音声 : コール ルーティング / ダイヤル プラン

IOS 変換ルールの使用 - VoIP ネットワークのためのスケーラブルなダイヤル プランの作成

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 11 月 9 日) | フィードバック


目次

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

概要

このドキュメントでは、IOS の変換ルールを使用して VoIP ネットワークのスケーラブルなダイヤル プランを作成するための設定例を紹介します。 統合された音声とデータ ネットワークを導入すると、1 つの問題がよく発生します。それは、さまざまな場所で内線ダイヤリングの範囲の番号計画を管理する方法です。 交換、シグナリング プロトコルの標準、ロケーションのタイプによって、サービス プロバイダーは、各リモート サイトの加入者の機器に同じような番号範囲を渡す可能性があります。 これらのコールが中央サイトに戻されれば、リモート サイトのそれぞれから発信された着信者番号に重複部分がある可能性があります。 PBX は一意の着信者番号に基づいてルーティング決定を行うため、構内交換機(PBX)システムの自動着信呼分配(ACD)のキューに問題を起こす可能性があります。 たとえば、各サイトからのコールは、コールの発信元の現地の言語を話す特定のオペレータに送る必要が生じる場合がります。 各サイトからの着信者番号に重複部分がある場合、コールの発信元を識別する方法がないため、PBX は正しい ACD のキューにコールをルーティングできません。

他のサイトは 3 または 4桁内線ダイヤル範囲がある呼出 し 番号は [00 から- 99] への [0000 - 9999] ある可能性があります間、いくつかの 2 ディジット 内線ダイヤル 番号 範囲を与えられる。 これらの番号 範囲によって、メインサイト ルータはコンフィギュレーションが 2、3 のおよび 4桁ナンバリングプランを処理することを必要とします。 これはルータコンフィギュレーションの全面的な複雑な状況に追加する可能性があります。

これらの問題へのソリューションは電話回線網から入る番号 範囲にディジットを付加する各リモートサイトで IOS ディジット 変換ルールを使用することです。 これはそれから順次ネットワークの他に重要な変更点なしで追加される顧客のネットワークおよび割り当て新しいサイトを渡る標準ナンバリングプランを作成します。

Cisco IOS ディジット 変換ルールはユーザがコールの自動番号識別(ANI)ディジットを処理することを可能にします呼出 し 番号である Dialed Number Identification Service (DNIS) ディジットまたはコールの発信者番号である。 任意で、これらのフィールドのナンバリングタイプサポートはまたトランスレーション ルールを使用して修正することができます。

この資料で示されるケーススタディでは目標はナンバリングプランを標準化することです。 推奨事項は下記のものを含んでいます:

  • トランクアクセスコードを使用して下さい。

  • サイト(エリア)コードを使用して下さい。 これはリモートサイトのローカル Public Switched Telephone Network (PSTN) エリアコードを使用するためにユニークなサイト コードを作成する簡単な方法です。

  • 4桁拡張番号を生成 するために(パッドを入れて下さい)先行ゼロのオリジナル呼出 し 番号を拡張して下さい。

前提条件

要件

読者は知識があるのはずです:

  • 音声および POTSダイヤルピアの設定

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • IOSバージョンを実行する Cisco 3660 および 7206VXR ルータ 12.3(4)

  • IOS トランスレーション ルールは IOSバージョン 12.07XK1 でもたらされ、音声ポートをサポートするすべての Cisco プラットフォームで利用できます。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

このセクションはケーススタディを使用します: トランスレーション ルールのための実装を説明する「カルカッタ(リモートサイト)」例。 詳細についてはネットワークダイアグラムを参照して下さい。

例では、000 から 999 の範囲で 3 ディジット ダイヤル ストリングを渡すリモートサイト(カルカッタ)に E1 トランクがあります。 メインサイト ルータはまた 000 から 999 の範囲をカバーするかもしれない複数のリモートサイトからの呼び出しを受け入れます。

