コラボレーション : Cisco ICM Logger

ICM SQL データベースの拡張

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Intelligent Contact Management(ICM)データベースにデータまたはログのための空きスペースを提供するためのデータベースの拡張方法について説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • ICM データベース

  • Cisco Intelligent Contact Management Database Administrator (ICMDBA) ユーティリティ

  • Microsoft 構造化照会言語 (SQL) データベース サイズ変更概念

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • ICM バージョン 4.6.2 以降

  • SQL サーバ バージョン 7.0

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

基本

拡張することを必要とするかもしれないデータベースには 3 つの型があります:

  • Logger

  • Administrative Workstation (AW)

  • Historical Database Server (HDS)

3 つはすべて同じように拡張されます。

ICM はデータベースを処理するのに使用できるユーティリティを ICMDBA 提供します。 ICM バージョン 4.6.2 は SQL サーバ 6.5 および 7.0 をサポートします。 ICM バージョン 5.0 および それ 以降は Sql server 2000 をサポートします。 また Enterprise Manager と呼ばれる Microsoft ユーティリティを使用できます。 どちらかの方式は拡張されたデータベースという結果に終ります。

SQL サーバ 6.5 では、データベースは 1つ以上の論理デバイスから成っています。 SQL サーバ 7.0 では、データベースは 1つ以上の物理ファイルから成っています。 各デバイスかファイルはデータまたはログ領域のような特定のロールは、割り当てられます。 多数のデバイスかファイルが単一 の データベースのために使用されるとき、同じ位置にあるなりません。 これは別の論理的のおよび/または物理ドライブに新しいデバイスかファイルを置くことを可能にするのでデータベースを拡張するとき便利です。

データベースを拡張するとき、既存のデバイスかファイルできます、または新しいデバイスをまたはファイルを作成して下さい拡張。 いずれにしても、データベースに利用可能 な新しい領域があります。

データベースを拡張するとき、目標はデータベースにデータ 空間またはログ領域のためのより多くの余地を与えることです。 両方とも同じように拡張することができます。

ICMDBA の使用の領域を拡張して下さい

データベースを拡張するのに ICMDBA を使用するときユーティリティは必要に応じて自動的にデバイスかファイル構造を作成します。

注: 展開の間に ICM のためのサービスをシャットダウンして下さい。

ICMDBA を実行し、データベースを拡張するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ユーティリティを起動させるために ICMDBA.EXE コマンドを実行して下さい。

  2. 拡張したいと思うマシン、例をおよびデータベースを見つけて下さい。

  3. データベースを右クリックし、『Expand』 を選択 して下さい。

    図 1 – Properties

    expand_sql-1.gif

    Expand ダイアログボックスは開きます。

  4. データをチェックするか、またはコンポーネントの下で展開の種類を選択するために記録 して下さい

    図 2 –拡張して下さい

    expand_sql-2.gif

  5. 利用可能 なドライブの下で展開ドライブの位置を選択して下さい。

  6. Expansion Size フィールドで追加領域(MB)の量を入力して下さい。

  7. [OK] をクリックします。

  8. メニューバーから図 1. Server > Start の順に選択 して下さい

いつEnterprise Manager を使用するか?

データベースを拡張するのに ICMDBA を使用することは容易な間、これらのどちらかが本当である場合 Enterprise Manager を使用することは必要です:

  • ICM サービスに動作を残して下さい。

  • データベースを大幅に拡張しています(15 GB または多く)。

注: SQL サーバ 6.5 に関しては、単一 の デバイスは領域の 16 GB 以上ないはずです。 大きいより 16 GB データベースがある場合多数のデバイスを使用して下さい。 多数のデバイスのためのプロシージャは ICMDBA プロシージャの使用の拡張領域に類似したです。 唯一の違いは作成する必要がある各々の 15 GB デバイスのためのステップを繰り返すことです。 この制限は SQL サーバ 7.0 か Sql server 2000 のためにありません。

SQL Enterprise Manager の使用の領域を拡張して下さい

SQL Server 6.5

デバイスの機能を拡張するためにこれらのステップを完了しま存在 します:

  1. デバイスをダブルクリックしか、またはデバイスを右クリックし、ポップアップメニューから修正するために『Edit』 を選択 して下さい。

    図 3 – SQL Enterprise Manager

    expand_sql-3.gif

    Edit Database Device ダイアログボックスは開きます。

  2. サイズ(MB)値を新しいサイズに増加し、『Change Now』 をクリック して下さい。

    注: Enterprise Manager は利用可能 な ドライブ領域にサイズ(MB)値を制限します、利用可能 な ドライブ領域を超過するために従って値は設定 することができません。

    図 4 –データベース デバイスを編集して下さい

    expand_sql-4.gif

新しいデバイスを作成するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. データベース デバイス フォルダを右クリックし、ポップアップメニューから『New Device』 を選択 して下さい。

