アプリケーション ネットワーキング サービス : Cisco 500 シリーズ コンテンツ エンジン

Enterprise CDN 機器をACNS 4.x へ手動でアップグレードする方法

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 4 月 23 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

注意 注意: Content Distribution Manager(CDM)が使用可能な場合は、この手順を使用しないでください。

この手順は、CDN Enterprise 機器を ECDN 2.X および 3.X から ACNS に手動でアップグレードするために使用します。 ECDN を安全にアップグレードするために、Cisco.com の Cisco ACNS ソフトウェアドキュメンテーションで説明されているように手動 の アップグレード手順を、使用して下さい。

ある状況では、GUI にアクセスなしでアップグレードする必要がある場合もあります。 このような場合、CDM または Content Engine (CE)におけるこのステップバイステップ手順に従って下さい。 CE に利用可能 な CDM がないかまたはどういうわけか CE50 の代りに CE50-CDN を受け取ったら場合、この資料に説明があるプロシージャを使用したいと思います。

CDM がアップグレードし HTTP プロセスが GUI の使用がアップグレードを行わないようにしなければ場合この資料に説明があるプロシージャを使用したいと思います。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

  • 基本的な Unix/Linux

  • ECDN

  • ACNS

使用するコンポーネント

このプロセスは、次のソフトウェアを使用してテストされています。

  • CE560-CDN CDN ソフトウェア 3.0.3rc4

  • CE560-CDN CDN ソフトウェア 3.0.2rc10

にアップグレードされる:

  • ACNS 4.1.1

このプロシージャはこのハードウェアを使用します:

  • CE-507-CDN

  • CE-560-CDN

  • CE-590-CDN

  • CDM-4650

  • CDM-4630

このプロシージャはこのソフトウェアを使用します:

  • 2.1.X ECDN

  • 3.X ECDN

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

手順説明

アップグレードにおける詳細な手順はこのセクションに含まれています。 各ステップが従うアップグレードは失敗します。 割り当てこれらのステップを完了する 30-60 分。

  1. ネットワークに CE のイーサネットインターフェイスを接続して下さい。

  2. CE を起動し、コンソール接続を持つために確かめて下さい。

  3. コンソールに root としてログインします。 デフォルトのパスワードは default です。

  4. Sonomaソフトウェアを停止して下さい:

    /etc/rc.d/rc2.d/K95sonomafs stop
    
  5. イーサネットインターフェイスを設定して下さい:

    ifconfig eth0 ip-addr netmask mask broadcast bcast
    route add 0.0.0.0/0 gw gateway-address
  6. ファイル システムをきれいにし、マウントして下さい:

    fsck /sonoma/dist
    fsck /sonoma/state
    mount /sonoma/dist
    mount /sonoma/state
    
  7. アップグレード イメージを /sonoma/state/ftp/export にコピーします。次にファイルの整合性を確認します。

    cd /sonoma/state/ftp/export
    ftp ftpserver-address
    binary
    prompt
    hash
    get ecdn-acns.upg
    bye
    spdist -t ecdn-acns.upg
    
  8. Type:

    sync
    reboot
    
  9. ルート ユーザ名およびデフォルトパスワードで再度ログイン。

  10. 日付を設定 して下さい:

    date mmddhhmmyyyy (MonthDayHourMinuteYear)
  11. アップグレードの過程においてあることを示して下さい:

    touch /tmp/manual-upgrade
    
  12. ソフトウェアをアップグレードして下さい:

    /sonoma/sys/bin/upgrade /sonoma/state/ftp/export/ecdn-acns.upg
    

    2.x ソフトウェアからアップグレードすれば、ない現れます 3.0.x ソフトウェアからいくつかのエラーメッセージが。 出力は多分これに類似したです:

    upg-ruby-install: Start upgrade to ruby installation
    Run preinstall to install wmt packagepreinstall...

    これが表示されます:

    upg-ruby-move: Total free space: 14174164, required: 7340032
    upg-ruby-setupflashdevice.sh: Done setting up flash device.
    Added linux
    Added ruby *
  13. CE をリブートして下さい。

    終わるこの再度ブートするの間に CE を妨げないことは非常に重要で CE の多くの時間を認めます。 この間に、重要なアップグレード プロセスのほとんどが行われます。

    sync
    reboot
    
  14. この情報を含むブートアップが表示されます、:

    Cisco CE Booting From Flash.
    LI
    LILLOO bboooott::
    LLooaaddiinngg rruubbyy..................................

    また Cisco Content Delivery Network については表示されますログインプロンプト、およびに「先行しているより多くのメッセージが」。 数秒ごとに。

    注意 注意:  このプロセスを途中で妨げないでください。

    およそ 20 分後に、このプロセスは通常完了しました。

  15. このプロンプトが表示されるとき終了します:

    Cisco Content Engine Console
    Username:

ACNS 4.0.1 ボックスがあるので、パーティション サイズを調整したいと思います。 設定の手順に磁気 ディスク 装置の管理付着させれば。


関連情報


Document ID: 21588