スイッチ : Cisco Catalyst 8500 シリーズ マルチサービス スイッチ ルータ

Catalyst 8540/8510 MSR および LightStream 1010 ATM スイッチのハードウェア トラブルシューティング: ATM スイッチ プロセッサ(ASP)がハングし、クラッシュする

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック



ATM スイッチ・プロセッサ・パワーオン診断


目次


<<<Previous セクション次の Section>>>


ATMスイッチプロセッサがレッドステータスLED を表示する場合

このセクションは ATM Switch Processor (ASP) ステータス LED が赤く点灯します場合があるさまざまな原因を説明します。 それはまた power-on diagnostics (PoD)を、またさまざまな show diag power-on コマンド アウトプットフィールド記述します。

: ATM スイッチの個々のラインカードも、LED によってステータス情報を示します。 ラインカードの LED が赤になった場合については、このドキュメントでは説明していません。 特定のラインカードのステータス LED が赤になった場合のトラブルシューティングについては、『ATM and Layer 3 Module Installation Guides』を参照してください。

ブートアップ中にすべてのポートの LED を観察すれば、オンライン テストが一度に 1 つずつ実行されていることがわかります。 ATM Switch Processor(ASP; ATM スイッチ プロセッサ)はさまざまな診断テストを実行します。 エラーがテストの間に検出する場合、ステータス LED は赤く点灯します。 通常、ステータス LED の色はブートアップ後に変わります。

ASP ステータス LED が赤く点灯した場合、正確な理由を判別する show diag power-on コマンドを使用できます。 コマンドの出力は、フィーチャ カードのタイプによって若干異なります。

テストは LightStream 1010 が起動しているとき系統だったやり方で行われません。 それはボックスが電源投入されるが、ないときその後リロードされるときされます。

ASP の典型的な出力、PCQ(FC1 とも呼ばれる)の場合

下記に示されているように show hardware コマンドによって使用する特殊機構カード(FC)タイプをチェックできます:
LS1010# show hardware

LS1010 named LS1010, Date: 19:00:42 UTC Tue Mar 5 2002
Feature Card's FPGA Download Version: 10

Slot Ctrlr-Type      Part No.  Rev  Ser No  Mfg Date   RMA No. Hw Vrs  Tst EEP
---- ------------    ---------- -- -------- --------- -------- ------- --- ---
1/0  155MM PAM       73-1496-03 06 02180444 Jan 17 96 00-00-00   3.0     0   2
1/1  155MM PAM       73-1496-03 06 02202228 Jan 11 96 00-00-00   3.0     0   2
3/0  CE-T1 PAM       73-2176-02 A0 03669320 Feb 15 97 00-00-00   1.0     0   2
3/1  QUAD DS3 PAM    73-2197-02 A0 03816513 Jan 30 97 00-00-00   2.0     0   2
4/0  4CE1 FR-PAM     73-3040-02 A0 11667127 Feb 20 99 00-00-00   2.0     0   2
4/1  T1 PAM          73-2133-02 00 03669217 Feb 12 97 00-00-00   1.0     0   2
2/0  ATM Swi/Proc    73-1402-06 D0 07202996 Dec 20 97 00-00-00   4.1     0   2
2/1  FeatureCard1    73-1405-05 B0 07202788 Dec 20 97 00-00-00   3.2     0   2

DS1201 Backplane EEPROM:
Model Ver.  Serial  MAC-Address  MAC-Size  RMA  RMA-Number   MFG-Date
----- ---- -------- ------------ --------  ---  ----------  -----------
LS1010  2   68018639 003080CE3A00   256      0        0      Sep 16 1999

LS1010#
また show diag power-on コマンドの使用によってポッドの結果をチェックできます:
LS1010# show diag power-on 
LS1010 Power-on Diagnostics Status (.=Pass,F=Fail,U=Unknown,N=Not Applicable)
-----------------------------------------------------------------------------
   Last Power-on Diags  Date: 01/11/20   Time: 10:01:07   By: V 4.54

   BOOTFLASH:  .   PCMCIA-Slot0: .   PCMCIA-Slot1: N
   CPU-IDPROM: .   FCard-IDPROM: .   NVRAM-Config: .
   SRAM:       .   DRAM:         .

