スイッチ : Cisco Catalyst 8500 シリーズ マルチサービス スイッチ ルータ

Catalyst 8540/8510 MSR および LightStream 1010 ATM スイッチのハードウェア トラブルシューティング: インターフェイスセル消失の問題

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


Catalyst 8540/8510 MSR およびLightStream 1010 ATMスイッチのハードウェア トラブルシューティング

インターフェイスセル消失の問題


目次


<<<Previous セクション次の Section>>>


LightStream 1010 および8510 の無効なセル

LightStrem 1010 および Catalyst 8500 シリーズ スイッチ ルータが含まれている Cisco ATMスイッチ ルータは共有メモリアーキテクチャとスイッチング ファブリックを使用します。 場合によっては、スイッチは次のコマンドおよびそれぞれプラットフォームの 1 つの出力に示すようにセルを廃棄し、無効なセルを逆らいます、増分します:
  • show switch fabric:Catalyst 8540
  • show controller atm 2/0/0 - LightStrem 1010
  • show controller controller0:Catalyst 8510
これらのスイッチでは、header error checksum(HEC; ヘッダー エラー チェックサム)の値が有効でも、存在しない virtual circuit(VC; 仮想回線)に到達した ATM セルが廃棄されると、無効セル カウンタが増えます。次の理由が考えられます。 考えられる原因は次が含まれています:
  • 破損したセル ヘッダー
  • スイッチ ファブリックのその VC の不完全または設定無し。 たとえば、ルータだけとない接続された ATM スイッチの仮想パス識別子/仮想チャネル識別子(VPI/VCI)ペアを設定すれば、ルータからのこの VC で送信されるセルはスイッチによって無効と見なされます。
この文書では、シスコの ATM キャンパス スイッチの無効セル カウンタについて説明し、無効セルの増加に対するトラブルシューティングのヒントを紹介します。

show controllers ATM 2/0/0 (または 13/0/0)または LightStream 1010 または Catalyst 8510 の ATM 0 の出力は(ソフトウェア バージョンおよびシャーシによって)受信された無効なセルの表をごく最近印刷します。 show controllers atm コマンドは、読み込まれる際にクリアーされます。つまり、show コマンドが実行されると無効セル カウンタがクリアーされます。 したがって、次にこのコマンドを実行した際、そのインターフェイス上で引き続いて無効セルを受信していない場合は、無効セル カウンタの値は 0 になっています。 

cisco# show controllers atm 2/0/0  
MMC Switch Fabric (idb=0x607F7DE0)  
Key: discarded cells - # cells discarded due to lack of resources  
or policing (16-bit)  
invalid cells - # good cells that came in on a non-existent conn.  
memory buffer - # cell buffers currently in use  
RXcells - # rx cells (16-bit)  
TXcells - # tx cells (16-bit)  
RHEC - # cells with HEC errors  
TPE - # cells with memory parity errors  
discarded cells = 0  
     invalid cells = 132 
     memory buffer = 0  
port type status RXcells TXcells RHEC TPE PACE_I PACE_M PACE_X  PACE_Y  
0/0/0 155MBPS xytrpm 0xD00D 0x2420 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000  0x0000 0x0000  
0/0/1 155MBPS xytrpm 0x969D 0x2DDE 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000  0x0000 0x0000  
0/0/2 155MBPS xytrpm 0x43CF 0x6D9B 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000  0x0000 0x0000  
0/0/3 155MBPS xytrpm 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000  0x0000 0x0000  
0/1/0 155MBPS xytrpm 0xF7AC 0xE115 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000  0x0000 0x0000  
0/1/1 155MBPS xytrpm 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000  0x0000 0x0000  
0/1/2 155MBPS xytrpm 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000  0x0000 0x0000  
0/1/3 155MBPS xytrpm 0x7969 0x3575 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000  0x0000 0x0000  
1/0/0 622MBPS xytrPm 0xB54F 0x8B73 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000  0x0000 0x0000  
2/0/0 CPU 0x9496A8 0x5EAA4D  
3/0/0 155MBPS xytrpm 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000  0x0000 0x0000  
3/0/1 155MBPS xytrpm 0xFB23 0xB8FB 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000  0x0000 0x0000  
3/0/2 155MBPS xytrpm 0xC5F9 0x2319 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000  0x0000 0x0000  
3/0/3 155MBPS xytrpm 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000  0x0000 0x0000  
3/1/0 155MBPS xytrpm 0x9B0A 0x52F0 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000  0x0000 0x0000  
3/1/1 155MBPS xytrpm 0x6B08 0x2342 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000  0x0000 0x0000  
3/1/2 155MBPS xytrpm 0x7467 0x0737 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000  0x0000 0x0000  
3/1/3 155MBPS xytrpm 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000 0x0000  0x0000 0x0000  
     Invalid Cell Log 
time stamp port pt clp gfc vpi vci  
41 0xBDC15C5C.0x851EB690 3/0/2 0x1 0x0 0x0 0x0      0x5 
     42 0xBDC15C5D.0x851EB568 3/1/1 0x1 0x0 0x0 0x0 0x5 
     43 0xBDC15C64.0x851EAD50 3/1/1 0x1 0x0 0x0 0x0 0x11 
     44 0xBDC15C65.0x851EAC28 3/1/1 0x1 0x0 0x0 0x0 0x11 
     45 0xBDC15C66.0x851EAB00 3/1/1 0x1 0x0 0x0 0x0 0x11 
     46 0xBDC15C68.0x851EA8B0 3/1/1 0x1 0x0 0x0 0x0 0x11 
     47 0xBDC15C69.0x851EA788 0/0/2 0x1 0x0 0x0 0x0 0x11 
     48 0xBDC15C6B.0x851EA538 0/0/2 0x1 0x0 0x0 0x0 0x11 
     49 0xBDC15C6D.0x851EA2E8 3/0/1 0x1 0x0 0x0 0x0 0x11 
     50 0xBDC15C6E.0x851EA1C0 3/0/1 0x1 0x0 0x0 0x0 0x11 
     51 0xBDC15C6F.0x851EA098 3/0/1 0x1 0x0 0x0 0x0 0x11 
ステップ 1 無効なセルをチェックして下さい 表示された無効なセル値は読み込み時にクリアされます。