カルカッタ ルータでトランスレーション ルールがメインサイト PBX にカルカッタから呼び出しを(呼出 し 番号に基づいて)識別するサイト コードを付加するのに使用されています。 たとえば、エリアコード ダイヤル ストリング "033" はサイト コードとして使用されます。 さらに宛先 メインサイト ルータで特定のトランクの選択を可能にするために、トランクアクセスコード ディジットは追加されます。 これらの文はカルカッタ ルータの変換 プロシージャを説明します:

  • オリジナル呼出 し 番号(999)への範囲 000 の何れかの 3 ディジット— 「…」

  • 変換された呼出 し 番号— "1033… 「ディジット "1": トランクアクセスコード、ディジット "033": サイト コード

    コールがカルカッタ サイトから送信されるとき、カルカッタ ルータは POTS 音声ポートで適用される変換規則を適用します。 カルカッタ ルータの音声ポート 1/0:1 設定でこれを確認できます。

    変換規則はコールがルータに入る音声ポートに適用されます。 コールがルータの方の電話回線網から入るとき、呼出 し 番号はあらゆるダイヤル ピアで一致する前に変換されます。

    変換規則はメインサイトにダイヤル番号のカルカッタ サイトを- 987 次の通り適用されます。

    • 呼出された 3 ディジット数では– 987、1桁目 の 数字– LHS (左側)からの 9 つはディジットを取り替えるための変換規則で奪取 され、比較されます。

    • 変換規則の 9 のための置換数はあります- 103309 は 1桁目 の 数字 9.のために、この数取り替えられます。

    • 103309 との 1桁目 の 数字 9 を取り替えた後、残りの 2 ディジット- 87 は 10330987 になり、コールがデスティネーションパターンとして VOIPダイヤルピアにルーティングされる取り替えられたディジット 103309 に付加されます- 10330 の…一致。

2 つのより多くのリモートサイトはネットワークに統合必要があります。 ニューデリー サイトはチェンナイ サイトが 4桁内線ダイヤル 範囲を使用する間、2 ディジット 内線ダイヤル 範囲を使用します。 呼出 し 番号へのトランクアクセスコードおよびサイト コードの付加によって、次の通り今ダイヤル プランがあります:

このトランク アクセス/サイト コード… …このダイヤル プランを表します
「1011。 "」 011 のエリアコードの 2 ディジット 内線ダイヤル
「1033…」 033 のエリアコードの 3 ディジット 内線ダイヤル
「1044…. "」 044 のエリアコードの 4桁内線ダイヤル

このダイヤル プランは 6-,7- および 8 桁数で構成されています、従ってそれらは 1 ディジット アクセスコード、3 ディジット サイト コードおよび 4桁拡張を与えるために先行ゼロのオリジナル呼出 し 番号のパッディングによって標準化することができます:

このトランク アクセス サイト コード… …に変換されます
「1011。 "」 「101100。 "」
「1033…」 「10330…」
「1044…. "」 「1044...."

メインサイト ゲートウェイ/ルータの番号計画は今一貫した 8 ディジットです: (1 ディジット トランクアクセスコード、3 ディジット サイト コードおよび先行ゼロとパッドを入れられる 4桁呼出 し 番号)。 コールがメインサイト ゲートウェイ/ルータに達すれば、アクセスコードは除去され、それに続く 7 ディジットは PBX に送信 されます。

設定

この場合そこのスタディはメインサイト コールセンターに VOIPコールを送信している 3 つのリモートサイト(ニューデリー、カルカッタおよびチェンナイ)です。 顧客の要求はシステムのためですリモートサイトからメインサイトにだけダイレクト コールを。 リモートサイトの方にメインサイトからの帰り呼び出しのためのプロビジョニングするもどって来ません。 メインサイト ゲートウェイ/ルータはコールセンター PBX に接続する 4 つのトランクを備えています。

このドキュメントで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク図

このドキュメントでは次の図に示すネットワーク設定を例にあげています。

/image/gif/paws/20595/translation_rule_acd.gif

設定

このドキュメントで使用する設定を次に示します。

ニューデリー(2 ディジット 内線ダイヤル 範囲)



