コラボレーション : Cisco ICM Peripheral ゲートウェイ

OPCTest のコマンドライン ユーティリティの使用

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Open Peripheral Controller(OPC)Test(opctest)コマンドライン ユーティリティでは、Cisco Intelligent Contact Management(ICM)ペリフェラル ゲートウェイ(PG)OPC プロセスのさまざまなパラメータを表示し、設定することができます。 Microsoft Windows OS コマンド プロンプトまたは Telnet セッションから opctest を実行できます。

PC でまたは pcANYWHERE を通してコマンド プロンプトを、使用して下さい。 コマンド プロンプトの使用はデータ列が頻繁に多くを示すのでよりよいですより Telnet 示すことができる。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

opctest 実行して下さい

opctest 開始するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. opctest /cust custname /node ICM ノードネーム コマンドを発行して下さい。

    custname は顧客名を示し、ICM ノードネームはノードネームです。 例は opctest /cust abc /node pgx です。

  2. opctest/発行して下さいか。 コマンド プロンプトで命じて下さい。

    このコマンドは opctest 実行の情報を示したものです。

  3. opctest 開始した後、型ヘルプまたはか。 すべての利用可能なコマンドのリストを表示するために。

    もっとも一般的な コマンドは PG の健全性および状態を表示するステータスです。

出力例はここにあります:

C:\> opctest /?
Version: Release 4.0, Build 04624
Usage: opctest [/f InputFile] [/system SystemName] [/cust Customer]
               [/node ICRNode] [/pipe OutputPipe] [/debug] [/stop] [/help] [/?]

図 1 status コマンドのためのより詳しい出力を示します:

図 1 — OPCTest ステータス 出力

/image/gif/paws/20418/30a.gif

ICM バージョン 4.1 では、Peripheral Gateway Agent (PGAgent)セクション現在のアクティブ な 側面のためのディスプレイ接続時間だけ。 この例では、PG5B の PGAgent はアクティブ な 側面です。 PG5A はアイドル状態です:

PGAgent     LastStateChangeTime        ConnectATime             Status     ConnectBTime           Status
SideA   P-- 02/01 11:50:23 (3.2 hr)                            IDLE AGENT                         IDLE AGENT
SideB   PIA 02/01 11:48:54 (3.2 hr)    02/01 11:48:54 (3.2 hr) CONNECTED  02/01 11:48:54 (3.2 hr) CONNECTED

opctest コマンド

ヘルプまたはか。 opctest コマンド プロンプトで利用可能なコマンドのリストを表示するために。

いくつかの opctest コマンドは、List_Agents および List_Trunk_Group のような、1つ以上の追加コマンド ライン スイッチを必要とします。 Type コマンド名前/か。 適切 な 構文を得るため。 次に例を示します。

opctest: la
list_agents: Error for PeripheralID: Missing argument.

opctest: la /?
Usage: list_agents PeripheralID [/agent AgentID] [/state AgentState]
                   [/group SkillGroupID] [/agpri SkillGroupPriority] [/logout]
                   [/help] [/?]

opctest: la 5004
SkillGroup=     0 Pri= 0 ----- LoggedOn=23 Avail=0 NotReady=4 Ready=19 TalkingIn=16
                        TalkingOut=0 TalkingOther=3 WorkRdy=0 WorkNRdy=0 Busy=0
Reserved=0 Hold=0
SkillGroup=     1 Pri= 0 ----- LoggedOn=9 Avail=0 NotReady=1 Ready=8 TalkingIn=7
                        TalkingOut=0 TalkingOther=1 WorkRdy=0 WorkNRdy=0 Busy=0
Reserved=0 Hold=0
SkillGroup=     2 Pri= 0 ----- LoggedOn=25 Avail=0 NotReady=4 Ready=21 TalkingIn=20

opctest: ltg
list_trunk_groups: Error for PeripheralID: Missing argument.

opctest: ltg 5004
 Perph#   SkTargetID NTGSkTargetID NumTrunks  LastHHU       Tracing  Ext
 ConfigParam
      0      5057       5005            -1   02/01 14:30:00    0
      1      5058       5005            -1   02/01 14:30:00    0
      2      5059       5005            -1   02/01 14:30:00    0
      3      5060       5005            -1   02/01 14:30:00    0
      4      5061       5005            -1   02/01 14:30:00    0
      5      5062       5005            -1   02/01 14:30:00    0
      6      5063       5005            -1   02/01 14:30:00    0
      7      5064       5005            -1   02/01 14:30:00    0
      8      5065       5005            -1   02/01 14:30:00    0
      9      5066       5005            -1   02/01 14:30:00    0
     10      5067       5005            -1   02/01 14:30:00    0
     12      5010       5005            -1   02/01 14:30:00    0
     13      5011       5005            -1   02/01 14:30:00    0
     14      5068       5005            -1   02/01 14:30:00    0

デバッグ情報

opctest の内の特定のデバッグを有効にするために debug コマンドを発行して下さい。 debug コマンドはトレースの上の回転によってデバッグ制御を有効に します。 デバッグ制御の enablement は OPC プロセスのためにレジストリかターンアップを EMSTraceMask 調節する場合はるかに有効よりです。 デバッグ制御の enablement は追加トレースを必要とする OPC の方のトレースの上で回ります。 OPC Event Management System (EMS) ログファイルのトレース結果ディスプレイ。 EMS ログの出力を表示するために dumplog を使用して下さい。 詳細については Dumplog ユーティリティを使用する方法を参照して下さい。

次に例を示します。

opctest: debug /?
Usage: debug_control [/realtime] [/agent] [/halfhour] [/rcmeter] [/routing]
                     [/skillgroup] [/closedcalls] [/cstaecr] [/cstacer]
                     [/pimmsg] [/ctimsg] [/rcmsg] [/dmpmsg] [/icmsg] [/opcmsg]
                     [/mdsmsg] [/pdmsg] [/inrcmsg] [/passthru] [/tpmsg]
                     [/physctrlr] [/periph] [/all] [/help] [/?]

変換ルートに関する問題を解決する必要がある場合デバッグ /routing コマンドを発行して下さい。

解決することを終わるときすべての OPC トレーシングを消すために /noall スイッチを使用して下さい。 トレースを出て来られて残す場合、パフォーマンス問題は生じる場合があります。

終了およびやめられた opctest

OPCTest ユーティリティを終了するために quit コマンドを発行して下さい。

注意 注意: exit_opc コマンドを発行するとき注意して下さい。 このコマンドは二重にされた場合 PG の両側で終了するように OPC プロセスに指示したものです。 Node Manager は再起動するためにプロセスを強制します呼び出しルータのための設定のリロードを強制する。 すべての内部 周辺装置およびエージェントの状態はフラッシュされます。 それから、OPC および Peripheral Interface Manager (PIM)は PG および設定を学び直します。


関連情報


Document ID: 20418