スイッチ : Cisco BPX 8600 シリーズ スイッチ

MGX 8220 IMA トランク設定例を使用したBPX 8600 スイッチの接続

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、ナローバンド トランクに 2 台の BPX 8600 スイッチを接続する場合の設定情報について説明します。 各 BPX 8600 スイッチには、フィーダ シェルフとして接続されている MGX 8220 エッジ コンセントレータがあります。 顧客宅内機器(CPE)はフィーダ シェルフに接続されます。 4 つの ATM の T1 逆多重化(IMA)のトランク グループが、2 台の MGX 8220 IMATM-8T3T1/B サービス モジュール間で確立されます。 T3 トランクは各 BPX 8600 BXM-T3 サービス モジュールとそれぞれの MGX8220 IMATM-8T3T1/B の間で設定されます。 フレーム リレー インターフェイスを持つ 2 台の Cisco マルチチャネルの(MC)3810 ルータは、各 MGX 8220 フレーム リレー サービス モジュール(FRSM)-8T1 に接続されます。 2 台の Cisco MC3810 ルータ間の IP 接続は、ネットワーク インターワーキング(NIW)接続によって実現されます。 MGX 8220 FRSM-8T1 サービス モジュールが NIW の変換を提供します。 BPX 8600 スイッチが、この接続のスイッチング機能を提供します。

注: この資料は Ciscoイクイップメントを設定するのを助けるように編集されます。 それは Cisco販売エンジニア、システムエンジニア、またはアカウントマネージャと実現できる計画および適切なネットワーク 設計のための代替ではないです。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • BPX 8600 スイッチ

  • MGX 8220 エッジ コンセントレータ

  • MC 3810 ルータ

  • MGX 8220 IMATM/B カード

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

バージョン

この資料で使用されるバージョンは一般に利用可能 な リリースに基づき、厳密な要件として意図されていません。 必要なインターフェイスおよびコンフィギュレーションがプラットフォームのそれぞれでサポートされることを確認するために適当なリリース ノートを読んで下さい。

  • MC3810

    ソフトウェア— Cisco IOSか。 ソフトウェア リリース 12.0(3) および 12.0(4)T

    ハードウェア— T1 MultiFlex Trunk (MFT) インターフェイスが付いている Cisco MC3810

  • MGX 8220

    Cisco MGX 8220 エッジ コンセントレータは両方とも Cisco 同じファームウェアリリースおよびハードウェアコンフィギュレーションを使用します。

    ファームウェア— Ciscoリリース 5.0.14 および両方のサービスモジュール ハードウェアおよびファームウェアの適切なバージョン MGX 822s。

    ハードウェア— Cisco IMATM モデル B サービスモジュールは ATM フォーラム対応 IMA のために使用されます。 T1 4 つのトランクは MGX 8220 エッジ コンセントレータのそれぞれの 2 つの IMATM 8T3T1/B サービスモジュールの間で使用されます。 IMATM/B サービスモジュールは T1 行のために RJ48 コネクタおよび T3 行のために同軸 コネクタを使用します。 IMATM 8T3T1/B サービスモジュールのそれぞれの T3 ポートは BPX 8600 スイッチのそれぞれ BXM-T3 ポートに接続されます。 FRSM 8T1 サービスモジュールは RJ48 コネクタを使用し、それぞれ MC 3810 MFT インターフェイスに接続されます。

  • BPX 8600

    BPX 8600 スイッチは両方とも同じ Ciscoスイッチ ソフトウェア バージョンを使用します。

    ソフトウェア—リリース ノートで指定どおりのカード ハードウェアおよびファームウェアの Ciscoスイッチ ソフトウェア リリース 9.1.18 および適切なバージョン。

    ハードウェア— BPX 8600 スイッチは広帯域ネットワークインターフェイス(BNI)-T3 カード セットと MGX 8220 フィーダ シェルフに接続されます。 BXM-T3 カード セットは MGX 8220 IMATM/B にサービスモジュールを接続します。 BXM-T3 サービスモジュール使用サービス メッセージ ブロック(SMB)コネクタ。 BNI-T3 サービスモジュールは同軸 コネクタを使用します。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

注: このセクションで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク構成図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/20778/imatmb_01.gif

