音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity-CallManager TAPI サービス プロバイダー(TSP)トラブルシューティング ガイド

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unity-CallManager TAPI サービス プロバイダー(TSP)は、Cisco Unity と Cisco CallManager の通信を可能にし、Cisco CallManager の統合のためだけに使用されます。 TSP は適切なボイスメール サービスを維持するために重要です。 全体的に見ると、単純な機能を実行します。 Cisco CallManager Skinny メッセージをネイティブ Cisco Unity メッセージに、ネイティブ Cisco Unity メッセージを Skinny メッセージに変換します。 ただし、何らかの問題が起きた場合、完全なボイスメール接続が失われる可能性があります。 TSP の機能は単一目的であるため、比較的簡単にトラブルシューティングを行うことができます。 このドキュメントでは、トラブルシューティング テクニックおよび一般的な問題の対処方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unity 2.4.6.161 またはそれ以降

  • Cisco Unity CallManager TSP 6.0(1) またはそれ以降

  • Cisco CallManager 3.1 またはそれ以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

トラブルシューティング の チェックリスト

詳細なトラブルシューティングが始まる前に TSP が正しく設定されること、そして労働 環境が安定 して いることを確認するために、一連のステップは踏む必要があります。 単一 ミスコンフィギュレーションかネットワーク上の問題は TSP が十分に機能する、次々と、音声メール サービスを破壊して下さいことを防ぐことができ。 Cisco テクニカル サポートを呼出す前に、このチェックリストに対してシステムのステータスをチェックして下さい。

  1. 完全な IP接続は Cisco Unity、Exchange および Cisco Unified CallManager の間にありますか。 ネットワークは安定 して いますか。

    ネットワーク接続は極めて重要です。 Cisco Unity および Cisco Unified CallManager は 15 秒毎にキープアライブ メッセージを交換します。 3 つがキープアライブを失った後、TSP ポートは登録を解除し、再登録するように試みます。 キープアライブはネットワーク輻輳、スイッチポート エラーおよび他のネットワークの不調が失われた原因である場合もあります。 Cisco Unity Cisco CallManager 接続を解決する前に、ネットワーク上の問題がないことを確認することは必要です。

  2. デバイス名 プレフィックスは TSP と Cisco Unified CallManager 音声メールポート コンフィギュレーションの間で一致するか。

    デバイス名 プレフィックスが一致する場合、TSP は Cisco Unified CallManager によって登録しないし、Cisco Unity への呼び出しは続いてリオーダー トーンを受け取ります。 自動登録が有効に なれば実際、TSP は Cisco IP Phone 12 SP として Cisco Unified CallManager によって登録します。 TSP および Cisco CallManager設定のデバイス名 プレフィックスをダブルチェックして下さい。

    Cisco Unity サーバのデバイス名を確認するためにこれらのステップを完了して下さい:

    1. コントロール パネル > 電話およびモデムオプションを Start > Settings の順に選択 して下さい。

    2. [Advanced] を選択します。

    3. Av-Ciscoサービスプロバイダーを選択し、『Configure』 を選択 して下さい。

    4. [Settings] を選択します。

      Av-Ciscoサービスプロバイダー Settings ウィンドウは示されているように、現われます。

      http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/21325-image001.gif

      デバイス名 プレフィクス フィールドの値は CiscoUM-VI に設定 されます。 Cisco CallManagerデバイス リストはこのウィンドウに示すようにウィンドウの右側にある Cisco Unified CallManager で理想的に表示されるデバイス名が、含まれています。

      http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/21325-image003.gif

    5. ことを設定される何が Cisco Unified CallManager 音声メールポート コンフィギュレーションウィンドウの Cisco 音声メールポート リストでマッチ Av-Ciscoサービスプロバイダー Settings ウィンドウにある Cisco CallManagerデバイスの名前リストする確認して下さい。

  3. 停止する必要および再始動なしで行った Cisco Unified CallManager 音声メールポート 設定への変更を Cisco CallManagerサービスでしたか。

    異なるパーティションに音声メールポートを移動するか、Calling Search Space を変更するか、または他のどの変更も行なえば、これは Cisco CallManagerサービスが再開されるように要求します。 Cisco Unified CallManager サービサビリティ 管理 ガイドコントロール センター セクションを参照して下さい、3.0(1) をリリースすれば Cisco Unified CallManager サービサビリティ 管理 ガイドコントロール センター セクションは詳細については 3.1(1) をリリースします。 変更を行ない、Cisco CallManagerサービスを再開しない場合、これにより予想外接続に関する問題を引き起こします。