   PS1:        .   PS2:          N   PS (12V):     .
   FAN:        .   Temperature:  .   Bkp-IDPROM:   .

   MMC-Switch Access: .              Accordian Access: .
   LUT: .   ITT: .   OPT: .   OTT: .   STK: .   LNK: .   ATTR: .   Queue: .
   Cell-Memory:  .

   Feature-Card Access: .
   ICC: .   OCC: .   OQP: .   OQE: .   CC:  .   RT:  .
   TM0: .   TM1: .   TMC: .   IT:  .   LT:  .   RR:  .   ABR: .

Access/Interrupt/Loopback Test Status:
Ports                      0         1         2         3
----------------------------------------------------------------------------
PAM 0/0 (IMA8T1)        ...   ...   ...   ...
    Port 4  to 7 :      ...   ...   ...   ...
PAM 1/0 (155MM)         ...   ...   ...   ...
PAM 1/1 (155MM)         ...   ...   ...   ...
PAM 3/0 (T1CE)          ...   ...   ...   ...
PAM 3/1 (DS3Q)          ...   ...   ...   ...
PAM 4/0 (FR4CE1)       ...   ...   ...   ...
PAM 4/1 (T1)            ...   ...   ...   ...


FRPAM#          ING-SSRAM ING-SDRAM EGR-SSRAM EGR-SDRAM LOOPBACK
------------------------------------------------------------------
PAM 4/0 (FR4CE1)  .        .         .         .         .
   Ethernet-port Access:    .        Ethernet-port CAM-Access: .
   Ethernet-port Loopback:  .        Ethernet-port Loadgen:    .
   GEPAM Microcode:         .        GEPAM Access:            .
   GEPAM CAM Access:        .

Power-on Diagnostics Passed.

LS1010#

ASP の典型的な出力、PFQ(FC3 とも呼ばれる)の場合

PCQ のように、show hardware コマンドの使用によって FC タイプをチェックできます:
NewLs1010# show hardware

LS1010 named NewLs1010, Date: 16:43:51 UTC Tue Mar 5 2002
Feature Card's FPGA Download Version: 0

Slot Ctrlr-Type      Part No.  Rev  Ser No  Mfg Date   RMA No. Hw Vrs  Tst EEP
---- ------------    ---------- -- -------- --------- -------- ------- --- ---
0/*  TS CAM          73-5659-01 01 76543210 Oct 25 00 00-00-00   1.0     0   2
0/0  155MM PAM       73-1496-03 00 02180455 Jan 17 96 00-00-00   3.0     0   2
0/1  155MM PAM       73-1496-03 06 02180424 Jan 16 96 00-00-00   3.0     0   2
1/0  4CE1 FR-PAM     73-3040-02 A0 11667078 Mar 03 99 00-00-00   2.0     0   2
1/1  155UTP PAM      73-1572-03 A0 09005188 Sep 28 98 00-00-00   3.2     0   2
3/0  DS3 PAM         73-2345-02 B0 07192680 Nov 06 97 00-00-00   1.5     0   2
3/1  CE-E1120 PAM    73-2177-03 A0 08782763 Apr 06 98 00-00-00   1.1     0   2
4/0  ARM CONTROLLER  73-4774-01 01 16104033 Nov 10 99 00-00-00   4.1     0   2
2/0  ATM Swi/Proc    68-0732-01 C0 17807077 Mar 23 00 00-00-00   6.0     0   2
2/1  FC-PFQ          73-2281-04 B0 17806810 Mar 23 00 00-00-00   4.2     0   2

DS1201 Backplane EEPROM:
Model Ver.  Serial  MAC-Address  MAC-Size  RMA  RMA-Number   MFG-Date
----- ---- -------- ------------ --------  ---  ----------  -----------
LS1010  2   68003772 00E0F75D0400   256      0        0      Dec 17 1996

