スイッチ : Cisco Catalyst 8500 シリーズ マルチサービス スイッチ ルータ

Catalyst 8540/8510 MSR および LightStream 1010 ATM スイッチのハードウェア トラブルシューティング: 起動時の問題

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


この資料はドキュメント セットの一部です。 このドキュメント セットに Catalyst 8540/8510 MSR および概要の LightStream 1010 ATMスイッチ インデックスページのためのハードウェア トラブル シューティングを参照して下さい。


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Catalyst マルチサービス ATM スイッチ ルータ(MSR)の起動に失敗した場合に行うトラブルシューティング手順について説明します。 資料にまた Cisco IOS を回復 する方法を記述されていますか。 ソフトウェア イメージ。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Catalyst MSR は起動しない場合

スイッチ ルータのコンソールからの情報のキャプチャは起動しない Catalyst MSR を解決して必要です。 サービス リクエストを作成する必要がある場合、後 の 分析または Cisco テクニカル サポートのためのファイルのコンソール出力を記録 して下さい。

Catalyst MSR に ROM で組み込まれるブートストラップ イメージおよびブートイメージがあります。 フラッシュするに正しいイメージがなくても、スイッチ ルータはこれらのイメージをロード常にできます。 Ciscoスイッチ ルータのブートプロセスについてよくわからない場合、図 354:参照して下さい 資料リブートブートプロセス。 また Cisco IOS Configuration Fundamentals Configuration Guide, Release 12.2 を参照して下さい。

この表はブート問題に直面する場合奪取 する現象および操作をリストしたものです:

症状 奪取 する 処理
LED はスイッチ ルータに動力を与えたが、何もコンソールにありません後点灯します。 9600 ビット/秒(ビット/秒)にボーレートを設定 したことを確認して下さい。 ボーレートが問題ではない場合、コンソールに接続するのに使用する機器が正しく動作することを確認して下さい。 コンソール装置をチェックするために既知よいスイッチにルータを接続して下さい。 機器を完全にテストしたらが、問題が残っていたら、スイッチ ルータを交換して下さい。
ルータはシステムブートストラップバージョンを表示する、その時ハングするか、またはブート ループに落ちます:
System Bootstrap, Version 11.1(7)AX [kuong (7)AX],

EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc2)

Copyright (c) 1994-1996 by cisco Systems, Inc.
メモリがしっかりと取り付けられていない可能性があります。 最初に、シングル インライン メモリ モジュール(SIMM)メモリを再置することを試みて下さい。 SIMM を再置するために、それを取除き、次に再挿入して下さい。 スイッチ ルータがそれでも起動しない場合、スイッチ ルータを交換して下さい。
ルータは ROMモニタ (ROMMON)で起動します; コンソールに No エラーメッセージがあります。 コンフィギュレーション レジスタを 0x2102 に設定 し、スイッチ ルータをリロードして下さい:
rommon 1 > confreg 0x2102
rommon 2 > reset
ルータはブートモードで起動します; コンソールに No エラーメッセージがあります。 コンフィギュレーション レジスタを 0x2102 に設定 し、スイッチ ルータをリロードして下さい。 リロードする前に実行コンフィギュレーションを保存する必要がありません:
Switch(boot)# configure terminal
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
Switch(boot)(config)# config-register 0x2102
Switch(boot)(config)# end
Switch(boot)# reload
System configuration has been modified. Save? [yes/no]: no
Proceed with reload? [confirm]

注: config-register コマンドは NVRAM で保存しない唯一の Cisco IOSソフトウェア 設定コマンドです。 コマンドはコンフィギュレーション レジスタをすぐに変更しますが、次のブートの時だけに実施されます。