  4. 各音声メールポートの Forward No Answer および前方使用中設定は正しいですか。

    音声メールポートが使用中でしたりまたは答えることができない場合適切なディレクトリ番号に転送していることは重要です。 標準の設定は最初のポートかライブ オペレータを指す最後のポートが付いている次の連続したポートに、転送するべき各ポートのためです。 これは Cisco Unified CallManager 音声メールポート コンフィギュレーションウィンドウから設定されます。

    音声メールポートがパーティションを割り当てられる場合、ポートに理想的に電話パーティションにそう達し他のポートのパーティションに達することができる持っているポート メッセージ ウェイティング インジケータ(MWI)電話に達することができる Calling Search Space があります。 コール転送 Calling Search Space 設定は音声メールポートを含む必要があります。 リオーダー トーンはそうでない場合再生されます。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/21325-image004.gif

    この例では、拡張 16601 のためのフォワーディングは前方ターゲットとして 16602 を示します。 これらのフォワーディング 拡張の Calling Search Spaces はどれもに前の音声メールポート コンフィギュレーションウィンドウ例で音声メールポートがあらゆる配分に割り当てられないので、設定 されません。 パーティションが Cisco Unity ポートに割り当てられた場合、Calling Search Space フィールドは指定の宛先宛先ポートに転送するとき使用するために Calling Search Space を示す必要があります。

    これらの設定のうちのどれかが変更される場合ステップ 3 で説明されているように Cisco CallManagerサービスを停止し、再開して下さい。

  5. Cisco Unity スイッチ設定は正しいですか。

    Cisco Unity が最初にインストールされているとき統合タイプを入力するために、インストーラは頼まれます。 間違ったタイプが選択される場合、Cisco Unity はレガシー PBX が提供するある特定のメッセージを期待します。 ログオンの間におよびプロンプトの間に長時間の遅延がある場合もあります。 発信者は間違ったメールボックスに可能性のある差し向けられます。 スイッチ ウィンドウのスイッチ設定を確認し、またこれらのレジストリ 設定がきちんと行われることを確認して下さい。

    HKLM\SOFTWARE\Active Voice\MIU\1.0\Initialization\Switch 0
    "Switch Configuration File"="CISCO0002.INI"
    HKLM\SOFTWARE\Active Voice\MIU\1.0\Initialization\Switch 1
    "Switch Configuration File"="CISCO0002.INI"

    二重統合 システムのトラブルシューティングを実行する場合、スイッチ 0 およびスイッチは 1 つのレジストリキー両方示しますです。 0 を切り替えるために割り当てられるスイッチはレガシー PBX であると期待されスイッチ 1 は Cisco Unified CallManager です。 それが二重統合 システムではない場合、スイッチだけが 0 レジストリキーあります。

    注意 注意: 注意:誤ったレジストリ キーの変更や入力値の誤りは、サーバの誤動作の原因になります。 レジストリを書き換える前に、問題が発生する場合それを復元する方法を知っていることを確認して下さい。 Cisco Unity サーバの通常のバックアップでは、レジストリのバックアップは行われない点に注意してください。 Regedit.exe のレジストリのヘルプトピックを復元するか、または詳細については Regedt32.exe の Registry 鍵 ヘルプトピックを復元する参照して下さい。 このレジストリキー設定を変更する方法についての質問が連絡すれば Cisco テクニカル サポートにあれば。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/21325-image006.gif

    スイッチ > スイッチをおよびスイッチ > Unity System Administrator ページの IP スイッチを選択し、一番下にアクティブなスイッチ設定をアクティブなスイッチ設定を行うために行うためにスクロールして下さい。

  6. TSP はきちんとインストールされましたか。

    TSP インストール指示はリリース ノートで見つけることができます。 参照して下さい Cisco Unity —リリース ノートは TSP のバージョンに関するリリース ノートを見つけ。