ステップ 2 無効なセル ログをチェックして下さい

無効なセルの数のための ATMスイッチルータをポーリングするのに CISCO-RHINO-MIB の次のオブジェクトを使用できます:

ciscoAtmSwitchInvalidCells OBJECT-TYPE  
SYNTAX Counter32  
ACCESS read-only  
STATUS mandatory  
DESCRIPTION  
"The total invalid cells of the switch."  
::= { ciscoLS1010CpuSwitchGroup 5 }  
ciscoAtmSwitchInvalidCellHeaderTable OBJECT-TYPE  
SYNTAX SEQUENCE OF CiscoAtmSwitchInvalidCellHeaderEntry  
ACCESS not-accessible  
STATUS mandatory  
DESCRIPTION  
"A list of invalid cell header entries."  
::= { ciscoLS1010CpuSwitchGroup 6 }  
ciscoAtmSwitchInvalidCellHeaderEntry OBJECT-TYPE  
SYNTAX CiscoAtmSwitchInvalidCellHeaderEntry  
ACCESS not-accessible  
STATUS mandatory  
DESCRIPTION  
"a entry of invalid cell header."  
INDEX { ciscoAtmSwitchInvalidCellHeaderIndex }  
::= { ciscoAtmSwitchInvalidCellHeaderTable 1 }  
CiscoAtmSwitchInvalidCellHeaderEntry ::= SEQUENCE {  
ciscoAtmSwitchInvalidCellHeaderIndex INTEGER,  
ciscoAtmSwitchInvalidCellHeader OCTET STRING  
}  
ciscoAtmSwitchInvalidCellHeaderIndex OBJECT-TYPE  
SYNTAX INTEGER(1..64)  
ACCESS not-accessible  
STATUS mandatory  
DESCRIPTION  
"A sequence number that identifies a invalid cell header  
entry in the table."  
::= { ciscoAtmSwitchInvalidCellHeaderEntry 1 }  
ciscoAtmSwitchInvalidCellHeader OBJECT-TYPE  
SYNTAX OCTET STRING(SIZE(5))  
ACCESS read-only  
STATUS mandatory  
DESCRIPTION  
"The most recently received invalid cells header.  
octet 0 is port number (0-32),  
octet 1 bit 7-5 is PTI,  
octet 1 bit 4 is CLP,  
octet 1 bit 3-0 is GFC,  
octet 2 is VPI,  
octet 3 is high byte of VCI  
octet 4 is low byte of VCI."  
::= { ciscoAtmSwitchInvalidCellHeaderEntry 2 }

Catalyst 8540 での無効セル

Catalyst 8540 の show switch fabric コマンドでは、最近の無効セルのログは表示されません。 ただし、次のコマンドを使用すれば、どの VPI および VCI に無効セルが着信したかが分かります。

ステップ 1 無効なセルを増分することを用いる MSC# を判別する show switch fabric コマンドを使用して下さい。 Catalyst 8540 に必要な 2 つのスイッチ プロセッサには、それぞれ 4 個の MSC ASIC があります。 各 ASIC は、複数のポートを備えたスイッチ ファブリックを形成します。

8540# show switch fabric
swc_presence_mask: 0x5
Switch mode: NR_20G
Number of Switch Cards present in the Chassis: 2

SWC SLOT             SWC_TYPE         SWC_STATUS
=================================================

     5               EVEN              ACTIVE
     6               NOT-PRESENT       NOT-PRESENT
     7               ODD               ACTIVE


MMC Switch Fabric (idb=0x6244FE24)

  Key: Rej. Cells  - # cells rejected due to lack of resources
                            or policing (16-bit)
       Inv. Cells    - # good cells that came in on a non-existent conn.
       Mem Buffs     - # cell buffers currently in use
       RX Cells      - # rx cells (16-bit)
       TX Cells      - # tx cells (16-bit)
       Rx HEC        - # cells Received with HEC errors
       Tx PERR       - # cells with memory parity errors

  MSC#     Rej. Cells    Inv. Cells    Mem. Buffs    Rx Cells     Tx Cells     r
 -----    -----------   ------------   -----------  -----------  ----------   --
 MSC 0:            0               0           0       75085       37787       0
 MSC 1:            0               0           0           0           0       0
 MSC 2:            0               0           0           0           0       0
 MSC 3:            0               0           0           0           0       0
 MSC 4:            0               0           0           0           5       0
 MSC 5:            0               0           0         987         989       0
 MSC 6:            0               0           0         220         220       0
 MSC 7:            0               0           0        2677       23606       0

 Switch Fabric Statistics

      Rejected Cells: 0
      Invalid Cells: 0
      Memory Buffers: 0
      Rx Cells: 78969
      Tx Cells: 62607
      RHEC: 0
      TPE: 0

[Information Deleted]
ステップ 2 MSC# を、Rej チェックして下さい。 セルおよび Inv。 セル フィールド。 それらは物理ポートの MSC# または一致するセットごとの拒否された セルを示します。

ステップ 3 拒否された セルおよび無効なセル フィールドがあるように Switch Fabric Statistics セクションを確認して下さい。 それらは拒否された セルの総数を示します。

ステップ 4 どの物理ポートが特定の MSC を使用するか判別する show mmc ports コマンドを使用して下さい。

8540# show mmc ports  
int a0/0/0: msc#: 0 port#: 12  
int a0/0/1: msc#: 0 port#: 8  
int a0/0/2: msc#: 0 port#: 4  
int a0/0/3: msc#: 0 port#: 0  
int a0/0/4: msc#: 0 port#: 14  
int a0/0/5: msc#: 0 port#: 10  
int a0/0/6: msc#: 0 port#: 6  
int a0/0/7: msc#: 0 port#: 2  
int a0/0/8: msc#: 1 port#: 12  
int a0/0/9: msc#: 1 port#: 8  
int a0/0/10: msc#: 1 port#: 4  
int a0/0/11: msc#: 1 port#: 0  
int a0/0/12: msc#: 1 port#: 14  
int a0/0/13: msc#: 1 port#: 10  
int a0/0/14: msc#: 1 port#: 6  
int a0/0/15: msc#: 1 port#: 2  
[output omitted]
ステップ 3 無効なセルの詳細を表示する show mmc msc_reg all コマンドを使用して下さい。 「m」の値は MSC 数です。 次に、MSC# 1 に無効セルがあるスイッチから得られたサンプル出力を示します。
Switch# show mmc msc_reg all 1    
gcr0[1] = 0x0000A112 
     ... 
     icc[0] = 0x00000026 
     ... 
     ich[1] = 0x00000D00 0x00640064      
     vci:64 pti:0 clp:0 vpi:64      ssp:0 sp:D 
     ...        

