コラボレーション : Cisco Unified Intelligent Contact Management Enterprise

Windows NT Server Manager を使用してICM サービスをローカルおよびリモートに停止・開始する方法

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Microsoft Windows NT 4.0 Server でサービスをローカルおよびリモートで停止および開始する方法について説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Windows NT Server の管理

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • 任意のバージョンの Windows NT

  • Windows NT で動作する、任意のバージョンの Cisco Intelligent Contact Management(ICM)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

Windows NT 4.0 管理ツールのサーバ マネージャを使用してサービスを停止および開始する方法を知っていれば、ドメイン内の Windows NT サーバまたはワークステーションで以下のタスクをローカル/リモートで実行できます。

  • ICM サービスを調査する

  • ICM サービスを開始する

  • ICM サービスを停止する

Telnet または Symantec pcAnywhere を使用して Windows NT ワークステーションまたはサーバにアクセスできない場合は、サーバ マネージャが役立ちます。

サーバ マネージャを使用して、ローカル/リモート コンピュータを選択し、任意の ICM または Windows NT サービスを開始することができます。 そのようなサービスの例として、CallRouter、ロガー、Distributor Admin Workstation(AW)、Ataman Telnet が含まれます。

制限付き AW では、サーバ マネージャを使用してサービスを停止および開始する必要があります。 これは、ICM Service Control は、制限付き AW 用にバンドルされている機能ではないためです。

サーバ マネージャへのアクセス

ICM Service Control にアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. タスクバーで、[Start] をクリックします。

  2. [Programs] > [Administrative Tools] > [Server Manager] の順に選択します。

    /image/gif/paws/20529/server_manager1.gif

リモート コンピュータでのサービスの選択

サーバ マネージャを開始したら、次の手順を実行します。

  1. コンピュータ名を選択します。

  2. メニュー バーに移動し、[Computer] > [Services...] を選択します。

    //image/gif/paws/20529/server_manager2.gif

サービスの調査、開始、および停止

サービスを調査、開始、および停止するには、次の手順に従います。

  1. 開始または停止を実行するサービスを選択します。

  2. サービスを起動するには、Start をクリックします。

  3. サービスを停止するには、Stop をクリックします。

    /image/gif/paws/20529/server_manager3.gif

結論

これで、Windows NT ドメイン内の任意のコンピュータのサービスを起動および停止できます。 リモートから ICM システムのトラブルシューティングを行う場合に重要になるのは、Ataman Telnetd Server サービスおよび pcAnywhere Host Server サービスです。 これらのサービスを使用することで、Telnet セッションを確立したり、コンピュータ上でリモート クライアント セッションを開始したりできます。


関連情報


Document ID: 20529