  7. G.729 コーデックはインストールされていましたか。

    デフォルトで、G.711 コーデックは 3.1.3 前にバージョンに Cisco Unity インストールされ、G.729 および G.711 コーデックはバージョン 3.1.3 および それ 以降のためにインストールされています。 Cisco Unity が存在呼出される場合のコーデックのミスマッチのための可能性。 コード不一致は切断されたコールという結果に適切なリングバックトーンが受け取られた後リオーダー トーンによって特徴付けられる接続がなされれば終ります。 記録およびネットワークの他と競合するかどうか見るために形式設定の流出をチェックして下さい。

    Cisco Unity サーバのコンソールから format —記録して、COM ポート > ユーティリティ ディレクトリの下で見つけられる SetRecordFormat.exe ユーティリティを実行して下さい。 これは Cisco Unity レコード形式を知らせます。 G.729 コーデックはオプションとしてそれがデフォルトでインストールされていたかだけ、または \CommServer\Utilities\sl_g729a_setup.exe ユーティリティが動作したら現われます。

    Cisco Unity サーバのコンソールから format —流れて\ COM ポート\ユーティリティ\ UnityAdvancedSettingsTool.exe ユーティリティを実行して下さい。 Cisco Unity Settings カラムでは、EnableG.729 コーデック サポートを選択し0 か 1 に『Set』 を選択 するために値を、そして変更できましたりそして終了します。 これは G.729 を断続的に回します。 G.729 は Cisco Unified CallManager に G.729 の領域があれば必要、この領域のデバイス Cisco Unity に接続することを試みますでありこのトランスコードすることをするハードなトランスコーダリソースがありません。

    G.729 は有効に なることを示すレジストリ 設定:

    HKLM\SOFTWARE\Active Voice\AvSkinny
    	"G729 Enabled"=dword:00000001

    G.729 コーデックがインストールされていたことを確認するもう一つの方式は G.729 をインストールするか、または有効に する アプリケーション イベントログのこのメッセージのその時に存在です。

    Event Type: Information
    Event Source: AvCiscoTsp_MC
    Event Category: None
    Event ID: 103
    Date: 2/6/2002
    Time: 5:18:00 PM
    User: N/A
    Computer: PONY
    Description:
    AvCiscoTsp device 0: G729a enabled.

    Cisco Unity インストールおよびトラブルシューティングを参照して下さい: G.729 コーデックをインストールする方法に関する手順に関する詳細については G.729a コーデックおよび音声コーデックおよび Cisco Unity (Cisco Unity のすべてのバージョン)

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/21325-image007.gif

    この例では、G.729 コーデックは SetRecordFormat.exe ユーティリティの Sipro Lab によって ITU G.729A として現われます。 これは G.729 コーデックがインストールされていない場合オプションではないです。

問題がそれでもあれば

それでも問題に直面し、トラブルシューティング の チェックリスト セクションのステップを確認したら、これらのステップを完了して下さい。 これらのステップは Cisco テクニカル サポートからの介入を必要とします。 またよくある 問題および Solutions セクションを必要ならば参照して下さい。

  1. エラーがあるかどうかアプリケーション イベントログを点検して下さい。

    Cisco テクニカル サポートを呼出すとき、これはエンジニアが Exchange Cisco Unity、TSP およびバージョンの後で、頼む最初 の 事柄 の 1 つです。 TSP 問題は頻繁により多くの深刻な問題の現象です。 最初の TSP エラーおよび警告を見つけ、ログファイルをどの前エラーでもあるかどうか見ることを通過して下さい。

    アプリケーション イベントログは方法でキー Cisco Unity サーバの全面的な健全性を判別するです。 それはそれを規則的に監視する好ましい習慣です。

  2. 各音声メールポートをそれぞれ呼出して下さい。

    時々、呼び出しは悪い状態でポートを去る Cisco Unity から不正確に切断されます。 これが起こるとき、Cisco Unified CallManager に記録されるポートステータスは Cisco Unity に記録されるポートステータスと異なることができます。 これは、当然、接続に関する問題を引き起こす場合があります。 Cisco Unity パイロット番号にダイアルインし、これがリオーダー トーンをもたらしたら、音声メール ハント グループの次の拡張を呼出すことを試みて下さい。 その拡張がまたリオーダー トーンをもたらす場合、各音声メールポートを呼出し、ポートがはたらく書き留めて下さい。 少数のポートだけはたらかない場合、一時的な次善策としてそれらのポートをスキップするためにハント グループを調節して下さい。

