アプリケーション ネットワーキング サービス : Cisco 500 シリーズ キャッシュ エンジン

バージョン 2 から 3 へのアップグレード時の CE のディスク セットアップ

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、バージョン 2 から 3 にアップグレードした場合の Content Engine のディスク パーティションを管理する方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

情報

バージョン 1.0

バージョン 2.x.x を実行する製造から提供される Cisco Content Engine は一般に前配分され、内部 ディスクのカスタム セットアップはそれ以上のセットアップを必要としません。 顧客は Web キャッシュ通信プロトコル(WCCP)を使用してリダイレクト ルータで典型的なトランスペアレント キャッシングのための Content Engine を設定して自由ですかまたはプロキシで Content Engine を設定することを続行できます。

3.x では。、デザイナーを提供する mediafs パーティション型の配信はメディア ストリーミングの準備をする機会追加されました。 バージョン 3.x.x では、ユーザはディスク の パーティション サイズおよびメディアタイプをカスタマイズできます。 キャッシュが新しい 3.x.x コードを実行していることがアップグレードしたい顧客をキャッシュして頻繁に分ります。 これらの顧客はキャッシュに背部オンラインを得るために手動調整をする必要があります。

3.x.x コード

リリース 3.1 ソフトウェアは read または write リリース 2.x ディスク の パーティションできません。 リリース 3.1 と利用可能 なオプションのソフトウェアは新しいディスク の パーティションを作成することを必要とします。 リリースの詳細については Cisco Cache Software コンフィギュレーション ガイドHard Disk Storage セクションの管理を、リリース 3.1 3.1.1 ディスク の パーティション参照して下さい。

顧客は頻繁にディスクスペースの問題にバージョン 3.x.x への 2.x.x Content Engine を奪取 した後動作します。

下記に Content Engine のディスクが後 3.1.1 アップグレード見えたものにです。

ContentEngine# show disk-partitions disk00
Disk size in 512 byte blocks: 35566448
num:	 type	   start       size status
-----------------------------------------------------
0:	 SW	    32	 35566448 mounted
1:     NONE
2:     NONE
3:     NONE
Free disk space: 0 blocks (0 M) .
Creating the sysfs partition:

ディスク セットアップ

ディスク セットアップ用に下記のステップに従って下さい。

  1. disk01/00 で 100 メガバイト sysfs 配分を作成するディスク の パーティション EXEC コマンドを発行して下さい。

    ContentEngine# disk partition disk01/00 100M sysfs
    ContentEngine# show disk-partitions disk01
    Disk size in 512 byte blocks: 35566448
    Disk size in 512 byte blocks: 35566448
    num:	 type	   start       size status
    -----------------------------------------------------
    0:	 SW	    32	 35566448 mounted
    0:    SYSFS   24896545	   204800 unformated, unmounted
    1:     NONE
    2:     NONE
    3:     NONE
    Free disk space: 10465135 blocks ( M)
    
  2. sysfs 形式 EXEC コマンドの発行によって sysfs 配分をフォーマットして下さい。

    ContentEngine# sysfs format disk01/00
    Formatting sysfs on disk01/00
    Formatting disk01/00 sysfs ok
    ContentEngine# show disk-partitions disk01
    Disk size in 512 byte blocks: 35566448
    num:	 type	   start       size status
    -----------------------------------------------------
    0:    SYSFS   24896545	   204800 formatted, unmounted
    1:     NONE
    2:	CFS	    32	 10669934 mounted
    3:  MEDIAFS   10669966	 14226579 mounted
    Free disk space: 10465135 blocks (5109 M)
    
  3. ボリューム名 /local2 で sysfs 配分をマウントする sysfs 台紙 EXEC コマンドを発行して下さい。

    ContentEngine# sysfs mount disk01/00 local2
    Checking sysfs on disk01/00
    disk01/00 has been checked OK
    Mounted disk01/00 to /local2
    ContentEngine# show disk-partitions disk01
    Disk size in 512 byte blocks: 35566448
    num:	 type	   start       size status
    -----------------------------------------------------
    0:    SYSFS   24896545	   204800 mounted at local2
    1:     NONE
    2:	CFS	    32	 10669934 mounted
    3:  MEDIAFS   10669966	 14226579 mounted
    Free disk space: 10465135 blocks (5109 M)
    

4 つまでのパーティションは同じ物理的 な ディスクで共存できますシステムに対して 1 つの swfs パーティションだけある場合もあります。 ディスクのパーティションは異なるサイズがある場合があります。 パーティションはブートアップかシステム再ロード シーケンスの間にマウントされるとき自動的にチェックされ、修理されます。

Command Line Interface (CLI)では、各ディスクはワード ディスクおよび 2 ディジット 識別子から作られる diskname と識別されます(たとえば、disk00、disk01、disk02、等)。 パーティション名はディスク名前、フォワードスラッシュ 文字およびパーティション番号で構成されています(たとえば、disk00/00、disk00/01、disk00/02、disk00/03、disk01/00、等)。

ディスク の パーティションはシステムがストレージのためにそれを使用できる前にフォーマットされ、マウントする必要があります。 ディスクの配分を作成するために、ディスク の パーティション EXEC コマンドを発行して下さい。 、フォーマットするためにマウントし、異なる配分タイプをアンマウントするために、cfsmediafs および sysfs EXEC コマンドを発行して下さい。

注: swfs パーティションはソフトウェアアップグレード手順の一部としてプレ インストールされか、またはアンマウントされるか、または修正することができません作成され。 ディスク製造を発行すればディスクは全体のディスクに mediafs か cfs 配分タイプをする EXEC コマンドを準備します。 規定 された ディスクに関しては、どちらかのコマンドはすべての配分をアンマウントしが、すべての配分を消し、規定 された配分タイプを作成し、ディスクをフォーマットします、disk manufacture コマンドだけ新しく作成された配分をマウントします。 ディスクからのすべてか規定 された配分を消すディスク erase-all-partitions およびディスク消去パーティション EXEC コマンドを発行して下さい。

Content Engine に利用可能 なすべてのディスクを表示するために提示ディスク EXEC コマンドを発行して下さい。

ContentEngine# show disks
disk00	(scsi host 0, channel 0, id 0)
disk01	(scsi host 0, channel 0, id 1)
disk02	(scsi host 3, channel 0, id 0)
disk03	(scsi host 3, channel 0, id 1)
disk04	(scsi host 3, channel 0, id 2)
disk05	(scsi host 3, channel 0, id 3)
disk06	(scsi host 3, channel 0, id 4)
disk07	(scsi host 3, channel 0, id 5)
disk08	(scsi host 3, channel 0, id 8)
disk09	(scsi host 3, channel 0, id 9)

特定のディスクの配分を表示するために、show disk-partitions diskname EXEC コマンドを発行して下さい。

ContentEngine# show disk-partitions disk00
Disk size in 512 byte blocks: 35566448
num:	 type	   start       size status
-----------------------------------------------------
0:     SWFS	    32	 14226579 System Reserved
1:     SYSFS   14226611   21338112 mounted at local1
2:     NONE
3:     NONE

提示 sysfs 音量を発行して下さい、それぞれ配分に情報点を表示する cfs 音量および show mediafs volumes EXEC コマンドを示して下さい

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 21363