音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco CallManager: 失われたART/CAR パスワードの回復方法

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco CallManager の Administrative Reporting Tool(ART)および CDR Analysis and Reporting(CAR)Tool にログインし、失ったパスワードをリセットする手順について説明します。 手順は、Cisco CallManager 3.1 と Cisco CallManager 3.3 および 4.x. とでは若干異なります。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報はこれらのソフトウェア および ハードウェア バージョンに基づいています:。

  • Cisco CallManager 3.0 またはそれ以降

  • ART 1.0(1) またはそれ以降

  • Cisco CAR 3.2 および 3.3

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco CallManagerバージョン 3.0、3.1、および 3.2 の失われた ART/CAR パスワードを回復して下さい

失われた ART/CAR パスワードを回復するためにこれらの手順を完了して下さい。

有効なユーザ名を検索して下さい

有効なユーザ名を検索すためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. > Cisco Unified CallManager からの DC Directory 管理者 『Start > Programs』 を選択 して下さい。

  2. Profile Name のために『Default Profile』 を選択 し、DC Directory Admin Log On ウィンドウから『Next』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/22020/restore-art-car-pwd-1.gif

  3. User Name フィールドの型ディレクトリ マネージャ

  4. Password フィールドの ciscocisco をデフォルトパスワードとしてタイプし、『Finish』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/22020/restore-art-car-pwd-2.gif

  5. cisco.com > Users を選択し、CiscoAdminRepToolAdminGroupUsers を右クリックし、『Properties』 を選択 して下さい。

    restore-art-car-pwd-3.gif

  6. Contact タブを『Properties』 をクリック し、選択して下さい。

  7. Directory Name フィールドの値が有効な ART ユーザであることを確認して下さい。 パスワードを判別するのにこの値を使用して下さい。

    restore-art-car-pwd-4.gif

パスワードを判別して下さい

パスワードを判別するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco CallManager Administration ページから User > Global Directory の順に選択 して下さい。

  2. User Search フィールドでは、Directory Name フィールドから検索されるユーザネームをタイプし、『Search』 をクリック して下さい。

    restore-art-car-pwd-5.gif

  3. ユーザを選択し、このユーザ向けのパスワードを設定 し、『Update』 をクリック して下さい。

    restore-art-car-pwd-6.gif

  4. ユーザネームを使用して ART にログイン すればそのパスワードちょうどリセットします。

    /image/gif/paws/22020/restore-art-car-pwd-7.gif

  5. [OK] をクリックします。

Cisco CallManager 3.3 および 4.x の失われた ART/CAR パスワードを回復して下さい

Cisco CallManager 3.3 および 4.x の失われた ART/CAR パスワードを回復するのにこれらの手順を使用して下さい。

有効なユーザ名を検索して下さい

有効なユーザ名を検索すためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. > Cisco Unified CallManager からの DC Directory 管理者 『Start > Programs』 を選択 して下さい。

  2. Profile Name のために『Default Profile』 を選択 し、DC Directory Admin Log On ウィンドウから『Next』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/22020/restore-art-car-pwd-8.gif

  3. User Name フィールドの型ディレクトリ マネージャ

  4. Password フィールドまたはパスワードの ciscocisco を DC Directory Admin のために設定 されるタイプし、『Finish』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/22020/restore-art-car-pwd-9.gif

  5. ディレクトリから、cisco.com > Groups へのドリル ダウンは、CiscoAdminRepToolAdminGroupUsers を右クリックし、『Properties』 を選択 します。

    restore-art-car-pwd-10.gif

  6. Properties ウィンドウは現われます。 ART/CAR の管理者であるユーザのユーザ名は Member ウィンドウにリストされています。 この例ユーザはユーザ名公爵があること。 パスワードを判別するのにこの値を使用して下さい。

    restore-art-car-pwd-11.gif

パスワードを判別して下さい

パスワードを判別するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. Cisco CallManager Administration ページから User > Global Directory の順に選択 して下さい。

  2. User Search フィールドでは、Directory Name フィールドから検索されるユーザネームをタイプし、『Search』 をクリック して下さい。

    restore-art-car-pwd-12.gif

  3. ユーザを選択します。 ユーザページが表示されたらユーザパスワードの側の Change ボタンをクリックして下さい。

    /image/gif/paws/22020/restore-art-car-pwd-13.gif

  4. 新しいパスワードを入力し、『Update and Close』 をクリック して下さい。

    restore-art-car-pwd-14.gif

    Cisco Unified CallManager 4.x によって、Microsoft Internet Explorer を使用して Cisco CallManager Administration ページを開くとき、ユーザ名 および パスワードのための秒ログイン ウィンドウ プロンプトは現われます。 これは SUN JRE が Internet Explorer で使用されるとき発生します。 Cisco CallManager Administration ページにアクセスするときポップアップする第 2 認証 ボックスをディセーブルにするためにこれらのステップを完了して下さい:

    1. Internet Explorer に行って下さい

    2. > Java (Sun) Tools > Internet Options > Advanced の順に選択 して下さい。

    3. 使用 Java の <applet> のための 2 v1.4.2_0x チェックを外して下さい[再始動を必要とします]

    4. Internet Explorer ページをリロードして下さい。

  5. https:// < IP アドレス ccm>/art/Logon.jsp URL の ART にログイン し、そのユーザ名 および パスワードをちょうどリセットします使用して下さい。

    restore-art-car-pwd-15.gif

  6. [OK] をクリックします。

デフォルトにユーザ名 および パスワードをリセットして下さい

パスワードを変更する Cisco Unified CallManager のグローバルディレクトリにアクセスできなければ CAR に得るべき代替方式はデフォルトへログインパスワードを変えることです。 デフォルトは username=admin、password=admin です。 リセットされて、CAR にログイン し、CAR にあらゆるユーザにアドミニストレーター特権を割り当てることができます。

  1. > Cisco Unified CallManager からの DC Directory 管理者 『Start > Programs』 を選択 して下さい。

  2. Profile Name のために『Default Profile』 を選択 し、DC Directory Admin Log On ウィンドウから『Next』 をクリック して下さい。

    restore-art-car-pwd-16.gif

  3. User Name フィールドのディレクトリ マネージャを入力して下さい。

  4. Password フィールドまたはパスワードの ciscocisco を DC Directory Admin のために設定 されるタイプし、『Finish』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/22020/restore-art-car-pwd-17.gif

  5. ディレクトリから、cisco.com > Groups へのドリル ダウンは、CiscoAdminRepToolAdminGroupUsers を右クリックし、『Delete』 を選択 します。 これは username=admin であるデフォルト値にユーザ名 および パスワードを、password=admin リセットします。

    restore-art-car-pwd-18.gif

  6. デフォルト username=admin の CAR ツールおよびログイン、および password=admin に行って下さい。

    : Ciscoサービス コンフィギュレーションウィンドウTools メニューの下で CDR 分析および CAR にログインするために報告をクリックして下さい。

    restore-art-car-pwd-19.gif

  7. ログオンされる、『Admin Rights』 をクリック し、管理者権限を与えたいと思うユーザ名を入力し『Add』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/22020/restore-art-car-pwd-20.gif

  8. プロセスを完了するために『Update』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/22020/restore-art-car-pwd-21.gif

  9. 今このユーザ名を使用して CAR にだけログインできます。


関連情報


Document ID: 22020