スイッチ : Cisco Catalyst 8500 シリーズ マルチサービス スイッチ ルータ

Catalyst 8540/8510 MSR および LightStream 1010 ATM スイッチのハードウェア トラブルシューティング: インターフェイスの接続問題

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


この資料はドキュメント セットの一部です。 このドキュメント セットに Catalyst 8540/8510 MSR および概要の LightStream 1010 ATMスイッチ インデックスページのためのハードウェア トラブル シューティングを参照して下さい。


目次


概要

このドキュメントでは、8540/8510 MSR および LightStream 1010 ATM スイッチ インターフェイスの接続問題に関するハードウェアのトラブルシューティングについて説明します。

注: 各インターフェイス モジュールの詳しいケーブル接続およびハードウェア情報に関しては、ATM ポートアダプタおよびインターフェイス モジュール インストレーションガイドを参照して下さい。 さまざまなポートアダプタのためのデフォルト 設定は ATMネットワーク インターフェイスの設定に説明があります。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

155-Mbps および622-Mbps インターフェイスのトラブルシューティング

このセクションは 155-Mbps および 622-Mbps ポートアダプタを解決するのに使用される特定のプロセスおよびコマンドを説明します。

ポートアダプタのLED

ポートアダプタ の 表面プレートLED は個々のポートアダプタの 155-Mbps および 622-Mbps シングルモードおよびマルチモード 光ファイバおよび UTP インターフェイス の 接続にステータス情報を提供します。 LED は次 の テーブルに説明があります。

注: LEDステータスを表示する show controllers コマンドを使用して下さい。

LED ステータス 説明
RX (レシーブ) 点滅する グリーン レッドを離れて LOS1 かポートアダプタはシャットダウンされます。 セルは受信されています。 LED は 5 秒毎に点滅させ、脈拍数はデータ レートと増加します。 アラーム(LOF2、LCD3、AIS4)。
TX (送信する) 点滅する グリーン点滅黄色い安定した黄色を離れて 送信 ライン アクティビティ示す値無し。 セルは送信されています。 データ レートの LED 脈拍数増加。 ループバック。 FERF5 アラーム。

1LOS = 信号消失

2LOF = フレーム同期損失

3LCD = セル損失通知表示

4AIS = アラーム表示信号

5FERF = far-end receive failure

155-Mbps および 622-Mbps インターフェイスとの show controllers コマンドの使用

155-Mbps および 622-Mbps インターフェイスコンフィギュレーションを表示するのに次のコマンドを使用して下さい:

show controllers ATMカード/subcard/ポート

show controllers atm card/subcard/port コマンドはインターフェイス 記憶域管理およびエラーカウンタを示します。 記憶域管理およびエラーカウンタをチェックするのにそれを使用して下さい。

Switch#show controllers atm 1/0/0

IF Name: ATM1/0/0    Chip Base Address: A8A08000
Port type: OC3    Port rate: 155 Mbps    Port medium: MM Fiber
Port status:Good Signal    Loopback:None    Flags:8308
TX Led: Traffic Pattern    RX Led: Traffic Pattern  TX clock source: network-derived
  
Framing mode:  sts-3c
  
Cell payload scrambling on
  
Sts-stream scrambling on
OC3 counters:
  Key: txcell - # cells transmitted 
       rxcell - # cells received
       b1     - # section BIP-8 errors
       b2     - # line BIP-8 errors
       b3     - # path BIP-8 errors
       ocd    - # out-of-cell delineation errors - not implemented
       g1     - # path FEBE errors
       z2     - # line FEBE errors
       chcs   - # correctable HEC errors
       uhcs   - # uncorrectable HEC errors
 
<Information Deleted>
 
phy_tx_cnt:4789577, phy_rx_cnt:4704918
Switch#

次 の テーブルは show controllers コマンドの最良のトラブルシューティング フィールドをリストします:

フィールド 説明
ポートの状況 「よい場合読むべきです」。を
ループバック 「どれも読むべきではないです」。
導かれる TX 点滅する グリーン レッドを離れて LOS1 かポートアダプタはシャットダウンされます。 セルは受信されています。 LED は 5 秒毎に点滅させ、脈拍数はデータ レートと増加します。 アラーム(LOF2、LCD、AIS4)
導かれる RX 点滅する グリーン点滅黄色い安定した黄色を離れて 送信 ライン アクティビティ示す値無し。 セルは送信されています。 データ レートの LED 脈拍数増加。 ループバック。 FERF5 アラーム。
フレーミングモード 宛先ポートのフレーミングモード 設定を一致するべきです。
セルペイロードスクランブリング 宛先ポートのセルペイロードスクランブリングがオンの状態 設定を一致するべきです。
Sts 文字列のスクランブル 宛先ポートのスクランブリング モード 設定を流すために STS を一致するべきです。

1LOS = 信号消失

2LOF = フレーム同期損失

3LCD = セル損失通知表示

4AIS = アラーム表示信号

5FERF = far-end receive failure

次をチェックする show controllers コマンドからの情報を使用して下さい:

OC-3c 、OC-12c およびOC-48c インターフェイスのトラブルシューティング

このセクションは OC-3c、OC-12c および OC-48c インターフェイス モジュールを解決するのに使用される特定のプロセスおよびコマンドを説明します。

インターフェイス モジュール LED

インターフェイス モジュール 表面プレートLED はインターフェイス モジュールの個々のシングルモードおよびマルチモード光ファイバ インターフェイス の 接続にステータス情報を提供します。 LED は次 の テーブルに説明があります。

注: LEDステータスを表示する show controllers コマンドを使用して下さい。

LED ステータス 説明
LINK グリーンを離れて 受け取らなかったキャリア検出信号。 受け取ったキャリア検出信号。
RX (レシーブ) 点滅する グリーン レッドを離れて LOS かインターフェイス モジュールはシャットダウンされます。 セルは受信されています。 LED は 5 秒毎に点滅させ、脈拍数はデータ レートと増加します。 アラーム(LOF1、OCD2、AIS3、LOP4、RDI5、LCD6、UNEQ7、PLM8)
TX (送信する) 点滅する グリーン点滅黄色い安定した黄色を離れて 送信 ライン アクティビティ示す値無し。 セルは送信されています。 データ レートの LED 脈拍数増加。 ループバック。 RDI.