!--- Only relevant "IOS translation rule" output is presented


!
translation-rule 1

!-- The "1" above is the tag for the set. 

 rule 0 ^0. 1011000
 rule 1 ^1. 1011001
 rule 2 ^2. 1011002
 rule 3 ^3. 1011003
 rule 4 ^4. 1011004
 rule 5 ^5. 1011005
 rule 6 ^6. 1011006
 rule 7 ^7. 1011007
 rule 8 ^8. 1011008
 rule 9 ^9. 1011009
!

!-- These rules replace the first digit of a 2-digit number with the corresponding
!-- translation. The router looks for a 2-digit number starting with a leading [0-9]. 
!-- The caret, "^" ensures the match only happens at the start of the digit string
!-- rather than any occurrence in a digit string. This ensures the router makes the
!-- translation only for the leading digits. By default, if an explicit match is made
!-- on a digit (in this case the first digit) the router replaces it with the new
!-- digits. Therefore, to keep the original numbering, the matched digit needs to be
!-- replaced with the same digit at the end of  the modified string. Once the call
!-- comes in, the called number  prepended with 101100 followed by the
!-- original 2 digits.
!
voice-port 1/0:1
 translate called 1
 cptone IN 
 compand-type a-law
!
!-- The translation rule is applied to the voice port where the 
!-- call comes in to the router. When a call comes in from the 
!-- telephone network towards the router, the called number 
!-- is translated before it is matched on any dial peers.

!
dial-peer voice 100 voip
 destination-pattern 101100..
 session target ipv4:main site IP address
 ip precedence 5 
  dtmf-relay h245-alphanumeric 
!

!-- The VoIP dial peer needs to be configured to match on the new numbering plan


カルカッタ(3 ディジット 内線ダイヤル 範囲)


!--- Only relevant output is presented

!
translation-rule 1
 rule 0 ^0.. 103300
 rule 1 ^1.. 103301
 rule 2 ^2.. 103302
 rule 3 ^3.. 103303
 rule 4 ^4.. 103304
 rule 5 ^5.. 103305
 rule 6 ^6.. 103306
 rule 7 ^7.. 103307
 rule 8 ^8.. 103308
 rule 9 ^9.. 103309
!

!-- The router looks for a 3-digit called number in the range 000 - 999. It 
!-- then prepends 10330 to this number before making a match on any other dial peers.
!-- Note: rules are executed before incoming POTS dial peer matching takes place. 
!
voice-port 1/0:1
 translate called 1

!-- The translation rule is applied to the voice port:


 cptone IN
 compand-type a-law
!
dial-peer voice 100 voip 
 destination-pattern 10330...
 session target ipv4:main site IP address
 ip precedence 5 
 dtmf-relay h245-alphanumeric 
!

!-- The VoIP dial peer needs to be configured to match on the new numbering plan.


チェンナイ(4桁内線ダイヤル 範囲)
!
translation-rule 11
 rule 0 ^0... 10440
 rule 1 ^1... 10441
 rule 2 ^2... 10442
 rule 3 ^3... 10443
 rule 4 ^4... 10444
 rule 5 ^5... 10445
 rule 6 ^6... 10446
 rule 7 ^7... 10447
 rule 8 ^8... 10448
 rule 9 ^9... 10449
!

!-- The router looks for a 4-digit called 
!-- number in the range 0000 - 9999. !-- It then prepends 1044 to this number 
!-- before making a match on any other dial peers. 

!
voice-port 1/0:1
 translate called 1 
 cptone IN
 compand-type a-law 
!
!-- The translation rule is applied to the voice port:

dial-peer voice 100 voip 
 destination-pattern 1044….
 session target ipv4:main site IP address
 ip precedence 5 
 dtmf-relay h245-alphanumeric 
!

