
受信される連結パケット この SID から CMTS が正常に受信した、連結パケットを含むフレーム数。
Queue-indicator bit statistics. この SID によってキュー インジケータ ビットが設定された回数。その後に、CMTS がケーブル モデムに帯域幅増加を許可できた回数が表示されます。 キュー インジケータ ビットは通常、ケーブル モデムが CMTS が許可した回数よりも少しだけ頻繁にデータを送信しようとしたときに、UGS または UGS-AD スタイルのスケジューリング タイプを割り当てられた SID によって設定されます。

show interface ケーブル <slot>/<port> SID QoS

DOCSIS によって 1.0 有効に される Cisco IOSソフトウェアでは、show cable modem コマンドを発行し、関連した QoS プロファイル番号を得、次に QoS プロファイル番号と関連付けられるサービスパラメータのクラスを表示する show cable qos profile コマンドを、発行して下さい:

uBR7246VXR_1.0# show cable modem 10.1.1.35

Interface?? Prim Online??? Timing Rec??? QoS CPE IP address?? MAC address
??????????? Sid? State???? Offset Power
Cable3/0/U1 1??? online(pt) 2799??? 0.75?5?? 0?? 10.1.1.35??? 0090.9607.3831

uBR7246VXR_1.0# show cable qos profile 5

ID? Prio Max?????? Guarantee Max??????? Max?? TOS? TOS?? Create? B???? IP prec
???????? upstream? upstream? downstream tx??? mask value by????? priv? rate
???????? bandwidth bandwidth bandwidth? burst??????????????????? enab? enab
5?? 0??? 200000??? 0???????? 1500000??? 1600? 0x0? 0x0?? cm????? yes?? no

DOCSIS によって 1.1 有効に される Cisco IOSソフトウェアでは、show interface ケーブル スロット/ポート SID qos コマンドは 2 つのコマンドを発行する必要性なしで SID と、関連付けられる主要な QoSパラメータを表示することを可能にします:

uBR7246VXR_1.1# show interface cable 3/0 sid qos

Sid? Pr MaxSusRate MinRsvRate Sched? Grant Grant? GPI Poll?? Thrput
????????????????????????????? Type?? Size? Intvl????? Intvl
1??? 0? 200000???? 0????????? BE???? 100?? 100000 1?? 100000 848
2??? 0? 200000???? 0????????? BE???? 100?? 100000 1?? 100000 0
3??? 0? 64000????? 0????????? BE???? 0???? 0????? 0?? 0????? 0
4??? 0? 128000???? 0????????? BE???? 100?? 100000 1?? 100000 0
5??? 0? 500000???? 0????????? BE???? 100?? 100000 1?? 100000 0
6??? 0? 200000???? 0????????? BE???? 100?? 100000 1?? 100000 848
7??? 0? 128000???? 0????????? BE???? 100?? 100000 1?? 100000 0
8??? 0? 0????????? 0????????? UGS_AD 500?? 10000? 1?? 10000? 3468
9??? 0? 100000???? 0????????? BE???? 100?? 100000 1?? 100000 0
10?? 0? 200000???? 0????????? BE???? 100?? 100000 1?? 100000 848
11?? 0? 200000???? 0????????? BE???? 100?? 100000 1?? 100000 848
12?? 0? 0????????? 0????????? UGS??? 150?? 100000 1?? 100000 0
13?? 0? 7000?????? 0????????? BE???? 100?? 100000 1?? 100000 0

次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
Sid この SID に関連付けられているアップストリーム SID 番号。
Pr この SID に関連付けられている、0(最低)〜 7(最高)のプライオリティ。
MaxSusRate この SID の最大平均レートまたはスループット(bps)。
MinRsvRate この SID の Minimum Reserved Throughput Rate または Committed Information Rate(bps)。
Sched Type この SID に関連付けられているスケジューリング タイプ。
グラントサイズ この SID に提供されている個々のデータ許可サイズ(バイト)(UGS または UGS-AD スタイルのスケジューリング タイプを使用している場合)。
グラント Intvl この SID で、連続する任意のデータ許可の間隔(マイクロ秒)(UGS または UGS-AD スタイルのスケジューリング タイプを使用している場合)。
GPI Grant Interval ごとに、対象となる SID に与えられたデータ許可数(UGS または UGS-AD スタイルのスケジューリング タイプを使用している場合)。
Poll Intvl この SID で、連続する要求チャンスの間隔(マイクロ秒)(RTPS、NRTPS または UGS-AD スタイルのスケジューリング タイプを使用している場合)。
Thrput この SID の現在のスループット(bps)。

show interface ケーブル <slot>/<port> SID <sid-number> qos verbose

show interface ケーブル スロット/ポート SID sid-number qos verbose コマンドは基本的な show interface ケーブル スロット/ポート SID qos コマンドで見られる qos verbose コマンドより詳細な情報を表示する:

uBR7246VXR_1.1# show interface cable 3/0 sid 1 qos verbose

Sid???????????????????????????????????? : 1
Traffic Priority??????????????????????? : 0
Maximum Sustained Rate????????????????? : 200000 bits/sec
Maximum Burst?????????????????????????? : 1600 bytes
Minimum Reserved Rate?????????????????? : 0 bits/sec
Minimum Packet Size???????????????????? : 64 bytes
Admitted QoS Timeout??????????????????? : 200 seconds
Active QoS Timeout????????????????????? : 0 seconds
Maximum Concatenated Burst????????????? : 1600 bytes
Scheduling Type???????????????????????? : Best Effort
Nominal Grant Interval????????????????? : 100000 usecs
Tolerated Grant Jitter????????????????? : 2000 usecs
Nominal Polling Interval??????????????? : 100000 usecs
Tolerated Polling Jitter??????????????? : 2000 usecs
Unsolicited Grant Size????????????????? : 100 bytes
Grants per Interval???????????????????? : 1
Request/Transmission Policy???????????? : 0x0
IP ToS Overwrite [AND-mask, OR-mask]??? : 0xFF, 0x0
Current Throughput????????????????????? : 863 bits/sec, 0 packets/sec

次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
Sid この SID に関連付けられているアップストリーム SID 番号。
トラフィック優先度 この SID に関連付けられている、0(最低)〜 7(最高)のプライオリティ。
最大 持続 レート この SID の最大平均レートまたはスループット(bps)。
最大バースト —アルゴリズムを制限するトークンバケットレート使用される最大トラフィックバーストサイズ(バイトで) —この SID のために…。 DOCSIS 1.0 システムの名前が類似する Maximum Upstream Transmit Burst フィールドと異なる点は、このフィールドの値が、アップストリーム パスで送信可能な最大フレーム サイズを必ずしも示していないという点です。
最小予約レート この SID の Minimum Reserved Throughput Rate または Committed Information Rate(bps)。
最小パケットサイズ —最小予約レートを計算するのに使用される最小パケットサイズ(バイトで) —この SID のために…。
Admitted QoS Timeout SID が Admitted 状態で、その SID でアクティビティが確認されなかった場合、どれくらいの期間(秒)その状態が続けば、SID が Admitted 状態から抜け出すかを示します。 このフィールドが 0 に設定 されれば SID に無限 Admitted QoS Timeout があります。
アクティブな QoS の タイムアウト SID が Active 状態で、その SID でデータの送受信が確認されなかった場合、どれくらい期間(秒)その状態が続けば、その SID が Active 状態および Admitted 状態から抜け出すかを示します。 このフィールドが 0 に設定 されれば SID に無限アクティブな QoS の タイムアウトがあります。
最大連結バースト この SID を介して送信できる連結フレームの最大バースト長(バイト)。
Scheduling Type この SID に関連付けられているスケジューリング タイプ。
公称 認可 間隔 この SID で、連続する任意のデータ許可の間隔(マイクロ秒)(UGS または UGS-AD スタイルのスケジューリング タイプを使用している場合)。
Tolerated Grant Jitter この SID が UGS または UGS-AD スタイルのスケジューリング タイプ を使用している場合、そのサービス フローに対し、完全に周期的な任意のデータ許可に対する最大ジッタまたは最大変動(マイクロ秒)に要求されるサービス保証値。
公称のポーリング間隔 この SID で、連続する要求チャンスの間隔(マイクロ秒)(RTPS、NRTPS または UGS-AD スタイルのスケジューリング タイプを使用している場合)。
Tolerated Polling Jitter RTPS、NRTPS、または UGS-AD スタイルのスケジューリング タイプを使用している SID に対し、完全に定期的なポーリング間隔に対する最大ジッタまたは最大変動(マイクロ秒)に要求されるサービス保証値。
Unsolicited Grant Size この SID に提供されている個々のデータ許可サイズ(バイト)(UGS または UGS-AD スタイルのスケジューリング タイプを使用している場合)。
間隔ごとのアクセス許可 対象となる SID に与えられたデータ許可数(UGS または UGS-AD スタイルのスケジューリング タイプを使用している場合)。
Request/Transmission policy ビットを組み合わせて設定 される値。 各ビットはこの SID がデータを CMTS に送信するか、または CMTS からの帯域幅を要求することができる状況についての情報を示します。 詳細については、「Request Transmission Policy」のセクションを参照してください。
IP TOS 上書き このフィールドは、この SID から着信する IP パケットに対し、CMTS が IP Type of Service Header フィールドをどのように変更するかを示します。 着信パケットの IP Type of Service フィールドの CMTS によってビット単位のANDed 行う最初のオクテットはマスクです。 およびオペレーションの結果を用いるビット単位のORed の第 2 バイトは IPパケットに適用するために新しい IP Type of Service フィールドを作成するマスク、です。か。
現在のスループット この SID の現在のスループット(bps)。

show interface ケーブル <slot>/<port> SID 詳細表示

そのこの資料が書かれている時、このコマンドに show interface ケーブル スロット/ポート SID コマンドと同じ出力があります。

show interface ケーブル <slot>/<port> アップストリーム <upstream-port-number>

DOCSIS によって 1.0 有効に される Cisco IOSソフトウェアでは、show interface ケーブル スロット/ポート アップストリーム upstream-port-number コマンドはアップストリームポートの受け取り パケットおよびエラーについての統計情報を表示するものです。 それはまたアップストリーム スケジューリング、キューイングおよび利用についての詳細を表示する:

uBR7246VXR_1.0# show interface cable 3/0 upstream 0

Cable3/0: Upstream 0 is administratively down
???? Received 0 broadcasts, 0 multicasts, 0 unicasts
???? 0 discards, 0 errors, 0 unknown protocol
???? 0 packets input, 0 uncorrectable
???? 0 noise, 0 microreflections
???? Total Modems On This Upstream Channel : 0 (0 active)
???? Default MAC scheduler
???? Queue[Rng Polls]? 0/64, fifo queueing, 0 drops
???? Queue[Cont Mslots]? 0/104, fifo queueing, 0 drops
???? Queue[CIR Grants]? 0/64, fair queueing, 0 drops
???? Queue[BE Grants]? 0/64, fair queueing, 0 drops
???? Queue[Grant Shpr]?? 0/64, calendar queueing, 0 drops
???? Reserved slot table currently has 0 CBR entries
???? Req IEs 0, Req/Data IEs 0
???? Init Mtn IEs 0, Stn Mtn IEs 0
???? Long Grant IEs 0, Short Grant IEs 0
???? Avg upstream channel utilization : 0%
???? Avg percent contention slots : 0%
???? Avg percent initial ranging slots : 0%
???? Avg percent minislots lost on late MAPs : 0%
???? Total channel bw reserved 0 bps
???? CIR admission control not enforced
???? Admission requests rejected 0
???? Current minislot count?? : 2865362??? Flag: 0
???? Scheduled minislot count : 2865402??? Flag: 0

DOCSIS によって 1.1 有効に される Cisco IOSソフトウェアでは、show interface ケーブル スロット/ポート アップストリーム upstream-port-number コマンドはアップストリームポート パケットおよびエラー統計情報だけを表示するものです。 (show interface cable slot/port mac-scheduler コマンドは、もう一方のアップストリーム統計情報を表示するようになりました)。

uBR7246VXR_1.1# show interface cable 3/0 upstream 1

Cable3/0: Upstream 1 is up
???? Received 1130 broadcasts, 5 multicasts, 163861 unicasts
???? 0 discards, 112199 errors, 0 unknown protocol
???? 164996 packets input, 1 uncorrectable
???? 10 noise, 0 microreflections
???? Total Modems On This Upstream Channel : 8 (8 active)

このコマンドのフィールドすべては clear counters コマンドを発行するときリセットされます。

次の表は、このコマンドの出力の各フィールドについて説明します。

フィールド 説明
ブロードキャスト このアップストリーム ポートで受信したブロードキャスト パケットの数。
multicasts このアップストリーム ポートで受信したマルチキャスト パケットの数。
unicasts このアップストリーム ポートで受信したユニキャスト パケットの数。
discards このアップストリーム ポートで正常に受信されたにもかかわらず、破棄されたパケットの数。 常に 0
エラー 誤った場合が CMTS アップストリームポートによって受け取られていること示す値。

このカウンターがすぐに増分する場合、RF 問題のサイン常にではないかもしれません。 電磁波干渉の問題をより正確に判定するには、uncorrectable カウンタを使用してください。

unknown protocol このアップストリーム ポートで受信したパケットで、プロトコル タイプが未知のパケット数。 常に 0
packets input このアップストリーム ポートで受信した入力パケットの総数。 この値は、ブロードキャスト、マルチキャスト、ユニキャストの合計と同じになります。
uncorrectable このアップストリーム ポートで受信した回復不能エラーをともなうパケットの数。
ノイズ レンジングおよび帯域幅要求期間の間にこのアップストリームポートの CMTS によって受け取られるノイズの量の示す値。
microreflections このアップストリーム ポートで受信したマイクロリフレクションの数。 現在の Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(4)BC1a に関しては、そのこの資料が書かれていた時、これは 0 常にです。
Total Modems on This Upstream Channel このアップストリームに関連付けられているケーブル モデムの総数。その後に、そのケーブル モデムの内で現在アクティブ状態のケーブル モデムの数が表示されます。

結論

データ オーバー ケーブルのインフラストラクチャを使用して、先進の IP ベース マルチメディア サービスを首尾良く展開するには、データ オーバー ケーブル ネットワークの基本コンポーネントが安定して動作していることを確認することが重要です。 既存のアプリケーションに対するネットワークの安定性が実証されると、さらに新しく高度なアプリケーションが稼働できます。

この文書では、高度な新機能を実装せずに、DOCSIS 1.0 ベースのシステムから DOCSIS 1.1 ベースのシステムに移行する方法について説明しました。 新しい DOCSIS 1.1 システムが古い DOCSIS 1.0 システムと正常に同じ機能性をサポートできることの確認によってケーブルサービスプロバイダーはこの安定性で構築し、VoIP および MPEG Video over IP のような高度 IP サービスを展開するために進むことができます。


関連情報


Document ID: 22030