NewLs1010#
show diag power コマンドの使用によって PFQ 診断を表示することができます:
NewLs1010# show diag power-on 
LS1010 Power-on Diagnostics Status (.=Pass,F=Fail,U=Unknown,N=Not Applicable)
-----------------------------------------------------------------------------
   Last Power-on Diags  Date: 01/11/15   Time: 08:37:13   By: V 4.54

   BOOTFLASH:  .   PCMCIA-Slot0: .   PCMCIA-Slot1: N
   CPU-IDPROM: .   FCard-IDPROM: .   NVRAM-Config: .
   SRAM:       .   DRAM:         .

   PS1:        .   PS2:          N   PS (12V):     .
   FAN:        .   Temperature:  .   Bkp-IDPROM:   .

   MMC-Switch Access: .              Accordian Access: .
   LUT: .   ITT: .   OPT: .   OTT: .   STK: .   LNK: .   ATTR: .   Queue: .
   Cell-Memory:  .

   FC-PFQ
    Access: .
     RST: .    REG: .    IVC: .    IFILL: .    OVC: .    OFILL: .

    TEST:
     CELL: .
Access/Interrupt/Loopback Test Status:
Ports                      0         1         2         3
----------------------------------------------------------------------------
PAM 0/0 (155MM)         ...   ...   ...   ...
PAM 0/1 (155MM)         ...   ...   ...   ...
PAM 1/0 (FR4CE1)       ...   ...   ...   ...
PAM 1/1 (155UTP)        ...   ...   ...   ...
PAM 3/0 (DS3)           ...   ...      N         N
PAM 3/1 (E1CEUTP)       ...   ...   ...   ...
PAM 4/0 (GEPAM)         ...      N         N         N
PAM 4/1 (GEPAM)         ...      N         N         N


FRPAM#          ING-SSRAM ING-SDRAM EGR-SSRAM EGR-SDRAM LOOPBACK
------------------------------------------------------------------
PAM 1/0 (FR4CE1)  .        .         .         .         .
   Ethernet-port Access:    .        Ethernet-port CAM-Access: .
   Ethernet-port Loopback:  .        Ethernet-port Loadgen:    .
   GEPAM Microcode:         .        GEPAM Access:            .
   GEPAM CAM Access:        .

Power-on Diagnostics Passed.

NewLs1010#
またまた PCQ と見られるフレームリレー/ATM カードが別の形で表示することがわかります。

出力タイプにかかわらず、最も重要な情報は PoD に合格したかどうかです。 失敗するそれが ASP ステータス LED レッドなら。 テストの間にいくつかの回復可能誤 りを見る場合、テストは普通実行しますが、警告は表示する。 次に、例を示します。

LS1010# show diag power
LS1010 Power-on Diagnostics Status (.=Pass,F=Fail,U=Unknown,N=Not Applicable)
-----------------------------------------------------------------------------
   Last Power-on Diags  Date: 00/04/11   Time: 02:14:57   By: V 3.44
 
   BOOTFLASH:  .   PCMCIA-Slot0: N   PCMCIA-Slot1: N
   CPU-IDPROM: .   FCard-IDPROM: .   NVRAM-Config: .
   SRAM:       .   DRAM:         .
 
   PS1:        .   PS2:          N   PS (12V):     .
   FAN:        .   Temperature:  .   Bkp-IDPROM:   .
 
   MMC-Switch Access: .              Accordian Access: .
   LUT: .   ITT: .   OPT: .   OTT: .   STK: .   LNK: .   ATTR: .   Queue: .
   Cell-Memory:  .
 
   FC-PFQ
    Access: .
     RST: .    REG: .    IVC: .    IFILL: .    OVC: .    OFILL: .
 
    TEST:
     CELL: .   SNAKE: .   RATE: .   MCAST: .   SCHED: .
     TGRP: .   UPC  : .   ABR : .   RSTQ : .
 
