IP : X25 Over TCP(XOT)

XOT キープアライブを使用した X.25 over TCP/IP

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

X.25 over TCP(XOT)では、平衡型リンク アクセス手順(LAPB)リンクなしで、TCP/IP ネットワーク上に X.25 パケットを送信することができます。 また、XOT では、IP ネットワークを介して X.25 トラフィックをトンネリングできます。

Cisco IOS か。 X.25 リンクと TCP 接続間のソフトウェアスイッチ X.25 パケット。 それぞれの仮想回線の宛先アドレスは、個別の IP アドレスにマップすることができます。 XOT キープアライブを使用して、下位層の TCP を検出できます。 TCP には、確認応答のシーケンス番号をチェックして接続を検出する機能があります。 TCP が確認応答パケットを受信していない場合は、確認応答のないパケットを保持して、最終的に TCP 接続が切断されるまで再送信の試行を続けます。 ただし、このプロセスには過度に時間がかかります。

このドキュメントでは、TCP 接続が切断している場合に XOT キープアライブ機能を使用して接続を検出し、迅速に処理するための方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IOS ソフトウェア リリース 9.21 以降(どのフィーチャ セットでも可)

  • Cisco IOS ソフトウェア リリース 9.21 以降のすべての Cisco ルータはこの機能をサポートしています

  • Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(13)T13 および 12.2(27)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

このドキュメントで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/21120/xot_keepalives.gif

設定

このドキュメントでは、次の設定を使用します。

R1(Cisco 2500 ルータ)
Current configuration:
!
version 12.2
service timestamps debug datetime msec
service timestamps log uptime
!
hostname R1
!
x25 routing 

!--- The X.25 local switching.

!
interface Serial0
no ip address
no ip directed-broadcast
encapsulation x25
no ip mroute-cache
x25 address 45678
x25 win 5 

!--- For testing purposes, the X.25 flow control 
!--- is set to something other than 
!--- the default value. In this configuration, 
!--- win 5 and wout 5, and ips and ops 256 are used.

x25 wout 5
x25 ips 256
x25 ops 256
x25 idle 1
!
line con 0
transport input none
line aux 0
line vty 0 4
password cisco
login
!
end

R2(Cisco 2500 ルータ)
Current configuration 
!
version 12.2
service pad to-xot 

!--- Enable this command in order to make a packet assembler/disassembler (PAD) 
!--- over XOT through the router locally. It is useful for troubleshooting XOT problems.

service timestamps debug datetime msec
service timestamps log uptime
!
hostname R2
!
x25 routing 

!--- Enables X.25 switching.

!
!
!
interface Loopback0
ip address 10.1.2.2 255.255.255.0
!
interface Ethernet0
ip address 10.64.9.101 255.255.255.0
no ip route-cache
no ip mroute-cache
!
interface Serial0
no ip address
encapsulation x25 dce
no ip mroute-cache
x25 win 5
x25 wout 5
x25 ips 256
x25 ops 256 

!--- Set these flow control parameters since the interface you have connected to 
!--- also has these parameters set. If not matched, you can reset the link 
!--- while there are larger packets that go over.

x25 idle 1
clockrate 64000
!
router rip
network 10.0.0.0
!
x25 route ^12 xot 10.64.9.100 xot-keepalive-period 
 10 xot-keepalive-tries 3 xot-source Loopback0
x25 route ^4 interface Serial0 xot-keepalive-period 
 10 xot-keepalive-tries 3
         

!--- By default, xot-keepalives is always enabled, uses the default keepalive 
!--- period of 60 seconds, and retries four times. Use the 
!--- loopback as the XOT source to enhance the TCP connection reliability.
!--- If you have two interfaces configured for X.25 and one of the 
!--- interfaces goes down, one interface remains up so that the TCP 
!--- connection is not interrupted. In order to achieve this redundancy
!--- connection, the XOT uses the loopback interface since the 
!--- source and the TCP connection do not fail.
!--- If you want to have redundant interfaces in your router, the 
!--- X.25 route command is configured as  -  X.25 route ^12 xot 10.64.9.100 10.64.9.200
!--- where 10.64.9.100 and 10.64.9.200 are the remote destination IP addresses.

