コラボレーション : Cisco ICM Peripheral ゲートウェイ

Nortel Symposium ACD v3.0との互換性のためのICM PG PIM の修正

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック



目次


概要

このドキュメントでは、バージョン 3.0 にアップグレードされた Nortel Symposium 自動着信呼分配(ACD)を使用するために、Cisco Intelligent Contact Management(ICM)ペリフェラル ゲートウェイ(PG)にパッチを適用する手順について説明します。

はじめに

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco ICM バージョン 4.1 サービスパック 1

  • Nortel Symposium バージョン 1.5 または 3.0

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

バージョン1.5 からバージョン3.0 に Symposiumをアップグレードしていない場合

バージョン 1.5 からバージョン 3.0 へシンポジウムをアップグレードしない場合後で指示に従って下さい:

  1. アップグレードをする安全 な 時間を判別して下さい。 これはコンタクトセンターが閉じる時のような Maintenance ウィンドウの間に、通常あります。

  2. Cisco ICMサービス コントロールを使用してシンポジウム PG サービスを停止して下さい。

  3. nbnmsrvc.exe がシンポジウムが PG 動作する PC で動作したら、プロセスを終了して下さい(コマンド プロンプトを開き、コマンド killnbnmsrvc.exe を使用することによって)。

    使用方法の不確かである場合 Kill ユーティリティを使用する方法を参照して下さい。

  4. Cisco ICMサービス コントロールおよび他のどの Cisco ICM ツールからも終了して下さい。

  5. Nortel によって承認されるプロシージャを使用してバージョン 3.0 に Symposium ACD をアップグレードして下さい。

  6. 、Nortel 資料「Host Data Exchange API プログラマのガイドに記述されているように」、シンポジウム PG が動作している PC で Nortel コミュニケーション Execution Environment をバージョン 3.0 インストールして下さい。

    Nortel セットアップ プログラムを実行した場合、Host Data Exchange (HDX)および Real Time Display (RTD)を両方インストールしたいと思う規定 し ANSI を、ない Unicode こと規定 して下さい。 Nortel セットアップ ソフトウェアは Symposium Call Center Server バージョン 3.0 クライアント インストール CD-ROM にあります。

    これが完了するとき、次の セクションに進んで下さい。

バージョン1.5 からバージョン3.0 に既に Symposiumをアップグレードしている場合

バージョン 1.5 からバージョン 3.0 へ既にシンポジウムをアップグレードしている場合後で指示に従って下さい:

  1. Cisco Technical Assistance Center (TAC)からのホットフィックス #46 を得て下さい。

    注: シンポジウム Peripheral Interface Manager (PIM)はシンポジウム 3.0 とホットフィックス #46 を加えないでインターフェイス接続しません。

  2. シンポジウムが PG 動作しているコンピュータを再起動して下さい。

  3. 古い Nortel バージョン 1.5 DLL ファイルを置き換えるためにホットフィックス #46 をインストールして下さい。

    ホットフィックス #46 はシンポジウム PG の ICR \ビンディレクトリに置換 DLL ファイルをコピーします。

  4. 上書きすることを頼まれた場合『Yes』 をクリック して下さい。

  5. シンポジウム PG を再起動して下さい。

    シンポジウム PIM は行く必要がありますアクティブ。 それが場合、Cisco Technical Assistance Center とのケースをオープンするため。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 20542