設定

このドキュメントでは、次の設定を使用します。

注: コンフィギュレーションを作成する前にすべての物理接続を作って下さい。

MGX 8220 IMATM-8T3T1/B -ニューヨーク

ATM の逆多重化(IMA) グループに含まれているべき IMATM-8T3T1/B カードに行を追加して下さい。

mgx8220a.1.8.IMATMB.a > addln 1  
mgx8220a.1.8.IMATMB.a > addln 2  
mgx8220a.1.8.IMATMB.a > addln 3  
mgx8220a.1.8.IMATMB.a > addln 4

IMAグループに行を追加する前にすべての行をチェックし、アラームをクリアして下さい。 IMAグループで隣接 する行を使用することを推奨します。 ただし、それが必要となりません。 IMAグループは Line 1 で、3、4、および 5.構成することができます。

注: 2 つの IMATM/B サービスモジュール間の T1 のためのライン フレーミングおよびライン コーディングは一致する必要があります。

mgx8220a.1.8.IMATMB.a > dsplns  
   
  Line  Conn      Type      Status/Coding      Length      XmtClock Alarm Stats  
        Type                                              Source         Alarm  
  ----  ----- ------------ ------ -------- -------------  -------- ----- -----  
  8.1   RJ-48 dsx1ESF          Ena/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim  No     No  
  8.2   RJ-48 dsx1ESF          Ena/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim  No     No  
  8.3   RJ-48 dsx1ESF          Ena/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim  No     No  
  8.4   RJ-48 dsx1ESF          Ena/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim  No     No  
  8.5   RJ-48 dsx1ESF          Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim  
  8.6   RJ-48 dsx1ESF          Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim  
  8.7   RJ-48 dsx1ESF          Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim  
  8.8   RJ-48 dsx1ESF          Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim  
  LineNumOfValidEntries: 8  
Syntax : dsplns  
mgx8220a.1.8.IMATMB.a >  

   
mgx8220a.1.8.IMATMB.a > dspalms -ds1  
  Line  AlarmState   StatisticalAlarmState  
  ----  -----------  ---------------------  
  8.1  No Alarms    No Statistical Alarms  
  8.2  No Alarms    No Statistical Alarms  
  8.3  No Alarms    No Statistical Alarms  
  8.4  No Alarms    No Statistical Alarms  

IMAグループを追加し、グループにすべての追加された行を含めて下さい。

mgx8220a1.1.8.IMATMB.a > addimagrp 1 2 1.2.3.4 1 

ここで、

1 IMAグループ 番号 値は 1 から 8 まで及びます
2 ポートタイプ— 1 UNI、2 NNI、3 STI、4 の仮想トランク UNI (UNI の STI)
1.2.3.4 リンクリスト—ドットで分かれるリンクリスト
1 最小リンクのいいえ—グループ形成のためのリンクの最小番号; 値は 1 から 8.まで及びます。 この数は IMAグループの各端に同じである必要があります。

addchrte コマンドで IMAグループのためのチャネル ルートを追加して下さい。 このコマンドは IMATM の仮想パス識別子(VPI)マップリストを作成し、IMAグループどのセルがルーティングされるか定義します。 単一 IMAグループが定義され、接続された機器から送信 される VPI 範囲が(ここに、BPX 8600)知られなかったら、全体の VPI 範囲を規定 して下さい。

mgx8220a.1.8.IMATMB.a > addchrte 1 1 0 4095

ここで、

1 書架番号—値は 1 から 128 まで及びます
1 IMA トランク 番号 値は 1 から 8 まで及びます
0 最少 VPI 値— 0-255 (UNI/VpTrkUNI)、0-1023(STI)、0-4095(NNI)
4095 最大 VPI 値— 0-255 (UNI/VpTrkUNI)、0-1023(STI)、0-4095(NNI)。 この場合、ポートタイプはそう NNI 最大値です。 4095 という値は使用されます。

mgx8220a.1.8.IMATMB.a > dspaimgrp 1  
   IMA Group number                  : 1  
   Port type                         : NNI  
   Lines configured                  : 1.2.3.4  
   Enable                            : Enabled  
   IMA Port state                    : Active  
   IMA Group Ne state                : operational  
   PortSpeed (cells/sec)             : 14364  
   GroupTxAvailCellRate (cells/sec) : 14364  
   ImaGroupTxFrameLength(cells)      : 128  
   LcpDelayTolerance (IMA frames)   : 1  
   ReadPtrWrPtrDiff  (cells)         : 4  
   Minimum number of links           : 1  
   MaxTolerableDiffDelay (msec)      : 275  
   Lines Present                     : 1.2.3.4 --> verify all configured links are present.  
   ImaGroupRxImaId                   : 0x2  
   ImaGroupTxImaId                  : 0x2  
   Observed Diff delay (msec)        : 0  
   Clock Mode                        : CTC  
   GroupAlpha                        : 2  
   GroupBeta                         : 2  
   GroupGamma                        : 1  
Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:  
   GroupConfiguration                : 1  
   IMAGrp Failure status             : No Failure  
   Timing reference link             : 3  
   

