コラボレーション : Cisco ICM Router Software

Cisco ICM rttest ユーティリティ

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、ICM コール ルータのさまざまなパラメータを表示、設定できる Cisco Intelligent Contact Management(ICM)rttest ユーティリティを説明します。 次の 3 つの方法のうちいずれかを使用して rttest ユーティリティを実行できます。

  • Cisco ICM コールルータノードの 1 つのコマンド プロンプトから直接

  • Cisco ICM コールルータノードの 1 つへの Telnetセッションから

  • pcAnywhere を使用してコマンド プロンプトから Cisco ICM コールルータノードの 1 つへの

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco ICM

  • TCP/IP Telnet ユーティリティ

  • Symantec pcAnywhere

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • すべての Cisco ICM バージョン

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

rttest の実行方法および解読方法

/help または/入力して下さいか。に先行しているコマンド プロンプトで rttest。 これは構文使用方法文を与えます。 次に、例を示します。

c:\icr\cicr1\ra\logfiles>rttest /?
Version: Release 4.0, Build 04624
Usage: rttest [/f InputFile] [/system SystemName]
[/cust Customer]
[/node ICRNode] [/pipe OutputPipe] [/debug] [/stop] [/help] [/?]

rttest 呼び出すために必要なコマンド・ライン オプションは次のとおりです:

/cust 顧客 顧客が 3 才、4 才、または 5 文字頭字語であるところ ICM カスタマー インスタンスを示します。 ICM サーバ 命名規則を参照して下さい。
/node ICRNode ICRNode がルータ A またはルータ B であるところ rttest ルータによって動作するため。 ICM サーバ 命名規則を参照して下さい。

  1. rttest a を実行しましたり、入力しますか。 またはすべての利用可能 な rttest コマンドをリストする rttest プロンプトのヘルプ

  2. rttest コマンドが動作する場合、すぐに ICM システム全体のリアルタイム ステータスを調べることができます。

  3. rttest プロンプト、型ステータス

  4. rttest プロンプトで『Enter』 を押して下さい。

  5. ステータス ディレクティブは各 ICM セントラルサイト プロセス、ICM Peripheral Gateway (PG)サーバおよびサード パーティ 自動 着信呼 分配 装置 (ACD)および Voice Response Unit (VRU) 周辺装置の現在のステートを戻します。

    c:\> rttest /cust csco /node routera
    rttest:
    rttest: status
    Router Version: Release 2.5 (service pack 2), Build 03134
    Release Date:   12/23/98 13:30:08
    Current Time:   03/17 16:00:42
    Local Time:     03/17 11:00:42 (-5.0 hr)
    Router Up:      02/21 01:01:45 (24.6 day)
    Router Sync:    03/11 11:06:20 (6.2 day) (A->B)
Process LastStateChange LastHeartBeat
agi
cic
csfs わかりました M- 03/06 11:10:20 (11.2 日)
dba わかりました MH 03/06 11:10:20 (11.2 日) 03/17 16:00:12 (30 秒)
dBW
lgr わかりました MH 03/06 11:10:20 (11.2 日) 03/17 16:00:17 (25 秒)
rcv わかりました M- 03/06 11:10:20 (11.2 日)
rtr わかりました MH 03/06 11:10:20 (11.2 日) 03/17 16:00:15 (27 秒)
rts わかりました MH 03/06 11:10:20 (11.2 日) 03/17 16:00:19 (23 秒)
tsyr わかりました M- 03/06 11:10:20 (11.2 日)
B agi
B cic
B csfs わかりました M- 03/11 11:08:34 (6.2 日)
B dba わかりました MH 03/11 11:07:02 (6.2 日) 03/17 16:00:38 (4 秒)
B dBW
B lgr わかりました MH 03/11 11:08:36 (6.2 日) 03/17 16:00:17 (25 秒)
B rcv わかりました M- 03/11 11:08:35 (6.2 日)
B rtr わかりました MH 03/11 11:07:03 (6.2 日) 03/17 16:00:15 (27 秒)
B rts わかりました MH 03/11 11:07:02 (6.2 日) 03/17 16:00:29 (13 秒)
B tsyr わかりました M- 03/11 11:07:02 (6.2 日)

