音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

SQLSvc

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

SQLSvc は、Cisco CallManager システム内のサーバ間インタラクションに使用されるコア アカウントです。 このアカウントは、クラスタ内のすべての Cisco CallManager 上で同一である必要があります。 そうでない場合は、データベース複製は正常に機能しません。 SQLSvc アカウントは、Cisco CallManager、SQLServerAgent、MSSQLServer、および COM+ Event System サービスが起動して特定の機能を実行する前に、ローカル システムにログインしている必要があります。 SQLSvc アカウントのパスワードと依存するサービス パスワードがクラスタ全体で同一でない場合、サービスの多くは起動しません。 これは、ローカルおよびクラスタ内の両方で Cisco CallManager の基本機能に影響を与えます。

この資料にクラスタ全体のパスワードを同期するために Cisco Unified CallManager の SQLSvc アカウントパスワードおよび依存サービス パスワードを変更する方法を記述されています。 プロシージャはバージョン 3.3 および 4.0 のために異なっています。 これらのバージョンではパスワードを同期するのに、管理ユーティリティが使用されています。

前提条件

要件

この ドキュメント を 読む人は Cisco Unified CallManager 管理者アカウントおよびパスワードのナレッジがあるはずです。 これはこの資料のコンテンツのよりよく理解を助けます。 詳細については管理者アカウントおよびパスワードを参照して下さい。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManagerバージョン: 3.0、3.1、3.2、3.3 および 4.0。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

SQLSvc ユーザは Cisco Unified CallManager の前にローカルシステムにログイン、SQLServerAgent、MSSQLServer なり、COM+ イベント システム サービスは特定の機能を開始し、実行できます。 SQLSvc パスワードがローカルでおよびクラスタの内で、正しく設定されなければ、SQLSvc ユーザはログインできないし、これらの依存したサービスは開始しません。 その結果、Cisco Unified CallManager および基本的な機能性は影響を受けます。

SQLSvc パスワードは全体のクラスタを渡って同じであるはずです。

この問題は次に影響を与えます:

  • Cisco CallManager

  • Cisco Call Manager のための Microsoft SQL サーバ

  • Cisco Music on Hold (MOH)可聴周波変換

  • Cisco Trivial File Transfer Protocol (TFTP)

CallManagerのバージョン 3.0 のためのソリューション、3.1and 3.2

この問題を解決するために、Cisco Unified CallManager で動作しているすべての依存したサービスのためのパスワードを同期して下さい。 このプロシージャはパブリッシャ Cisco Unified CallManager のためにここに詳しく説明されます。

  1. Start > Programs > Administrative Tools > Computer Management の順に選択 して下さい。

  2. 左カラムのローカルユーザおよびグループの側で(プラス記号) 『+』 をクリック して下さい。

  3. 『Users』 をクリック して下さい。

  4. 右の列の SQLSvc を右クリックし、『Set Password』 を選択 して下さい。

  5. 新しいパスワードを入力し、確認のためにもう一度パスワードを入力します。

  6. 確認するために『OK』 をクリック し Change Password ダイアログボックスを閉じて下さい。

  7. 左カラムのサービスおよびアプリケーションの側で(プラス記号) 『+』 をクリック して下さい。

  8. [Services] をクリックします。

  9. 右の列で、Cisco データベース レイヤ モニタをクリックし、強調表示して下さい。

  10. Cisco データベース レイヤ モニタを右クリックし、『Properties』 を選択 して下さい。

  11. Log On タブを選択して下さい。

  12. パスワードを変更し、ことをパスワードマッチ ローカル確認して下さい。\上記のステップ 5 で設定 される SQLSvc ユーザパスワード。

  13. Services リストに戻るために『OK』 をクリック して下さい。

  14. ステップをサービス MSSQLServer および SQLServerAgent のための 10-13 繰り返して下さい。

  15. Computer Management ウィンドウを閉じます。

  16. > コンポーネント サービス Start > Programs > Administrative Tools の順に選択 して下さい。

  17. コンポーネント サービスの側で(プラス記号) 『+』 をクリック して下さい。

  18. コンピュータの側で(プラス記号) 『+』 をクリック して下さい。

  19. マイ コンピュータの側で(プラス記号) 『+』 をクリック して下さい。

  20. COM+ アプリケーションの側で(プラス記号) 『+』 をクリック して下さい。

  21. DBL を右クリックし、『Properties』 を選択 して下さい。

  22. [ID] タブをクリックします。

  23. パスワードを変更し、ことをパスワードマッチ上記のステップ 5 で設定 される SQLSvc ユーザパスワード確認して下さい。

  24. コンポーネント マネージャに戻るために『OK』 をクリック して下さい。

  25. DBL を右クリックし、『Shut Down』 をクリック して下さい。

  26. DBL を右クリックし、『Start』 をクリック して下さい。

  27. Component Manager ウィンドウを閉じます。

  28. ステップを Cisco CallManager クラスタのすべてのサブスクライバのための 1-27 繰り返して下さい。 SQLSvc アカウントのパスワードはクラスタ内のすべてのサーバで一致している必要があります。