IMATM-8T3T1/B ポート ペイロード スクランブル 設定が IMA トランクの両端に同じであることを確認して下さい。 ペイロード スクランブルは ATMセルペイロードがセルヘッダーに類似していないようにするために開発されました。 それはローカルでだけ重要です。 具体的には、ATMインターフェイスの各側は同じペイロード スクランブル値がなければなりませんがネットワークのすべての ATM インターフェイスは同じ 設定を必要としません。

mgx8220a.1.8.IMATMB.a > dspports  

No ATM T1/E1 UNI ports currently active  
 List of IMA groups:  
 ===================  
ImaGrp PortType  Conf  Avail  Lines configured   Lines present   Tol Diff  Port e  
                  rate   rate                                     Delay(ms)  
------ -------- -----  ------  ---------------   --------------- --------- ------  
 8.1   NNI     14364    3591  1.2.3.4           1.2.3.4           275       Active  
  NextPortNumAvailable:  8  
mgx8220a.1.8.IMATMB.a > dspplpp 1  
  PhysicalPortNumber:             1  
  CellFraming:                    ATM  
  CellScramble:                   No Scramble  
  Plpp Loopback:                  No Loopback  
  Single-bit error correction:   Disabled  

MGX 8220 FRSM -ニューヨーク

既存の行を確認して下さい。

mgx8220a.1.9.FRSM.a > dsplns  
  Line  Conn      Type      Status/Coding      Length      XmtClock Alarm Stats  
        Type                                              Source         Alarm  
  ----  ----- ------------ ------ -------- -------------  -------- ----- -----  
  9.1   RJ-48 dsx1ESF          Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim  
  9.2   RJ-48 dsx1ESF          Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim  
  9.3   RJ-48 dsx1ESF          Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim  
  9.4   RJ-48 dsx1ESF          Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim  
  9.5   RJ-48 dsx1ESF          Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim  
  9.6   RJ-48 dsx1ESF          Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim  
  9.7   RJ-48 dsx1ESF          Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim  
  9.8   RJ-48 dsx1ESF          Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim  
  LineNumOfValidEntries: 8  
Syntax : dsplns  

マルチチャネル(MC) 3810 ルータに接続される行を使用可能にして下さい。

注: Frame Relay Service Module (FRSM)と MC 3810 間の T1 のためのライン フレーミングおよびライン コーディングは一致する必要があります。

mgx8220a.1.9.FRSM.a > addln 1  

Enable the logical port and configure for Frame Relay service.  

mgx8220a.1.9.FRSM.a > addport 1 1 2 1 24 1  

ここで、

1 ポート番号— 1-192 から及ぶ値は T1 および 1-2481 のために受け入れられます。
1 ライン番号—値は 1 から 8.まで及びます。
2 DS0 速度— 56K のための 1、64K のための 2
1 スロット始めます— 1 つのベースの始まりタイムスロット
24 割り当てられる DS0 タイム・スロットの slot-number の数
1 ポートタイプ—値 1-3、1=frame リレー、2=FUNI mode-1a、3=frForward

ローカル管理インターフェイス (LMI)信号を送ることを使用するためにロジカルポートを設定して下さい。 この例は有効に なる 非同期更新とディセーブルにされる StrataLMI および拡張LMI を使用します。

mgx8220a.1.9.FRSM.a > cnfport 1 S 2 n 
1 ポート番号— 1-192 から及ぶ値は T1 および 1-2481 のために受け入れられます。
S LMI シグナリング— (N) 1 つの(S) trataLMI au-AnnexAUNI DUAnnexDUNI an-AnnexANNI dnAnnexDNNI。 MC3810 の LMI を一致するなりません。
2 asyn UPD/UFS — (UPD = アップデートステータス、UFS = 非勧誘型フル状態表示) (n または 1) = dis、(y または 2) = UPD EN、3 = UFS EN、4 = 両方 EN
n 拡張LMI — (N か n)ディセーブル(Y または y)イネーブル