  3. Cisco CallManagerサービスを停止し、再開して下さい。

    以前に述べられるように、Cisco Unified CallManager の音声メールポート 設定への変更は Cisco CallManagerサービスを停止し、再開するように要求します。 このサービスを跳ねる場合、これはまた Cisco Unity サーバが最近リブートされた場合 TSP の接続の再確立を助けることができます。

  4. TSP を再インストールするか、またはアップグレードして下さい。

    それはソフトウェア バージョンを現在保存する好ましい習慣です。 サーバの再度ブートするが接続における問題を訂正しない場合、問題を解決するためにほとんどの現在のソフトウェアバージョンにアップグレードして下さい。 これはまた不正確にインストール済み TSP に関する問題を解決できます。

  5. Skinnyトレースを設定し、キャプチャ して下さい。

    前のメソッドの何れかにおける問題、および TSP 接続上の問題を解決できなかったら Cisco テクニカルサポート エンジニアが解決することは必要であるのでリブートした後、設定します TSP のための Skinnyトレースを現われ続けて下さい。 Skinnyトレースは問題が発生し、問題を持つエンジニアがポート 開始するほとんどのおおよその時間を知る必要がある前に動作する必要があります。

    Cisco Unity 3.0.x およびそれ以前の Skinnyトレースを設定する方法に関する詳細については MaestroTools.exe での Unity Traces の設定を参照して下さい。

    Cisco Unity 3.1 から始まる Cisco Unity 診察道具は Maestroツールを取り替えました。 このツールを使用する方法に関する詳細については Cisco Unity 診察道具 セクションを参照して下さい。

    Cisco CallManagerトレースを設定する方法に関する詳細については Cisco テクニカル サポートのためのセットアップ Cisco CallManagerトレースを参照して下さい。

サマリよくある 問題およびソリューション

前のセクションは Cisco テクニカル サポート介入なしで解決できる TSP 問題を記述します。 これらの問題のほとんどを訂正するためにこれらの手順を使用して下さい。 このセクションはよくある問題、原因およびソリューションをリストします。

  1. 繰り返し TSP 切断は Cisco Unified CallManager によって再接続し。

    述べられたより早く、不完全なネットワーク接続として TSP と Cisco Unified CallManager 間のキープアライブを失われるようになるために引き起こす場合があります。 いくつかの連続したキープアライブが失われた後、Cisco Unified CallManager に再接続する TSP 切断および試み。 なければアプリケーション イベントのこれらの警告メッセージ前の他のエラーは Cisco Unity サーバを、問題ありますネットワーク上の問題より多分もっとログオンします。

    Event Type: Warning
    Event Source: AvCiscoTsp_MC
    Event Category: None
    Event ID: 102
    Date: 3/2/2002
    Time: 5:34:13 PM
    User: N/A
    Computer: HUTCH-UNITY
    Description:
    AvCiscoTsp device 5: Disconnected from CallManager 192.168.200.4.
    Event Type: Information
    Event Source: AvCiscoTsp_MC
    Event Category: None
    Event ID: 101
    Date: 3/2/2002
    Time: 5:37:48 PM
    User: N/A
    Computer: HUTCH-UNITY
    Description:
    AvCiscoTsp device 5: Reconnected to CallManager 192.168.200.4.

    Cisco Unity のリソースを処理している場合発生する場合があります切り、また再接続しますまたは Cisco CallManager サーバは補給不足にあります。 再度、接続に関する問題を引き起こすかもしれない何でものためのイベントログの切断前に警告かエラーがあるかどうか点検すること確実でであって下さい。

    非回復 TSP 接続解除のシーケンスがあり、再接続する場合、Cisco Unity が再起動する必要があるポイントに Cisco Unity MIU か UnityAvWav で存在 する問題可能性が高いといえます。 接続解除はシーケンスをです実際に現象、ない問題再接続し。 この問題を解決する方法の詳細についてはセクションが問題によってがそれでもある場合のステップ 5 であるキャプチャ Skinnyトレースおよび設定、および支援を参照して下さい。

    Cisco Unity 始動の間にアプリケーション イベントログにいくつかの警告メッセージが現れます。 これは、正常な動作です。 問題はエラーが規則的なオペレーションの間に現われるときあります。

  2. 音声メール 接続は初期インストールの後で確立することができませんまたは TSP は Cisco Unified CallManager 音声メールポートと登録することを拒否します。