!-- The VoIP dial peer needs to be configured to match on the new numbering plan

メインサイト

!-- By default, in POTS dial peers, matched digits get stripped off after a dial
!-- peer is matched. Then, the remaining digits are outputed to the PSTN/PBX.

dial-peer voice 20 pots
 description - Call Center voice port 2/0
 destination-pattern 1.......
 port 2/0:1
!
dial-peer voice 21 pots
 description - Call Center voice port 2/1
 destination-pattern 1.......
 port 2/1:1
!
dial-peer voice 30 pots
 description - Call Center voice port 3/0
 destination-pattern 1.......
 port 3/0:1
!
dial-peer voice 31 pots
 description - Call Center voice port 3/1
 destination-pattern 1.......
 port 3/1:1
!

!-- The trunk access code (leading 1) can be used to route the call out the Main Site
!-- router towards the Call-Center PBX. This digit is stripped off and the following
!-- 7 digits are sent to the external PBX. A single dial peer for each active voice
!-- port on the main site gateway router directs calls from the remote sites to
!-- the PBX.


メインサイト PBX がトランクアクセスコードを必要としないので、メインサイト ルータはそれを除去します。 従って、コールは 3 ディジット サイト コードおよび 4桁拡張によってメインサイト PBX に識別されます。 PBX はいくつかのコンフィギュレーション変更がこのナンバリングプランを一致する必要としますが長所は呼出 し 番号からのサイト コードを認識し、各位置のために設定される特定の ACD キューにコールをルーティングできることです。 コールが 1 つの特定の各国用領域から入るとき、それはローカル言語を話すエージェントに指示されます。

コマンドに関する詳細については、Command Lookup Tool登録ユーザのみ)を参照して下さい。

確認

このセクションでは、設定が正常に動作しているかどうかを確認する際に役立つ情報を提供しています。

特定の show コマンドは、Output Interpreter Tool登録ユーザ専用)によってサポートされています。このツールを使用すると、show コマンド出力の分析を表示できます。

  • テストして下さい変換ルール名札入力数—特定の名札のトランスレーション ルールの実行をテストするのに使用しました。 このコマンドのための snytax はこの表に説明があります:

    構文 説明
    
    name-tag
    
    
    ルール セットが参照されるタグ 番号。
    
    input-number
    
    
    パターン マッチングが実行された ディジットの入力文字列。

  • show translation-rule [名札] —特定の変換名前のために設定されたルールのコンテンツを表示するのに使用しました。 このコマンドのための構文はこの表に説明があります:

    構文 説明
    
    name-tag
    
    
    (オプションの)ルール セットが参照されるタグ 番号

この出力は示すニューデリー ルータからキャプチャ されましたニューデリー サイトからダイヤルしている間適用されるトランスレーション ルールを。

ニューデリー-出力

!-- It is possible to confirm the translation rules are working:
!
!
NewDelhi#
test translation-rule 1 99


!-- Original called number is "99"

The replaced number: 10110099

!-- Translated to 8 digits 


NewDelhi#
show translation-rule 1

Translation rule address: 0x64ADC2A8
Tag name: 1
Translation rule in_used 1
**** Xrule rule table *******
        Rule : 0
        in_used state: 1
        Match pattern: ^0.
        Sub  pattern: 1011000
**** Xrule rule table *******
        Rule : 1
        in_used state: 1
        Match pattern: ^1.
        Sub  pattern: 1011001
**** Xrule rule table *******
        Rule : 2
        in_used state: 1
        Match pattern: ^2.
        Sub  pattern: 1011002
**** Xrule rule table *******
        Rule : 3
        in_used state: 1
        Match pattern: ^3.
        Sub  pattern: 1011003
**** Xrule rule table *******
        Rule : 4
        in_used state: 1
        Match pattern: ^4.
        Sub  pattern: 1011004
**** Xrule rule table *******
        Rule : 5
        in_used state: 1
        Match pattern: ^5.
        Sub  pattern: 1011005
**** Xrule rule table *******
        Rule : 6
        in_used state: 1
        Match pattern: ^6.
        Sub  pattern: 1011006
**** Xrule rule table *******
        Rule : 7
        in_used state: 1
        Match pattern: ^7.
        Sub  pattern: 1011007
**** Xrule rule table *******
        Rule : 8
        in_used state: 1
        Match pattern: ^8.
        Sub  pattern: 1011008
**** Xrule rule table *******
        Rule : 9
        in_used state: 1
        Match pattern: ^9.
        Sub  pattern: 1011009
NewDelhi#