ロジカルポートの設定を表示し、確認して下さい。

mgx8220a.1.9.FRSM.a > dspports  
   
    Port   Ena/Speed EQServ  SignalType   T391 T392 N391 N392 N393   Type   AlarI  
                      Ratio  
  -------- --- ----- ------ ------------ ---- ---- ---- ----  ---- -------- -----  
  9.1.1    Mod/1536k   1     StrataLMI      10   15     6    3    4 frameRel  No f  
  Number of ports:               1  
  PortDs0UsedLine1:              0x00ffffff  
  PortDs0UsedLine2:              0x00000000  
  PortDs0UsedLine3:              0x00000000  
  PortDs0UsedLine4:              0x00000000  
  PortDs0UsedLine5:              0x00000000  
  PortDs0UsedLine6:              0x00000000  
  PortDs0UsedLine7:              0x00000000  
  PortDs0UsedLine8:              0x00000000  
  PortNumNextAvailable:          154  
Syntax : dspports  

この場合接続を追加し、ネットワークインターネットワーキング 機能を有効に して下さい。

注: 接続値はただたとえば最適化されないし、使用されます。

mgx8220a.1.9.FRSM.a > addchan 100 1 100 1536000 1 

ここで、

1 チャネル番号—値は 16 から 1015 まで及びます
100 ポート番号—値は T1 のために 1-192 受け入れられますおよび 1-2481 から及びます
1 DLCI番号—値は 0 から 1023 まで及びます。 MC3810 の DLCI を一致するなりません。
1536000 コミットされた割合— T1 のための 0-1536000 ビット/秒; E1 のための 0-2048000 ビット/秒
1 chan type-value 1-5、1=NIW 2=SIW-transparent 3=SIW-xlation 4=FUNI 5=frForward

BPX 8600 -ニューヨーク

addshelf コマンドで BPX 8600 スイッチにフィーダ シェルフとして MGX 8220 を追加して下さい。 スイッチにシェルフを追加する前に、uptrk コマンドで T3 トランクをアクティブにして下さい。

bpx8600a             TRM   SuperUser       BPX 8600  9.1.18
Sept. 28 2000  08:28 PST  
TRK     Type     Current Line Alarm Status               Other
End 
 2.1    T3       Clear - OK                              - 
  

Last Command: uptrk 2.1 
  

Next Command: 
 

addshelf コマンドを発行する前にトランクをチェックし、アラームをクリアして下さい。

bpx8600a             TRM   SuperUser       BPX 8600  9.1.18    Sept. 28 2000  08:31 PST 
                   BPX 8600 Interface Shelf Information 
Trunk    Name      Type          Part Id   Ctrl Id   Alarm 
 2.1     mgx8220a  AXIS             -         -      MIN 
  

Last Command: addshelf 2.1 A 

Shelf has been added 
Next Command: 
 

この場合 uptrk コマンドで MGX 8220 IMATM/B に BXM-T3 の T3 トランクをアクティブにして下さい。

bpx8600a             TRM   SuperUser       BPX 8600  9.1.18
Sept. 28 2000  08:31 PST 
TRK     Type     Current Line Alarm Status               Other
End 
 1.4    T3       Major - AIS (BLU)                       -  
 2.1    T3       Clear - OK                             
mgx8220a(AXIS) 
  
  

Last Command: uptrk 1.4 
  

Next Command:  
 

BPXスイッチの T3 トランクのためのデフォルト送信する 比率は 96000 セル/秒(cps)です。 cnftrk コマンドでによって 4 つの T1 のそれに値を一致させるためにこのトランクのための送信する 比率の値を下げて下さい。 値はスイッチによって四捨五入されます。

