音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CallManager 3.3x および 4.x による Cisco IP Phone の短縮ダイヤルボタンの設定

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco IP Phone には、押されたときに番号をダイヤルするようにプログラムできるボタンが付いています。 たとえば、Cisco 7960 IP Phone 用のデフォルト テンプレートには 4 件のスピード ダイヤル ボタンがあります。 これらのボタンは、IP Phone に関連付けられたユーザまたは CallManager サーバ管理者によって設定できます。

この資料は Cisco CallManagerバージョン 3.x および 4.x にだけ適当です。 バルクアドミニストレーションツールを参照して下さい: 速度を設定する方法に関する詳細については複数の電話に速度ダイヤル番号を割り当てる方法 Cisco Unified Communications Manager 7.x でダイヤルして下さい。

前提条件

要件

電話の速度 Dial ボタンを設定する前に、速度 Dial ボタンをサポートするために Phone ボタン テンプレートが設定されることを確かめる必要があります。 Cisco 速度の設定がデフォルトでダイヤルする 7970/7960/7940/7910 IP 電話割り当て。

この資料はユーザにユーザおよび共用デバイスを作成する方法を既に知っていると仮定します。 詳細については Cisco Unified CallManager のユーザ、電話およびアソシエーションを作成することを参照して下さい。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManager 3.2(x)、4.x

  • Cisco IP Phone 7960

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

注: この資料はまた Cisco Unified CallManager の他のバージョンおよび IP 電話の他のモデルに使用することができます。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

速度 Dial ボタンを設定して下さい

Cisco CallManager サーバ管理者として

Cisco CallManager サーバ 管理者はこれらのステップのあらゆるユーザ向けの速度 Dial ボタンを変更できます:

注: 早い 3.0(x) バージョンでは、ユーザだけ速度ダイヤルを修正する機能がありました。 詳細については、この資料の Cisco Unified CallManager ユーザ セクションとして参照して下さい。 CallManager Server 管理者がこれをすることを可能にする機能は以降のバージョンに追加されました。

注: 設定することができる速度ダイヤルの最大数は 7940 のための 7960 および 1 のための 5 です。 これはこれらの電話のサポートされる機能です。 設定されるこれらより多くがあることができません。

  1. か IP アドレス >/ccmadmin およびログインは管理者 http:// <callmanager の名前にとして行きます。

  2. Device > Phone を選択します。

    /image/gif/paws/20042/speed-dial-1.gif

  3. (オプションの)設定し、『Find』 をクリック したい電話のための検索する文字列を入力して下さい。

    /image/gif/paws/20042/speed-dial-2.gif

  4. 電話デバイス デバイス名をクリックして下さい。

    /image/gif/paws/20042/speed-dial-3.gif

  5. 『Add/Update Speed Dials』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/20042/speed-dial-4.gif

  6. 速度ダイヤル番号およびディスプレイ テキストを設定して下さい。

    /image/gif/paws/20042/speed-dial-5.gif

  7. Update and Close をクリックします。

  8. 変更を有効にするために『Reset Phone』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/20042/speed-dial-6.gif

    注: これはその電話のアクティブな通信を中断します。

Cisco CallManager ユーザとして

ユーザはこのプロシージャの特定のユーザと関連付けられる電話デバイスの速度ダイヤルをアップデートできます:

  1. か IP アドレス >/ccmuser およびユーザー ID パスワードのログインは http:// <callmanager 名前に行きます。

  2. [Add/Update your Speed Dials] をクリックします。

    /image/gif/paws/20042/speed-dial-7.gif

  3. 速度ダイヤル番号およびディスプレイ テキストを設定して下さい。

    /image/gif/paws/20042/speed-dial-8.gif

  4. [Update] をクリックします。

  5. 押し** # **それを変更を有効にするためにリセットする Cisco IP Phone の…。

    注: これはその電話のアクティブな通信を中断します。

エクステンションモビリティによって速度ダイヤルを設定して下さい

注: Cisco CallManager Extension Mobility 設定はこの資料でカバーされません。 この機能に関する詳細については Cisco CallManager Extension Mobility 機能メモの Cisco CallManager Extension Mobility のためのコンフィギュレーションチェックリストを参照して下さい。

Cisco CallManager Extension Mobility で速度ダイヤルを設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. か IP アドレス >/ccmadmin およびログインは管理者 http:// <callmanager の名前にとして行きます。

  2. Device > Device Setting > Device Profile の順に選択 して下さい。

    /image/gif/paws/20042/speed-dial-9.gif

  3. 『Profile Name』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/20042/speed-dial-10.gif

  4. 管理者として、Cisco IP Phone ユーザ向けにエクステンションモビリティを使用すれば、User Device Profile Configuration ページの速度ダイヤルを設定できます:

    /image/gif/paws/20042/speed-dial-11.gif

  5. User Device Profile Configuration ページの右上隅で『Add/Update Speed Dials』 をクリック して下さい。

  6. 速度ダイヤル値を入力し、『Update and Close』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/20042/speed-dial-12.gif

  7. ログアウトおよびログイン電話の速度ダイヤルをもう一度見るなります。 このメッセージが現れると『OK』 をクリック して下さい:

    /image/gif/paws/20042/speed-dial-13.gif

同様に、個々のユーザは CallManager のユーザー オプション メニューからのユーザデバイスプロファイルの速度ダイヤルをアップデートできます:

  1. ユーザー ID パスワードの http:// <cm_server>/ccmuser およびログインに行って下さい。

  2. ユーザのデバイス プロファイルを選択して下さい。

  3. [Add/Update your Speed Dials] をクリックします。

    /image/gif/paws/20042/speed-dial-14.gif

    speed-dial-15.gif

    注: アップデートするとき速度は CallManager のユーザー オプション メニューによってダイヤルします、デバイスおよびログインのログアウトを再度必要とする警告メッセージを受け取りません。 変更を見るためにそうする必要があります。

速度ダイヤルのトラブルシューティング

ユーザが押すときエラー表示はファースト ボタンにダイヤルします

ユーザが押すときファーストは IP Phone のボタンに、このエラーメッセージ現われますダイヤルします:

Personal Fast Dials: Error: -7ffbc50d:user (2124) 
was unable to be validated . (15091)

解決策

このエラーは DC Directory 複製問題が原因のようです。 トラブルシューティング DC Directory に関する詳細については DC Directory における修正問題を参照して下さい。

速度ダイヤル 設定は Cisco CallManagerアップグレードの後で失われます

クラスタの Cisco CallManager サーバがアップグレードされた後、速度ダイヤル 設定は失われます。 速度ダイヤルはアップグレードの前にうまく働きます。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. 速度ダイヤル コンフィギュレーション ファイルが C:\CiscoWebs\IPPHoneServices\CCMCIP\ にあることを確かめて下さい。 それがこのディレクトリにない場合、CCMIP ディレクトリに速度ダイヤル ファイル(SADirectory.xml)をコピーして下さい。

  2. 速度ダイヤル ファイルが CCMCIP ディレクトリに移動された後、SA ディレクトリ サービスのための IP Phone サービス URL を http://ccm_ip/CCMCIP/SA-Directory.xml にアップデートし、すべてのサブスクリプションをアップデートして下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 20042