		

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。

  • 変換{詳細をデバッグして下さい | 最小値} —この表に説明があったオプションの数変換トレースをデバッグするのに使用しました:

    オプション 説明
    detail
    
    詳細 な デバッグ トレースを有効に します。
    min
    
    最小デバッグ トレースを有効に します。

ニューデリー-出力
	
NewDelhi#debug translation detail
xrule detail tracing is enabled
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_checking
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_checking calling , called
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_checking peer_tag 0, direction 1, protocol 6
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation callednumber , strlen 0
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation callednumber null xruleCalledTag=1
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation called Callparms Numpertype 0x81,
                               match_type 0x0
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation Xrule index 0, Numpertype 0x9
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString, target_number null, match_number ^0.
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString match_tmp 0, match_len 1
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString beginning_replace 1, match_tmp 0,target null
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString: len 4
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation there was no match index 0
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation called Callparms Numpertype 0x81,
                               match_type 0x0
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation Xrule index 1, Numpertype 0x9
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString, target_number null, match_number ^1.
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString match_tmp 1, match_len 1
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString beginning_replace 1, match_tmp 1,target null
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString: len 4
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation there was no match index 1
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation called Callparms Numpertype 0x81,
                               match_type 0x0
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation Xrule index 2, Numpertype 0x9
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString, target_number null, match_number ^2.
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString match_tmp 2, match_len 1
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString beginning_replace 1, match_tmp 2,target null
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString: len 4
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation there was no match index 2
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation called Callparms Numpertype 0x81,
                               match_type 0x0
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation Xrule index 3, Numpertype 0x9
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString, target_number null, match_number ^3.
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString match_tmp 3, match_len 1
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString beginning_replace 1, match_tmp 3,target null
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString: len 4
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation there was no match index 3
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation called Callparms Numpertype 0x81,
                               match_type 0x0
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation Xrule index 4, Numpertype 0x9
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString, target_number null, match_number ^4.
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString match_tmp 4, match_len 1
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString beginning_replace 1, match_tmp 4,target null
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString: len 4
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation there was no match index 4
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation called Callparms Numpertype 0x81,
                               match_type 0x0
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation Xrule index 5, Numpertype 0x9
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString, target_number null, match_number ^5.
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString match_tmp 5, match_len 1
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString beginning_replace 1, match_tmp 5,target null
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString: len 4
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation there was no match index 5
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation called Callparms Numpertype 0x81,
                               match_type 0x0
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation Xrule index 6, Numpertype 0x9