コントローラ LastStateChange LastHeartBeat
ATT_NIC_1,128 CFO 03/06 11:10:22 (11.2 日) 03/17 16:00:39 (3 秒)
ATT_NIC_2,129 CFO 03/11 11:07:05 (6.2 日) 03/17 16:00:34 (8 秒)
CA_PG9,9 CFO 03/17 04:42:31 (11.3 時間) 03/17 16:00:31 (11 秒)
FL_PG7,7 CFO 03/11 10:30:16 (6.2 日) 03/17 16:00:32 (10 秒)
GA_PG6,6 CFO 03/12 10:50:43 (5.2 日) 03/17 16:00:29 (13 秒)
IA_PG5,5 CFO 03/11 11:29:27 (6.1 日) 03/17 16:00:32 (10 秒)
NY_PG3,3 CFO 03/11 16:31:36 (5.9 日) 03/17 16:00:38 (4 秒)
TX_PG4,4 CFO 03/11 16:33:37 (5.9 日) 03/17 16:00:38 (4 秒)
VA_PG1,1 CFO 03/13 22:18:32 (3.7 日) 03/17 16:00:33 (9 秒)
VB_PG2,2 CFO 03/16 23:31:31 (16.4 時間) 03/17 16:00:32 (10 秒)

周辺装置 LastStateChange LastHeardFrom
CA_PG9 COS 03/17 04:42:38 (11.3 時間) 03/17 16:00:40 (2 秒)
FL_PG7 COS 03/11 10:30:18 (6.2 日) 03/17 16:00:40 (2 秒)
GA_PG6 COS 03/16 06:21:18 (33.6 時間) 03/17 16:00:41 (1 秒)
IA_PG5 COS 03/11 11:29:30 (6.1 日) 03/17 16:00:40 (2 秒)
NY_PG3 COS 03/11 16:31:42 (5.9 日) 03/17 16:00:41 (1 秒)
TX_PG4 COS 03/11 16:37:53 (5.9 日) 03/17 16:00:34 (8 秒)
VA_PG1 COS 03/13 22:18:40 (3.7 日) 03/17 16:00:41 (1 秒)
VB_PG2 COS 03/16 23:31:33 (16.4 時間) 03/17 16:00:41 (1 秒)

ステータス 出力の 3 つのメイン セクションはプロセス、コントローラおよび周辺装置です。

ステータス 出力の最初のカラムのプロセスと分類される最初のセクションは各 ICM セントラルサイト プロセスのステータスを表示します。 1 つの ICM セントラルサイトは ICMコール ルータおよび ICM データベース 自動 記録器で構成されています。 ほとんどの場合、2 つの ICM セントラルサイトが-冗長性のための sideA および sideB あります。

最初に、概要はルータ バージョンおよびビルド日付のような表示する。 それから、これらの追加統計情報は表示する:

現在の時刻 これは世界標準時(UTC)です。 ほとんどの通信機器は共通 の 時間参照として UTC 時間を使用します。
現地時間 これは Cisco ICM 呼び出しルータの時間帯設定によって判別されるように ICM 現地時間、です。
ルータ これはずっと Cisco ICM 呼び出しルータ 機能が作動中どの位であるかです。
ルータ同期化 これは Cisco ICM 呼び出しルータのどの側が最後に反対側への状態転送を送信 したか示します。

3 つのカラムに分けられるプロセス ステータスは次にあります: プロセス、LastStateChange および LastHeartbeat。 プロセスは ICM セントラルサイト プロセスです。

LastStateChange は複数のフィールドが含まれています:

OK プロセスを正常に稼動しています示します。
M プロセスを同期しておくのに Message Delivery Service 独自の(MD)プロトコルが使用されている Cisco を示します。
H プロセス送信を示し、MD プロトコルを使用して内部 ハートビート メッセージを受け取ります。
日付 現在の日付。
時刻 現在の現地時刻。
稼働時間 かっこで表示する、これはプロセスによってが現在のステートにあった時間いっぱいです。
LastHeartBeat プロセスが MD ハートビートを送信 し、受け取る場合、この値はプロセスによって送信 されるか、または受け取った最後のハートビートのタイムスタンプです。

ステータス 出力の最初のカラムのコントローラと分類される第 2 セクションは Cisco ICM PG サーバのステータスを表示します。

コントローラは ICM Config Manager で定義されたようにコントローラ(ICM PG)の名前です。

LastStateChange は複数のフィールドが含まれています:

C ICM PG サーバを正常にダウンロードしました ICMコール ルータから設定を示します。
F ICM PG を申し分なく設定されます示し、設定は有効です。
O ICM PG をで、オンライン ICMコール ルータと通信します示します。
日付 現在の日付。
時刻 現在の現地時刻。
稼働時間 かっこで表示する、これはプロセスによってが現在のステートにあった時間いっぱいです。

カラムの 1 周辺装置と分類される第 3 セクションは ACD および VRU デバイスのようなサード パーティ周辺装置のためのステータスを表示します。

周辺装置は Configure ICR で定義されたように周辺装置の名前(ACD か VRU)です。

LastStateChange は複数のフィールドが含まれています:

C 周辺装置を ICM PG と通信するために正しく設定されます示します。
O 周辺装置をですオンライン示します、たとえば、ICM PG の通信は確立されました。
S たとえば、エージェントおよびコールデータが ICM PG に送られることを周辺装置が稼働中であることを示します。
日付 現在の日付。
時刻 現在の現地時刻。
稼働時間 かっこで表示する、これはプロセスによってが現在のステートにあった時間いっぱいです。
LastHeardFrom 日付、時間および時間いっぱいので ICM PG への周辺装置最後の送信 された 有効なデータ。

rttest を使ったICM コール・ルータ・ トレースの調査

debug コマンドが発行されれば、1つ以上のトレース オプションによって続かれて rttest の内の特定のトレース レベルを有効にすることができます。 それぞれ Trace エントリはルータログでそれから表示することができます。

たとえば、デバッグ /route コマンドが rttest 内から発行されれば、トレースはつきます。 これは示します:

  • Dialed Number (DN)

  • 自動番号識別(ANI)

  • Caller Entered Digits (CED)、もしあれば

  • 搬送ネットワークに戻る ICM ルーティング ラベル

rttest /debug についてはすべての可能性を、rttest プロンプトで見ることは、debug/?を発行します 示されているコマンド:

rttest: debug /?
Usage: debug_control [/realtime] [/5minute]
[/agent] [/config] [/route]
[/halfhour] [/rcmeter] [/expr] [/select] [/dupadd]
[/failpgerror] [/symbol] [/tranroute] [/datain]
[/delivery] [/cic] [/admin] [/pervarsumm] [/pervardetail]
[/expform] [/vru] [/callq] [/activepath] [/all] [/help]
[/?]

すべての ICM プロセスは Dumplog ユーティリティと表示することができるログファイルにディフォルト レベル の トレーシングを書きます。 詳細については、Dumplog ユーティリティを使用する方法を参照して下さい。

注:

  • 特定のトレース レベルが有効に なるとき、対応する詳細はログファイルディレクトリにルータログファイルに書かれます。

  • デフォルト 個々のログファイル サイズは 99k です。

  • 既定の集計ログファイルのサイズは 600k です。

  • ルータ トレースが余りに高く設定される場合、個々のログファイルは-コール音量が高い場合すぐにラップします-可能性としては分以内に。

    • この場合時間が非常に小さいので、多くのデータがキャプチャ することができません。

    • これを回避するために、ルータログファイル キャパシティは少数の Microsoft Windows NT レジストリ 設定が変わる場合高めることができます。

注: ログファイル キャパシティを高める前に利用可能 な ディスクスペースが十分あることを確かめて下さい。

Windows NT レジストリを入力するため:

  1. コマンド プロンプトから、regedt32 コマンドを発行して下さい。

  2. 利用可能 な ディスクスペースがチェックされた後、これら二つのレジストリ 設定はより大きいルータログファイルを可能にするために変更することができます:

注: 値は 16 進法でデフォルトで表示する。 ベース 10 値を調べるために Decimalオプション・ボタンをクリックして下さい。

\\.\software\geotel\icr\csco\routera\ems\currentversion\library\
  processes\rtr\EMSAllLogFilesMax 
\\.\software\geotel\icr\csco\routera\ems\currentversion\library\processes\
  rtr\EMSLogFileMax

注: これらの値はスペース制限による複数の回線で表示する。

最初のパラメータは、EMSAllLogFilesMax、ルータがすべてのログファイルのために結合した割り当てるディスクスペースの最大量を規定 します。

第 2 パラメータは、EMSLogFileMax、ルータが各ログファイルに割り当てる最大サイズを規定 します。 たとえば、20 mg への設定 された EMSAllLogFilesMax、および 2 mg への EMSLogFileMax が、ルータ結局 10 以下のファイルを作成しなければ、2 以下 mg であるそれぞれ。

rttest のデバッグトレースの消去

ルータログを調べたら、それはトラブルシューティングを行うのに追加されたすべてのトレースをディセーブルにする好ましい習慣です。

これは示されているように rttest コマンド/noall ディレクティブと、達成されます:

c:\icr\cd\ra\logfiles>rttest /cust cd /node routera
RTTEST Release 4.0 service pack 3, Build 04959

rttest: debug /noall

rttest セッションの終了

終えられたとき rttest セッションをやめることは非常に重要です。 余りにも多くの rttest セッションがバックグラウンドに動作を残っている場合、システム リソースは流出し、呼ルーティングは不利に影響を受けます。

rttest: quit

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 20428