!
line con 0
line aux 0
line vty 0 4
login
!
end

R3(Cisco 2600 ルータ)
Current configuration : 1427 bytes
!
version 12.2
service timestamps debug datetime msec
service timestamps log uptime
!
hostname R3
!
!
x25 routing
!
!
interface Loopback0
ip address 10.1.3.1 255.255.255.0
!
interface Serial1
bandwidth 384
no ip address
encapsulation x25
no ip route-cache
no ip mroute-cache
x25 win 7
x25 wout 7
x25 ips 1024
x25 ops 1024
x25 idle 1
service-module t1 clock source internal
service-module t1 timeslots 1-6
!
interface Ethernet1/0
ip address 10.64.9.100 255.255.255.0
no ip route-cache
no ip mroute-cache
half-duplex
!
router rip
network 10.0.0.0
!
!
x25 route ^12 interface Serial1 xot-keepalive-period
 10 xot-keepalive-tries 3
x25 route ^4 xot 10.64.9.101 xot-keepalive-period
 10 xot-keepalive-tries 3 xot-source Loopback0

!
line con 0
exec-timeout 0 0
line aux 0
line vty 0 4
login
!
end

R4(Cisco 2600 ルータ)
Current configuration
!
!
!
version 12.2
service timestamps debug datetime msec
service timestamps log uptime
no service password-encryption
!
hostname R4
!
!
interface Ethernet0/0
 ip address 10.64.9.88 255.255.255.0
 half-duplex
!
interface Serial1
 bandwidth 384
 no ip address
 encapsulation x25 dce
 x25 address 123456
 x25 win 7
 x25 wout 7
 x25 ips 1024
 x25 ops 1024 

!--- These parameters are set for testing purposes.

 x25 idle 1
 service-module t1 timeslots 1-6
!
line con 0
line aux 0
line vty 0 4
 password cisco
 login
!
end

確認

ここでは、設定が正常に動作していることを確認します。

Output Interpreter Tool(OIT)(登録ユーザ専用)では、特定の show コマンドがサポートされています。 OIT を使用して、show コマンド出力の解析を表示できます。

  • show x25 pad:現在オープンしている接続の情報を、パケットの送信、X.3 パラメーターの設定、現在の仮想回線のステータスも含めて表示します。

  • show x25 xot:特定の条件に一致する XOT のすべての仮想回線の情報を表示します。

  • show tcp:TCP 接続のステータスを表示します。

  • pad:このコマンドを使用して PAD にログオンします。

次の出力は、PAD コールが R1 から R4 へ配置されたときに表示されるデバッグ出力を示します。

R1#pad 123456

User Access Verification

Password:
1w1d: Serial0: X.25 O R1 Call (15) 8 lci 1024
1w1d: From (5): 45678 To (6): 123456
1w1d: Facilities: (0)
1w1d: Call User Data (4): 0x01000000 (pad)
1w1d: Serial0: X.25 I R1 Call Confirm (5) 8 lci 1024
1w1d: From (0): To (0):
1w1d: Facilities: (0)
R4>

このコールは R2 をパススルーします。 この出力は debug x25 event コマンドおよび debug ip tcp driver コマンドを使用して取得しました。

R2#
*Mar 9 07:02:39.982: Serial0: X.25 I R1 Call (15) 8 lci 1024
*Mar 9 07:02:39.986: From (5): 45678 To (6): 123456
*Mar 9 07:02:39.990: Facilities: (0)
*Mar 9 07:02:39.990: Call User Data (4): 0x01000000 (pad)
*Mar 9 07:02:40.006: TCPDRV404EF4: Active async open 10.1.2.2:0 
 --> 10.64.9.100 :1998 OK, lport 11020
*Mar 9 07:02:40.034: TCPDRV404EF4: disable tcp timeouts
*Mar 9 07:02:40.034: TCPDRV404EF4: enable tcp timeouts
*Mar 9 07:02:40.038: TCPDRV404EF4: keepalive interval set to 10000 ms


!--- The keepalives parameters.

