コラボレーション : Cisco ICM Peripheral ゲートウェイ

VRU がルーティング クライアントとして失敗する

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 5 月 6 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、ルーティング クライアントとして Voice Response Unit(VRU)を使用しようとする場合に発生するコール ルーティング障害のソリューションについて説明します。 このドキュメントでは、VRU ペリフェラル ゲートウェイ(PG)が Cisco Intelligent Contact Management(ICM)バージョン 2.5、3.0、または 4.1.x から 4.5 にアップグレードされた場合の問題の解決方法についても説明します。 ネットワーク VRU がルーティング クライアントに追加されておらず、ペリフェラルの設定がこのドキュメントの説明どおりになっていない場合、Cisco ICM 4.5 へのアップグレード後に VRU PG がコールを適切にルーティングできなくなります。

注: ネットワーク VRU 型を作成するとき、呼ルーティング必要条件に VRU の種類を要求に応じて選択して下さい。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco ICM PG の機能

  • VRU の機能

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は ICM バージョン 4.5 に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

はじめに

この問題、ターンアップ VRU PG のトレースおよび Central Controller ルータを解決する前に。

PG のターンアップ トレース

VRU PG で、デュプレクス環境で、どの PG がアクティブな Peripheral Interface Manager (PIM)があるか判別して下さい。 どの PG がアクティブなPIM があるか判別するために OPCTest ユーティリティを使用して下さい。

次の手順を実行します。

  1. PG の 1 つのコマンド ウィンドウで、opctest 実行して下さい:

    
    opctest/cust cust/node node
    
    

    cust がある一方、カスタマー インスタンスおよびノードは PG ノードです。

    次に、例を示します。 opctest /cust lab4 /node pg1a

  2. opctest プロンプトで、status コマンドをタイプして下さい。

    vruroute-1.gif

    活動ページを示すこの例では、PeripheralID 5000 Side A がアクティブであることに注意して下さい。 画面がアクティブとして Side A を示さない場合、opctest やめ、デュプレクス パートナー PG でそれを実行して下さい。

    opctest プロンプトが表示されたら、次のように入力します。

    debug /cstacer /cstaecr /pimmsg /inrcmsg /tpmsg
    
    
  3. opctest を終了します。

ルータのターンアップ トレース

ルータがまた二重になるが、どのルータが現在アクティブであるか判別することは必要ではないです。

ルータのこれらのステップ ターンアップ トレースを完了して下さい:

  1. [Start] > [Run] を選択します。

  2. Run ダイアログボックス タイプ:

    c:\icm\bin\rtrtrace

  3. [OK] をクリックします。

    ルータ トレース ダイアログボックスは表示する:

    /image/gif/paws/20555/vruroute-2.gif

    初めはすべての Trace Options がグレーで表示されています。

  4. コンピュータおよび顧客名が読み込まれるようにして下さい。 入力されていない場合は、適切な名前を入力してください。

  5. [Connect] をクリックします。

  6. これらのチェックボックスをチェックして下さい:

    • ルート要求

    • Script Selects

    • Network VRU Tracing

    • Call Queuing

  7. [Apply] をクリックします。

  8. [Close] をクリックします。

症状

活動ページで、Open Peripheral Controller (OPC) プロセス ウィンドウはこれと同じようなメッセージを表示する:

08:41:01 pg2A-opc Trace ICR_DIALOG_FAIL:: 
  RCID=5001 callID=89207 XRefID=89 ErrorCode=11

このメッセージを見るために、Dumplog ユーティリティの助けによって OPC ログを調べて下さい。 RCID、callID および XRefID は設定によって決まります。

ターンアップ トレース、ルータ(RTR)プロセス ウィンドウこれと同じようなメッセージを表示する ルータ:

No NetworkVRU configured for peripheral 
  for VRU capable call on dialed number
1 from PG routing client BOCA_VRU2 (ID 5001).
11:50:29 ra-rtr Trace: Dialog (186 x 0: 0 0) sending dialog 
  fail reason (11)
11:50:29 ra-rtr Trace: Router sending dialog fail reason
  (11) for dialog(186).
11:50:29 ra-rtr Trace: Deleting Dialog (186 x 0 : 0 0).