ステップ 4 icc フィールドをチェックして下さい。  どの非ゼロ値でも無効なセルを示します。

ステップ 5 ich フィールドおよび次の vci、vpi および sp 値チェックして下さい:

  • vci —最後の無効なセルを受信する VCI を識別します。
  • vpi —最後の無効なセルを受信する VPI を識別します。
  • sp —無効なセルを受信するポート(p)を識別します。
ステップ 6 システムで存在 する接続を確認する show atm vc interface atm コマンドを使用して下さい。

注: 無効セルのログに引用されているポート番号および VPI/VCI 値には、実際のポート番号や VC に対応していないものが含まれている場合があります。 この理由は、いくつかのモジュールにある port interface(PIF; ポート インターフェイス)チップで、ポートにあるアイドル セルが無効セルと見なされるためです。 このインターフェイス チップは、アイドル セルに対するデフォルトの 0 の VPI の値を変更します。 たとえば、ポート #1 の VPI/VCI 0/16 は、PIF チップでは VPI/VCI 4/16 に変更されます。 このインターフェイス チップでは、アイドル セルがポートからドロップされ、無効セル カウンタの値が増えます。 ポート 0 および 6 では、物理的な VPI がそのインターフェイス チップの VPI と同一であるため、デフォルトのアイドル セルの VPI/VCI 0/0 の値はインターフェイス チップによって変更されません。

イーサネット インターフェイスでの無効なセル

イーサネットインターフェイスにまた無効なセルによる ATMスイッチルータのセル ドロップが生じることができます。 イーサネットインターフェイスはスイッチ ルータの内部 ATM スイッチ ファブリックによる伝達のためのイーサネットフレームをセグメント化する PIF ASIC からローカルインテリジェンスの多くを引き出します。 PIF では、受信したフレームまたはパケットが、インターフェイスで設定されているプロトコルに合った形式で受信されているかどうかをチェックします。 それはそしてコンテンツ アドレス可能メモリ(CAM)テーブルを検索し、宛先ポートの egress VPI/VCI 値を判別します。 最終的には、PIF はセルにフレームをセグメント化し、適切な egress VPI/VCI 情報の 5バイトヘッダーを加え、セルをスイッチ ファブリック送信します。 PIF でフレームをドロップする必要がある場合は、そのフレーム内のすべてのセルに VPI/VCI =0/0 という識別を付けます。その後、それらのセルはスイッチ ファブリックでドロップされます。

イーサネット PIF によってセルがドロップされ、無効セル カウンタの値が増えることは、次の理由によります。

  • 到達可能 MAC アドレスのレイヤ2 フィルタリングは受け取った イーサネット フレー ムとして同じインターフェイスします。 Catalyst 8500 は 0/0 VPI/VCI のスイッチ ファブリックに受信フレームの送信によってそのような「ローカル」MAC アドレスをフィルタリングします。 これらのドロップは、Catalyst 5000 の in-discards カウンタと同じです。
  • 多重化ベース(MUXベース)ギガビット イーサネット ラインカードのパケット破棄。 そのようなカードでは、受信パケットに転送不可あるいは認識できないプロトコルがあるためにパケットを廃棄する必要がある時、スイッチは0/0 VPI/VCIにパケットを送ります。
  • マイクロコードにより、スイッチ コアに実際には構築されていない VPI/VCI へパケットが送られます。

拒否されて破棄されたセル

場合によっては、スイッチはセルを廃棄し、次のいずれかのコマンドの出力のこれらのドロップを報告します、プラットフォームによって:
  • show switch fabric - Catalyst 8540 MSR
  • show controller atm 2/0/0 または atm0 -スタンドアロンシャーシの LightStream 1010 か Catalyst 8510
  • show controller atm 13/0/0 -下部のの LightStream 1010 か Catalyst 8510 Catalyst 5500 の 5 つのスロット
Cisco ATM スイッチ ルータは、次のいずれかの理由でセルをドロップした場合、廃棄または拒否されたセル カウンタを増加させます。 これらのセクションの目的は拒否された セルについては非ゼロ値をなぜ調べているか解決する上記の原因のそれぞれを検討し、方法で助言を提供することです。 しかし開始する前に、知識スイッチ アーキテクチャを検知 して下さい。 

スイッチ アーキテクチャについて

LightStream 1010 および Catalyst 8510 は Catalyst 8540 と異なるアーキテクチャを使用します。

LightStream 1010 および 8510 で、CPU および ATM Switch Processor のための統計情報を表示するのに show controller atm 2/0/0 (か Catalyst 5500 の 13/0/0 もし使用するなら)または show controller atm0 を使用して下さい:

ls1010# show controller atm 2/0/0  
MMC Switch Fabric (idb=0x60AD7B20)  
Key: discarded cells - # cells discarded due  to lack of resources  
or policing (16-bit)  
invalid cells - # good cells that came in on a non-existent conn.  
memory buffer - # cell buffers currently in use  
RXcells - # rx cells (16-bit)  
TXcells - # tx cells (16-bit)  
RHEC - # cells with HEC errors  
TPE - # cells with memory parity errors    
discarded cells = 0 
     invalid cells = 184027  
memory buffer = 0  
garbage cells to cpu = 0  
unexpected marker intrs = 0
破棄されたセル フィールドはすべてのポートを渡る破棄されたセルの合計数を示します。

Catalyst 8540 で、拒否された セルの数を表示する show switch fabric コマンドを使用して下さい。 Modular Switching Component (MSC)数ごとの拒否された セルを示すことこの出力が出力される LightStream 1010 と異なることに注目して下さい。 MSC 特定用途集積回路(ASIC)は、モジュールおよびポートの定義されたセットのスイッチ ファブリックを形成します。

8540MSR# show switch fabric
swc_presence_mask: 0x5
Switch mode: NR_20G
Number of Switch Cards present in the Chassis: 2

SWC SLOT             SWC_TYPE         SWC_STATUS
=================================================

     5               EVEN              ACTIVE
     6               NOT-PRESENT       NOT-PRESENT
     7               ODD               ACTIVE


MMC Switch Fabric (idb=0x6244FE24)

  Key: Rej. Cells  - # cells rejected due to lack of resources
                            or policing (16-bit)
       Inv. Cells    - # good cells that came in on a non-existent conn.
       Mem Buffs     - # cell buffers currently in use
       RX Cells      - # rx cells (16-bit)
       TX Cells      - # tx cells (16-bit)
       Rx HEC        - # cells Received with HEC errors
       Tx PERR       - # cells with memory parity errors

