コラボレーション : Cisco Unified Intelligent Contact Management Enterprise

LongestCallQ を日付タイムスタンプから他の手段へ変換する方法

2011 年 11 月 18 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2005 年 3 月 23 日) | フィードバック



目次

概要
前提条件
      要件
      使用するコンポーネント
      表記法
変換
Cisco サポート コミュニティ - 特集対話
関連情報

概要

この資料は時間の別の測定にSkill_Group_Real_Time表のLongestCallQカラムを変換するために方式を記述したものです。

前提条件

要件

この文書をお読みになる前に以下の情報を通読し、理解して下さい。

  • Cisco Intelligent Contact Management (ICM)データベーススキーマ

  • Microsoft SQLクエリーユーティリティ(クエリアナライザかMicrosoft SQL Serverバージョン6.5のためのMicrosoft SQL Serverバージョン7.0および2000のためのISQL_W)

使用するコンポーネント

この文書の情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づいています。

  • Microsoft Windows NT 4.0およびWindows 2000

  • Microsoft SQL Serverバージョン6.5。 7.0および2000年

  • 6.0までのすべてのCisco ICMバージョン

  • すべてのCisco ICMサーバオペレーションに必要なSQLデータベースが含まれている(自動記録器およびディストリビューターAW)

この文書の情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されています。 この文書で使用するデバイスは、すべて初期(デフォルト)の設定で起動しています。 コマンドが実稼動中のネットワークに与える影響について理解しておいてください。

表記法

文書の表記法の詳細は、「シスコ テクニカル ティップスの表記法」を参照してください。

変換

Skill_Group_Real_Time表のLongestCallQカラムはDateTime値です。 使用されるSQLクエリーの時間の別の測定に値をキャプチャするのにこのようにこの値を変換できます:

select datediff (<time>, LongestCallQ, getdate()) from Skill_Group_Real_Time

<時間の代わりに>、時間、またはミリ秒のようなデータが、ほしいと思う時刻形式をタイプして下さい。

getdate()パラメータはクエリーが実行されるサーバの現在の日付と時間とLongestCallQ値を比較します。 またRoute_Real_TimeおよびService_Real_Time表とこのクエリーを使用できます。 これらの表はすべてのディストリビューターAdmin Workstationデータベースにあります。

これはまたCall_Type_Real_TimeおよびAgent_Real_Time表のRouterLongestCallQに適用します。

注: 自動記録器およびヒストリカルデータサーバ(HDS)データベースにこれらの表がありますが、空です。 ディストリビューターAdmin Workstationのデータベースだけこれらの表で実際にリアルタイムデータを保存します。

Cisco サポート コミュニティ - 特集対話

Cisco サポート コミュニティでは、フォーラムに参加して情報交換することができます。現在、このドキュメントに関連するトピックについて次のような対話が行われています。


関連情報