    これらは TSP が Cisco Unified CallManager によって登録しない主因です:

    • Cisco Unified CallManager のデバイス名 プレフィックス(ポート名)および Cisco Unity が一致する場合、音声メールポートは Cisco IP Phone として Cisco Unified CallManager によって 12 SP を登録します。 TSP のデバイス名 プレフィックスを訂正し、Cisco Unity サーバをリブートして下さい。

    • 音声メールポートが新しいインストールの間に Cisco Unified CallManager によって登録しない場合、TSP setup.exe が Cisco Unity-CM TSP.msi の代りに動作したことを確認して下さい。 後者はただインストーラ パッケージで、完全な TSP をインストールしません。 TSP を一旦アンインストールしてから再びインストールするために setup.exe を使用して下さい。 TSP インストール指示に関する詳細については Cisco Unity リリース ノートを参照して下さい。 リリース ノートは TSP のインストールのためのセクションが含まれています。

    • 音声メールポートが新しいインストールの直後の Cisco Unified CallManager によってそれでも、停止および再始動 Cisco Unified CallManager および Cisco Unity それらが互いに同期するようにするためにきちんと同時に登録しなければ。

    この 3 つのメソッドを試行した後問題が解決されない場合、Cisco Unified CallManager におよび Cisco Unity にネットワーク接続があることを確認して下さい。 TSP のプライマリ CallManager IP Address フィールドにリストされている IP アドレスが正しいことを確認することもまた重要です。 詳細についてはトラブルシューティング の チェックリストのステップ 2 を参照して下さい。

  3. リオーダー トーンは Cisco Unity がコールに応答するとき再生されます。

    Cisco Unity が接続した後リオーダー トーンを受け取れば、これは呼び出し側のデバイスと Cisco Unity 間のコーデックのミスマッチを示すことができます。 デフォルトで、G.711 コーデックだけ Cisco Unity でインストールされています。 Cisco Unity が両方を同時に使用できるのでまだ G.729 をインストールできます。 G.729 コーデックはインストールされていないことを確認した後、Cisco Unity サーバの COM ポート > ユーティリティ ディレクトリの下で見つけられる sl_g729a_setup.exe アプリケーションを実行して下さい。 レジストリキーを挿入し、リオーダー トーン問題を解決するためにサーバをリブートして下さい。

  4. IP Phone の Messages ボタンを押す場合、リオーダー トーンをもたらします。

    Messages ボタンは音声メールパイロット番号へ速度ダイヤル単にです。 従って、2 つの前例に説明がある同じメソッドの使用でこの問題を解決できます。 IP Phone の Messages ボタンが押される場合の TSP 登録問題かコーデックのミスマッチ原因リオーダー トーン。

  5. Cisco Unity はコールを接続しますが、オーディオは 10 秒の間聞かれません。

    これは不適切に設定されたスイッチ 統合の標準的な現象です。 TSP の存在にもかかわらず、設定 > SAWeb インターフェイスのスイッチの下の Cisco Unity のアクティブなスイッチ設定は不適切に設定されています。 これらは通常レガシー PBX の統合を仮定するデフォルト設定に設定 されます。 これが起こるとき、Cisco Unity は Cisco Unified CallManager は提供しないことに特定のメッセージングを信号を送る待っていると同時にすべてを時間を計ります。

    これは実際にオーディオ間のただ長い一時停止よりより多くの問題を引き起こす場合があります。 MWI ランプは点灯するために時間がかかることができますメッセージは取得するために時間がかかり Cisco Unity に呼出すときユーザは間違ったコール ハンドラかメールボックスに差し向けることができます。

    この問題を解決するために、> スイッチ > スイッチおよび設定 > スイッチ > IP スイッチ 『Settings』 を選択 して下さい。 電流アクティブなスイッチ設定はページの上にスイッチ設定を行うことができるところで、がページ表示の下部の エリアあります。 Cisco Unified CallManager によって適切に機能する Cisco Unity に関してはスイッチ設定をここに表示される値に行い Cisco Unity を再起動して下さい。

    Manufacturer: Cisco
    Model: CallManager
    Switch PBX software version: 3.01 or later
    Integration: TAPI

    Cisco Unity を再起動した後タイムアウトが続いたら、トラブルシューティング の チェックリストのステップ 5 で参照できる変更し Cisco Unity を再度再起動して下さいスイッチ設定ファイル レジストリ 設定を。