  MSC#     Rej. Cells    Inv. Cells    Mem. Buffs    Rx Cells     Tx Cells     r
 -----    -----------   ------------   -----------  -----------  ----------   --
 MSC 0:            0               0           0       82678       28733       0
 MSC 1:            0               0           0           0           0       0
 MSC 2:            0               0           0           0           0       0
 MSC 3:            0               0           0           0           0       0
 MSC 4:            0               0           0           0           5       0
 MSC 5:            0               0           0         987         989       0
 MSC 6:            0               0           0         220         220       0
 MSC 7:            0               0           0        2677       28138       0

 Switch Fabric Statistics

      Rejected Cells: 0
      Invalid Cells: 0
      Memory Buffers: 0
      Rx Cells: 86562
      Tx Cells: 58085
      RHEC: 0
      TPE: 0

[Information Deleted]
ステップ 2 MSC# を、Rej チェックして下さい。 セルおよび Inv。 セル フィールド。 それらは物理ポートの MSC# または一致するセットごとの拒否された セルを示します。

ステップ 3 拒否された セルおよび無効なセル フィールドがあるように Switch Fabric Statistics セクションを確認して下さい。 それらは拒否された セルの総数を示します。

8540 の 2 つの必須スイッチプロセッサのそれぞれはシステムでポートの半分のための内部 スイッチ ファブリックを構築する 4 つ MSC ASIC が含まれています。 どの物理ポートが特定の MSC# を使用するか判別する show mmc ports コマンドを使用して下さい。

8540#show mmc ports  
int a0/0/0: msc#: 0 port#: 12  
int a0/0/1: msc#: 0 port#: 8  
int a0/0/2: msc#: 0 port#: 4  
int a0/0/3: msc#: 0 port#: 0  
int a0/0/4: msc#: 0 port#: 14  
int a0/0/5: msc#: 0 port#: 10  
int a0/0/6: msc#: 0 port#: 6  
int a0/0/7: msc#: 0 port#: 2  
int a0/0/8: msc#: 1 port#: 12  
int a0/0/9: msc#: 1 port#: 8  
int a0/0/10: msc#: 1 port#: 4  
int a0/0/11: msc#: 1 port#: 0  
int a0/0/12: msc#: 1 port#: 14  
int a0/0/13: msc#: 1 port#: 10  
int a0/0/14: msc#: 1 port#: 6  
int a0/0/15: msc#: 1 port#: 2  
[output omitted]
各スロットによって、ポートの前半は均一な MSC# および第 2 半分使用を異様な MSC# 使用します。 ただし、オリジナル LightStream 1010 ポートアダプタ モジュール(PAM)、SuperCAM 単一 マップのすべてのポートおよび MSC ASIC を均一な SP にスーパーキャリア モジュール(SuperCAM)キャリア アクセス モジュールによって使用した場合。 たとえば、slot0 のポートの前半は SP0 の MSC0 に普通 slot0 のポートの後半は SP1 の MSC1 に接続するが、接続します。 しかし、SuperCAM では、ポートの両方のセットが SP0 の MSC0 に接続します。

不十分なバッファ領域

Cisco キャンパスATM スイッチは 65,536 人のセルまでストアその共有メモリアーキテクチャを使用します。 共有メモリ設計を使用すると、次の利点が得られます。
  • さらに多くの接続、また、さらにより高い負荷をサポートします。
  • 任意のマルチキャスト セルの単一コピーが共通セル メモリに格納されるため、さらに多くのマルチキャスト トラフィックをサポートします。
  • 最大レベルの統計バッファ シェアリングを行える完全なシェアリング機能をサポート。
すべてのポートが全メモリを使用できるため、バッファを調整するときは、各ポート間における公平性を守ることが重要なので、1 つのポートまたはポートの小サブセットが、全バッファを占有しないよう確認してください。

注: 共有メモリ アーキテクチャとは逆に、ポートごとの出力バッファ アーキテクチャは、各ポートにある他のポートがアクセスできない専用メモリ バッファです。 Catalyst 6000 および Catalyst 5000 は出力バッファ付スイッチです。

LightStream 1010 で、現在使用中のメモリバッファの数を表示する sh controller atm 2/0/0 コマンドを使用して下さい。

ls1010# show controller atm 2/0/0  
MMC Switch Fabric (idb=0x60AD7B20)  
Key: discarded cells - # cells discarded due  to lack of resources  
or policing (16-bit)  
invalid cells - # good cells that came in on a non-existent conn.  
memory buffer - # cell buffers currently in use  
RXcells - # rx cells (16-bit)  
TXcells - # tx cells (16-bit)  
RHEC - # cells with HEC errors  
TPE - # cells with memory parity errors  
discarded cells = 0  
invalid cells = 184027  
     memory buffer = 0 
     garbage cells to cpu = 0  
unexpected marker intrs = 0
メモリバッファ フィールドをチェックして下さい。 それは使用中 の プロダクション スイッチの非ゼロ値を表示する必要があります

解放されたバッファおよび破棄されたセルの数のための ATMスイッチルータをポーリングするのに CISCO-RHINO-MIB の次の管理対象オブジェクトを使用できます:

管理対象オブジェクト 説明
ciscoAtmSwitchTotalBuffer スイッチの共有メモリのセル バッッファカウントの総数
ciscoAtmSwitchFreeBuffer スイッチの共有メモリの空き セル バッファ カウント
ciscoAtmSwitchDiscardCells スイッチで廃棄されたセルの総数

キューの上限値の超過

システムのキューイングを制御する ATM スイッチ ルータ 使用 構成可能 キュー の 限界およびしきい値。 キューイング プロセスおよび構成可能値は ATM Switch Processor (ASP)か Multiservice スイッチ プロセッサ(MSP)でインストールされる特殊機構カードと異なります:

フィーチャ カードクラス別キューイング(FC-PCQ) フィーチャ カード フロー別キューイング(FC-PFQ)および 8540 
サービス カテゴリの制限 はい いいえ
インターフェイスごとの最大キュー サイズ はい いいえ
しきい値グループ いいえ はい

セルの数を制限する FC-PCQ サポート サービス カテゴリ制限の Catalyst 8510 および LightStream 1010 は出力キューの種類によって判別されるようにスイッチに、受け入れました。 これらの限界を表示する show atm resource コマンドを使用して下さい。 デフォルト以外 の 値を設定する atm service-category-limit コマンドを使用して下さい。

 
Switch# show atm resource  
Resource configuration:  
Over-subscription-factor 16Sustained-cell-rate-margin-factor  1%  
Abr-mode: relative-rate  
Atm service-category-limit (in cells):  
     64544 cbr 64544 vbr-rt 64544 vbr-nrt 64544 abr-ubr      
     Resource state:  
Cells per service-category:  
0 cbr 0 vbr-rt 0 vbr-nrt 0 abr-ubr
注: 前例ですべての ATMサービス クラスに共用メモリのほとんどにデフォルトでアクセスできます。