Cisco CallManager バージョン 3.3 および 4.0 のためのソリューション

Cisco CallManager バージョン 3.3 および 4.0 のクラスタ全体のすべてのコア サービス パスワードを同期するのに管理ユーティリティを使用して下さい。

Cisco Unified CallManager インターオペラビリティ関係、管理者およびインストーラの複雑な状況が原因で手動で Cisco Unified CallManager パスワードかサービスを変更するべきではないです。 これらのパスワードを変更することにする場合 Cisco によって提供される AdminUtility.exe とこれらのステップを使用して下さい:

  • デフォルトからのパスワードの変更に AdminUtility.exe を使用した後加入者システムを追加するか、または取り替える必要があったら、デフォルトシステムによって生成される物にすべてのアカウントのためのパスワードおよびサービスをリセットして下さい。 これはインストールを試みる前にされる必要があります。 さもなければ加入者設備は失敗します。

  • ローカル管理者アカウントのパスワードは、クラスタ内のすべての Cisco CallManager システムで一致している必要があります。

  • AdminUtility.exe ユーティリティを実行する場合は、必ずローカル管理者アカウントでログオンしてください。

  • AdminUtility.exe は C:\Program Files\Cisco\Bin ディレクトリにあります。 それを実行するのにパブリッシャ サーバのローカルな システム管理者 アカウントを使用して下さい。 管理ユーティリティは加入者サーバでうまく実行することができません。

あらゆるインストールかアップグレードと同様に、ピークを過ぎた時間の間に管理ユーティリティを実行して下さい。 このユーティリティは影響を受けたローカル NT アカウント、サービスおよびバーチャル ディレクトリを変更します。 クラスタ内のすべてのシステムのすべてのアカウントを変更することを選択する場合すべてのコール処理は全体のクラスタが更新済になるまで終わります。 このユーティリティが実行される時クラスタ内のサーバの数、およびコール音量に基づいて、アップデートプロセスはサーバごとの数分かかる可能性があります。

  1. C:\Program Files\Cisco\Bin ディレクトリの管理ユーティリティを実行するか、またはダブルクリックする場合、パスワードのためにプロンプト表示されます。

    /image/gif/paws/20693/pass.gif

  2. 管理ユーティリティにログイン するためにローカルな システム管理者 パスワードを入力し『OK』 をクリック して下さい。

    click.gif

  3. あるクラスタの DNS名を "CCM-2" この場合選択して下さい。 これを行うため、チェックボックスをクリックするため。

    /image/gif/paws/20693/new.gif

  4. メニューおよび設定 された新しいパスワードから『Options』 を選択 して下さい。

    CCM 3.3 および 4.0 で使用される管理ユーティリティは異なっています。 CCM 3.3 を使用するときオプションの下で 1 つの More タブによって呼出される一定デフォルトパスワードを見つけることができます。 このタブは CCM4.0 で利用できません。

    /image/gif/paws/20693/phrase.gif

  5. 各ローカルアカウントおよびサービスのための複雑 な パスワードを生成するのに使用する英数字パスフレーズを入力して下さい。 確認のための Next フィールドでストリングを再入力して下さい。 [OK] をクリックします。

    /image/gif/paws/20693/update.gif

  6. クラスタ内のすべてのシステムを選択し、サーバ パスワードを『Update』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/20693/continue.gif

    そうとき、警告は上に示されているように、表示する。 ピークを過ぎた時間の管理ユーティリティを実行するようにして下さい。 これは全体のクラスタが更新済になるまで、すべてのコール処理が終わるという理由によります。 それから続くために『OK』 をクリック して下さい。

  7. すべてのパスワードが更新済であると『Exit』 をクリック して下さい。

いくつかの管理ユーティリティに関する問題およびソリューションはここにリストされています:

  • 管理ユーティリティは加入者サーバが達することができないときハングします。 管理 ユーティリティは『OK』 をクリック するとき同じメッセージを繰り返します。

    回避策: Windows タスク マネージャを開き、AdminUtility.exe プロセスを終了して下さい

  • パブリッシャのこのユーティリティを実行するとき、このエラーメッセージを受け取ることができます: 「パブリッシャのこのユーティリティしか実行なできます

    回避策: この問題を解決するには、次のステップを実行します。

  1. Cisco CallManager Administration ページへ移動します。

  2. メニューから、System > Server の順に進んで下さい。

  3. 左手リストのリスト内のパブリッシャをクリックして下さい。

  4. IP アドレスから DNS名にパブリッシャ DNS IPアドレス設定を変更して下さい。

  5. [Update] をクリックします。

  6. AdminUtility.exe ユーティリティを再度実行して下さい。


関連情報


Document ID: 20693