    New Database Device ダイアログボックスは開きます。

  2. 名前、Location およびサイズ(MB)を新しいデバイスに割り当て、『Create Now』 をクリック して下さい。

    図 5 –新しいデータベース デバイス

    expand_sql-5.gif

デバイスの機能を拡張しデバイスを作成する割り当て以外名前およびロケーション ステップは、方法の手順同じです。

新しいデバイスが作成されないので存在が非常にきれいな展開であることデバイスの展開。 ただし、それはデバイスが取付けられるドライブで利用可能 な 空き容量に制限します。 従って、別のドライブで利用可能 な領域を利用できません。 それにもかかわらず、それは存在に利用可能 な沢山の領域があることドライブならよいオプションである場合もあります。

デバイスを使用するとき領域を拡張するためにこれらのステップを完了しま存在 します:

  1. SQL Enterprise Manager を起動させて下さい。

  2. Server Manager ウィンドウのサーバを拡張して下さい。

    注: サーバがまだ登録されていない場合、サーバを登録して下さい。

  3. Expand the Database Devices セクション。

  4. デバイス名を拡張し、右クリックしたいと思うデバイスを発見して下さい。

  5. ポップアップメニューから『Edit』 を選択 して下さい。

  6. 新しいサイズにサイズを変更して下さい(たとえば、500 MB から 1000 MB への)。

  7. 『Change Now』 をクリック して下さい。

デバイスが拡張されるかまたは新しいデバイスが作成されるので、データベース自体を拡張して下さい。 次の手順を実行します。

  1. Server Manager ウィンドウの Databases セクションを拡張して下さい。

  2. 拡張されるべきデータベースを右クリックして下さい。

  3. ポップアップメニューから『Edit』 を選択 して下さい。

    Edit Database ダイアログボックスは開きます。

    図 6 –データベースを編集して下さい

    expand_sql-6.gif

  4. 『Expand』 をクリック して下さい。

    Expand Database ダイアログボックスは開きます。

    図 7 –データベースを拡張して下さい

    expand_sql-7.gif

  5. 適切なメニューでちょうど機能を拡張するか、または作成したデバイスを選択して下さい(データ機器はまたはデバイスを記録 します)。

  6. サイズ(MB)フィールドのこのデータベースのために拡張したい新しい領域の量を入力して下さい。

    注: たぶん、利用可能空間すべては使用されます。

  7. 『Expand Now』 をクリック して下さい。

SQL サーバ 7.0 および Sql server 2000

データベースを拡張するためにこれらのステップをコンソールツリーからのその存在完了して下さい:

  1. サーバのためのデータベース フォルダにナビゲート して下さい。

  2. データベースをダブルクリックしか、またはデータベースを右クリックし、ポップアップメニューから修正するために『Properties』 を選択 して下さい。

    図 8 –コンソールルート

    expand_sql-8.gif

    選択したデータベースのための Properties ダイアログボックスは開きます。

  3. データベースのためにデータファイルのサイズを増加するために General タブをクリックするかまたはデータベースのためのトランザクションログファイルのサイズを拡張するために Transaction Logs タブをクリックして下さい。

  4. 、必要に応じて割り当てられる領域を調節し変更を保存するために『Apply』 をクリック して下さい。

    図 9 – Properties

    expand_sql-9.gif

    注: ICM バージョン 4.6.2 および それ 以前は SQL サーバ 7.0 の自動ファイル成長機能をサポートしません。 この機能はデータおよびトランザクションログファイル両方のために無効であるはずです。 この機能をディセーブルにするために成長 File チェックボックスの自動的にチェックを外して下さい。

既存のデータおよびトランザクションログファイルを拡張する不十分なディスクスペースがある場合新しいディスク ドライブはサーバに追加し新しいデータかトランザクションログファイルは新しいディスク ドライブの選択したデータベースのために作成することができます。

新しいデータかトランザクションログファイルを作成するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Properties ダイアログボックスの適切なタブをクリックして下さい。

  2. ブランク 行をあるクリックし、ファイル名、新しいファイルのために(MB)割り当てられるロケーションおよび領域を入力して下さいファイルリストの下で。

  3. 変更を保存するために『Apply』 をクリック して下さい。

ファイルを拡張し新しいファイルを作成する割り当て以外ファイル名およびロケーション ステップは、方法の手順同じです。

あるトランザクションログファイルかデータを使用するとき領域を拡張するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. SQL Enterprise Manager を起動させて下さい。

  2. コンソールツリーのサーバのためのデータベース フォルダにナビゲート して下さい。

    注: サーバがまだ登録されていない場合、サーバを登録して下さい。

  3. 拡張したいと思うデータベースを右クリックして下さい。

  4. ポップアップメニューから『Properties』 を選択 して下さい。

  5. データファイルを拡張するために General タブをクリックするかまたはトランザクションログファイルを拡張するために Transaction Log タブをクリックして下さい。

  6. 新しいサイズにスペースによって割り当てられる(MB)設定を調節して下さい(たとえば、500 MB から 1000 MB への)。

  7. 変更を保存するために『Apply』 をクリック して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 20493