ルータはブートモードで起動し、コンソールのこれらのメッセージを表示する:
getdevnum warning: device "PCMCIA slot 1" has size of zero
getdevnum warning: device "PCMCIA slot 1" has size of zero
pen: read error...requested 0x4 bytes, got 0x0
trouble reading device magic number
boot: cannot open "flash:"
boot: cannot determine first file name on device "flash:"
フラッシュカードを取り外しましたまたはカード 挿入機構は不正確です。 フラッシュカードの存在を確認する show flash executable コマンドを発行して下さい:
Switch(boot)# show flash
%Device in REMOVED state
フラッシュを挿入または再装着します。 問題が継続する場合は、フラッシュ カードを交換します。 フラッシュカード 置換が問題を解決しない場合、スイッチ ルータを交換して下さい。
スイッチ ルータはブートモードで起動し、コンソールのこれらのメッセージを表示する:
device does not contain a valid magic number

boot: cannot open "flash:"

boot: cannot determine first file name on device "flash:"
フラッシュするは空ですまたはファイル システムは破損しています。 フラッシュするの正しいイメージをコピーし、プロンプトでフラッシュするを削除し、スイッチ ルータをリロードして下さい。
スイッチ ルータはブートモードで起動し、コンソールのこのメッセージを表示する:
SYSTEM INIT: INSUFFICIENT MEMORY TO BOOT THE IMAGE!
このメッセージは RAM から動作するイメージをロードするとだけ表示されます。 スイッチ ルータはフラッシュするから直接動作するイメージおよび再配置可能なイメージのような RAM で動作するイメージをサポートします。 問題のための 2 つのソリューションがあります:
  1. DRAM をアップグレードする。
  2. 再配置可能なイメージをロードして下さい。
イメージタイプに関する詳細については、システムイメージのロードおよび管理資料のイメージ命名規則 セクションを参照して下さい。 メモリ要件の情報に関しては、資料 Cisco IOS ソフトウェア リリースを選択する方法Memory Requirements セクションを参照して下さい。 DRAM SIMM のアップグレードの情報に関しては、フラッシュメモリSIMM の交換に関するリリース ノートを参照して下さい。
スイッチ ルータはブートモードで起動し、コンソールのこのメッセージを表示する:
loadprog: error - Invalid image for platform
Cisco IOSソフトウェアイメージはスイッチ ルータのために適切ではないです、またはイメージは破損しています。 フラッシュするを削除し、新しいの、有効 な Cisco IOS ソフトウェア イメージ ダウンロードして下さい。 新しいソフトウェアのロードに関する詳細については、システムイメージのロードおよび管理資料を参照して下さい。

破損したか失われた Cisco IOSイメージから回復 して下さい

通常ロードするべきかどのイメージを ATM スイッチが ROMmon モードでアップすれば、スイッチに言う boot コマンドを使用できます。

注: ロードおよび Cisco IOS Configuration Fundamentals Configuration Guide, Release 12.2システムイメージ章を維持することは Cisco IOSソフトウェアを実行するすべてのプラットフォームのファイルシステム管理にステップバイステップの説明を提供します。

発行して下さいか。 ROMmon モードで利用可能 な間、コマンドをリストする help コマンド。

rommon 1 > ?
alias               set and display aliases command
boot                boot up an external process
break               set/show/clear the breakpoint
confreg             configuration register utility
cont                continue executing a downloaded image
context             display the context of a loaded image
dev                 list the device table
dir                 list files in file system
dis                 disassemble instruction stream
dnld                serial download a program module
frame               print out a selected stack frame
help                monitor builtin command help
history             monitor command history
meminfo             main memory information
repeat              repeat a monitor command
reset               system reset
set                 display the monitor variables
stack               produce a stack trace
sync                write monitor environment to NVRAM
sysret              print out info from last system return
unalias             unset an alias
unset               unset a monitor variable
rommon 2 >

注: ROMMONコマンドライン インターフェイス(CLI)は dnld コマンドをリストします。 Cisco LightStream 1010 ATM スイッチは Xmodemダウンロードをサポートしません。 まだそれを移植した Cisco IOSブランチから存在 する dnld コマンド

ブートフラッシュのイメージが破損になり、ATM スイッチが ROMmon に入れば、ネットワークファイルから手動で起動することができます。 boot コマンドを発行して下さい。

注: 手動で ネットワークファイルから起動する方法に関する詳細については資料リブートを参照して下さい。

唯一は他のリカバリー方法 PC カードを使用することです。 Cisco プラットフォームは 3 つの Flashメモリファイル システム タイプをサポートします: クラス A、クラス B およびクラス C。 LightStream 1010 および Catalyst 8500 シリーズはクラス A ファイル システムを使用します。 ATM スイッチの PC カードがない場合、またクラス A ファイル システムおよび形式を使用するこれらのプラットフォームの 1 つからのカードを使用できます:

  • Catalyst 5000 の Route Switch Module(RSM; ルート スイッチ モジュール)

  • ギガビット スイッチ ルータ (GSR) ルートプロセッサ(GRP)

  • Cisco 7500 シリーズ Route スイッチ プロセッサ(RSP) 2、4、か 8

  • Cisco 7000 シリーズ RSP (RSP7000)

使用中の PC カードが同じファイル システムが付いているプラットフォームからあることを確認するのに資料 PCMCIA ファイルシステム互換性マトリックスおよびファイルシステム情報を使用して下さい。

操作する他の Rsp ベース システムまたは ATM スイッチの ATM スイッチのための PC カードをフォーマットできます。 PC カードをフォーマットした後、copy tftp slot0:によってカードに適切なイメージをコピーして下さい または同じようなコマンド命じて下さい。 それから、ATM スイッチ PC カード スロットに戻って PC カードを移動して下さい。

PC カード スロットからのイメージを起動するのにこれらのステップを使用して下さい:

  1. PC カード スロットのデバイス名を判別する dev コマンドを発行して下さい。

    rommon 18 > dev 
    Devices in device table: 
            id  name 
    bootflash:  boot flash 
        slot0:  PCMCIA slot 0 
        slot1:  PCMCIA slot 1 
        eprom:  eprom
  2. PC カードのファイルを表示する dir コマンドを発行して下さい。

    rommon 19 > dir 
    usage: dir <device> 
    rommon 20 > dir slot0: 
             File size         Checksum   File name 
       401756 bytes (0x80335c) 0x2a290d95 cat8540m-wp-mz_120-10_W5_18c.bin
  3. boot コマンドを発行し、PC カード スロット番号および Cisco IOSイメージ ネームを規定 して下さい。

    rommon 21 > boot slot0:cat8540m-wp-mz_120-10_W5_18c.bin 
    Self decompressing the image : ######################
    ##################################################### 
    ##################################################### 
    ##################################################### 
    ################################################ 
    
       PRIMARY CPU: 
    Booting on Mar 23 2001 13:10:06 
    
     Cat8540 Diagnostics V1.4, Dated Aug 19 2000 00:54:12 
     Model ACTIVE CPU-Card, Serial# MIC025006YD, H/W V5.5 
     Copyright (c) Cisco Systems Inc.  1999 
    
    ...................................... 
    
    Power-on Diagnostics Passed. 
    Reading cubi version..Done 

まれに、これらのエラーメッセージが表示されます:

rommon 20 > dir slot0:
PCMCIA slot0 device is not initialized
open: read error...requested 0x4 bytes, got 0x0
trouble reading device magic number
dir: cannot open device "slot0:"

これらのメッセージは ROMmon が directory コマンドを発行したときに ROMmon が期待しなかった 1 か不正 な チェックサム 検出することを示します。 問題を解決するために、これらを試みて下さい:

  • PC カードを他のシステムで読み込みます。

  • 別のシステムからの既知よいカードの PC カードを交換して下さい。

  • 必要ならば、システムのカードを操作するフォーマットし直し、カードに copy tftp slot0:によって適切なイメージをコピーして下さい または同じようなコマンド命じて下さい。 ATM スイッチ PC カード スロットに戻って PC カードを移動して下さい。

クラスA ファイル・システム・コマンド

、削除するために消すのに使用する、およびファイルを回復 するためにファイル システムのクラスによって決まって下さいメソッド。 クラス A ファイル システムはこれらのファイル管理コマンドをサポートします:

  • delete —ファイルを「マークします削除されるように」、しかしファイルはまだフラッシュ メモリのスペースを占めます。 これらのファイル以降を回復 する undelete コマンドを発行して下さい。

  • squeeze —特定のフラッシュメモリデバイスから" deleted " マークとすべてのファイルを永久削除します。 もはやこれらのファイルを回復できません。 まとめる オペレーションは PC カードのフラッシュメモリスペースのほとんどの消去および書き直しが必要である場合数分かかる場合があります。

  • format — フラッシュデバイスのすべてのファイルを削除します。

  • verify — フラッシュ メモリのファイルのチェックサムを再計算し、確認します。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 21458