1LOF = フレーム同期損失

Cell Delineation からの 2OCD =

3AIS = アラーム表示信号

4LOP = ポインタ損失

5RDI = リモート欠陥表示器

6LCD = セル損失通知表示(OC-48c)

7UNEQ = 未実装コード(OC-48c)

8PLM = ペイロード ラベル ミスマッチ(OC-48c)

OC-3c、OC-12c および OC-48c インターフェイスとの show controllers コマンドの使用

OC-3c、OC-12c および OC-48c インターフェイスコンフィギュレーションを表示するのに次のコマンドを使用して下さい:

show controllers ATMカード/subcard/ポート

show controllers atm card/subcard/port コマンドはインターフェイス 記憶域管理およびエラーカウンタを示します。 記憶域管理およびエラーカウンタをチェックするのにそれを使用して下さい。

Switch#show controllers atm 1/0/0
IF Name: ATM1/0/0    Chip Base Address: A8A08000
Port type: OC3    Port rate: 155 Mbps    Port medium: MM Fiber
Port status:Good Signal    Loopback:None    Flags:8308
TX Led: Traffic Pattern    RX Led: Traffic Pattern  TX clock source: network-derived
  
Framing mode:  sts-3c
  
Cell payload scrambling on
  
Sts-stream scrambling on
OC3 counters:
  Key: txcell - # cells transmitted 
       rxcell - # cells received
       b1     - # section BIP-8 errors
       b2     - # line BIP-8 errors
       b3     - # path BIP-8 errors
       ocd    - # out-of-cell delineation errors - not implemented
       g1     - # path FEBE errors
       z2     - # line FEBE errors
       chcs   - # correctable HEC errors
       uhcs   - # uncorrectable HEC errors
 
<Information Deleted>
 
phy_tx_cnt:4789577, phy_rx_cnt:4704918
Switch#

次 の テーブルは show controllers コマンドの最良のトラブルシューティング フィールドをリストします:

フィールド 説明
ポートの状況 よい場合は「よい場合読む必要があります」。を エラーは次のとおりである可能性があります:
  • 「セクション LOS」
  • 「セクション LOF」
  • 「回線警報表示信号」
  • 「LINE RDI」
  • 「PATH LOP」-ポインタのパス 損失。
  • 「PATH AIS」
  • 「PATH RDI」
  • 「無効」
  • Cell Delineation からの「OOCD」
詳細については次 の テーブルを参照して下さい。
ループバック 「どれも読むべきではないです」。
TX LED 「トラフィックパターン読むべきです」。を エラーは次のとおりである可能性があります:
  • 「安定したグリーン」
  • 「安定したレッド」
  • 「安定したイエロー」
  • 「トラフィックパターンの点滅するグリーン」
  • 「レッドに」点滅する点滅する グリーン""
  • 「点滅します黄色く」
  • 「未知数」
説明については前のインターフェイス モジュール LED 表を参照して下さい。
RX LED 「トラフィックパターン読むべきです」。を エラーは次のとおりである可能性があります:
  • 「安定したグリーン」
  • 「安定したレッド」
  • 「安定したイエロー」
  • 「トラフィックパターンの点滅するグリーン」
  • 「レッドに」点滅する点滅する グリーン""
  • 「点滅します黄色く」
  • 「未知数」
説明については前のインターフェイス モジュール LED 表を参照して下さい。
TX クロック ソース: ネットワーク派生 他の選択は次のとおりです: ネットワーク派生: インターフェイスがネットワーク派生であるために設定される場合 network-clock-selectステートメントによって規定 される クロック ソースはそのインターフェイスの送信クロックとして使用されます(すなわち、送信クロックは ATM スイッチ 内部クロックディストリビューション メカニズムによって提供されるソースから得られます)。 使用中のクロック ソースを確認するには、show network-clock コマンドを使用します。 ネットワーク派生は、すべての Cisco ATM スイッチ インターフェイスで、デフォルトとして設定されています。 ループタイム: インターフェイス上の送信クロックは、同じインターフェイスで受信したクロック ソースから取得されます。 高精度のクロック ソースを持つ装置に接続するときには、このモードを使用できます。 フリーランニング: インターフェイス上の送信クロックは、ポート アダプタにローカル発振器があれば、その発振器から取得されます。 ポート アダプタにローカル発振器が装備されていなければ、プロセッサ ボードの発振器が使用されます。 このモードでは、送信クロックはシステムのいずれの受信クロックとも同期しません。 このモードを使用する必要があるのは、一部の LAN 環境に見られるように、同期が必要ない場合に限られます。 詳細については次を参照して下さい:
フレーミングモード: sts-3c SONETリンクは同期転送信号 (STS)を使用します。 SDH は同期転送モジュール STM を使用します。 詳細については光 ネットワークの SONET と SDH の違いを理解することを参照して下さい。
Sts 文字列のスクランブルのセルペイロードスクランブリング スクランブリングは、ATM セルまたは物理層フレームによって伝送された 1 と 0 のパターンをランダム化するように設計されています。 デジタル ビットをランダム化すると、変化のない連続的なビット パターン、つまり、すべて 1 またはすべて 0 の長いストリングを防ぐことができます。 一部の物理層プロトコルは、1 と 0 の遷移に基づいてクロッキングを維持します。 SONETインターフェイスはスクランブリングの 2 つのレベルをサポートします。 最初のレベルの sts-stream スクランブリング モードは ITU-T の GR-253 規格で必要とされています。 それは 1 つを + x6 + x7 アルゴリズム使用し、すべて SONET フレームのセクション オーバヘッドの最初の行をスクランブルします。 スクランブリングの 2 番目のレベルは cell-payload スクランブリングです。これはオプションであり、International Telecommunications Union(ITU-T; 国際電気通信連合電気通信標準化部門)I.432 の 4.5.3 項で定義されています。 このモードは 1 + x43 の多項式を使用します。 セルペイロード スクランブリングは ATM セルのペイロード部分のビットのみをランダム化し、5 バイトのヘッダーはスクランブルせずに残します。 セルペイロード スクランブリングは、新しいセルのそれぞれの始まりを認識するプロセスである ATM セルの識別を正常に行うよう設計されています。
txcell — #送信されるセル 送信されるセルの数を示します。
rxcell — #受信されたセル 受信されたセルの数を示します。
b1 — #セクション BIP-8 エラー b2 — #行 BIP-8 エラー b3 — #パス BIP-8 エラー 報告されるビット挿入 パリティエラー。 B1 に関しては、ビット挿入 パリティエラー レポートは B1 バイトの次のフレームから得られる BIP-8 コードと BIP-8 コードを比較することによって計算されます。 違いはセクションがビットエラーを発生した水平にすることを示します。 B2 に関しては、ビット挿入 パリティエラー レポートは B2 バイトの次のフレームから得られる BIP-8 コードと BIP-8/24 コードを比較することによって計算されます。 違いは回線 レベル ビットエラーが発生したことを示します。 B3 に関しては、ビット挿入 パリティエラー レポートは B3 バイトの次のフレームから得られる BIP-8 コードと BIP-8 コードを比較することによって計算されます。 違いはパスがビットエラーを発生した水平にすることを示します。
ocd — #セル外描写エラー設定されなかった— 受信側デバイスが ATMセルの開始および終了を認識すること回数。 ATM セル ヘッダーのヘッダーエラー制御(HEC)フィールドが ATM セルの輪郭を描くのに使用されています。
g1 — #パス FEBEエラー z2 — #行 FEBEエラー 遠端ブロック エラー。 ダウンストリーム Line Terminating Equipment (LTE)が BIP(B2) エラーを検出するときライン遠端ブロック エラーは(M0 か M1 バイトから集まる)報告されます。 パス 遠端ブロック エラーは(G1 バイトから集まる)ダウンストリーム Path Terminating Equipment (PTE)が BIP(B3) エラーを検出するとき報告されます。
chcs — #修正可能な HECエラー uhcs — #修正不可能 な HECエラー その回数は ATMセル ヘッダー検査壊れました。 ATMセル ヘッダ(ないペイロード)はヘッダー検査と呼ばれる 1 バイト CRC で保護されます(HEC か HCS)。 この CRC はヘッダのシングルビットエラー(修正可能な HCS エラー)を訂正し、マルチビット エラー(修正不可能 な HCS エラー)を検出する。 SONET層が show controller atm コマンドことをの出力の次のエラーカウンタの増分する値を探すことによってビットエラーを経験しているかどうかこの問題を解決するために、判別して下さい:
  • B1、B2、および B3 BIP - ローカル インターフェイスで、ビット パリティ エラーを含む SONET フレームが受信されていることを示します。
  • FEBE - リモートインターフェイスが B2 および B3 エラーの SONET フレームを受信していることを示します。
これらのカウンターが増分する場合、ATM セルは多分同様に破損します。 HCS エラーは SONETレベルの問題の結果単にです。