bpx8600a             TN    StrataCom       BPX 8600  9.1.18
Sept. 28 2000  08:39 PST  
TRK  1.4 Config    T3    [9962 cps]     BXM slot:     1  
Transmit Rate:        10000               VPC Conns disabled:    No  
Subrate data rate:     --                  Line framing:          PLCP  
Line DS-0 map:         --                       coding:           --  
Statistical Reserve:   1000    cps              recv impedance:   --  
Idle code:             7F hex                   cable type:       --  
Max Channels/Port:     256                            length:     0-225 ft.  
Connection Channels:   256                 Pass sync:             Yes  
Traffic:   V,TS,NTS,FR,FST,CBR,VBR,ABR     Loop clock:            No  
SVC Vpi Min:           0                   HCS Masking:           Yes  
SVC Channels:          0                   Payload Scramble:      No  
SVC Bandwidth:         0      cps          Frame Scramble:        --  
Restrict CC traffic:   No                  Virtual Trunk Type:    --  
Link type:             Terrestrial         Virtual Trunk VPI:     --  
Routing Cost:          10                  Deroute delay time:    0 seconds  

Last Command: cnftrk 1.4 10000  
  

Next Command: 
  

注: 番号が付いているトランクは 1.4 アラームにトランクのリモート側がアクティブにならないのであります。 トランクはアラームからトランクの両側がアクティブになったらだけ良くクリアすることを行きます。

MC 3810 -ニューヨーク

r3810a#conf t  
r3810a(config)#cont t1 0  
r3810a(config-controller)#framing esf  
r3810a(config-controller)#linecode b8zs  
r3810a(config-controller)#channel-group 0 timeslots 1-24 speed  64  
r3810a(config-controller)#no shut  
r3810a(config-controller)#int s0:0  
r3810a(config-if)#ip address 2.2.2.2 255.255.255.0  
r3810a(config-if)#encapsulation frame-relay  
r3810a(config-if)#frame-relay map ip 2.2.2.1 100 broadcast 
->  associate  the DLCI to the IP address
  
r3810a(config-if)#no shut   

MGX 8220 IMATM-8T3T1/B -ジャカルタ

MGX 8220 IMATM/B サービスモジュールのための設定はニューヨークのための MGX 8220 IMATM/B と同一です。 IMATM/B.を設定するためにこの設定のためにリストされているステップを繰り返して下さい。

MGX 8220 FRSM -ジャカルタ

MGX 8220 FRSM サービスモジュールのための設定はニューヨークのための MGX 8220 FRSM と同一です。 FRSM を設定するためにこの設定にリストされているステップを繰り返して下さい。

BPX 8600 -ジャカルタ

BPX 8600 スイッチにフィーダ シェルフとして MGX 8220 を追加して下さい。 、ニューヨークの BPX 8600 のためのこの資料に言及されているように、BXM-T3 トランクをアクティブにして下さい。 また、トランクのもう一方の端を一致するために BXM-T3 トランク用に送信する 比率を設定して下さい。

addtrk コマンドでノード間のトランクを追加して下さい。 このコマンドはトランクを終えるノードの 1 つで実行されます。 トランクはそれを追加できる前にメジャー アラームがない必要があります。

bpx8600b            TRM   StrataCom       BPX 8600  9.1.18
Sept. 28 2000  08:40 PST 
TRK       Type     Current Line Alarm Status               Other End 
 2.1      T3       Clear - OK                              mgx8220b(AXIS) 
13.1      T3       Clear - OK                              bpx8600a/1.4  
  
  
Last Command: addtrk 13.1  

Next Command: 
  
 

この場合 addcon コマンドで BPX 8600 スイッチに接続を追加して下さい。

 addcon 2.1.9.300 bpx8600a 2.1.9.100 atfr 3000 * * * * * * * *    
 Add these connections (y/n)?y 
bpx8600b            TRM   StrataCom       BPX 8600  9.1.18
Sept. 28 2000  08:40 PST  
 Local           Remote      Remote                             Route 
 Channel         NodeName    Channel         State  Type        Avoid COS O 
 2.1.9.300       bpx8600a    2.1.9.100       Ok     atfr                0  L 
  
  

Last Command: addcon 2.1.9.300 bpx8600a 2.1.9.100 atfr 3000 * * * * * * * * Y 

追加された接続を確認して下さい:

bpx8600b       TN   StrataCom       BPX 8600  9.1.18   
Sep. 28 2000 09:47 PST 
Conn:  2.1.9.300        bpx8600a    2.1.9.100         atfr      Status:OK 
    PCR(0+1)    % Util    CDVT(0+1)    FBTC       SCR           MBS     PLC 
   3000/3000   100/100  250000/250000   y      3000/3000     1000/1000    3 
Owner: LOCAL  Restriction: NONE  COS: 0 

