コラボレーション : Cisco Administrative Workstation

IPCC で Peripheral Target ではなく Device Target を使用してください

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 12 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック



目次


概要

このドキュメントでは、Cisco IP Contact Center(IPCC)のエージェントの位置設定のために、以前使用されていた Peripheral Target 設定の代わりに、Device Target を使用する方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

  • Cisco Intelligent Contact Management (ICM) Peripheral Gateway (PG)の問題を解決しサポートする方法

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco ICM バージョン 4.6.2 以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

デバイス ターゲット

IPCC で「周辺装置ターゲットよりもむしろ「デバイスターゲット」、を」、使用して下さい。 Perpheral Target の概念は、IPCC スイートとは直接関係がありません。

従来の レガシー ACD ベースの Cisco Intelligent Contact Manager(ICM)の配備では、Peripheral Target はエージェントを拡張子に結びつけるために使用されます。 ただし、IPCC では、Device Target と呼ばれるパラメータを代わりに使用します。 これは ICM が IPCC 設定の自動 着信呼 分配 装置 (ACD)として動作する、従って実際にエージェントが準である電話(デバイス)を設定しますという理由によります。

IPCC システムは周辺装置ターゲットに呼び出しを提供しません。 その代り、エージェントのためのデバイスターゲットを定義して下さい。 IPCC テレフォニーデバイスに呼び出しを提供する ICM ソフトウェアのために ICM ソフトウェアはデバイスが ICM データベースのデバイスターゲットで設定されることを必要とします。 ICM ソフトウェアはラベルを見つけるのに IPCC エージェントにコールをルーティングするデバイスターゲットを使用します。

Customer Contact Software インデックスページ Cisco ICM ソフトウェア IPCC アドミニストレータ ガイド

ICM フレームワークでは、デバイスターゲットは特定の周辺装置と直接関連付けられません。 This differs from the traditional ACD configuration, where devices typically are associated with a specific peripheral. Instead, device targets are dynamically associated with peripherals during the agent log-in process. エージェントまでのエージェントとデバイスターゲット最後間のアソシエーションは周辺装置からログアウトします。

アソシエーションはエージェントと電話の間でエージェントがログオンする、その時点でエージェントおよび電話(デバイスターゲット)は接続されますまでなされません。

デバイスターゲットを設定して下さい

デバイスターゲットは各々の独自にアドレス指定可能なテレフォニーデバイスのために設定する必要があります。 ICM コンフィギュレーションマネージャでデバイスターゲット エクスプローラをデバイスターゲットを設定するのに使って下さい。

次の手順を実行します。

  1. > エクスプローラ ツール > デバイスターゲット エクスプローラ 『Tools』 を選択 して下さい。 デバイスターゲット エクスプローラー ウィンドウは表示する。

  2. Retrieve をクリックします。

  3. 『Add Device Target』 をクリック して下さい。 デバイスターゲット タブは表示する。

  4. これらのフィールドの関連した値を入力して下さい:

    • name —タイプ ターゲットの企業名。 この名前は企業のすべてのデバイスターゲット間でユニークである必要があります。

    • グローバルアドレス—デバイスのためのグローバルアドレスをタイプして下さい。 これは企業のすべてのその他のデバイス ターゲットからユニークである値に設定 する必要があります。 Cisco は企業名 フィールドで入る同じ値を使用するために推奨します。

    • 構成パラメータ—特定の設定を、入力するのにこのフィールドを使用して下さい(以下を参照):

      • /devtype CiscoPhone

      • /dn (完全な phonenumber) /ext (拡張)

    • description — デバイスの記述をタイプして下さい。 これはデバイスについてのその他の情報を提供するのに使用される Optional フィールドです。

  5. 必須デバイスターゲット 情報を入力した後、『Apply』 をクリック して下さい。


関連情報


Document ID: 20481