次 の テーブルはポートステータス フィールドの可能性のある値にトラブルシューティング に 役立つ ヒントを提供します:

アラーム タイプ および 重大度 条件アラームを引き起こします 推奨事項
重要な SLOS セクション 信号消失 適切な同期を保証するためには、SONET リンクで特定数のデジタル ビット変換(1 から 0 および 0 から 1)が認識される必要があります。 2.3 ~ 100 マイクロ秒の間に、着信信号上で(スクランブリング前に)ビット変換が検出されない場合、LOS が宣言されます。 LOS 障害が検出されない 125 マイクロ秒インターバル(1フレーム)後、LOS 障害はクリアされます。

注: バックツーバック ラボの設定で LOS が通常発生するのは、長距離用シングルモード インターフェイスを使用すると、特にレシーバが大量の光で飽和状態になるためです。 信号の減衰を試みて下さい。

  1. 光ファイバ ケーブルをチェックし、プラグインされているか確認します。
  2. ローカル光ファイバ ケーブルに損傷がないか確認します。 破損や物理的異常を確認します。
  3. 光ファイバ ケーブルのリモート エンドが接続されていて損傷がないこと、また、リモートポートが適切に設定されていることを確認します。
  4. loopback internal コマンドを使用して、ソフト ループバックを試行します。
  5. 一本の光ファイバで受信・受信ポートを接続することで、ハード ループバックを試行します。
  6. インターフェイスが過不足があ光を受け取っているかどうか判別して下さい。
重要な SLOF セクション フレーム同期損失 セクション オーバーヘッドの A1 バイトおよび A2 バイトで、フレーム アラインメントが提供されるためには、特定のビット パターンを使用します。 3 ms の間にフレーム パターンでエラーを検出した後、受信インターフェイスは、LOF を宣言します。 2 つの連続した有効のフレーム パターンである A1 およびA2 を受信すると、LOF はクリアされます。
  1. 光ファイバ ケーブルをチェックし、プラグインおよび損傷の状況を確認します。
  2. ポートのフレーミングフォーマットを一致します行で設定される形式と確認して下さい。
LAIS アラームは示します場合-行メジャー セクション終端装置(STE)から送出されるLAIS は、ダウンストリーム回線終端装置(LTE)に、LOS 障害または LOF 障害を着信 SONET セクション上で検出したことを知らせます。 アップストリーム STE がダウンストリーム LTE に回線 AIS を生成するには、K2 バイトの 6、7、および 8 ビットを 111 ビットに設定します。
  1. リモート設定が正しいことを確認します。
  2. リンクのリモート エンドの回線状態をチェックします。
LRDI リモート障害表示 -回線 メジャー RDI アラームは検出デバイスから、常にアップストリームへ報告されます。 特に LRDI は、K2 のビット 6 ~ 8で報告され、既存の自動保護スイッチング(APS)モードを無効にします: (APS 1+1)または APS ステータス(BLSR)。 AIS-L も、ビット6 ~ 8で送信され、通常は、SONET 再生器あるいは他の STEから送信されます。 RDI - 回線の問題はリモートインターフェイスから起こります。 アラーム状態のリモート サイトをチェックします。
ポインタの PATH LOP パス 損失 ネットワークデバイスはフレーミングタイプのミスマッチを検出するとき LOP を報告します。 バックトゥーバックのラボ設定で、2 つのルータのエンドポイントに異なるフレーム同期タイプを設定している場合、PING が成功するため、どちらの装置もアラームを宣言しません。
  1. リモート設定が正しいことを確認します。
  2. 帯をキャプチャ するのに WAN アナライザを使用して下さい。
PAIS アラームはシグナルパス マイナーを示します LAIS を受信するアップストリーム LTE は、H1 バイトおよび H2 バイトを設定することで、ダウンストリーム PTE にパス AIS を送信します。 送信の目的は、ダウンストリーム PTE にアップストリーム LTE の着信回線信号上の障害を知らせることです。 パス AIS は LAIS を受信したサイトによって送信されます。 この送信はマイナー警告であり、遠端の監視以外に必要なアクションはありません。 アラームが続く場合、トランクの両端のインターフェイス設定を確認します。
PRDI リモート障害表示 -パス マイナー パス リモート障害識別子(PRDI)は、パス レベル以外では使用されません。 パス層に問題が発生すると、PAIS はダウンストリームに、PRDI はアップストリームに送信され、ダウンストリーム側に問題があることをトラフィックの送信元に知らせます。 PRDI アラームでは、通常 2 サイト離れたところに問題が表示されます。 アラームが続く場合、最も近い隣のサイトのアラーム状態をチェックします。
Cell Delineation マイナーからの OOCD この発生はアラーム インテグレーション期間始まります。 (OOCD は 7 人の連続したセルが有効なヘッダー エラーチェック(HEC)が含まれていないと発生します。 OOCD は 6 人の連続した HEC が有効 な セルが検出するときクリアします。) 各端にフレーミングの設定を確認して下さい。 他のフレーミング タイプを設定して試すには、atm framing コマンドを使用します。

次をチェックする show controllers コマンドからの情報を使用して下さい:

T1 およびE1 インターフェイスのトラブルシューティング

このセクションは T1 および E1 インターフェイス モジュールを解決するのに使用される特定のプロセスおよびコマンドを説明します。

インターフェイス モジュール LED

ポートアダプタ の 表面プレートLED はポートアダプタの同軸および UTP インターフェイス の 接続ユーザー T1 および E1 にステータス情報を提供します。 LED は次 の テーブルに説明があります。

注: LEDステータスを表示する show controllers コマンドを使用して下さい。

LED ステータス 説明
RX (レシーブ) 点滅する グリーン レッドを離れて LOS1 かポートアダプタはシャットダウンされます。 セルは受信されています。 LED は 5 秒毎に点滅させ、脈拍数はデータ レートと増加します。 アラーム(LOF2、LCD3、AIS4)
TX (送信する) 点滅する グリーン点滅黄色い安定した黄色を離れて 送信 ライン アクティビティ示す値無し。 セルは送信されています。 データ レートの LED 脈拍数増加。 ループバック。 FERF5 アラーム。

1LOS = 信号消失

2LOF = フレーム同期損失

3LCD = セル損失通知表示

4AIS = アラーム表示信号

5FERF = far-end receive failure

T1 および E1 インターフェイスとの show controllers コマンドの使用

T1 および E1 インターフェイスコンフィギュレーションを表示するのに次のコマンドを使用して下さい:

show controllers ATMカード/subcard/ポート

show controllers atm card/subcard/port コマンドはインターフェイス 記憶域管理およびエラーカウンタを示します。 記憶域管理およびエラーカウンタをチェックするのにそれを使用して下さい。

Switch#show controllers atm 0/1/0

IF Name: ATM0/1/0, SUNI PDH Chip Base Address: A8908000
IF Name: ATM0/1/0, framer Base Address: A8909000
Port type: T1    Port rate: 1.5 Mbps    Port medium: UTP
  
Port status:Good signal Loopback:None    Flags:8000
 showdow clk reg value AA
  
TX Led: Traffic Pattern    RX Led: Traffic Pattern   CD Led: off
TX clock source:  network-derived
T1 Framing Mode:  ESF PLCP format
FERF on AIS is on
FERF on LCD is on (n/a in PLCP mode)
FERF on RED is on
FERF on OOF is on
FERF on LOS is on
LBO: between 0-110
Counters:
  Key: txcell   - # cells transmitted
       rxcell   - # cells received
       lcv      - # line code violations
       ferr     - # framing bit error event counter
       bee      - # bit error event, CRC-6 in ESF, Framing bit error in SF
       b1       - # PLCP BIP errors
       fe       - # PLCP framing pattern octet errors
       plcp_febe- # PLCP FEBE errors
       hcs      - # uncorrectable HEC errors
       uicell   - # unassigned/idle cells dropped
<Information Deleted>
Dump of internal registers for mask
 9 9 9 9 1 1 0 0
Switch#

次 の テーブルは show controllers コマンドの最良のトラブルシューティング フィールドをリストします:

フィールド 説明
lcv (回線コード違反) 極性違反(BPV)または Excessive Zeros (EXZ)エラーの数。 このエラーが増分する条件はライン コーディングと変わります。 極性違反:
  • AMI - 同じ極性の 2 つの連続的なパルスの受信。
  • B8ZS - 同じ極性の 2 つの連続的なパルス、しかしこれらのパルスを受信してゼロ 置換の一部でであってはなりません。
  • 過剰ゼロ: AMI - 連続して 16 個以上のゼロを受信した場合
  • B8ZS - 7 つ以上の隣接 するゼロの使用。
ferr (フレーミング ビット エラーイベント): カウンター フレーム ビットのための不正確なパターンが検出すること回数。
b1: PLCP BIPエラー ATM セルを T1 フレームにマッピング するとき、物理レイヤ コンバージェンス プロトコル (PLCP)を使用できます。 技術文書では一般に、サブフレームで構成される PLCP は、セルとオーバーヘッド バイトの行と列から成る 2 次元のグリッドとして表現されます。 ATM セルは各 PLCP 行内の所定の位置にあります、ATM セルの輪郭を描くために従って追加方式は必要ではないです。
plcp_febe: PLCP FEBEエラー DS-3 M フレームは、P ビットを使用して回線のパリティをチェックします。 M サブフレームは、C ビット パリティと呼ばれるフォーマット中の C ビットを使用します。C ビット パリティでは、送信元で P ビットの結果をコピーし、宛先でその結果をチェックします。 ATM インターフェイスは、検出された C ビット パリティ エラーを、Far-End Block Error(FEBE; 遠端ブロック エラー)によって送信元に報告します。
hcs: 修正不可能 な HECエラー その回数は ATMセル ヘッダー検査壊れました。 ATMセル ヘッダ(ないペイロード)はヘッダー検査と呼ばれる 1 バイト CRC で保護されます(HEC か HCS)。 この CRC はヘッダのシングルビットエラー(修正可能な HCS エラー)を訂正し、マルチビット エラー(修正不可能 な HCS エラー)を検出する。 SONET層が show controller atm コマンドことをの出力の次のエラーカウンタの増分する値を探すことによってビットエラーを経験しているかどうかこの問題を解決するために、判別して下さい:
  • B1、B2、および B3 BIP - ローカル インターフェイスで、ビット パリティ エラーを含む SONET フレームが受信されていることを示します。
  • FEBE - リモートインターフェイスが B2 および B3 エラーの SONET フレームを受信していることを示します。
これらのカウンターが増分する場合、ATM セルは多分同様に破損します。 HCS エラーは SONETレベルの問題の結果単にです。
uicell: 廃棄される未指定/アイドルセル International Telecommunications Union(ITU-T; 国際電気通信連合電気通信標準化部門)では、I361 勧告で未指定セルとアイドル セルの形式を定義しています。 これらのセルの目的は、正確なセルのデカップリング、つまりセルの線引きを確実に実現させることです。その結果、受信側の ATM インターフェイスは新しいセル単位の始点を認識できます。 ITU-T は、I432 勧告でセルの線引きに関するメカニズムを定義しています。 ATM フォーラム標準は、SONET/SDH インターフェイスがあると、ATM デバイスがアイドル セルまたは未指定セルのどちらかを送信し、選択されたセル形式が設定されたフレーミングによって異なることを要求します。

次をチェックする show controllers コマンドからの情報を使用して下さい:

DS3 およびE3 インターフェイスのトラブルシューティング

このセクションは E3 DS3 およびポートアダプタを解決するのに使用される特定のプロセスおよびコマンドを説明します。

インターフェイス モジュール LED

インターフェイス モジュール 表面プレートLED はインターフェイス モジュールのユーザー DS3 および E3 同軸 インターフェイス の 接続にステータス情報を提供します。 LED は次 の テーブルに説明があります。

注:  LEDステータスを表示する show controllers コマンドを使用して下さい。

LED ステータス 説明
RX (レシーブ) 点滅する グリーン レッドを離れて LOS1 かポートアダプタはシャットダウンされます。 セルは受信されています。 LED は 5 秒毎に点滅させ、脈拍数はデータ レートと増加します。 アラーム(LOF2、LCD3、AIS4)
TX (送信する) 点滅する グリーン点滅黄色い安定した黄色を離れて 送信 ライン アクティビティ示す値無し。 セルは送信されています。 データ レートの LED 脈拍数増加。 ループバック。 FERF5 アラーム。

1LOS = 信号消失

2LOF = フレーム同期損失

3LCD = セル損失通知表示

4AIS = アラーム表示信号

5FERF = far-end receive failure

DS3 および E3 インターフェイスとの show controllers コマンドの使用

E3 DS3 およびインターフェイスコンフィギュレーションを表示するのに次のコマンドを使用して下さい:

show controllers ATMカード/subcard/ポート

show controllers atm card/subcard/port コマンドはインターフェイス 記憶域管理およびエラーカウンタを示します。 記憶域管理およびエラーカウンタをチェックするのにそれを使用して下さい。

Switch#show controllers atm 0/1/0

IF Name: ATM0/1/0, Chip Base Address: A8908000
Port type: DS3    Port rate: 45 Mbps    Port medium: Coax
  
Port status:Good Signal Loopback:None    Flags:8000
  
TX Led: Traffic Pattern    RX Led: Traffic Pattern  TX clock source:  network-de
rived
DS3 Framing Mode:  cbit adm
FERF on AIS is on
FERF on LCD is on (n/a in PLCP mode)
FERF on RED is on
FERF on OOF is on
FERF on LOS is on
LBO: <= 225'
PDH counters:
  Key: txcell   - # cells transmitted
       rxcell   - # cells received
       lcv      - # line code violations
       ferr     - DS3: # F-bit/M-bit errors; E3: # framing errors
       exzs_ier - T3: # excessive zeros; E3 G.832: # iec errors
       perr     - DS3: # P-bit errors; E3 G.832: # BIP-8 errors
       cperr    - DS3: # path parity errors
       febe     - DS3 or E3 G.832: # FEBE errors
       b1       - # PLCP BIP errors
       fe       - # PLCP framing pattern octet errors
       plcp_febe- # PLCP FEBE errors
       hcs      - # uncorrectable HEC errors
       uicell   - # unassigned/idle cells dropped
 