Path:   bpx8600b13.1-- 1.4bpx8600a 
Pref:   Not Configured 
  
  
  

bpx8600b      BNI-T3    : OK           bpx8600a  BNI-T3    : OK 
              Line  2.1 : OK                     Line  2.1 : OK 
              OAM Cell RX: Clear                 NNI       : OK 
              NNI       : OK 

This Command: dspcon 2.1.9.300 

Continue?y 



--------------------------------------------------------------------------------

Conn:  2.1.9.300        bpx8600a    2.1.9.100         atfr      Status:OK 
   PCR(0+1)        % Util       CDVT(0+1)            SCR               MBS 
 3000/3000        100/100     250000/250000      3000/3000         1000/1000 
Policing    VC Qdepth     EFCI         IBS 
    3      1280/1280     35/35        1/1 
  
  

Last Command: dspcon 2.1.9.300 

Next Command:  

MC 3810 -ジャカルタ

MC 3810 のための設定はニューヨークのための MC 3810 とまた同一です。 IMATM/B.を設定するためにこの設定のためにリストされているステップを繰り返して下さい。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

Output Interpreter Tool(OIT)(登録ユーザ専用)では、特定の show コマンドがサポートされています。 OIT を使用して、show コマンド出力の解析を表示できます。

注: debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。

show コマンド

コマンドのサマリー:

バージョン

mgx8220a.1.8.IMATMB.a > version

***** Cisco Systems, Inc. AXIS IMATM Card *****

    Firmware Version    = 5.0.12

    Backup Boot version =  IMA_BT_1.0.02

    IMATM Xilinx file = imatm_b_xilinx.h

VxWorks (for Cisco Systems, Inc.) version 5.1.1-R3000.

Kernel: WIND version 2.4.

Made on Thu Jun 22 11:22:38 PDT 2000.

Boot line:

dsplns

mgx8220a.1.8.IMATMB.a > dsplns

  Line  Conn      Type     Status/Coding      Length     XmtClock Alarm Stats
        Type                                             Source         Alarm
  ----  ----- ------------ ------ -------- ------------- -------- ----- -----

  8.1  RJ-48 dsx1ESF         Ena/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim  No    No 
  8.2  RJ-48 dsx1ESF         Ena/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim  No    No 
  8.3  RJ-48 dsx1ESF         Ena/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim  No    No 
  8.4  RJ-48 dsx1ESF         Ena/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim  No    No 
  8.5  RJ-48 dsx1ESF         Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim           
  8.6  RJ-48 dsx1ESF         Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim           
  8.7  RJ-48 dsx1ESF         Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim           
  8.8  RJ-48 dsx1ESF         Dis/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim           

		LineNumOfValidEntries: 8

dspln

mgx8220a.1.8.IMATMB.a > dspln 1
  
  LineNum:                   1
  LineConnectorType:         RJ-48
  LineType:                  dsx1ESF
  LineEnable:                Enabled
  LineCoding:                dsx1B8ZS
  LineLength:                0-131 ft
  LineXmtClockSource:        LocalTiming
  LineLoopbackCommand:       NoLoop
  LineSendCode:              NoCode
  LineUsedTimeslotsBitMap:   0xffffffff
  LineLoopbackCodeDetection: codeDetectDisabled
  LineBERTEnable:            Disable
  LineNumOfValidEntries: 8

dspdsx3lns

mgx8220a.1.8.IMATMB.a > dspdsx3lns
  
  Line       Type        Coding      Length       Criteria   AIScBitsCheck
  ----  --------------  --------  -------------  ----------- -------------
  8.1   dsx3CbitParity  dsx3B3ZS  LessThan225ft  3 out of 8  Ignore C-bits