*Mar 9 07:02:40.038: TCPDRV404EF4: keepalive attempts set to 3
*Mar 9 07:02:40.042: TCPDRV404EF4: keepalives turned on
*Mar 9 07:02:40.046: [10.64.9.100,1998/10.1.2.2,11020]: XOT O P2 Call (21) 8 lc i 1
*Mar 9 07:02:40.050: From (5): 45678 To (6): 123456
*Mar 9 07:02:40.054: Facilities: (6)
*Mar 9 07:02:40.054: Packet sizes: 256 256
*Mar 9 07:02:40.058: Window sizes: 5 5
*Mar 9 07:02:40.058: Call User Data (4): 0x01000000 (pad)
*Mar 9 07:02:40.182: [10.64.9.100,1998/10.1.2.2,11020]: XOT I P2 Call Confirm (11) 8 lci 1
*Mar 9 07:02:40.182: From (0): To (0):
*Mar 9 07:02:40.186: Facilities: (6)
*Mar 9 07:02:40.186: Packet sizes: 256 256
*Mar 9 07:02:40.190: Window sizes: 5 5
*Mar 9 07:02:40.194: Serial0: X.25 O R1 Call Confirm (5) 8 lci 1024
*Mar 9 07:02:40.194: From (0): To (0):
*Mar 9 07:02:40.198: Facilities: (0)

R3 は XOT を介して R2 からコールを受け取り、それを R4 に渡します。 この出力は debug x25 event コマンドおよび debug ip tcp driver コマンドを使用して取得しました。

R3#
*Mar 9 07:00:41.338: TCPDRV27693C: Passive open 10.64.9.100:1998 <-- 10.1.2.2:1 1020
*Mar 9 07:00:41.342: TCPDRV27693C: disable tcp timeouts
*Mar 9 07:00:41.342: TCPDRV27693C: enable tcp timeouts
*Mar 9 07:00:41.370: [10.1.2.2,11020/10.64.9.100,1998]: XOT I P/Inactive Call (21) 8 lci 1
*Mar 9 07:00:41.370: From (5): 45678 To (6): 123456
*Mar 9 07:00:41.374: Facilities: (6)
*Mar 9 07:00:41.378: Packet sizes: 256 256
*Mar 9 07:00:41.378: Window sizes: 5 5
*Mar 9 07:00:41.382: Call User Data (4): 0x01000000 (pad)
*Mar 9 07:00:41.394: TCPDRV27693C: keepalive interval set to 10000 ms
*Mar 9 07:00:41.394: TCPDRV27693C: keepalive attempts set to 3
*Mar 9 07:00:41.398: TCPDRV27693C: keepalives turned on
*Mar 9 07:00:41.402: Serial1: X.25 O R1 Call (21) 8 lci 1024
*Mar 9 07:00:41.402: From (5): 45678 To (6): 123456
*Mar 9 07:00:41.406: Facilities: (6)
*Mar 9 07:00:41.410: Packet sizes: 256 256
*Mar 9 07:00:41.410: Window sizes: 5 5
*Mar 9 07:00:41.414: Call User Data (4): 0x01000000 (pad)
*Mar 9 07:00:41.454: Serial1: X.25 I R1 Call Confirm (5) 8 lci 1024
*Mar 9 07:00:41.454: From (0): To (0):
*Mar 9 07:00:41.458: Facilities: (0)
*Mar 9 07:00:41.462: [10.1.2.2,11020/10.64.9.100,1998]: XOT O P3 Call Confirm (11) 8 lci 1
*Mar 9 07:00:41.462: From (0): To (0):

R4 はコールを受け取り、それを VTY ポートへ接続します。

R4#
*Mar 9 06:57:16.598: Serial1: X.25 I R1 Call (21) 8 lci 1024
*Mar 9 06:57:16.602: From (5): 45678 To (6): 123456
*Mar 9 06:57:16.606: Facilities: (6)
*Mar 9 06:57:16.606: Packet sizes: 256 256
*Mar 9 06:57:16.610: Window sizes: 5 5
*Mar 9 06:57:16.610: Call User Data (4): 0x01000000 (pad)
*Mar 9 06:57:16.622: Serial1: X.25 O R1 Call Confirm (5) 8 lci 1024
*Mar 9 06:57:16.626: From (0): To (0):
*Mar 9 06:57:16.626: Facilities: (0)

R4#show x25 vc
SVC 1024, State: D1, Interface: Serial1
Started 00:02:15, last input 00:02:12, output 00:02:12