FC-PCQ の Catalyst 8510 および LightStream 1010 はまたインターフェイスごとの ATMサービスクラスごとの伝達のために転送をスケジュールさせることができるセルの数を判別する最大キュー サイズをサポートします。 デフォルト以外 の 値を設定する atm output-queue コマンドを使用して下さい。

コマンド 説明
Switch(config-if)# atm output-queue [force] 
      {cbr | vbr-rt | vbr-nrt | abr-ubr} max-size number 
出力キューの最大キューサイズを設定します。
Switch> show atm interface resourceatm        
       {card/subcard/port}
リソース管理 インターフェイスコンフィギュレーション ステータスおよび統計情報を表示する。
Switch(config-if)# Switch(config)# atm threshold-group
      service {cbr | vbr-rt | vbr-nrt | abr | ubr} group#
しきい値 グループにサービス カテゴリを設定します。

キュー サイズのすべての値がスイッチ ファブリックによってサポートされているわけではないので、インストールされる値が、要求される設定値とともに表示されます。 インストールされる値は要求されるそれに等しい、 またはそれ以上常にです。 両方の値を表示する show atm interface resource atm コマンドを使用して下さい。

Switch> show atm interface resource atm 3/0/0  
Resource Management configuration:  
Output queues:  
Max sizes(explicit cfg): 30000 cbr, none vbr-rt, none vbr-nrt, none  abr-ubr  
! -- Note the "explicit cfg" values.  
Max sizes(installed): 30208 cbr, 256 vbr-rt,  4096 vbr-nrt, 12032 abr-ubr  
! -- Note the "installed" values.  
Efci threshold: 25% cbr, 25% vbr-rt, 25% vbr-nrt, 25% abr, 25%  ubr  
Discard threshold: 87% cbr, 87% vbr-rt, 87% vbr-nrt, 87% abr, 87%  ubr  
Abr-relative-rate threshold: 25% abr  
[output omitted]
注: FC-PFQのあるシステムでは、セルを出力キューでなく入力キューにキューイングするので、atm output-queue コマンドは適用されません。

FC-PFQ の Catalyst 8510 および LightStream 1010 システムおよび Catalyst 8540s はしきい値 グループ 機能をサポートします。 各グループは仮想パス(VP) VBR-nrt または UBR のような同じ ATM サービス カテゴリに、属する virtual circuits (VCs)でおよび構成されています。 デフォルトで、1 つのしきい値 グループは 1 ATMサービスクラスのためのセルを保持します。 複数のサービス カテゴリをしきい値 グループに割り当て、デフォルト以外のグループ番号にサービス カテゴリを割り当てる atm threshold-group コマンドを使用して下さい。 変更を確認する show atm resource コマンドを使用して下さい。

次の出力例では、ATMスイッチルータはデフォルト設定を使用しています。 1つの ATM サービス クラスは、1つのしきい値グループに割り当てられます。

Ls1010# show atm resource
Resource configuration:
    Over-subscription-factor 8  Sustained-cell-rate-margin-factor 1%
    Abr-mode:   EFCI
    Hierarchical Scheduling Mode : disabled
    Service Category to Threshold Group mapping:
     cbr 1 vbr-rt 2 vbr-nrt 3 abr 4 ubr 5
    Threshold Groups:
    Group Max    Max Q  Min Q  Q thresholds  Cell  Name
          cells  limit  limit  Mark Discard  count
          instal instal instal
    ---------------------------------------------------
     1    16447  767    767    25 %  62 %      0     cpu-switched-tg
     2    65535  127    127    25 %  87 %      0     vbrrt-default-tg
     3    65535  511    31     25 %  87 %      0     vbrnrt-default-tg
     4    65535  511    511    25 %  87 %      0     ipc-tg
     5    61439  511    31     25 %  62 %      0     switching-tg
     6    65535  4095   1023   25 %  87 %      0     well-known-vc-tg


Ls1010#
注: 各グループは 1 ATM サービス カテゴリにデフォルトで一致します。 

各しきい値 グループは一組のしきい値を持っていて各領域が 8 つの領域で、構成されています。 しきい値 グループはメンバー VC に共有セルメモリで格納される多数のセルがあると混雑します。 メンバーのためのキューされたセルの累積数として VC は" Max cells install " 値に、max-queue-limit からの min-queue-limit に各々の VC 単位および VP ごと の キュー圧縮のセルの最大数アプローチします。 キュー サイズの値のために出力される show atm resource の" max q limit instal " および " min q limit instal " カラムを参照して下さい。

輻輳が 0 セル(非輻輳)から 1/8 フルまでの範囲で発生している時は、コネクションキューにおける制限は、最大キューサイズとなっています。 一般に 1 つの領域から別のものに移ると同時に、新しいしきい値最大値(previous-threshold/2、min-queue-threshold)を作ります。 輻輳が完全に十分にに 7/8ths の範囲に十分にあるとき、接続キューは min-queue-size に制限されます。 グループが 1/8th 完全の上で行くことによって混雑する場合その時だけ上部領域のしきい値 グループのためのスイッチのオペレーションが発生することに注目して下さい。 ただし、最大サイズおよびしきい値のポジションコマンドは、下位領域のしきい値グループにも有効です。

次のコマンドで、しきい値グループの値を調節します。

コマンド 説明
atm threshold-group group max-cells number
グループのすべての VC のために並べられるセルの最大数を設定します。 show atm resource の" Max cells instal " 値を参照して下さい。
atm threshold-group group max-queue-limit number
グループに属するすべての VCに適用される、各VC の最大キュー制限値を設定します。 show atm resource の "Max Q limit install" の値を参照してください。
atm threshold-group group min-queue-limit number
グループのすべての VC に適用される最も小さい VC ごと の キュー 限界を設定します。 show atm resource の" Min Q limit install " 値を参照して下さい。
atm threshold-group group marking-threshold percent
VCキューが「完全」考慮される、スイッチは明示的順方向輻輳通知 (EFCI) ビットを設定 し開始するか、または使用可能ビット レート (ABR) 相対レート マーキングを設定しますポイントを判別し。 show atm resource の" Q thresholds Mark " 値を参照して下さい。
atm threshold-groupgroup discard-threshold percent
VCキューが「完全」考慮される、スイッチは 1 つにセル廃棄優先 (CLP) ビットを持つセルを廃棄し開始し、早期パケット廃棄 (EPD)を設定しますポイントを判別し。 show atm resource の" Q thresholds Discard " 値を参照して下さい。