  6. 音声メールメッセージにスタティックに満ちたかとぎれとぎれのオーディオがあります。

    時々、スタティックに満ちたかとぎれとぎれのオーディオが付いている音声メールは余りに騒々しい音声 ストリームの一部を表しています。 Cisco Unity がメッセージを余りに声高に記録したして下さい、または余りに声高にしますかどうか確認するために音声メールをコンピュータで。 それが同じを鳴る場合、音声メールは余りに声高に記録されました。 それがオフをおよびぱりっとした鳴る場合、音声メールは Cisco Unity 余りに声高にされます。 これは実際に TSP とは全くよく関係ありませんが TSP 問題であると見なされます。

    音声メールメッセージが音声メール 品質を改善するには余りに声高に記録される場合、WaveDBGainRecord レジストリ 設定を減少させて下さい。 音声メールメッセージが余りに声高に再生される場合、WaveDBGainPlayback レジストリ 設定を減少させて下さい。 これらはレジストリ 設定です:

    HKLM\SOFTWARE\Cisco Systems, Inc.\Cisco TSP\WaveDBGainRecord
    HKLM\SOFTWARE\Cisco Systems, Inc.\Cisco TSP\WaveDBGainPlayback

    WaveDBGainRecord のデフォルト値は 5 dB です。 WaveDBGainPlayback のデフォルト値は– 10 dB です。 これらの値のどちらかを変更することは Cisco Unity が再起動するように要求します。

    Cisco Unity 3.1(3)から開始する場合、自動利得制御 (AGC)はデフォルトで有効に なります、従って 0 に WaveDBGain それらの値を設定 したいと思います。 スキニー インストーラ プログラムはあなたのために 3.1(3) またはそれ以降に Cisco Unity をアップグレードした後 TSP セットアップを実行する場合それをします。 セットアップの実行、それ実行する Cisco Unity のバージョン検出する時。 バージョンが 3.1(3) より早い場合、5 つおよび -10 の値に書きます。 バージョンが 3.1(3) またはそれ以降である場合、両方のために 0 に書きます。 Cisco Unity トラブルシューティングガイド音声の質 セクションを参照して下さいAGC に関する詳細については 3.1(3) をリリースして下さい

    両方の設定の変更が助けない場合、問題は可能性が高いですネットワーク輻輳の結果かシステム リソースの欠如。 環境のそれ以上のトラブルシューティングが必要となります。

  7. 音声メールメッセージ 音量は余りに低いです。

    音声メールメッセージに少量があるというレポートがあったら、ステップ 6.に説明がある同じトラブルシューティングの方法を使用して下さい。 メッセージはまたは上がるにはされた余りにも低い記録されることが判別されたら音量を改善するために、同じレジストリ 設定はできます。 Cisco Unity は新しい値が実施されることができるように再起動する必要があります。

  8. 発信者がメッセージを記録する間、発信者 gets はプロンプトと蹴りました。

    外部発信者が Cisco Unified CallManager を通って Cisco Unity に H323 ゲートウェイに呼出した、メッセージを残し始める後およそ 5 秒後にプロンプトに蹴られる発信者 gets。 これは普通ユーザの音声 ストリームが Cisco Unity に到達しない一方通行の音声が原因です。 正常なソリューションはルータの bind コマンドを使用することです。

    この問題のための他の原因はの後にシステム > 設定 > 記録物設定の下の Cisco Unity にある何秒パラメータか停止記録場合もありますである。

  9. Cisco Unified CallManager 音声メールポートは Cisco Unity ポートがアイドル状態の、または反転のようです間、使用中。

    呼び出しが不正確に失敗するか、または切断されるとき、TSP か Cisco Unified CallManager は使用中かハングした状態でポートを去ることができます。 Cisco Unity サーバをリブートしか、または Cisco CallManagerサービスを停止し、再開すれば、ポートを片付けます。 1 つの特定の原因は Cisco Unity の Text-to-Speech (TTS) エンジンが失敗し、呼び出しを廃棄することです。 TTS が使用されないか、またはその他のアプリケーション イベント ログ エラーがあれば、詳しいトラブルシューティングが必要となります。 問題は発生するので、けれどもキャプチャ する必要があります。 ステップ 5.に対応する Cisco CallManagerトレース 有効に して下さい、および Cisco Unity を。