Line: 2 vty 0 Location: Host: 45678
45678 connected to 123456 PAD <--> X25

Window size input: 5, output: 5
Packet size input: 256, output: 256
PS: 4 PR: 0 ACK: 0 Remote PR: 4 RCNT: 0 RNR: no
P/D state timeouts: 0 timer (secs): 0
data bytes 47/60 packets 4/8 Resets 0/0 RNRs 0/0 REJs 0/0 INTs 0/0

R2#show tcp

Stand-alone TCP connection to host 10.64.9.100
Connection state is ESTAB, I/O status: 1, unread input bytes: 0
Local host: 10.1.2.2, Local port: 11020
Foreign host: 10.64.9.100, Foreign port: 1998

Enqueued packets for retransmit: 0, input: 0 mis-ordered: 0 (0 bytes)

TCP driver queue size 0, flow controlled FALSE

Event Timers (current time is 0x2AB893F0):
Timer Starts Wakeups Next
Retrans 11 0 0x0
TimeWait 0 0 0x0
AckHold 10 0 0x0
SendWnd 0 0 0x0
KeepAlive 50 0 0x2AB8A290


!--- Sends keepalive packets and increments.

GiveUp 0 0 0x0
PmtuAger 0 0 0x0
DeadWait 0 0 0x0

iss: 1072933807 snduna: 1072933977 sndnxt: 1072933977 sndwnd: 8023
irs: 1206945087 rcvnxt: 1206945244 rcvwnd: 8036 delrcvwnd: 156

SRTT: 231 ms, RTTO: 769 ms, RTV: 538 ms, KRTT: 0 ms
minRTT: 8 ms, maxRTT: 300 ms, ACK hold: 200 ms
Flags: higher precedence, retransmission timeout, keepalive running


!--- The keepalive status.


Datagrams (max data segment is 536 bytes):
Rcvd: 40 (out of order: 0), with data: 10, total data bytes: 156
Sent: 41 (retransmit: 0, fastretransmit: 0), with data: 10, total data bytes: 16 9

詳細については、「X.25 ルート コマンドの XOT キープアライブ オプション」を参照してください。

トラブルシューティング

ここでは、設定に関するトラブルシューティングについて説明します。

トラブルシューティングのためのコマンド

Output Interpreter Tool(OIT)(登録ユーザ専用)では、特定の show コマンドがサポートされています。 OIT を使用して、show コマンド出力の解析を表示できます。

debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。

  • debug x25 events:X.25 のトラフィックのすべての情報(データおよびリソース レコードのパケットは除く)を表示します。

  • debug ip tcp driver:TCP ドライバ イベントの情報を表示します。

R2 と R3 間の接続が切断されると、キープアライブの時間後に TCP 接続が切断されます。 その結果、R2 と R3 のどちらのルータにおいても show tcp command の出力は空白になります。

R2 および R3 の XOT インターフェイスが停止しているときに、このデバッグの出力を確認することができます。

R2#debug x25 events
   *Mar 10 05:36:24.685: [10.64.9.100,1998/10.1.2.2,11037]: XOT cx closed
   *Mar 10 05:36:24.689: Serial0: X.25 O R1 Clear (5) 8 lci 1024
   *Mar 10 05:36:24.693: Cause 9, Diag 0 (Out of order/No additional information)
   *Mar 10 05:36:24.709: Serial0: X.25 I R1 Clear Confirm (3) 8 lci 1024

   R2#debug ip tcp driver
   *Mar 10 05:41:08.800: TCPDRV205B44: 10.1.2.2:11038 --> 10.64.9.100:1998 DoClose
   (Cookie 402718) tcp close 

   R3#debug x25 events
   *Mar 10 05:34:27.241: [10.1.2.2,11037/10.64.9.100,1998]: XOT cx closed
   *Mar 10 05:34:27.245: Serial1: X.25 O R1 Clear (5) 8 lci 1024
   *Mar 10 05:34:27.245: Cause 0, Diag 0 (DTE originated/No additional information)
   *Mar 10 05:34:27.261: Serial1: X.25 I R1 Clear Confirm (3) 8 lci 1024
   
    R3#debug ip tcp driver
   *Mar 10 05:39:11.321: TCPDRV354BB8: 10.64.9.100:1998 --> 10.1.2.2:11038 DoClose
   (Cookie 354B5C) tcp close

関連情報


Document ID: 21120