<Information Deleted>
 
Netclock Reg1 Shadow:55, Netclock Reg2 Shadow:1,
Interrupt Status:DF, ASP ClkSel:C7FF
Switch#

次 の テーブルは show controllers コマンドの最良のトラブルシューティング フィールドをリストします:

ファシリティの統計情報 説明
Line Code Violation(LCV; 回線コード違反) 極性違反(BPV)または Excessive Zeros (EXZ)エラーの数。 このエラーが増分する条件はライン コーディングと変わります。
  • 極性違反:
    • AMI - 同じ極性の 2 つの連続的なパルスの受信。
    • B3ZS または HDB3 - 同じ極性のパルスを 2 回連続して受信したが、これらのパルスがゼロ置換の一部でない場合
  • 過剰ゼロ:
    • AMI - 15 以上の隣接 するゼロの使用。
    • B3ZS - 7 つ以上の隣接 するゼロの使用
フレーミング Bit Error(BE; ビット エラー) F1 ~ F4 フレーミング ビットの誤ったパターンが検出された回数。
Excessive Zeros(EZD; 過剰ゼロ)総数 過剰隣接したバイナリ ゼロが検出すること回数。 「過剰」の定義は、B3ZS の場合は「ゼロが 4 つ以上」、HDB3 の場合は「ゼロが 5 つ以上」です。
Parity Error(PE; パリティ エラー) DS-3 リンクの P ビットおよび E3 リンク(G.832)の BIP-8 フィールドを通じて検出されたパリティ エラーの数。 RFC1407 により、P ビット パリティ エラー イベントは、「DS-3 M フレームで受信された P ビット コードが、対応するローカルで計算されたコードと異なる場合に発生する」と定義されています。 パリティ チェック 検出は伝達の間にフレームに変更します。 デジタルリンクは宛先が正しく伝送された情報を解読するようにするためにフレームの真値を保つ必要があります。
Far-End Block Error(FEBE; 遠端ブロック エラー) DS-3 M フレームは、P ビットを使用して回線のパリティをチェックします。 M サブフレームは、C ビット パリティと呼ばれるフォーマット中の C ビットを使用します。C ビット パリティでは、送信元で P ビットの結果をコピーし、宛先でその結果をチェックします。 ATM インターフェイスは、検出された C ビット パリティ エラーを、Far-End Block Error(FEBE; 遠端ブロック エラー)によって送信元に報告します。
Rx セル HCS Error(HCSE; HCS エラー) ATM インターフェイスは、Header Error Checksum(HEC; ヘッダー エラー チェックサム)フィールドを保持するセル ヘッダーに対する変更から保護します。 HCS は、48 バイトのペイロード内ではなく、ヘッダー内でのみエラーを検出します。 HCS エラーは、送信元、宛先、または ATM ネットワークにおいて、なんらかの理由でセル ヘッダーが破損したことを示します。

次をチェックする show controllers コマンドからの情報を使用して下さい:

CES T1 およびCES E1 インターフェイスのトラブルシューティング

このセクションは T1 および E1 回線エミュレーション サービス (CES) ポートアダプタを解決するのに使用される特定のプロセスおよびコマンドを説明します。

ポートアダプタのLED

ポートアダプタ の 表面プレートLED はポートアダプタのユーザー CES T1、CES E1 UTP および同軸 インターフェイス の 接続にステータス情報を提供します。 LED は次 の テーブルに説明があります。

LED ステータス 説明
RX (レシーブ) 点滅する グリーン レッドを離れて LOS1 かポートアダプタはシャットダウンされます。 セルは受信されています。 LED は 5 秒毎に点滅させ、脈拍数はデータ レートと増加します。 アラーム(LOF2、LCD3、AIS4)
TX (送信する) 点滅する グリーン点滅黄色い安定した黄色を離れて 送信 ライン アクティビティ示す値無し。 セルは送信されています。 データ レートの LED 脈拍数増加。 ループバック。 FERF5 アラーム。

1LOS = 信号消失

2LOF = フレーム同期損失

3LCD = セル損失通知表示

4AIS = アラーム表示信号

5FERF = far-end receive failure

CES T3 および E3 インターフェイスとの show controllers コマンドの使用

CES T3 および CES E3 インターフェイスコンフィギュレーションを表示するのに次のコマンドを使用して下さい:

show controllers ATMカード/subcard/ポート

show controllers atm card/subcard/port コマンドはインターフェイス 記憶域管理およびエラーカウンタを示します。 記憶域管理およびエラーカウンタをチェックするのにそれを使用して下さい。

Switch#show controllers e1 4/0/1 
E1 4/0/1 is down.
 PAM state is Up
  FPGA Version:  fi-c8510-4e1fr.A.3.2
  Firmware Version: fi-c8510-4e1fr.A.2.3
  Transmitter is sending LOF Indication (RAI).
  Receiver has loss of signal.
  Framing is crc4, Line Code is HDB3, Clock Source is line.
  Data in current interval (347 seconds elapsed):
     0 Line Code Violations, 0 Path Code Violations
     0 Slip Secs, 0 Fr Loss Secs, 0 Line Err Secs, 0 Degraded Mins
     0 Errored Secs, 0 Bursty Err Secs, 0 Severely Err Secs
     347 Unavail Secs
  Data in Interval 1:
     0 Line Code Violations, 0 Path Code Violations
     0 Slip Secs, 0 Fr Loss Secs, 0 Line Err Secs, 0 Degraded Mins
     0 Errored Secs, 0 Bursty Err Secs, 0 Severely Err Secs
     900 Unavail Secs
  Data in Interval 2:

  [information Deleted]

  Total Data (last 95 15 minute intervals):
     2 Line Code Violations,0 Path Code Violations,
     0 Slip Secs, 0 Fr Loss Secs, 2 Line Err Secs, 0 Degraded Mins,
     0 Errored Secs, 0 Bursty Err Secs, 0 Severely Err Secs
     4721390 Unavail Secs, 0 Stuffed Secs
Switch#

次 の テーブルは show controllers コマンドの最良のトラブルシューティング フィールドをリストします:

フィールド 説明
E1 は稼働しています E1 コントローラ 0 が動作中であることを示します。 コントローラの状態は、up(アップ)、down(ダウン)、または administratively down(管理上ダウン)です。 ループバック状況は、ローカル ループまたはリモート ループとして表示されます。
Applique Type ハードウェアのアップリケ タイプと、それが平衡型、非平衡型のいずれかであるかを示します。
フレーミング 現在のフレーミング タイプを示します。 E1 のデフォルトのフレーミングは、Cyclic Redundancy Check 4(CRC4; 巡回冗長検査 4)です。
Line Code 現在のライン コードを示します。 E1 のデフォルトのライン コーディングは HDB3 です。
No alarms detected コントローラによって検出されたアラームはすべて、ここに表示されます。 可能性のあるアラームには次のものがあります。
  • トランスミッタがリモート アラームを送信
  • トランスミッタが Alarm Indication Signal(AIS; アラーム表示信号)を送信
  • レシーバの信号消失
  • レシーバが AIS を受信
  • レシーバのフレーム消失
  • レシーバのリモート アラーム
  • レシーバのアラームなし
Data in current interval (251 seconds elapsed) 15 分毎に 24 時間積算に転送する現在の累積期間を示します。 累積期間は 1 〜 900 秒です。 最も古い 15 分の期間は、24 時間の累積バッファから破棄されます。
Line Code Violations Bipolar Violation(BPV; 極性違反)または Excessive Zeros(EXZ; 過剰ゼロ)のいずれかのエラー イベントの発生を示します。
Path Code Violations 拡張スーパーフレーム(ESF)および E1-CRC 形式の D4 および E1-no CRC 形式または CRCエラーのフレーム 同期 ビットエラーを示します。
Slip secs Domestic Trunk Interface(DS1)フレームのペイロード ビットの複製や削除を示します。 同期受信側ターミナルと受信された信号のタイミングに差がある場合、スリップが生じることがあります。
Fr loss secs Out of Frame(OOF; フレーム同期外れ)エラーが検出された秒数を示します。
Line Err secs Line Errored Seconds(LES; 回線エラー秒数)は、1 つ以上のライン コード バイオレーション エラーが検出された秒数です。
Degraded mins degraded minute は、予測エラー レートが 1E-6 を超え、1E-3 を超えない期間の分を表します。
Errored secs ESF リンクおよび E1 CRC リンクで、エラード セカンドは、次のエラーのいずれかが検出された秒数です。
  • 1 つ以上のパス コード違反
  • 1 つ以上のフレーム同期外れエラー
  • 1 つ以上の制御スリップ イベント
  • AIS エラー
SF リンクおよび E1 no-CRC リンクについては、極性違反が存在する場合にもエラード セカンドがトリガーされます。
Bursty Err secs パス コード違反エラーが 2 〜 319 の範囲で、重大エラー フレームや着信 AIS エラーが検出されなかった秒数。 制御スリップはこのパラメータに含まれません。
ひどく秒は誤ります ESF 信号の場合、次のエラーのいずれかが検出された秒数です。
  • 320 以上のパス コード違反エラー
  • 1 つ以上のフレーム同期外れエラー
  • AIS エラー
E1-CRC 場合に関しては、これは次のいずれかのエラーの秒です:
  • 832 以上のパス コード違反エラー
  • 1 つ以上のフレーム同期外れエラー
E1-nonCRC 信号の場合、2048 以上のライン コード バイオレーションがある秒数です。 D4 場合に関しては、これはフレーミングエラー、フレーム同期外れ問題、または 1544 の回線コード違反を用いる 1 秒 間隔の数を意味します。
Unavail Secs インターフェイス上の合計秒数のカウント。 このフィールドは、インターフェイスが使用できない秒数をカウントすることで計算されます。

注: その他の情報に関しては、show controllers e1 コマンドおよび E1 のトラブルシューティングを理解することを参照して下さい。

次をチェックする show controllers コマンドからの情報を使用して下さい:

CDS3 フレームリレーインターフェイスのトラブルシューティング

このセクションはチャネライズド DS3 フレームリレーポートアダプタ(CDS3)を解決するのに使用される特定のプロセスおよびコマンドを説明します。

インターフェイス モジュール LED

ポートアダプタ の 表面プレートLED はポートアダプタの個々のチャネライズド DS3 フレームリレーポートアダプタ(CDS3)同軸 インターフェイス の 接続にステータス情報を提供します。 LED は次 の テーブルに説明があります。

LED ステータス 説明
CD (キャリア検知) グリーンを離れて 受け取らなかったキャリア検出信号。 受け取ったキャリア検出信号。
RX (レシーブ) 点滅する グリーン レッドを離れて LOS1 かポートアダプタはシャットダウンされます。 セルは受信されています。 LED は 5 秒毎に点滅させ、脈拍数はデータ レートと増加します。 アラーム(LOF2、LCD3、AIS4)
TX (送信する) 点滅する グリーン点滅黄色い安定した黄色を離れて 送信 ライン アクティビティ示す値無し。 セルは送信されています。 データ レートの LED 脈拍数増加。 ループバック。 FERF5 アラーム。

1LOS = 信号消失

2LOF = フレーム同期損失

3LCD = セル損失通知表示

4AIS = アラーム表示信号

5FERF = far-end receive failure

CDS3 フレームリレー インターフェイスとの show controllers コマンドの使用

CDS3 フレームリレー インターフェイス 設定を表示するのに次のコマンドを使用して下さい:

show controllers ATMカード/subcard/ポート

show controllers atm card/subcard/port コマンドはインターフェイス 記憶域管理およびエラーカウンタを示します。 記憶域管理およびエラーカウンタをチェックするのにそれを使用して下さい。

Switch#show controllers e1 4/0/0

E1 4/0/0 is down.
  PAM state is Up
  FPGA Version:  fi-c8510-4e1fr.A.3.2
  Firmware Version: fi-c8510-4e1fr.A.2.3
   Transmitter is sending LOF Indication (RAI).
  