Access/Interrupt/Loopback/CPU-MCast/Port-MCast/FC-MCast/FC-TMCC Test Status:
Ports                      0         1         2         3
----------------------------------------------------------------------------
PAM 0/0 (25M)           .....NN   .....NN   .....NN   .....NN   
    Port 4  to 7 :      .....NN   .....NN   .....NN   .....NN   
    Port 8  to 11:      .....NN   .....NN   .....NN   .....NN   
PAM 0/1 (155MM)         .....NN   .....NN   .....NN   .....NN   
PAM 4/0 (155MM)         .....NN   .....NN   .....NN   .....NN   
PAM 4/1 (E3)            .....NN   .....NN      N         N
 
   Ethernet-port Access:   .         Ethernet-port CAM-Access: .
   Ethernet-port Loopback: .         Ethernet-port Loadgen:    .
 
M4:Non-Volatile Memory Read/Write Test []
 *** MEMDIAG_NVRAM_MAGIC_PATTERN_DATA_ERROR *** [Addr:BE001008, exp:0000ABCD, act:00000000]
power-on Diagnostics Passed.

フィールド定義

次の表では、ポートまたはメモリに関連したフィールドだけを説明します。 他のテストが不合格になった場合は、ASP を交換する必要があると考えてください。 これには、MMC、FC-PFQ、または フィーチャ カードの診断が含まれます。

シャーシ固有のフィールド
フィールド 定義
BOOTFLASH: CPU ボード上のフラッシュ ファイル システム内にあるファイルを検証します。 これには、ファイル システムの存在チェックと、ブートフラッシュ上のファイルのチェックサム検証が含まれます。 不合格の場合は、ブートフラッシュの不良が原因です。 それを LS1010 を使用してフォーマットし直し、copy tftp コマンドを使用してファイルを再コピーして下さい。 
PCMCIA-Slot[0 または 1] ブートフラッシュ テストと同じです。
[CPU または Fcard]IDPROM CPU またはフィーチャ カードの IDPROMS を検証します。 不合格の場合は、ASP の Return Material Authorization(RMA)が必要です。
NVRAM-Config NVRAM を検証します。 それが失敗した場合、Ios config mode コマンドを使用して LS1010 を設定することを試みて下さい。 それでも合格しない場合は、ASP を交換します。
SRAM スタティック メモリ(128 K)の読み書きテストを実行します。 不合格の場合は、ASP を交換します。
DRAM ダイナミック メモリの読み書きテストを実行します。 DRAM を交換して下さい; それでも合格しない場合は、ASP を交換します。
PS [1 または 2] 電源
FAN (説明を省略)
Temperature (説明を省略)
Bkp-IDPROM バックプレーンの IDPROM を検証します。 シャーシを交換します。

カード固有のフィールド(FC 固有のテストは省略)
フィールド 定義
アクセス このテストは、システム内の各種 Port Adapter Module(PAM; ポート アダプタ モジュール)カード上に存在する物理層ハードウェアがアクセス可能であるかを検証します。 不合格の場合は、PAM を交換します。
割り込み このテストは、システム内の各種 PAM カード上に存在する物理層ハードウェアが、アラーム状態でも CPU に割り込みを発生できるかを検証します。 不合格の場合は、PAM を交換します。
ループバック ユニキャスト セルの発信元をポートに設定し、ループバック モードで受信されたセルを検証します。 不合格の場合は、セル パスの接続性が途絶えています。 最初に PAM を交換してください。
CPU-MCast ループバック テストと同じですが、マルチキャスト セルを使用します。 つまり、CPU がポイントツーマルチポイント接続のルートとして動作します。
Port-MCast CPU がリスト中の最初のポートにユニキャスト セルを送信します。続いて、ユニキャスト セルを受信したポートが残りのポートにマルチキャストし、ループバック モードで結果を検証します。