  LineNumOfValidEntries: 1

Syntax : dspdsx3lns

dspports

mgx8220a.1.8.IMATMB.a > dspports

List of IMA groups: 
  ===================  
ImaGrp PortType  Conf  Avail  Lines configured  Lines    present   Tol Diff  Port 
                       rate   rate                                       Delay(ms) 
   ------ -------- -----  ------  ---------------  ---------------    --------- ----- 
    8.1    NNI     14364  14364     1.2.3.4          1.2.3.4             275      Active 
  NextPortNumAvailable:  4 
Syntax : dspimagrps (or dspaimgrps) 
     
mgx8220a.1.8.IMATMB.a > 

dspimagrp

mgx8220a.1.8.IMATMB.a > dspimagrp 1  
   IMA Group number                  : 1  
   Port type                         : NNI  
   Lines configured                  : 1.2.3.4  
   Enable                            : Enabled  
   IMA Port state                    : Active  
   IMA Group Ne state                : operational  
   PortSpeed (cells/sec)             : 14364  
   GroupTxAvailCellRate (cells/sec) : 14364  
   ImaGroupTxFrameLength(cells)      : 128  
   LcpDelayTolerance (IMA frames)    : 1  
   ReadPtrWrPtrDiff  (cells)         : 4  
   Minimum number of links           : 1  
   MaxTolerableDiffDelay (msec)      : 275  
   Lines Present                     : 1.2.3.4  -->  all the configured links are present  
   Observed Diff delay (msec)        : 0  
   Clock Mode                        : CTC  
   GroupAlpha                        : 2  
   GroupBeta                         : 2  
   GroupGamma                        : 1  
   GroupConfiguration                : 1  
   IMAGrp Failure status             : No Failure  
   Timing reference link             : 1  
   ImaGroupTxImaId                   : 0x0  
   ExpectedGroupRxImaId              : 0x1 

dspimainfo

mgx8220a.1.8.IMATMB.a > dspimainfo  
Link  Group    NeTx         NeRx      FeTx          FeRx    TxLID  RxID  
               State       State      State        State  
------------------------------------------------------------------  
   1   1   Active        Active       Active        Active       0   0  
   2   1   Active        Active       Active        Active       1   1  
   3   1   Active        Active       Active        Active       2   2  
   4   1   Active        Active       Active        Active       3   3  
   

dspplpp

mgx8220a.1.8.IMATMB.a > dspplpp 1  
  PhysicalPortNumber:             1  
  CellFraming:                    ATM  
  CellScramble:                   No Scramble  
  Plpp Loopback:                  No Loopback  
  Single-bit error correction:   Disabled 

dspimagrpcnt

mgx8220a.1.8.IMATMB.a > dspimagrpcnt 1  
  IMA Group number:                            1  
  Ne Number of failures                    :   0  

dspimalncnt

mgx8220a.1.8.IMATMB.a  > dspimalncnt 1 1  
   IMA group number                 : 1  
   Line number                      : 1  
   Icp Cells Received               : 2564790  
   Icp Errored Cells Recvd          : 0  
   Ima Violations Count             : 0  
   Ima OIF anomalies                : 1  
   Ima Ne Severely Errored Seconds : 10  
   Ima Fe Severely Errored Seconds : 1  
   Ima Ne Unavailable Seconds       : 36  
   Ima Fe Unavailable Seconds       : 0  
   Ima NeTx Unusable Seconds        : 1  
   Ima NeRx Unusable Seconds        : 37  
   Ima FeTx Unusable Seconds        : 1  
   Ima FeRx Unusable Seconds        : 1  
   Ima FeTx Num. Failues            : 1  
   Ima FeRx Num. Failures           : 1  
   # HEC errored cells              : 0  
   # HEC errored seconds            : 0  
   # Severely HEC errored seconds  : 0  
Syntax : dspimalncnt (or dspaimlncnt) imagroup linenum  
         IMA group number  -- value ranging from 1 to 8  
         line number --  value ranging from 1 to 8  
mgx8220a.1.8.IMATMB.a >  

dspimaln

mgx8220a.1.8.IMATMB.a  > dspimaln 1 1  
   IMA Group number                  : 1  
   Link number                       : 1  
   ImaLink TxLId                     : 0x0  
   ImaLink RxLId                     : 0x0  
   LinkNeRxState                     : Active  
   LinkNeTxState                     : Active  
   LinkNeRxFailureStatus             : No Failure  
   LinkFeRxState                     : Active  
   LinkFeTxState                     : Active  
   LinkFeRxFailureStatus             : No Failure  
   LinkRelDelay                      : 0  
   LinkRxTestPattern                 : 255  
   Ne Link Tx Num Failures           : 1  
   Ne Link Rx Num Failures           : 1  
   
Syntax : dspimaln imagroup linenum  
         IMA group number  -- value ranging from 1 to 8  
         line number --  value ranging from 1 to 8  
   
mgx8220a.1.8.IMATMB.a >  

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 20778