コラボレーション : Cisco ICM Logger

データベースサーバ (ロガー) プロセス

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック



目次


概要

このドキュメントでは、ロガー データベース サーバが使用するプロセスについて説明します。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

  • Cisco Intelligent Contact Management(ICM)

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco ICM のすべてのバージョンに基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ロガープロセスをキー入力して下さい

Microsoft SQL Server データベース ログからキャプチャ されるすべてのデータ:

  • 自動 着信呼 分配 装置 (ACD) /Voice 応答単位(VRU)システム。

  • 800 番 ネットワーク。

  • CallRouter によってなされるルーティング決定。

ロガーは設計で開いて、顧客の全面的な情報サービス(あります)ネットワークの一部であるように意図されています。 この開いた設計は許可されたユーザがデータベースにアクセスすることを可能にします。

中央データベースは情報のこれらの型が含まれています:

  • 企業のためのすべてのコンフィギュレーション 情報

  • すべてのルーティングスクリプト–顧客がそれらを保存することを希望すればバージョンを過ぎた電流および

  • イベントデータ

  • 呼詳細 データ

  • 5 分要約データ

  • 30 分履歴データ

この表はキー ロガープロセスを説明したものです:

プレフィックス プロセス名 説明
Csfs CSFS 簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)、リモート アクセス サーバー (RAS)およびシリアル イベント フィードのようなさまざまなサービスを用いるカスタマーサービス転送サービス(CSFS)ハンドル通信。
Dtp DTP ロガーからの Cisco Internet Communication Software Group (ICSG) テクニカル アシスタンス センタ (TAC)への顧客サポート データ転送 プロセス(DTP) (電話にダイヤルします)転送イベント。
Lgr LOGGER 中央データベースでシステム全体についての履歴データおよび情報を保存するデータベース 自動 記録器はプロセスです。
Nm NODEMAN Node Manager はプロセスです各 ICM ノードのプロセスを管理し、再起動し、初期化する。
Nmm NMM 各 ICM ノードの Node Manager プロセスを管理し、再起動し、初期化する Node Manager マネージャはプロセスです。
Rcv RECOVERY 中央データベース リカバリは中央データベース 履歴データを回復 します。
Mds MDSPROC Message Delivery Service はプロセスです Cisco ICM プロセス間の信頼できるメッセージ デリバリーを提供する。
SNMP SNMP SNMP 農業相談員は CSFS プロセスからアラームのある特定のイベントが発生するとき SNMPトラップを生成するためにイベント フィードおよび Windows NT SNMP エージェントが付いている通信を受け取ります。
Tysl TESTSYNC これは診察道具です。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 20505