show atm vc コマンドにより、キューのしきい値の超過によって発生したセルの拒否または廃棄に関わる、次の 2 つのカウンタが表示されます。

  • しきい値グループごとにキューに登録されるセルの数。
  • フルキューによるドロップの数カウンター「Rx Clp0 q 完全なドロップ」および「Rx Clp1 qthresh ドロップ」
: パケット破棄が VC で有効に なるかどうかによってドロップ カウンタに関する show atm vc コマンド変更の出力。
switch# show atm vc int atm 12/0/3 0 100  
Interface: ATM12/0/3, Type: oc3suni  
VPI = 0 VCI = 100  
Status: UP  
Time-since-last-status-change: 00:18:09  
Connection-type: PVC  
Cast-type: point-to-point  
Packet-discard-option: disabled  
Usage-Parameter-Control (UPC): pass  
Wrr weight: 2  
Number of OAM-configured connections: 0  
OAM-configuration: disabled  
OAM-states: Not-applicable  
Cross-connect-interface: ATM12/0/0, Type: oc3suni  
Cross-connect-VPI = 0  
Cross-connect-VCI = 100  
Cross-connect-UPC: pass  
Cross-connect OAM-configuration: disabled  
Cross-connect OAM-state: Not-applicable  
Threshold Group: 1, Cells queued: 63  
Rx cells: 2010095, Tx cells: 0  
Tx Clp0:0, Tx Clp1: 0  
Rx Clp0:2010095, Rx Clp1: 0  
Rx Upc Violations:0, Rx cell drops:148  
Rx Clp0 q full drops:148, Rx Clp1 qthresh      drops:0 
[output omitted]
注:  CBRサービスカテゴリは 1 をデフォルトでグループ化するために割り当てられます。 

Clp0 q 完全なドロップおよび Clp1 qthresh ドロップ フィールドに続く数をチェックして下さい。

SNMP のポーリングを通じて、これらのカウンタをモニタすることもできます。

管理対象オブジェクト 説明
ciscoAtmVclClp0VcqFullCellDrops CLP ビット クリアで、この仮想チャネル リンク(VCL)上で受信するセルのうち、各VC のキュー制限を超過するため、廃棄された総数です。 このカウンタは、VCLにおけるEPD が無効になっているときだけ有効です。 LightStream 1010s で、このカウンターはスイッチ プロセッサが FC-PFQ が装備されているときだけ有効です。
ciscoAtmVclVcqClpThreshCellDrops この VCL で受信されるセルのうち、各VC のキューにおける廃棄しきい値を超過したためCLP ビットが設定され、廃棄されたセルの総数です。 このカウンタは、VCLにおけるEPD が無効になっているときだけ有効です。 LightStream 1010s で、このカウンターはスイッチ プロセッサが FC-PFQ が装備されているときだけ有効です。
ciscoAtmVclLsPerVcQThreshGrp この VC によって受信されたセルのためのセル キューが並べられるしきい値 グループ。 この値は、VCL がアクティブ相互接続になるまで有効ではありません。 LightStream 1010s で、このカウンターはスイッチ プロセッサが FC-PFQ が装備されているときだけ有効です。

使用量パラメータ制御(UPC)違反

、ATM スイッチは User-Network Interface (UNI)のネットワーク側で設定されたとき仮想接続の前方(ネットワークに)方向のセルのフローのポリシングを行ないます。 これらのポリシング メカニズムは Usage Parameter Control (UPC)として知られています。 彼らは受信されたセルがネゴシエーションされた トラフィック 管理値に従っている判別し、次に設定によって違反 セルの次のいずれかの処置をかどうかとります:
  • セル ヘッダーのセル廃棄優先(CLP)ビットを変更することなく、セルを渡す。
  • セルに CLP ビット値 1 のタグを付ける。
違反活動を規定 する atm pvc コマンドupc パラメータを使用して下さい。 コマンドの完全な構文は次のとおりです。

コマンド 説明
atm pvc vpi-A [vci-A | any-vci] [upc upc-A] 
        [pd pd]interface atm card-B/subcard-B/port-B[.vpt#]
        vpi-B [vci-B | any-vci] [upcupc-B]
PVC を設定します。 show atm resource の" Max cells install " 値を参照して下さい。

upc パラメータは、プロセッサ ポート(ATM 0)でタグ付けまたはドロップを行うように設定することはできません。

通常、UPC はソフト VC のソース エンドだけポリシングを行ないます。 ソフト VC の宛先端のすべての終端 VC のための UPC をデフォルトで有効に する atm svc-upc-intent drop コマンドを使用して下さい。

show atm vc コマンドを使用し、UPC 違反のために廃棄されたセル数だけでなく、設定した UPC アクションおよびインテリジェント パケット廃棄メカニズムも表示します。

Switch# show atm vc interface atm 0/0/1.51 51 16  
Interface: ATM0/0/1.51, Type: oc3suni  
VPI = 51 VCI = 16  
Status: DOWN  
Time-since-last-status-change: 2w0d  
Connection-type: PVC  
Cast-type: point-to-point  
Packet-discard-option: enabled      
Usage-Parameter-Control (UPC): pass      
Wrr weight: 32  
Number of OAM-configured connections: 0  
OAM-configuration: disabled  
OAM-states: Not-applicable  
Cross-connect-interface: ATM2/0/0, Type: ATM Swi/Proc  
Cross-connect-VPI = 0  
Cross-connect-VCI = 73  
Cross-connect-UPC: pass  
Cross-connect OAM-configuration: disabled  
Cross-connect OAM-state: Not-applicable  
Encapsulation: AAL5ILMI  
Threshold Group: 6, Cells queued: 0  
Rx cells: 0, Tx cells: 0  
Tx Clp0:0, Tx Clp1: 0  
Rx Clp0:0, Rx Clp1: 0  
Rx Upc Violations:0, Rx cell drops:0      
Rx pkts:0, Rx pkt drops:0  
Rx connection-traffic-table-index: 6  
Rx service-category: UBR (Unspecified Bit Rate)  
Rx pcr-clp01: 424  
Rx scr-clp01: none  
Rx mcr-clp01: none  
Rx cdvt: 1024 (from default for interface)  
Rx mbs: none  
Tx connection-traffic-table-index: 6  
Tx service-category: UBR (Unspecified Bit Rate)  
Tx pcr-clp01: 424  
Tx scr-clp01: none  
Tx mcr-clp01: none  
Tx cdvt: none  
Tx mbs: none  
No AAL5 connection registered
パケット廃棄オプションおよび使用状況パラメータ制御の設定をチェックして下さい。 また違反の数があるように Upc Violations フィールドを確認して下さい。

