コラボレーション : Cisco ICM Peripheral ゲートウェイ

OPCTest のコマンドライン ユーティリティの使用

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Open Peripheral Controller(OPC)Test(opctest)コマンドライン ユーティリティでは、Cisco Intelligent Contact Management(ICM)ペリフェラル ゲートウェイ(PG)OPC プロセスのさまざまなパラメータを表示し、設定することができます。 Microsoft Windows OS コマンド プロンプトまたは Telnet セッションから opctest を実行できます。

注: PC でまたは pcANYWHERE を通してコマンド プロンプトを、使用して下さい。 コマンド プロンプトの使用はデータ列が頻繁に多くを示すのでよりよいですより Telnet 示すことができる。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

opctest 実行して下さい

opctest 開始するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. opctest /cust custname /node ICM ノードネーム コマンドを発行して下さい。

    注:  custname は顧客名を示し、ICM ノードネームはノードネームです。 例は opctest /cust abc /node pgx です。

  2. opctest/発行して下さいか。 コマンド プロンプトで命じて下さい。

    このコマンドは opctest 実行の情報を示したものです。

  3. opctest 開始した後、型ヘルプまたはか。 すべての利用可能なコマンドのリストを表示するために。

    もっとも一般的な コマンドは PG の健全性および状態を表示するステータスです。

出力例はここにあります:

C:\> opctest /?
Version: Release 4.0, Build 04624
Usage: opctest [/f InputFile] [/system SystemName] [/cust Customer]
               [/node ICRNode] [/pipe OutputPipe] [/debug] [/stop] [/help] [/?]

図 1 status コマンドのためのより詳しい出力を示します:

図 1 — OPCTest ステータス 出力

/image/gif/paws/20418/30a.gif

注: ICM バージョン 4.1 では、Peripheral Gateway Agent (PGAgent)セクション現在のアクティブ な 側面のためのディスプレイ接続時間だけ。 この例では、PG5B の PGAgent はアクティブ な 側面です。 PG5A はアイドル状態です:

PGAgent     LastStateChangeTime        ConnectATime             Status     ConnectBTime           Status
SideA   P-- 02/01 11:50:23 (3.2 hr)                            IDLE AGENT                         IDLE AGENT
SideB   PIA 02/01 11:48:54 (3.2 hr)    02/01 11:48:54 (3.2 hr) CONNECTED  02/01 11:48:54 (3.2 hr) CONNECTED

opctest コマンド

ヘルプまたはか。 opctest コマンド プロンプトで利用可能なコマンドのリストを表示するために。

いくつかの opctest コマンドは、List_Agents および List_Trunk_Group のような、1つ以上の追加コマンド ライン スイッチを必要とします。 Type コマンド名前/か。 適切 な 構文を得るため。 次に例を示します。

opctest: la
list_agents: Error for PeripheralID: Missing argument.

opctest: la /?
Usage: list_agents PeripheralID [/agent AgentID] [/state AgentState]
                   [/group SkillGroupID] [/agpri SkillGroupPriority] [/logout]
                   [/help] [/?]

opctest: la 5004
SkillGroup=     0 Pri= 0 ----- LoggedOn=23 Avail=0 NotReady=4 Ready=19 TalkingIn=16
                        TalkingOut=0 TalkingOther=3 WorkRdy=0 WorkNRdy=0 Busy=0
Reserved=0 Hold=0
SkillGroup=     1 Pri= 0 ----- LoggedOn=9 Avail=0 NotReady=1 Ready=8 TalkingIn=7
                        TalkingOut=0 TalkingOther=1 WorkRdy=0 WorkNRdy=0 Busy=0
Reserved=0 Hold=0
SkillGroup=     2 Pri= 0 ----- LoggedOn=25 Avail=0 NotReady=4 Ready=21 TalkingIn=20

opctest: ltg
list_trunk_groups: Error for PeripheralID: Missing argument.

opctest: ltg 5004
 Perph#   SkTargetID NTGSkTargetID NumTrunks  LastHHU       Tracing  Ext
 ConfigParam
      0      5057       5005            -1   02/01 14:30:00    0
      1      5058       5005            -1   02/01 14:30:00    0
      2      5059       5005            -1   02/01 14:30:00    0
      3      5060       5005            -1   02/01 14:30:00    0
      4      5061       5005            -1   02/01 14:30:00    0
      5      5062       5005            -1   02/01 14:30:00    0
      6      5063       5005            -1   02/01 14:30:00    0
      7      5064       5005            -1   02/01 14:30:00    0
      8      5065       5005            -1   02/01 14:30:00    0
      9      5066       5005            -1   02/01 14:30:00    0
     10      5067       5005            -1   02/01 14:30:00    0
     12      5010       5005            -1   02/01 14:30:00    0
     13      5011       5005            -1   02/01 14:30:00    0
     14      5068       5005            -1   02/01 14:30:00    0

デバッグ情報

opctest の内の特定のデバッグを有効にするために debug コマンドを発行して下さい。 debug コマンドはトレースの上の回転によってデバッグ制御を有効に します。 デバッグ制御の enablement は OPC プロセスのためにレジストリかターンアップを EMSTraceMask 調節する場合はるかに有効よりです。 デバッグ制御の enablement は追加トレースを必要とする OPC の方のトレースの上で回ります。 OPC Event Management System (EMS) ログファイルのトレース結果ディスプレイ。 EMS ログの出力を表示するために dumplog を使用して下さい。 詳細については Dumplog ユーティリティを使用する方法を参照して下さい。

次に例を示します。

opctest: debug /?
Usage: debug_control [/realtime] [/agent] [/halfhour] [/rcmeter] [/routing]
                     [/skillgroup] [/closedcalls] [/cstaecr] [/cstacer]
                     [/pimmsg] [/ctimsg] [/rcmsg] [/dmpmsg] [/icmsg] [/opcmsg]
                     [/mdsmsg] [/pdmsg] [/inrcmsg] [/passthru] [/tpmsg]
                     [/physctrlr] [/periph] [/all] [/help] [/?]

変換ルートに関する問題を解決する必要がある場合デバッグ /routing コマンドを発行して下さい。

解決することを終わるときすべての OPC トレーシングを消すために /noall スイッチを使用して下さい。 トレースを出て来られて残す場合、パフォーマンス問題は生じる場合があります。

終了およびやめられた opctest

OPCTest ユーティリティを終了するために quit コマンドを発行して下さい。

注意 注意: exit_opc コマンドを発行するとき注意して下さい。 このコマンドは二重にされた場合 PG の両側で終了するように OPC プロセスに指示したものです。 Node Manager は再起動するためにプロセスを強制します呼び出しルータのための設定のリロードを強制する。 すべての内部 周辺装置およびエージェントの状態はフラッシュされます。 それから、OPC および Peripheral Interface Manager (PIM)は PG および設定を学び直します。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 20418