コラボレーション : Cisco Unified Intelligent Contact Management Enterprise

キル ユーティリティの使用方法

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

キル ユーティリティを使用すると、Telnet セッションの Cisco Intelligent Contact Management(ICM)プロセスを終了できます。 終了は、Microsoft Windows NT のタスク マネージャを使用してプロセスを終了するのと同じ方法で行われます。

Telnet に関する詳細については、リモートCisco ICM ターミナルでのユーティリティを実行するためのTelnet の使用を参照して下さい。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Kill ユーティリティを使用して下さい

どのプロセスを終えたいと思うか Kill ユーティリティを使用するために、最初に判別して下さい。 プロセスを判別する方法に関する詳細については pstat コマンドを使用して参照して下さい。 findstr コマンドに関する詳細については、findstr コマンドを使用する方法を参照して下さい。

この例では、OPCTest ユーティリティは正しく閉じられませんでした:

/image/gif/paws/20431/48a.gif

利用可能 な オプションは Kill ユーティリティと使用するために次のとおりです:

オプション 定義
-f 強制プロセス キル
pid 止めるべき tlist (task list) コマンドが提供するプロセスのプロセス ID
パターン タスク 名およびウィンドウのタイトルと一致するべきタスク 名か正規表現 パターンを完了して下さい


関連情報


Document ID: 20431