SNMP のポーリングを通じて、これらのカウンタをモニタすることもできます。 CISCO-ATM-CONN-MIB で ciscoAtmVclUpcViolations 管理対象オブジェクトを使用して下さい

注: 現在のシグナリング プロトコルによって、Operation, Administration, and Maintenance(OAM)フローのトラフィック パラメータを明示的に指定することができないため、ATM スイッチ ルータは 、着信セル レートの算定において、OAM セルをデータセルと同様にカウントします。 

Cell Loss Priority (CLP; セル損失優先)の廃棄

標準的な ATM セル ヘッダには、セル廃棄優先(CLP)ビットが含まれ、着信端への伝送中にセルに輻輳が起こったことを明示的に示します。 1 つという CLP 値はセルは低い 優先順位があり、こうして可能性が高い輻輳の時廃棄されることを意味します。 従って、CLP ビットを使用し、異なる優先度のセル フローを生成することができます。

ATM スイッチ ルータは共有されるべきセルバッファの数にしきい値を CLP = 0 および CLP = 1 セル課すしきい値ベース CLP 選択的廃棄メカニズムを使用します。 スイッチポート キュー占有がユーザ設定可能なしきい値スレッシュホールド レベルに達するとき、CLP だけが = 0 セル = システムおよび CLP を入力することができます 1 セルは廃棄されます。

CLP 廃棄または早期パケット廃棄処理に値するセルがあれば、show atm resource コマンドにより、キューしきい値のパーセンテージで表示されます。この値は、"Discard" というラベルのついたカラムに表示されます。 この値はです「廃棄分類されるカラム」。と

NewLs1010# show atm resource
Resource configuration:
    Over-subscription-factor 8  Sustained-cell-rate-margin-factor 1%
    Abr-mode:   EFCI
    Hierarchical Scheduling Mode : disabled
    Service Category to Threshold Group mapping:
     cbr 1 vbr-rt 2 vbr-nrt 3 abr 4 ubr 5
    Threshold Groups:
    Group Max    Max Q  Min Q  Q thresholds  Cell  Name
          cells  limit  limit  Mark Discard  count
          instal instal instal
    ---------------------------------------------------
     1    16447  767    767    25 %  62 %      0     cpu-switched-tg
     2    65535  127    127    25 %  87 %      0     vbrrt-default-tg
     3    65535  511    31     25 %  87 %      0     vbrnrt-default-tg
     4    65535  511    511    25 %  87 %      0     ipc-tg
     5    61439  511    31     25 %  62 %      0     switching-tg
     6    65535  4095   1023   25 %  87 %      0     well-known-vc-tg


NewLs1010#
コマンド ATM threshold-group [モジュール ID モジュール]グループ discard-threshold パーセントの廃棄しきい値の値を調節して下さい

しきい値の値は 2 つあることにも注意します。

  • Mark:明示的順方向輻輳表示 (EFCI) ビットが設定されるしきい値。
  • Discard:CLP 廃棄または早期パケット廃棄(EPD)セルを判断するしきい値。
オプションで、CLP 選択廃棄とともに使用するための、各 VC のテール パケット廃棄を有効にすることができます。 TPD オプションでは、システム "goodput" (使用可能なスループット)を拡張します。 「pd」か atm pvc コマンドのパケット破棄パラメータの規定によってテール パケット 破棄 (TPD)を有効に します。 pd パラメータは、テール パケット廃棄および早期パケット廃棄の両方を有効にします。.

コマンドの構文は、次のとおりです。

コマンド 説明
atm pvc vpi vci [pd pd] [rx-cttrindex] [tx-cttr index
PVC を設定します。
atm soft-vc source-vpi source-vci dest-address   
        atm-address dest-vpi dest-vci [pd pd]   
        [rx-cttr index] [tx-cttr index
スイッチ ルータのソフトPVC を設定します。

show atm interface resource コマンドを使用して、廃棄しきい値率を表示します

LS1010# show atm interface resource atm 4/1/0
Resource Management configuration:
    Output queues:
        Max sizes(explicit cfg): none cbr, none vbr-rt, none vbr-nrt, none abr-r
        Max sizes(installed): 256 cbr, 512 vbr-rt, 4096 vbr-nrt, 11776 abr-ubr
        Efci threshold: 25% cbr, 25% vbr-rt, 25% vbr-nrt, 25% abr, 25% ubr
        Discard threshold: 87% cbr, 87% vbr-rt, 87% vbr-nrt, 87% abr, 87% ubr
        Abr-relative-rate threshold: 25% abr
    CAC Configuration to account for Framing Overhead : Disabled
    Pacing: disabled   0 Kbps rate configured, 0 Kbps rate installed
    overbooking :  disabled
    Service Categories supported: cbr,vbr-rt,vbr-nrt,abr,ubr
    Link Distance: 0 kilometers
    Controlled Link sharing:
        [Information Deleted]
廃棄しきい値値をチェックして下さい。

UPC では、UPC ポリシーとしてドロップまたはタグを実装することができます。 上記の維持セル レート(SCR)にタグを付け、上記のピーク セル レート(PCR)をドロップする、タグアンドドロップ ポリシーを設定することはできません。

次の出力例はのイネーブルになった 10 MB SCR および 20 MB PCR に、パケット破棄(PD)およびトラフィック形成パラメータ通じるために設定 された 相手先固定接続(PVC)、設定 された UPC で生成されました。 このPVC を通して 25 MB 送信すると、セルの約 60 パーセントで UPC 違反が起こります。

