コラボレーション : Cisco ICM Peripheral ゲートウェイ

CMS/MAPD のトラブルシューティング

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Call Management System(CMS)および Multi-Application Platform on Definity(MAPD)でよく発生する多くの問題を特定し解決するのに必要な時間を短縮する、情報および手順を説明します。

要件

前提条件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • CMS

  • Cisco Intelligent Contact Management(ICM)

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco ICM バージョン 4.6.2 以降

  • Avaya 自動呼分散(ACD)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

CMS - 簡潔な説明

CMS は Peripheral Gateway (PG)に CMS イーサネット接続によってリアルタイム エージェント ログオンおよびログアウトと非 ACD 関連のエージェントの状態 データのスナップショットを提供します。 各 Peripheral Interface Manager (PIM)に単一 CMS レポートが必要となります。 たとえば、単一 Definity Enterprise Communications Server (ECS)に接続される二重にされた PG は 2 つの CMS レポートを必要とします。 1 つのレポートだけ Definity ECS ACD ごとに、いつでも動作しています。

CMS に関する問題

このセクションは CMS が設定されているとき Avaya Definity G3 スイッチを解決しているときチェックするために複数の項目をカバーします。

ネットワーク接続をチェックして下さい

テキストエディタを使用してホストファイルを開いて下さい。 ホストファイルは C:\WINNT\system32\drivers\etc\hosts で見つけることができます。 CMS デバイスのホスト名および IP アドレスを両方得、IP アドレスを使用している CMS デバイスに接続する PG の Telnetセッションか DOS プロンプトから ping することを試みて下さい。 CMS デバイスを ping できなければ解決される必要があるネットワーク接続問題があります。

要求は示す値をです切断された ネットワーク接続の現象時間を計りました:

C:\> ping 194.234.25.11

!--- Use the IP address of the CMS device.

   Pinging 194.234.25.11 with 32 bytes of data:
   Request timed out.
   Request timed out.
   Request timed out.
   Request timed out.

ホスト名が正しいことを確認するために IP アドレスの代りにホスト名によって ping することを試みて下さい。

その他の情報に関しては、Pingユーティリティ 使用方法を参照して下さい。

ネットワークの断線がどこに見つけられるか判別するのに使用されるもう一つのコマンドが tracert コマンドです。 このコマンドはまたコマンド プロンプトで動作します:

C:\> tracert 194.234.25.11

!--- Use the IP address of the CMS device.

その他の情報に関しては、Using the Trace Route Utility を参照して下さい。

タイムアウトエラーをチェックして下さい

タイムアウトエラーは、時間の遅れによって、ping コマンドからの直接的な応答、また IPネットワーク問題の徴候である場合もあります:

C:\> ping 194.234.25.11
   Pinging 194.234.25.11 with 32 bytes of data:
   Reply from 194.234.25.11: bytes=32 time<10ms TTL=128
   Reply from 194.234.25.11: bytes=32 time<123ms TTL=128
   Reply from 194.234.25.11: bytes=32 time<175ms TTL=128
   Reply from 194.234.25.11: bytes=32 time<68ms TTL=128

CMS リアルタイム供給はダウンしているまたは ASAIリンク 0 失敗は検出すること、プロセス ウィンドウか PIM ログファイルで PG で明らかに示す、動作する ECS PIMプロセス。

CMS デバイスが Real-Time Adherence (RTA)レポートを送信 しなければ PG の ECS PIMプロセスはアクティブになることができません; ECS PIMプロセスは絶えず CMS デバイスから RTA レポートを受け取るまで再起動することを試みます。 顧客は頻繁に CMS レポートが CMS PC から表示されるとき、この問題の種類に気づいていません。 この時点で、CMS レポートが停止し、開始する CMS PC は顧客か Avaya サポートから停止し、開始する必要があります。 これはバックアップが完了するとき顧客が CMS バックアップをする頻繁に起こり、RTA レポートを停止し、開始することを忘れていますとき。

Event ID 表を参照して下さい。

PG の CMSTypicalRefreshRateSec が Avaya Definity G3 の同じ時間設定と一致することは非常に重要です。 優先 する設定は 10 秒です。 この設定のミスマッチにより CMS はランダムにダウン状態になります場合があります。 PG 側のこの設定はこれらのキーの 1 つのレジストリで見つけることができます:

ICM 4.6.2 \ HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\ Icr connecting_GeoTel_ICR 接続\ ICR \ <cust_inst> \ <pg_inst> \ PG \ CurrentVersion \ PIMS \ <pim_inst> \ ATTData:
5.x およびそれ以降 \ HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\シスコシステムズ、株式会社\ ICM \ <cust_inst> \ <pg_inst> \ PG \ CurrentVersion \ PIMS \ <pim_inst> \ ATTData:

それらのキーはスペース制限による 2 つの行に表示する。

Avaya 側のこのフィールドの設定は Avaya サポートによって行う必要があります。

これは Definity ECS が設定されるとき本当である必要があります:

  • Basic Rate Interface (BRI) Adjunct Switch Application Interface (ASAI) リンクに関しては、Terminal End Indicator (TEI)値は 3.です。

  • Definity LAN か MAPD に関しては、TEI 値は 1.です。

MAPD - 簡潔な説明

Avaya Definity スイッチにプラグインされる MAPD はカードです。 Call Visor LAN (CVLAN) サーバソフトウェアはそれで動作し、スイッチと PG 間の ASAIリンクを設定することを使用します。 最も頻繁に、リンクは PG として同一LANセグメントにあります。

のは完全に Avaya によってサポートされる Avaya 製品です。

問題は MAPD カードと関連付けられますか。

Avaya は ASAIリンク上の Definity ESC PG からの MAPD カードへの接続をテストする ASAI_TEST と呼ばれるユーティリティを Cisco に与えます。 テスト障害はトラブルが MAPD カードとあること、そしてカードがリセットされる必要があることを示します。 最も頻繁に、カードはこれらの方法の 1 つの Avaya オンサイト サポートによってリセットされます:

  • ソフトウェアによる再始動。

  • カードの背部の Reset ボタンを押して下さい。

これは方法の例 MAPD 接続をテストするのに ASAI_TESTユーティリティを使用するです:

C:\icm\bin> asai_test -m hostname or ipaddress node_id


!--- The node_id is a value from 1 to 8.

MAPD カードのためのホスト名および IP アドレスはホスト 表で見つけることができます。

その他の情報に関しては、ASAI_TESTユーティリティを使用して参照して下さい。

これはホスト名 amexphxg3 を用いるテスト接続 の 成功の例です:

C:\icm\bin> asai_test -m amexphxg3 1
Heartbeat with switch for ASAI node signal01 was successful.

これは IP アドレス 172.62.2.1 との壊れるテスト接続の例です:

C:\icm\bin> asai_test -m 172.62.2.1 1
Open of ASAI communication path for ASAI node signal01 failed.
  :Error messages not available
  open failed errno= 2
  Heartbeat test with switch for ASAI node signal01 failed.

CMS および ASAI障害と関連付けられる関連 Microsoft Event Viewer アプリケーションログ エラーコードに関しては Event ID 表を参照して下さい。 PG の Microsoft Event Viewer にアクセスするために次の手順に従って下さい:

  1. Start > Programs > Administrative Tools (Common) > Event Viewer の順に選択 して下さい。

  2. Event Viewer メニューから File > Open Log File の順に選択 して下さい。

  3. 『CMS/MAPD』 を選択 して下さい。

その他の情報に関しては、NT イベント ビューアはであるもの参照して下さい

Microsoft イベントビューアのアプリケーション・ログ・エラー・コードにCMS およびASAI関連のエラーが記録される問題

Microsoft Event Viewer によって生成される MAPD およびこの表は CMS に関するエラーコードの定義を提供したものです:

イベント ID カテゴリ
49275 検出する ASAI link0 失敗。 コールバイザー ASAI はステータスを報告します: 0」と入力します。
49246 非アクティブな ASAIリンクの必須最小番号(1)。
32791 エラーによるクライアント PIM1 停止。
63 Side A PIM1 プロセス。
49193 ASAIリンク 0 をアクティブにすることが不可能。
49240 CMS エージェント リアルタイム供給 #0 データ タイムアウト。
16387 CMS データ(0)処理された無効 CMS レコード。
49134 CMS をアクティブにすることが不可能。
49157 CMS エージェント リアルタイム供給 #1 はダウンしています。


関連情報


Document ID: 20467