コラボレーション : Cisco ICM CTI Server Software

CTI テストガイド

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、デモまたはデバグの目的でインタラクティブな CTI クライアントとして使用することができる、コンピュータ テレフォニー インテグレーション(CTI)テストについて説明します。

CTI テストはまた CTI に関連している問題点の明らかにし、隔離し、解決を助けることができます。 CTI テストはウィンドウの実行が画面の CTI イベントを表示する コンソール プログラムであり。 CTI テストはソケット接続によって CTI サーバに接続します。 プログラムはどちらかをスイッチに発生するすべてのイベント、CTI ブリッジ クライアントアプリケーションである、または単一 エージェントに関係するイベントだけ表示する。 CTI テストにアプリケーション 設定として同じ 設定がある場合、CTI テストプログラムの期待されたイベントおよびスイッチの動作を見ます。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Intelligent Contact Management(ICM)

  • CTI

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、ICM バージョン 4.6.2 以降に基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

CTI テストセットアップ

CTI テストプログラムを開始するために Peripheral Gateway (PG)の Command Line Interface (CLI)を使用して下さい。 CLI は必要となります:

  • CTI サーバの IP アドレス、か PG

  • ソケット番号

  • エージェント ID およびログオン情報

ディレクトリおよびファイル

CTI テストプログラム ファイルを見つけ、CTI サーバをインストールした PG の\ ICR \ビンディレクトリの DLL をトレースできます。 CTI テストプログラム ファイルは ctitest.exe でありトレース DLL は icrmsgs.dll です icrmsgs.dllis が別 の ディレクトリにアクティブなサービス ファイル、これら二つのファイルをコピーするので

設定

CTI テストを設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

注: このセクションの例では、abc はディレクトリおよびファイル セクションが論議する別 の ディレクトリです。

  1. profile — プロファイルを設定して下さい CTI テストに入力として設定でそのサーブ構成されている。

    新しいプロファイルを始めこのコマンドで CTI テストを始めて下さい:

    c:\abc\> ctitest /p profile name
    
    
  2. ホストおよびソケット— CTI テストが接続するソケットおよび CTI サーバを設定して下さい。

    • 設定して下さい Side A CTI サーバ— CTI テスト用の CTI サーバ側 A を設定するためにこのコマンドを発行して下さい:

      c:\abc\> ctitest: config /hostA ctiserver_hostnameA /portA ctiserver_portA
      
      
    • 設定して下さい Side B CTI サーバ—全二重コンフィギュレーションがある場合 CTI テスト用の CTI サーバ側 B を設定するためにこのコマンドを発行して下さい:

      c:\abc\> ctitest: config /hostb ctiserver_hostnameB /portB ctiserver_portB
      
      

      注: この例では、ctiserver_hostnameA および ctiserver_hostnameB は CTI サーバまたは PG Side A および B の IP アドレスかホスト名を表します。 ctiserver_portA および ctiserver_portB は Side A および B のポート番号を表します。

      注: シンプレックス環境では、ヌル値を規定 するのに""を使用して下さい。

  3. プロトコル バージョン— 6 に CTI プロトコル バージョンを設定して下さい:

    c:\abc\> ctitest: config /version 6
    
  4. サービス マスク— 7 にサービス マスクを設定して下さい:

    c:\abc\> ctitest: config /service 7
    
  5. ハートビート— CTI 問題をデバッグする間、ハートビートを消して下さい。

    -1 にハートビートを設定するためにこのコマンドを発行して下さい:

    c:\abc\> ctitest: config /hb -1
    
  6. agent — クライアントモードのための望ましいクライアント イベントを判別するためにエージェントを設定して下さい。

    注: これらのイベントは変わります。 変化は CTI サーバ 環境によって決まります。

    c:\abc\> ctitest: agent /periph peripheral_id /id agentid /password password 
    /ext extension /inst instrument
    
    

    注: このスペース制限による 2 つの行上のコマンド ディスプレイ。

    注: エージェント パスワード要件がログインへない場合、ヌル値を規定 するために""を使用して下さい。 エージェントを/発行して下さいか。 ヘルプのために命じて下さい。