  10. Cisco Unity は Public Switched Telephone Network (PSTN) 発信者からのデュアルトーン複数周波数(DTMF) (DTMF)トーンを検出する。

    これは Cisco Unity が内部 IP 電話ユーザからの DTMF を検出することができる場合 TSP 問題ではないです。 そのケースでは、DTMFリレー 機能は PSTN に接続される音声ゲートウェイのダイヤル ピアで設定される必要があります。

    この問題に Cisco Unity 姿勢に興味深いねじれを呼出す携帯 電話。 携帯 電話だけこの問題に直面する場合、そして断続的、番号にこのレジストリキーを 250 のデフォルトよりより少なく設定 して下さい。

    HKLM\Software\Active Voice\CDE\1.0\Advanced Navigation\DoubleKeyInterDigitTimeOut

    これは二桁数字押すための桁間タイムアウトを制御します。 それは 250 ミリ秒に既定のセットとミリ秒に、表される DWORD 値です このデフォルトによって、各の間で 250 ms の領域なしでキーを二度押したら、Cisco Unity 仮定します押して下さい同じキーの単一押すであることを。 これは#二度押す場合パスワードで同じディジットを連続的に現われてもらえば、またはユーザネームから拡張にアドレッシング モードを変更するために始まります。 携帯 電話によって、これはすぐにサービスプロバイダーが Cisco Unity に入力されたディジットをどのようににおける示すか問題になります。

  11. Cisco Unity 失敗からの転送。

    これは通常ユーザが転送することを試みるとき Cisco Unified CallManager が Cisco Unity にリオーダー トーンを発行するとき引き起こされます。 ほとんどの場合、MIU エラーはアプリケーション イベントログに現われ、壊れるブラインド転送についてこれらの例に示すように、不平を言います:

    Event Type: Error
    Event Source: AvMiu_MC
    Event Category: Error
    Event ID: 525
    Date: 1/9/2002
    Time: 2:02:21 PM
    User: N/A
    Computer: PONY
    Description:
    Description:
    Component Miu: Thread 0x00000C64 had a Failure on Port 3 in 
        Method CAvMiuLine::Transfer(eMIU_XFER_RELEASE)
    
    Event Type: Warning
    Event Source: AvCiscoTsp_MC
    Event Category: None
    Event ID: 111
    Date: 1/9/2002
    Time: 2:15:52 PM
    User: N/A
    Computer: PONY
    Description:
    AvCiscoTsp device 7: Failed blind transfer to extension 13800.
       Reorder tone detected

    この問題に関しては、Cisco Unified CallManager で解決するためにこれらの質問を確認し始める必要があります:

    • コール実際に存在 するために転送される拡張はか。

    • 音声メールポートの Calling Search Space にであるパーティションの拡張はありますか。 たとえば、Cisco Unity はその拡張を呼出すことができますか。

    • Cisco CallManagerトレースで何が起こりますか。

  12. ユーザはスタックした保留中を不明確に得ます。

    この問題は TSP バージョン 3.0.3 および それ 以前とない拡張への転送がなされるとき発生します。 この問題を解決するために現在の TSP バージョンにアップグレードして下さい。

  13. Cisco Unity 絶えずリング、かユーザはコールを発信するために最後の音声メールポートがどこにによって設定されるか決まるオペレータにすぐに転送されます。

    これは通常システム全体がロックアップします Cisco Unity で問題に他の所で帰因します。 致命的な障害のいくつかの例はこれらの Cisco バグ ID CSCdv04296登録ユーザのみ)、CSCdw22615登録ユーザのみ)、および CSCdw88890登録ユーザのみ)が含まれています。 これらはロックされた TSP ポートのほかの他の現象を表わすまれな失敗です。 アプリケーション イベントログ通常ヘルプは本当問題を判別します。 トラブルシューティング ポートロックを活動化します詳細については Cisco Unity およびトラブルシューティング Cisco Unity システム クラッシュ参照して下さい。

  14. Cisco Unity 5.0(1) の TSP 8.4.3 のインストール時に、ファイル AvSkinny および SelsiusNTWave.dll は現われます登録されていたエラーメッセージであることができませんでした。 詳細については Cisco バグ ID CSCtd43463 registeredcustomers だけ)を参照して下さい。


関連情報


Document ID: 21325