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString, target_number null, match_number ^6.
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString match_tmp 6, match_len 1
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString beginning_replace 1, match_tmp 6,target null
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString: len 4
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation there was no match index 6
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation called Callparms Numpertype 0x81,
                               match_type 0x0
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation Xrule index 7, Numpertype 0x9
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString, target_number null, match_number ^7.
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString match_tmp 7, match_len 1
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString beginning_replace 1, match_tmp 7,target null
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString: len 4
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation there was no match index 7
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation called Callparms Numpertype 0x81,
                               match_type 0x0
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation Xrule index 8, Numpertype 0x9
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString, target_number null, match_number ^8.
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString match_tmp 8, match_len 1
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString beginning_replace 1, match_tmp 8,target null
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString: len 4
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation there was no match index 8
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation called Callparms Numpertype 0x81,
                               match_type 0x0
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation Xrule index 9, Numpertype 0x9
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString, target_number null, match_number ^9.
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString match_tmp 9, match_len 1
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString beginning_replace 1, match_tmp 9,target null
*Apr  4 04:52:57.124: dpMatchString: len 4
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation there was no match index 9
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_translation Return rc = -4 any_match 0
*Apr  4 04:52:57.124: xrule_checking Return rc = -4
*Apr  4 04:52:59.396: xrule_checking
*Apr  4 04:52:59.396: xrule_checking calling , called 9
*Apr  4 04:52:59.396: xrule_checking peer_tag 0, direction 1, protocol 6
*Apr  4 04:52:59.396: xrule_translation
*Apr  4 04:52:59.396: xrule_translation callednumber 9, strlen 1
*Apr  4 04:52:59.396: xrule_translation callednumber 9 xruleCalledTag=1
*Apr  4 04:52:59.396: xrule_translation called Callparms Numpertype 0x0,
                               match_type 0x0
*Apr  4 04:52:59.396: xrule_translation Xrule index 0, Numpertype 0x9
*Apr  4 04:52:59.396: dpMatchString, target_number 9, match_number ^0.
*Apr  4 04:52:59.396: dpMatchString match_tmp 0, match_len 1
*Apr  4 04:52:59.396: dpMatchString beginning_replace 1, match_tmp 0,target 9
*Apr  4 04:52:59.396: dpMatchString: len 1
*Apr  4 04:52:59.396: xrule_translation there was no match index 0
*Apr  4 04:52:59.396: xrule_translation called Callparms Numpertype 0x0,
                               match_type 0x0
*Apr  4 04:52:59.396: xrule_translation Xrule index 1, Numpertype 0x9
*Apr  4 04:52:59.396: dpMatchString, target_number 9, match_number ^1.
*Apr  4 04:52:59.396: dpMatchString match_tmp 1, match_len 1
*Apr  4 04:52:59.396: dpMatchString beginning_replace 1, match_tmp 1,target 9
*Apr  4 04:52:59.396: dpMatchString: len 1
*Apr  4 04:52:59.396: xrule_translation there was no match index 1
*Apr  4 04:52:59.396: xrule_translation called Callparms Numpertype 0x0,
                               match_type 0x0
*Apr  4 04:52:59.396: xrule_translation Xrule index 2, Numpertype 0x9
*Apr  4 04:52:59.396: dpMatchString, target_number 9, match_number ^2.
*Apr  4 04:52:59.396: dpMatchString match_tmp 2, match_len 1
*Apr  4 04:52:59.396: dpMatchString beginning_replace 1, match_tmp 2,target 9
*Apr  4 04:52:59.396: dpMatchString: len 1
*Apr  4 04:52:59.396: xrule_translation there was no match index 2
*Apr  4 04:52:59.396: xrule_translation called Callparms Numpertype 0x0,
                               match_type 0x0
*Apr  4 04:52:59.396: xrule_translation Xrule index 3, Numpertype 0x9
*Apr  4 04:52:59.396: dpMatchString, target_number 9, match_number ^3.
*Apr  4 04:52:59.396: dpMatchString match_tmp 3, match_len 1
*Apr  4 04:52:59.396: dpMatchString beginning_replace 1, match_tmp 3,target 9
*Apr  4 04:52:59.396: dpMatchString: len 1
*Apr  4 04:52:59.396: xrule_translation there was no match index 3
