コラボレーション : Cisco ICM Router Software

AT&T SS7 Linkset が利用できないかまたはアクセスできない場合

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、「SS7 linkset unavailable(SS7 リンクセット使用不可)」や「SS7 network inaccessible(SS7 ネットワーク アクセス不可)」などの AT&T SS7 Linkset のエラー メッセージの背景と解決方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

Cisco Intelligent Contact Management (ICM)のより古いバージョンでは、ICM 4.1 およびそれ以前が含まれている、Network Interface Controller (NIC)は DOS マシンで動作する一つのプロセスとしておよびゲートウェイは機能します。 ICM 4.2 およびそれ以降 バージョンでは、SS7 ゲートウェイが別途のノードの間、ルータ の ノードで動作する NIC はプロセスです。

Cisco ICM 4.1 およびそれ以前 バージョン

Intelligent Call Processing (ICP)は、AT&T のサービス、Customer Premises Equipment がネットワーク レベルで呼ルーティングに加わるようにします。 ICM CallRouter はコールルーティング要求を受け取り、AT&T SS7 シグナリング ネットワークへの呼ルーティング応答を返すのに ICP を使用します。

ICM の中では、ICP インターフェイスは Network Interface Controller (NIC)と呼ばれる専用コンピュータおよびプロセスとして実装されます。 図 1 NIC と AT&T ICP ネットワーク間の関係を表します。

図 1 – NIC と AT&T ICP ネットワーク間の関係: ICM バージョン 4.1 および それ 以前

no_att_link_set1.gif

ICM が AT&T ICP ネットワークに接続されるとき、ICM は Customer Routing Point (CRP)として考慮されます。 ICM は合わせた場合指揮 転移 点(STP)のペアへの SS7 リンクによって AT&T ネットワークと通信します。 STP はノードと Network Control Point (NCP)間の通信文 の トラフィックを運びます。 NCP は AT&T ネットワークの電話交換機から届く 800番 コール ルーティング 要求を処理する AT&T ネットワーク ノードです。

AT&T NIC は A-links と呼ばれる 2 つの 56 キロビット/秒回線を通してネットワークの STP のペアに ICM CallRouter を接続します。 AT&T は ICP サービスの一部としてこれらのリンクを提供します。 A リンクはペアとして来ます、つまりリンク冗長性が標準機能であることを意味します。 各 A リンクは ICP NIC プラットフォームの SS7 カードで終わります。

Cisco ICM 4.2 およびそれ以降 バージョン

SS7 ゲートウェイは ICM 配備のさまざまな NIC に SS7 ネットワーク接続を提供する ICM ノードです。 すべてのゲートウェイは SS7 メッセージ 転送部 2 (MTP2)、メッセージ 転送部 3 (MTP3)、および SCCP SS7 ネットワーク層を提供します。 いくつかのゲートウェイはまた SS7 および TCAP ユーザの Transaction Capabilities Application Part (TCAP)が層同様に実装されています。

SS7 ゲートウェイはネットワーク インターフェース カード ISA SS7、または PCI クォード SS7 使用できます。 ISA SS7 インターフェイス カードが ICM 6.0 よりバージョン 以降でサポートされないことに注目して下さい。

それぞれは 2 STP (シグナリング 転送点)に接続されること 2 NIC の 2 人のルータが 2 つのゲートウェイにどこに接続されるか図 2 完全な「合わせたペア」設定に示します。 この十分に冗長構成は ICM のあらゆるシングル ポイント障害を ICM の機能に呼び出しをルーティングする影響を与えないで可能にします。

図 2 – NIC と AT&T ICP ネットワーク間の関係: ICM バージョン 4.2 および それ 以降

no_att_link_set2.gif

SS7 ネットワークへの接続を実現させる 1つ以上のシグナリング リンク ヘルプ。 物理リンク インターフェイスの実装はゲートウェイ PC に挿入されるアダプタカードを通ってあります。 ゲートウェイは 1 枚のカードがほとんどのインストールのために十分であるが 2 つまでの PCI SS7 アダプタカードをサポートできます。 各アダプタカードは 4 つのシグナリング リンクを提供し、マシン内の専用 PCI スロットを必要とします。 必要に応じてカード毎に 1 つ、2 つ、3 つか 4 つのリンクを使用できます。

各アダプタカードは V.35 電気インターフェイス上の 4 つの 56 か 64 の Kbit/sec SS7 リンクをサポートします。 ネットワーク(CSU/DSU)から提供されるクロッキングは実際のボーレートを判別します。 4 つの 10 フィート DTEケーブルは各カードに伴います。 各ケーブルは V.35 標準ピン配列の 34 ピン オス型ブロック コネクタで終わります。

問題

AT&T SS7 Linkset は利用できなくまたは得難く、これらのメッセージの Admin Workstation (AW)のモニタ ICR またはアラーム トラッカーに現われます:

  • 利用できない SS7 linkset」

  • 得難い SS7 ネットワーク」

原因

これらのエラーメッセージは通常 AT&T ネットワークでだいたいネットワーク障害が Cisco ICM NIC と AT&T ネットワークの間にある、または直接ことを示します。

解決策

Cisco ICM 4.1 およびそれ以前 バージョン

具体的には、これらのメッセージ の タイプは Cisco ICM NIC が AT&T ネットワークからデジタル クロック パルスを受け取らないことを示します。

手始めとして、コールド ブート問題となる Cisco ICM NIC。 問題が持続する場合、より詳しい調査のための Cisco および AT&T 両方の障害報告票を開いて下さい。

Cisco Technical Assistance Center (TAC)とサービス リクエストを開くか、チェックするか、またはアップデートするためにテクニカル サポートに連絡して下さい。

Cisco ICM 4.2 およびそれ以降 バージョン

具体的には、これらのメッセージ の タイプは Cisco ICM SS7 ゲートウェイが AT&T ネットワークからデジタル クロック パルスを受け取らないことを示します。

手始めとして、コールド ブート問題となる Cisco ICM SS7 ゲートウェイ。 コールド ブート Cisco ICM SS7 ゲートウェイ、より詳しい調査のための Cisco および AT&T 両方の障害報告票を開いた後問題が持続すれば。

Cisco Technical Assistance Center (TAC)とサービス リクエストを開くか、チェックするか、またはアップデートするためにテクニカル サポートに連絡して下さい

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 20514