イーサネット固有のカウンター
フィールド 定義
Ethernet-port Access このテストは、ASP のイーサネット コントローラ上に存在するイーサネット ポート ハードウェアがアクセス可能であるかを検証します。 それが失敗した場合、イーサネットコントローラはおそらく壊れて、ASP は取り替えられる必要があります。
Ethernet-port CAM-Access イーサネット コントローラの組み込み Content Addressable Memory(CAM)で読み書きテストを実行します。 それが失敗した場合、イーサネットコントローラはおそらく壊れて、ASP は取り替えられる必要があります。
Ethernet-port Loopback イーサネット ポートでループバック テストを実行します。 それが失敗した場合、イーサネットコントローラはおそらく壊れて、ASP は取り替えられる必要があります。
Ethernet-port Loadgen イーサネット ポートに人為的に負荷をかけます。 それが失敗した場合、イーサネットコントローラはおそらく壊れて、ASP は取り替えられる必要があります。

FC-PFQ のスネークテスト障害

SNAKE テストでは、スイッチ上のすべてのインターフェイスを通過するようにセルが送信されます。 このテストは、すべてのインターフェイスと関連するファブリック インターフェイスが動作可能かどうかを検証します。 Cisco バグ ID CSCdk54678 は SNAKE テストが Cisco IOS® ソフトウェア リリース 11.3WA4 を実行し、FC-PFQ を使用する LightStream 1010 で失敗します問題を解決します。

推奨事項

PAM によって引き起こされる壊れるポッドを(show diag power-on output から)見れば、問題が解決されるまで次のステップを実行する必要があります:
  1. Cisco IOS ソフトウェアを、いくつかのバグが解決されている最近のバージョン(バージョン 12.0 以降)にアップグレードします。
  2. 不適切に挿入されした PAM により確定的にテストは失敗します場合があるので LightStream 1010 を消し、モジュールを再置し、LightStream 1010 を再度始動させて下さい。
  3. RMA PAM。
  4. RMA ASP。

結論

最後に、PoD が不合格になる典型的な例を示します。 これは PAM の RAM によって解決しました。 同様の問題が PAM を装着し直すことで解決しています。
Switch# show diag power-on
LS1010 Power-on Diagnostics Status (.=Pass,F=Fail,U=Unknown,N=Not Applicable)
-----------------------------------------------------------------------------
   Last Power-on Date: 98/09/19   Time: 05:15:33

   BOOTFLASH:  .   PCMCIA-Slot0: N   PCMCIA-Slot1: N
   CPU-IDPROM: .   FCard-IDPROM: .   NVRAM-Config: .
   SRAM:       .   DRAM:         .

   PS1:        .   PS2:          .   PS (12V):     .
   FAN:        .   Temperature:  .   Bkp-IDPROM:   .

   MMC-Switch Access: .              Accordian Access: .
   LUT: .   ITT: .   OPT: .   OTT: .   STK: .   LNK: .   ATTR: .   Queue: .
   Cell-Memory:  .

   Feature-Card Access: .
   ICC: .   OCC: .   OQP: .   OQE: .   CC:  .   RT:  .
   TM0: .   TM1: .   TMC: .   IT:  .   LT:  .   RR:  .   ABR: .

Access/Interrupt/Loopback/CPU-MCast/Port-MCast/FC-MCast/FC-TMCC Test Status:
Ports                      0         1         2         3
----------------------------------------------------------------------------
PAM 10/0(155MM)         .......   .......   ..F....   .......   
PAM 10/1(155MM)         .......   .......   .......   .......   
PAM 11/0(155MM)         .......   .......   .......   .......   
PAM 11/1(155MM)         .......   .......   .......   .......   
PAM 12/1(155MM)         .......   .......   .......   .......   

   Ethernet-port Access:   .         Ethernet-port CAM-Access: .
   Ethernet-port Loopback: .         Ethernet-port Loadgen:    .

A4:ATM Layer Loopback Test [PM2P2,VP,Q,PHY,ASP_OSC]
 *** ATMDIAG_PIF_STAT_HEC_ERROR *** [Addr:08000001, exp:00000000, act:00000002]

Power-on Diagnostics Failed.

関連情報




Document ID: 21454