*Apr  4 04:52:59.396: xrule_translation called Callparms Numpertype 0x0,
                               match_type 0x0
*Apr  4 04:52:59.396: xrule_translation Xrule index 4, Numpertype 0x9
*Apr  4 04:52:59.396: dpMatchString, target_number 9, match_number ^4.
*Apr  4 04:52:59.396: dpMatchString match_tmp 4, match_len 1
*Apr  4 04:52:59.396: dpMatchString beginning_replace 1, match_tmp 4,target 9
*Apr  4 04:52:59.396: dpMatchString: len 1
*Apr  4 04:52:59.396: xrule_translation there was no match index 4
*Apr  4 04:52:59.396: xrule_translation called Callparms Numpertype 0x0,
                               match_type 0x0
*Apr  4 04:52:59.396: xrule_translation Xrule index 5, Numpertype 0x9
*Apr  4 04:52:59.396: dpMatchString, target_number 9, match_number ^5.
*Apr  4 04:52:59.396: dpMatchString match_tmp 5, match_len 1
*Apr  4 04:52:59.396: dpMatchString beginning_replace 1, match_tmp 5,target 9
*Apr  4 04:52:59.396: dpMatchString: len 1
*Apr  4 04:52:59.396: xrule_translation there was no match index 5
*Apr  4 04:52:59.400: xrule_translation called Callparms Numpertype 0x0,
                               match_type 0x0
*Apr  4 04:52:59.400: xrule_translation Xrule index 6, Numpertype 0x9
*Apr  4 04:52:59.400: dpMatchString, target_number 9, match_number ^6.
*Apr  4 04:52:59.400: dpMatchString match_tmp 6, match_len 1
*Apr  4 04:52:59.400: dpMatchString beginning_replace 1, match_tmp 6,target 9
*Apr  4 04:52:59.400: dpMatchString: len 1
*Apr  4 04:52:59.400: xrule_translation there was no match index 6
*Apr  4 04:52:59.400: xrule_translation called Callparms Numpertype 0x0,
                               match_type 0x0
*Apr  4 04:52:59.400: xrule_translation Xrule index 7, Numpertype 0x9
*Apr  4 04:52:59.400: dpMatchString, target_number 9, match_number ^7.
*Apr  4 04:52:59.400: dpMatchString match_tmp 7, match_len 1
*Apr  4 04:52:59.400: dpMatchString beginning_replace 1, match_tmp 7,target 9
*Apr  4 04:52:59.400: dpMatchString: len 1
*Apr  4 04:52:59.400: xrule_translation there was no match index 7
*Apr  4 04:52:59.400: xrule_translation called Callparms Numpertype 0x0,
                               match_type 0x0
*Apr  4 04:52:59.400: xrule_translation Xrule index 8, Numpertype 0x9
*Apr  4 04:52:59.400: dpMatchString, target_number 9, match_number ^8.
*Apr  4 04:52:59.400: dpMatchString match_tmp 8, match_len 1
*Apr  4 04:52:59.400: dpMatchString beginning_replace 1, match_tmp 8,target 9
*Apr  4 04:52:59.400: dpMatchString: len 1
*Apr  4 04:52:59.400: xrule_translation there was no match index 8
*Apr  4 04:52:59.400: xrule_translation called Callparms Numpertype 0x0,
                               match_type 0x0
*Apr  4 04:52:59.400: xrule_translation Xrule index 9, Numpertype 0x9
*Apr  4 04:52:59.400: dpMatchString, target_number 9, match_number ^9.
*Apr  4 04:52:59.400: dpMatchString match_tmp 9, match_len 1
*Apr  4 04:52:59.400: dpMatchString beginning_replace 1, match_tmp 9,target 9
*Apr  4 04:52:59.400: dpMatchString 0. target 9,match_tmp 9,match_len 1
*Apr  4 04:52:59.400: replace_string
*Apr  4 04:52:59.400: replace_string match ^9., replace 1011009
*Apr  4 04:52:59.400: translation_format replace_rule ^9., strip_proceeding 0
*Apr  4 04:52:59.400: replace_string match_tmp ^9., strip_proceeding 0
*Apr  4 04:52:59.400: replace_string match_tmp 9
*Apr  4 04:52:59.400: replace_string direction 1, callparty  2
*Apr  4 04:52:59.400: replace_string direction 1, callparty 2, target 9
*Apr  4 04:52:59.400: replace_string match_tmp 9,replace 1011009
*Apr  4 04:52:59.400: replace_string0.replace19,target,current,match_tmp
*Apr  4 04:52:59.400: replace_string0.1 compare_len 1,match_len 1
*Apr  4 04:52:59.400: replace_string 3. replace1 9, compare_len 1
*Apr  4 04:52:59.400: replace_string 4. replace1 1,compare_len 0,replace 011009
*Apr  4 04:52:59.400: replace_string 4. replace1 10,compare_len -1,replace 11009
*Apr  4 04:52:59.400: replace_string 4. replace1 101,compare_len -2,replace 1009
*Apr  4 04:52:59.400: replace_string 4. replace1 1011,compare_len -3,replace 009
*Apr  4 04:52:59.400: replace_string 4. replace1 10110,compare_len -4,replace 09
*Apr  4 04:52:59.400: replace_string 4. replace1 101100,compare_len -5,replace 9
*Apr  4 04:52:59.400: replace_string 4. replace1 1011009,compare_len -6,replace
*Apr  4 04:52:59.400: replace_string 5. replace1 1011009, compare_len -6,match_l
en 1
*Apr  4 04:52:59.400: replace_string 6. replace1 1011009,compare_len -6,current
*Apr  4 04:52:59.400: replace_string buffer 1011009
*Apr  4 04:52:59.400: xrule_translation index 9,xrule_number 1011009, callparty
2
*Apr  4 04:52:59.400: xrule_translation Return rc = 0 any_match 0
*Apr  4 04:52:59.400: xrule_checking Return rc = 0
*Apr  4 04:53:00.156: xrule_checking
*Apr  4 04:53:00.156: xrule_checking calling 4444, called 10110099
*Apr  4 04:53:00.156: xrule_checking peer_tag 100, direction 2, protocol 0
*Apr  4 04:53:00.156: xrule_checking Return rc = -5


