ワイヤレス : Cisco Aironet 340 シリーズ

FTP を使用する340 Aironetブリッジのアップグレード

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


Ciscoエアロネットドライバを、ファームウェアおよびユーティリティーソフトは Ciscoワイヤレス ダウンロード登録ユーザのみ)に受け取るために、このリンクに従います。


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco 340 シリーズ イーサネット ブリッジおよび 340 シリーズ ワークグループ ブリッジで実行するファームウェアをアップグレードするために FTP を使用する方法について説明します。

前提条件

要件

アップグレードを行うために、ロードするイメージを置くため FTP サーバを必要とします。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報はイーサネットブリッジおよび 340 シリーズ ワークグループブリッジに Cisco 340 シリーズ基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

アップグレード手順

Cisco 340 ブリッジをアップグレードするのに使用される 3 つのメソッドがおよび 340 ワークグループブリッジファームウェアあります。 これらのメソッドは次のとおりです:

  1. Xmodem

  2. 巡回冗長検査(CRC) Xmodem

  3. FTP

最初の 2 つのメソッドにこれらの短所があります:

  • 10 Mbps と LAN ポート上のネットワーク接続かブリッジの無線ポート上の 11 Mbps 接続を比較される Xmodem 上の速度が遅いのでイメージアップグレードを完了するために Xmodem が奪取 する時間は余分です。

  • これらのメソッドはブリッジのコンソールポートにアクセスを必要とします。 従って、ユーザはリモート アップグレードを行うことができません。

これらの理由により、ブリッジのファームウェアをアップグレードするために一般的に推奨される方式は FTP によって Cisco 340 シリーズ行います。

手順説明

FTP によってアップグレードを行うためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. シスコ ワイヤレス ソフトウェア センターから望ましいファームウェア イメージをダウンロードして下さい。

  2. ファイルに含まれているイメージを圧縮解除するために実行可能なファイルを(たとえば、BR340v8652.exe)実行して下さい。

  3. FTP サーバのディレクトリに圧縮解除されたイメージ(この例の BR340V865_2.450)をコピーして下さい。 このプロシージャのこのイメージ 以降を取得します。 たとえば、UNIX ディレクトリでユーザ ディレクトリを、一般的に /home/ ユーザ名使用して下さい。

  4. アップグレードしたい Cisco Aironet 340 ブリッジの IP アドレスに Telnet接続を作って下さい。 イメージを置いた FTP サーバに IP接続があることを確かめて下さい。 接続をチェックするためにこれらのステップを完了して下さい:

    1. メインメニューに行って下さい。

    2. 『5 - Diagnostics』 を選択 して下さい。

    3. 『1 - Network』 を選択 して下さい。

    4. 『3 - Ping』 を選択 して下さい。

    5. FTP サーバの IP アドレスを入力して下さい。

  5. = メインメニューに戻るキー押して下さい。

    1. 『5 - Diagnostics』 を選択 して下さい。

    2. 『7 - Load』 を選択 して下さい。

    3. 『3 - Ftp』 を選択 して下さい。

    Telnet ウィンドウはここに示されているように、現われます:

    図 1

    /image/gif/paws/21436/ftp1.gif

  6. これらのパラメータを設定して下さい:

    1. FTP サーバの IP アドレス

    2. FTP サーバのユーザ名

    3. FTP サーバのパスワード(もし必要なら)

    4. FTP サーバで保存される新しいイメージ ファイルネーム

    図 2 例では、パラメータは次のとおりです:

    • FTP サーバの IP アドレスは 192.168.1.11 です。

    • FTP ユーザ名は testuser です。

    • 新しいイメージ ファイルネームは BR340v865_2.450 です。 これはダウンロードした拡張された実行可能モジュールです。

    FTP いくつかのサーバが大文字/小文字の区別があるのでイメージのファイル名で正しい大文字および小文字を使用することを確かめて下さい。

    FTP 設定を行った後、このウィンドウは現われます:

    図 2

    /image/gif/paws/21436/ftp2.gif

  7. FTP転送を始めるために、1 つを-メニューからの Get オプション選択して下さい。 イメージは自動的にアップグレードされます(3) 図に示すように。 新しいイメージのユニット読み込みは以前のコンフィギュレーションを保存し。

    図3

    /image/gif/paws/21436/ftp3.gif

代替アップグレード 方式

Cisco 340 シリーズ ブリッジにおけるもう一つの同じようなアップグレード 方式は既にソフトウェア バージョンを実行し、既にフラッシュ メモリで保存されるあっているユニットからのソフトウェアを配布することです。

これを実現させるために、これらの違いを用いるステップバイステップの説明を、完了して下さい:

  1. IP アドレスはアップデートしたいリモート ブリッジの IP アドレスである必要があります。

  2. ユーザ名を使用して下さい(フィールドをブランクのままにしないで下さい)。

  3. ファイル名を使用して下さい(フィールドをブランクのままにしないで下さい)。

  4. 1 の代り-メニューからの Get オプションは2 つを- Put オプション使用します。

リモート Cisco Aironet 340 シリーズ ブリッジは新しいコード点滅し、それをすぐに実行し始めます。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連情報


Document ID: 21436