コラボレーション : Cisco Unified Intelligent Contact Management Hosted

SQL サーバ メモリ アロケーションを設定する方法

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Intelligent Contact Management(ICM)ロガー、ディストリビュータ管理ワークステーション(AW)、および Historical Data Server(HDS)に関連する、SQL Server のメモリ割り当てを確認し、設定する方法について説明します。 Cisco ICM データベースには、物理 RAM の 2 分の 1 になるように Microsoft SQL Server に割り当てられたメモリが必要です。 物理メモリの 2 分の 1 未満を割り当てるように SQL Server が設定されている場合、ICM にトランザクション処理の問題が発生する場合があります。

はじめに

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

このドキュメントの読者は次の項目に関する知識が必要です。

  • Microsoft SQL Server バージョン 6.5

  • Microsoft SQL Enterprise Manager

  • Microsoft Windows NT バージョン 4.0

  • Cisco ICM データベース デバイスを含む、ロガー、ディストリビューター AW、および HDS

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Microsoft SQL Server バージョン 6.5

  • Microsoft Windows NT バージョン 4.0

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

SQLサーバ メモリアロケーション

注: Microsoft SQL Server バージョン 6.5 は 2k ユニットのメモリを割り当てます、従って物理メモリの 4 分の 1 である値を設定して下さい。 Microsoft SQL Server はそれにより物理メモリ(k)の 2 分の 1 を割り当てる 2k ユニットのこの値を計算します。

サーバ メモリアロケーションのためのプロシージャは次の通りです:

  1. Start > Run の順にクリック して下さい

  2. winmsd と入力します。

  3. Memory タブを選択して下さい。

  4. SQL データベースのメモリ値を計算するための物理メモリ(k)のメモを作って下さい。

  5. SQL Enterprise Manager を初期化して下さい。

  6. データベースをメモリ 割り当てのために設定されるために選択して下さい。

  7. データベースを右クリックし、『Configure』 を選択 して下さい。 Server Configuration Options ウィンドウは開きます。

  8. Configuration タブを選択して下さい。

  9. メモリ行にスクロールして下さい。 3 つのカラムがあります: 「最小、最大、実行、および現在のメモリは」割り当てます。

    注: Server Configuration Options 画面の下部のでメモリ 割り当てのための説明があります: 「システムメモリの最大サイズ(2k ユニットで利用可能 な) SQL サーバのために。 これは SQL サーバが」再起動した後実施されます。

  10. 物理メモリ(k)の 1/2 にメモリ 割り当ての値を設定 して下さい。 (WINMSD から注意される)この値は 4 による物理メモリの分割によって計算されます。 次に、例を示します。 4.で合計物理メモリ(k) 1,048,576 を割ることによって求めて下さい。 戻った値は物理メモリ(k)の 1/2 に匹敵する "262,144 (k)」です。

  11. 変更を行ったら、『Apply Now』 を選択 して下さい。

  12. [OK] をクリックします。

  13. ICM サービスおよびサイクル SQL サーバを停止して下さい(SQL サーバ サービスを停止し、再開することによって)。

  14. ICM サービスを再開して下さい。

  15. メモリ 割り当ての再確認に関しては: SQL Enterprise Manager に戻って下さい。

  16. データベースを右クリックし、『Configure』 を選択 して下さい。

  17. Configuration タブを選択して下さい。

  18. 新しいメモリ値が今割り当てられることを確認して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 20536