セッションの開始

open コマンドは CTI サーバにソケット接続を行います。 open コマンドは CTI サーバに適切なコマンドをメッセージ コミュニケーションを確立するために発行します。 デフォルトで、CTI テストはセッションがセッションを開くことを開く繰り返し試みますまたはあなたまで密接なコマンドか quit コマンドを発行しますまで。 プログラムは自動的に CTI サーバの失敗の後で反対側に接続するように試みます。 正常に設定を完了した後セッションを開くためにこのコマンドを発行して下さい:

c:\abc\> ctitest: open

CTI テスト設定が正しい場合、これに類似したであるメッセージが現れます:

session #2 opened after 0 ms CCTime 13:52:32 PGStatus NORMAL Peripheral: Online

IF エラーはセッションが開くと発生しましたり、コンフィギュレーションセクション輪郭として CTI テスト設定を、確認します。

ログイン

セッションがうまく開く場合、PG が通信する自動 着信呼 分配 装置 (ACD)に login コマンド ログインを発行できます。 これは login コマンドの構文です:

CTITest: login /? 
usage: agent_login ID PASSWORD [/periph N] [/instrument N] [/reason N] [/position N] 
       [/supervisor N] [/auctoIN] [/manualIN] [/skill N[.pri] [/skill N[.pri]] ...]

ACD の種類および設定を基盤として使用し、正常なログインにこれらのパラメータを提供して下さい。 接続したら、応答しますコールに、転送しますコールを、作りますコールを、会議、等エージェントの状態を変更するために CTI テストを使用できます。

役に立つコマンド

このセクションは CTI テストの頻繁な使用をコマンドのリストに与えます。

コマンド パラメータ
agent_login (ログオン)
ID PASSWORD [/periph n] [/instrument N] [/reason N] 
[/position N] [/supervisor N] [/autoIN] [/manualIN]  
[/skill N[.pri] [/skill N[.pri]] ...]
agent_logout (ログアウト)
[/agentID ID] [/password PASSWORD] [/periph n] 
[/instrument N] [/reason N] [/skill N[.pri] [/skill N[.pri]] ...] 
agent_not_ready (not_ready)
[/agentID ID] [/periph n] [/instrument N] [/reason N] 
[/skill N[.pri] [/skill N[.pri]] ...] 
agent_ready (準備ができた)
[/agentID ID] [/periph n] [/instrument N] [/reason N] [/autoIN] 
[/manualIN] [/skill N[.pri] [/skill N[.pri]] ...]
agent_work_not_ready (要約)
[/agentID ID] [/periph N] [/instrument N] [/reason N] 
[/skill N[.pri] [/skill N[.pri]] ...] 
agent_work_ready (callwork)
[/agentID ID] [/periph N] [/instrument N] [/reason N] 
[/skill N[.pri] [/skill N[.pri]] ...] 
answer_call (返事)
[/periph N] [/callid CALLID.DEVID] [/stack N] 
[/instrument N] 
自動応答して下さい
[/on] [/off]
clear_call (オフ)
[/periph N] [/callid N.devid] [/stack N]
conference_call (CONF)
[/periph N] [/active CALLID.DEVID] [/held CALLID.DEVID] 
[/stack ACTIVE HELD] [/blind DN] [/placement TYPE]  
[/manner TYPE] [/alertRings N] [/callopt TYPE] 
[/TG N] [/SG N] [/authorize code] [/account code] 
consult_call (cc)
DN [/periph N] [/instrument N] [/callid N.devid] 
[/stack N] [/placement TYPE] [/manner TYPE] [/transfer] [/conference] 
[/alertRings N] [/callopt TYPE] [/priority] [/postroute] [/TG N] 
[/SG N] [/authorize code] [/account code]
get_agent_state (状態)
[/periph n] [/instrument N]
get_agent_stats(stats)
[/periph N] [/instrument N] [/ext string] [/id string]
get_skill_stats (sk_stats)
[/periph N] [/skill N] [/skillID N]
hold_call (保持)
[/periph N] [/callid N.devid] [/stack N]
make_call (mc)
DN [/periph N] [/instrument N] [/placement TYPE] 
[/manner TYPE] [/alertRings N] [/callopt TYPE] [/priority] 
[/postroute] [/TG N] [/SG N] [/authorize code] [/account code] 
[keyword=VALUE ...]
リリース
[/periph N] [/callid N.devid] [/stack N]
retrieve_call (取得する)
[/periph N] [/callid N.devid] [/stack N] 
transfer_call (転送)
[/periph N] [/active CALLID.DEVID] [/held CALLID.DEVID] 
[/stack ACTIVE HELD] [/blind DN][/placementTYPE]
[/manner TYPE] [/alertRings N] [/callopt TYPE] [/TG N] [/SG N] 
[/authorize code] [/account code]

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 20474