   Receiver has loss of signal.
  Framing is crc4, Line Code is HDB3, Clock Source is line.
  Data in current interval (143 seconds elapsed):
     0 Line Code Violations, 0 Path Code Violations
     0 Slip Secs, 0 Fr Loss Secs, 0 Line Err Secs, 0 Degraded Mins
     0 Errored Secs, 0 Bursty Err Secs, 0 Severely Err Secs
     143 Unavail Secs
  Data in Interval 1:
     0 Line Code Violations, 0 Path Code Violations
     0 Slip Secs, 0 Fr Loss Secs, 0 Line Err Secs, 0 Degraded Mins
     0 Errored Secs, 0 Bursty Err Secs, 0 Severely Err Secs
     900 Unavail Secs
.
(Information Deleted)
.
     Total Data (last 95 15 minute intervals):
     2 Line Code Violations,0 Path Code Violations,
     0 Slip Secs, 0 Fr Loss Secs, 2 Line Err Secs, 0 Degraded Mins,
     0 Errored Secs, 0 Bursty Err Secs, 0 Severely Err Secs
     1833290 Unavail Secs, 0 Stuffed Secs
Switch#

次 の テーブルは show controllers コマンドの最良のトラブルシューティング フィールドをリストします:

フィールド 説明
E1 は稼働しています E1 コントローラ 0 が動作中であることを示します。 コントローラの状態は、up(アップ)、down(ダウン)、または administratively down(管理上ダウン)です。 ループバック状況は、ローカル ループまたはリモート ループとして表示されます。
Applique Type ハードウェアのアップリケ タイプと、それが平衡型、非平衡型のいずれかであるかを示します。
フレーミング 現在のフレーミング タイプを示します。 E1 のデフォルトのフレーミングは、Cyclic Redundancy Check 4(CRC4; 巡回冗長検査 4)です。
Line Code 現在のライン コードを示します。 E1 のデフォルトのライン コーディングは HDB3 です。
No alarms detected コントローラによって検出されたアラームはすべて、ここに表示されます。 可能性のあるアラームには次のものがあります。
  • トランスミッタがリモート アラームを送信
  • トランスミッタが Alarm Indication Signal(AIS; アラーム表示信号)を送信
  • レシーバの信号消失
  • レシーバが AIS を受信
  • レシーバのフレーム消失
  • レシーバのリモート アラーム
  • レシーバのアラームなし
Data in current interval (251 seconds elapsed) 15 分毎に 24 時間積算に転送する現在の累積期間を示します。 累積期間は 1 〜 900 秒です。 最も古い 15 分の期間は、24 時間の累積バッファから破棄されます。
Line Code Violations Bipolar Violation(BPV; 極性違反)または Excessive Zeros(EXZ; 過剰ゼロ)のいずれかのエラー イベントの発生を示します。
Path Code Violations 拡張スーパーフレーム(ESF)および E1-CRC 形式の D4 および E1-no CRC 形式または CRCエラーのフレーム 同期 ビットエラーを示します。
Slip secs Domestic Trunk Interface(DS1)フレームのペイロード ビットの複製や削除を示します。 同期受信側ターミナルと受信された信号のタイミングに差がある場合、スリップが生じることがあります。
Fr loss secs Out of Frame(OOF; フレーム同期外れ)エラーが検出された秒数を示します。
Line Err secs Line Errored Seconds(LES; 回線エラー秒数)は、1 つ以上のライン コード バイオレーション エラーが検出された秒数です。
Degraded mins degraded minute は、予測エラー レートが 1E-6 を超え、1E-3 を超えない期間の分を表します。
Errored secs ESF リンクおよび E1 CRC リンクで、エラード セカンドは、次のエラーのいずれかが検出された秒数です。
  • 1 つ以上のパス コード違反
  • 1 つ以上のフレーム同期外れエラー
  • 1 つ以上の制御スリップ イベント
  • AIS エラー
SF リンクおよび E1 no-CRC リンクについては、極性違反が存在する場合にもエラード セカンドがトリガーされます。
Bursty Err secs パス コード違反エラーが 2 〜 319 の範囲で、重大エラー フレームや着信 AIS エラーが検出されなかった秒数。 制御スリップはこのパラメータに含まれません。
ひどく秒は誤ります ESF 信号の場合、次のエラーのいずれかが検出された秒数です。
  • 320 以上のパス コード違反エラー
  • 1 つ以上のフレーム同期外れエラー
  • AIS エラー
E1-CRC 場合に関しては、これは次のいずれかのエラーの秒です:
  • 832 以上のパス コード違反エラー
  • 1 つ以上のフレーム同期外れエラー
E1-nonCRC 信号の場合、2048 以上のライン コード バイオレーションがある秒数です。 D4 場合に関しては、これはフレーミングエラー、フレーム同期外れ問題、または 1544 の回線コード違反を用いる 1 秒 間隔の数を意味します。
Unavail Secs インターフェイス上の合計秒数のカウント。 このフィールドは、インターフェイスが使用できない秒数をカウントすることで計算されます。

注: その他の情報に関しては、show controllers e1 コマンドおよび E1 のトラブルシューティングを理解することを参照して下さい。

次をチェックする show controllers コマンドからの情報を使用して下さい:

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 21390