Dumplog ユーティリティの助けによって RTR ログのこのメッセージがまた表示されることができます。

メッセージ ストリームの違い

OPC プロセスのための PG で回されてトレースがコールのコールフロー/メッセージストリームを表示できます。 Cisco ICM バージョン 4.5 の場合のメッセージ ストリームでは、次のようなメッセージが表示されます。

08:41:10 pg2A-opc Trace ICR_NEW_CALL_REQ(TRANSFER)::
  PID=5001 RCID=5001
CallID=41208 XRefID=41 DN=1 ANI=0 CED= RouteDevType=2 Orig=41 
  Pri=0 RtrCallKey=(146346-5565)
SeqNo=2 Op=BLIND_TRANSFER OpFlags=COOP_NONE NICCalledPartyNumber=
  NICCallID={N/A}
PGCallID={PCID=5001 CID=5001 Remote=0,0 DlgID=0xa0f8 RemDlgID=0x0
  Grp=5001 Data=41
RtrData=0 ConnID=} RouteData=(DevNum=32809 DevType=70 DNIS=57666)
  ECCSize=0

Cisco ICM バージョン 4.0.3 以前の場合のメッセージ ストリームでは、次のようなメッセージが表示されます。

12:29:19 pg4b-opc Trace: ICR_TRANSFER_CALL_REQ::
  PID=5003 RCID=5003
RoutedCall=(callID=36548 Device= DevType=Static) XrefID=36 DN=1 ANI=0
  CED= RouteDevType=2
Orig=36 Pri=0 RtrCallKey=(146337-22888) Seq#=2 RouteData=(DevNum=32804
  DevType=70 DNIS=58809)

注: バージョン 4.5 および 4.0.3 間の相違点に注意して下さい。 4.5 のためのメッセージストリームは 4.0.3 使用 ICR_TRANSFER_CALL_REQ のために用語 ICR_NEW_CALL_REQ(TRANSFER)を、一方メッセージストリーム使用します。

原因

Cisco ICM バージョン 4.5 では、VRU をルーティング クライアントとしてルーティングを完了するためには、VRU の追加設定が必要です。 ConfigICM では、タイプ 6 で(または使用するコール ルーティングの要件に応じて)定義された Network VRU が必要で、さらに周辺装置テーブルがこの新しい Network VRU をポイントしていることが必要です。

解決策

この問題を解決するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ネットワーク VRU を作成し、新しいネットワーク VRU を指すために周辺装置レコードを修正して下さい。 この作業は、Admin Workstation(AW; Admin ワークステーション)で行う必要があります。

  2. Configure ICM を開きます。

  3. 行き、> ネットワーク VRU はメニューバーに『Targets』 を選択 します。

    /image/gif/paws/20555/vruroute-3.gif

    Network_VRU-All ダイアログボックスは表示する。

  4. [Insert] をクリックします。

    vruroute-4.gif

  5. 企業名 フィールドで固有の名前を入力して下さい。

  6. Type のボックスの下向き矢印をクリックして、使用するルーティング要件に合った VRU のタイプを選択します。

  7. [Apply] をクリックします。

  8. [Done] をクリックします。

  9. 行き、> 周辺装置はメニューバーに『Peripherals』 を選択 します。

    /image/gif/paws/20555/vruroute-5.gif

    Peripheral-all dialog box は表示する。

  10. VRU PG と関連付けられる周辺装置をダブルクリックして下さい。

    /image/gif/paws/20555/vruroute-6.gif

  11. Network VRU のボックスの下向き矢印をクリックして、新しく作成された Network VRU を選択します。

  12. [Apply] をクリックします。

  13. [Done] をクリックします。

  14. Configure ICM を閉じます。

注: これらの変更は透過的で、あらゆる Cisco ICM サービスの再始動かリセットを必要としません。 変更は変更を保存するとすぐルータコンフィギュレーションに影響を与え、有効です。 ルータコンフィギュレーションが変更されたら、ダイアログ失敗は発生しないし、ラベルはルーティングクライアントとして VRU の呼び出しの完全で正常なルーティングに戻ります。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 20555