switch# show atm vc int a0/1/3 2 122  
Interface: ATM0/1/3, Type: oc3suni  
VPI = 2 VCI = 122  
Status: UP  
Time-since-last-status-change: 00:56:47  
Connection-type: SoftVC  
Cast-type: point-to-point  
Soft vc location: Source  
Remote ATM address: 39.840f.8011.4126.0002.fd98.0001.4000.0c80.1010.00  
Remote VPI: 2  
Remote VCI: 122  
Soft vc call state: Active  
Number of soft vc re-try attempts: 0  
First-retry-interval: 5000 milliseconds  
Maximum-retry-interval: 60000 milliseconds  
Aggregate admin weight: 5040  
TIME STAMPS:  
Current Slot:2  
Outgoing Setup March 12 11:45:31.180  
Incoming Connect March 12 11:45:31.188  
   Packet-discard-option: enabled    
   Usage-Parameter-Control (UPC): tag    
   Wrr weight: 2  
Number of OAM-configured connections: 0  
OAM-configuration: disabled  
OAM-states: Not-applicable  
Cross-connect-interface: ATM0/1/2, Type: oc3suni  
Cross-connect-VPI = 0  
Cross-connect-VCI = 112  
Cross-connect-UPC: pass  
Cross-connect OAM-configuration: disabled  
Cross-connect OAM-state: Not-applicable  
Threshold Group: 2, Cells queued: 0  
   Rx cells: 3706784, Tx cells:    0 
   Tx Clp0:0, Tx Clp1: 0  
Rx Clp0:3706784, Rx Clp1: 0  
   Rx Upc Violations:2257061, Rx cell drops:0    
   Rx pkts:115837, Rx pkt drops:0  
Rx connection-traffic-table-index: 3020000  
Rx service-category: VBR-RT (Realtime Variable Bit Rate)  
Rx pcr-clp01: 20000  
Rx scr-clp01: 10000  
Rx mcr-clp01: none  
Rx cdvt: 1024 (from default for interface)  
Rx mbs: 1024 (from default for interface)
パケット廃棄オプションおよび使用状況パラメータ制御の設定をチェックして下さい。

Rx UPC違反および Rx セルRx セルおよび Tx セル フィールドをドロップ フィールド チェックして下さい。

相手先選択接続(パケット破棄を有効に するために SVC)によって、Cisco キャンパスATM スイッチは示すのに AAL5 Information Element (IE)をかどうか使用します; AAL5 IE の存在はスイッチに PD を有効に するように指示します。 ATM スイッチは、UNI 4.0 シグナリングを使用する ATM インターフェイスにおいて、ATM トラフィック記述子 IE のトラフィック管理オプション フィールドで、フレーム廃棄ビットを使用することがあります。

インテリジェント テール パケット廃棄/早期パケット破棄(ITPD/EPD)

ほとんどのデータフレームは複数のセルとして ATMクラウドを渡ってセグメント化され、送信されます。 1つ以上のセルがネットワークによって廃棄される場合、結果として生じるパケットは CRC チェック 受電端で壊れ、再送信する必要があります。 再送パケットでもなく、または不完全なパケットの一部でもない送達セル数としてカウントされる、このような再送分は、不良なスループットおよび goodput をもたらします。

完全に最大化するために受け渡されたパケットの数を、ATMスイッチルータはそのユニークな ITPD/EPD 方式をインテリジェントにおよび選択的に廃棄しますフラグメンテーションの効果を最小に するために同じパケットに属しているセルを設定します。 協力して、ITPD/EPD は急速に一杯にバッファから破損パケット または 完全なパケットをダンプして頻繁なバッファ オーバーフローを防ぐことができます。 多数のパケットに及ぶセルではなく、少数のパケットをドロップすることにより、バッファ オーバーフローが発生して、エンドツーエンドのシステム goodputに、非効率的かつ深刻な影響が及ぶことがなくなります。

ITPD は発生していると同時にフラグメンテーションを最小限に抑えるためにはたらきます。 ITPD は次のいずれかの原因によるセル ドロップに応じて機能します:

  • 違反における UPC 強制アクション
  • バッファ オーバーフロー
  • バッファ制限の超過
  • CLP 選択廃棄
パケットの 1 つのセルが ATMスイッチルータによって廃棄されたら、ITPD は同じパケットのすべてのそれ以降のセルを廃棄します。 フィーチャカードによっては、最後のセル(end of packet(EOP)セルとしても知られる)もドロップされる場合があります。

ATM スイッチはセルヘッダーのペイロードタイプ識別子(PTI)フィールドによって EOP セルを少し識別します。 FC-PCQ では、EPD を行っている時フレームの最後のセルをドロップしませんが、FC-PFQ はドロップします。

EPD は発生する前にフラグメンテーションを防ぐためにはたらきます。 EPD を使うと、ATMスイッチルータはスイッチ バッファ キューがユーザ設定可能なしきい値スレッシュホールド レベルに達するとき新たに 到達する パケットからの EOP セルを除くすべてのセルを廃棄し始めます。 あるパケットの最初のセルがバッファに入っている場合、十分なバッファ スペースが利用可能であれば、そのパケットの残りすべてのセルを入れることができます。 そうでない場合は、TPD を使うことができます。

しきい値を設定する atm threshold-group group discard-threshold percent コマンドを使用して下さいその時点でキューは十分に考慮され、EPD はセルを廃棄し始めます。 デフォルト廃棄率については show atm resource の出力の" Q thresholds Discard " 値を参照して下さい。

EPD しきい値の定義づけで、バッファ使用の有効性、およびセルがドロップされる頻度を決定します。 EPD しきい値分は実質的に有効なバッファ サイズとして機能します。 EPD しきい値より上の、バッファキャパシティ超過分は、バッファ、または伝送回線において、すでに該当するパケットに属するセルが存在しているとき、そのセルを収容するために使用します。

以下のような要素によってしきい値を設定します。

  • パケット サイズの分散
  • トラフィック分散
  • 輻輳の継続時間
  • 輻輳期間中に着信したが、これから処理するパケットに属しており、結果的にバッファする必要があるセルの比率。
  • 他の ATM レベルまたはトランスポート レベルのフローおよび輻輳制御メカニズムとの相互作用。
また、求められるバッファ キャパシティ超過分は、バッファがどれだけ TPD/EPD 以外のトラフィックと共有されるかに依存します。 「pd」か atm pvc コマンドのパケット破棄パラメータの規定によって TPD を有効に することができます。 pd パラメータは、テール パケット廃棄および早期パケット廃棄の両方を有効にします。. パケット廃棄は、AAL5 接続のためにだけ有効にできます。 次に、どのようにUPC および PD オプションでのドロップ動作が変わるかを示します。
  • UPC はドロップするよう設定し、PD は無効である場合、スイッチは違反セルだけをドロップする。
  • UPC はドロップするよう設定し、PD は有効である場合、スイッチは ITPD を実行し、違反セルに続くすべてのセルをドロップする(最後のセルを除く)。
  • PD が有効で、セルが EPD しきい値を超過したバッファにキューイングされた場合、スイッチは (AAL5) パケット単位でドロップする。
つまり、PD は、可能な場合(たとえば、キュー サイズが大きい時)には EPD として適用され、その他の場合(UPC ドロップおよびバッファ オーバーフローを含む)には、ITPD として適用されます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報



Document ID: 22013