アプリケーション ネットワーキング サービス : Cisco CSS 11500 シリーズ コンテンツ サービス スイッチ

ギガビット イーサネット インターフェイスを使用した CSS 11000 の Catalyst 6000 への接続

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、ギガビット イーサネット(GE)インターフェイスを使用して、コンテンツ サービス スイッチ(CSS)を Catalyst 6000 シリーズのスイッチに接続する適切な手順について説明します。

はじめに

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

このドキュメントの読者は次の項目に関する知識が必要です。

  • 基本的な CSS認証 基礎。

  • 基本的な Catalystスイッチ設定 基礎。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • CSSソフトウェア バージョン 5.0 ビルド 33

  • すべての CSS ハードウェアリビジョン。

  • Cisco IOS システム ソフトウェアを実行する Catalyst スイッチ。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

設定手順

以降のセクションは CSS および Catalyst スイッチを設定するためにステップを提供します。

CSS 11000

正常なロードへの光では、CSS インターフェイス 1Gbits FD 一時停止を設定 して下さい。 これがされる場合、ポートネゴーシエイションをディセーブルにし、Catalyst の送受信のフロー制御を消すために Catalyst インターフェイスを設定 したことを確かめて下さい(下記の Catalyst構成ステップを参照して下さい)。

CSS11800(config)# interface 2/1 
CSS11800(config-if[ 2/1])# phy 1Gbits-FD-no-pause

頻繁に使用される期待された場合 1Gbits FDsym asym に CSS を設定 することを考える必要があります。 これがされる場合、Catalyst の送受信のフロー制御を始動させるために確かめて下さい(下記の Catalyst構成ステップを参照して下さい)。

CSS11800(config)# interface 2/1 
CSS11800(config-if[ 2/1])# phy 1Gbits-FD-sym-asym

Catalyst 6000

上記の 1Gbits FD 一時停止を設定した場合ポートネゴーシエイションをディセーブルにし、送受信のフロー制御を消すために Catalyst を設定 して下さい。

cat(config)#int GigabitEthernet 1/1 
cat(config-if)#speed 1000 
cat(config-if)#flowcontrol send off 
cat(config-if)#flowcontrol receive off

上記の 1Gbits FDsym asym を設定した場合送受信のフロー制御を始動させるために Catalyst を設定 して下さい。

cat(config)#int GigabitEthernet 1/1 
cat(config-if)#speed 1000 
cat(config-if)#flowcontrol send on 
cat(config-if)#flowcontrol receive on

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 22005