NewDelhi#debug translation min
*Apr  4 02:37:17.045: xrule_checking
*Apr  4 02:37:17.045: xrule_translation
*Apr  4 02:37:17.045: xrule_translation callednumber , strlen 0
*Apr  4 02:37:17.045: xrule_translation callednumber null xruleCalledTag=1
*Apr  4 02:37:19.457: xrule_checking
*Apr  4 02:37:19.457: xrule_translation
*Apr  4 02:37:19.457: xrule_translation callednumber 9, strlen 1
*Apr  4 02:37:19.457: xrule_translation callednumber 9 xruleCalledTag=1
*Apr  4 02:37:19.457: dpMatchString 0. target 9,match_tmp 9,match_len 1
*Apr  4 02:37:19.457: replace_string
*Apr  4 02:37:19.461: replace_string0.replace19,target,current,match_tmp
*Apr  4 02:37:19.461: replace_string0.1 compare_len 1,match_len 1
*Apr  4 02:37:19.461: replace_string 3. replace1 9, compare_len 1
*Apr  4 02:37:19.461: replace_string 4. replace1 1,compare_len 0,replace 011009
*Apr  4 02:37:19.461: replace_string 4. replace1 10,compare_len -1,replace 11009
*Apr  4 02:37:19.461: replace_string 4. replace1 101,compare_len -2,replace 1009
*Apr  4 02:37:19.461: replace_string 4. replace1 1011,compare_len -3,replace 009
*Apr  4 02:37:19.461: replace_string 4. replace1 10110,compare_len -4,replace 09
*Apr  4 02:37:19.461: replace_string 4. replace1 101100,compare_len -5,replace 9
*Apr  4 02:37:19.461: replace_string 4. replace1 1011009,compare_len -6,replace
*Apr  4 02:37:19.461: replace_string 5. replace1 1011009, compare_len -6,match_l
en 1
*Apr  4 02:37:19.461: replace_string 6. replace1 1011009,compare_len -6,current
*Apr  4 02:37:19.461: replace_string buffer 1011009
*Apr  4 02:37:19.461: xrule_translation index 9,xrule_number 1011009, callparty
2
*Apr  4 02:37:19.841: xrule_checking





関連情報



Document ID: 20595