音声 : Cisco ONS 15454 SONET Multiservice Provisioning Platform(MSPP)

15454ファイバーリンクのための最大ホップ距離を計算する方法

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、光ファイバと、特に、Cisco ONS 15454 の最大ホップ距離を計算する方法を説明します。 この方法論はすべてのタイプの光ファイバに適用でき、光システムで使用される最大距離を計算するために使用できます。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

減衰とは

このセクションは減衰の意味を説明し、異なる波長に基づいてオプティカル リンクのための最長の距離を計算するためにガイドラインを提供します。

減衰は、光パルスがマルチモードまたはシングルモード ファイバの配線を通って伝播するときに発生する信号強度や光パワーの損失の測定値です。 この測定値は、通常、デシベルまたは dB/km で定義されます。

波長

最も一般的なピーク波長は、780nm、850nm、1310nm、1550nm、および 1625nm です。 最初のウィンドウと言われた 850 nm 領域はこの領域がオリジナル LED および検出機能技術をサポートしたので最初に使用されました。 今日では損失と分散が非常に小さい 1310 nm の領域が一般的です。

1550 nm 領域はまた今日使用され、リピータのための必要を避けることができます。 一般に、波長が長くなるほど性能が向上しますが、費用が高くなります。

マルチモードおよびシングルモード光ファイバ 使用異なるファイバータイプかサイズ。 たとえば、シングル モード ファイバは 9/125 um を使用し、マルチ モード ファイバは 62.5/125 または 50/125 を使用します。 ファイバのサイズが異なると光の損失量である dB/km の値も変わります。 ファイバの損失は動作波長に大きく依存します。 一般的に使用されるファイバでは、物理的なファイバのサイズ(たとえば、9/125 や 62.5/125)に関係なく、1,550 nm の波長で損失が最も低くなり、780 nm の波長で損失が最も高くなります。

あらゆるオプティカル リンクのための最長の距離を計算するとき、詳細と表 1 および表 2 で提供されたと考えて下さい:

表 1 - 波長 1310 nm の場合

減衰 km (dB/km) 減衰/光コネクタ(dB) 減衰/接合(dB) 条件
Min: 0.30 0.40 0.02 最もよい状態
Average 0.38 0.60 0.10 Normal
Max 0.50 1.00 0.20 最悪な状態

表 2 - 波長 1550 nm の場合

減衰 km (dB/km) 減衰/光コネクタ(dB) 減衰/接合(dB) 条件
Min: 0.17 0.20 0.01 最もよい状態
Average 0.22 0.35 0.05 Normal
Max 0.04 0.70 0.10 最悪な状態

ここで、現場の一般的な状況の例を示します。

max_hop_19762.gif

表 3 – ONS 15454 に関しては

カード ファイバの光のレベル
Rx レベル最大値-最小値 Tx レベル最大値-最小値
OC3 -8 ~ -28 -8 ~ -15
OC12 -8 ~ -28 -8 ~ -15
OC12 -8 ~ -28 +2 ~ -3
OC12 -8 ~ -28 +2 ~ -3
OC48 0 ~ -18 0 ~ -5
OC48 -8 ~ -28 +3 ~ -2
OC48 -8 ~ -28 0 ~ -2

表 4 – OC192 LR および STM64 LH 1550 に関しては

Tx/Rx Max Min:
トランスミッタ(Tx)出力電力: 最大 +10 dBm Min. +7 dBm
レシーバ(Rx)レベル: 最大 -10 dBm min: -19 dBm

このカードに関しては、電力バジェットはその間あります: 29dB および 17 dB。

最大ホップを計算して下さい

情報を利用して減衰はであるもので提供しましたか。 セクション、Cisco ONS 15454 のための最大ホップ距離を含むあらゆるスパンのためのすべての減衰を、計算できます。

光 バジェット ロス同等化

Atotal = (波長λ損失 dB/km X ファイバ 長さ) + (コネクタのコネクタの 損失 X 数) + (スプライスのスプライス損失 X 数)。

マイル変換へのキロメートル

Km X .6214 = マイル(1mile = 1.60km)

OC48 LR 1550 カードのための最大ホップ距離を計算する例はここにあります。 このカードに関しては:

  • 最小値 Rx レベルは -28dB および最小値 Tx レベルです -2dB です

  • Rx 最大レベルは -8dB であり、Tx 最大レベルは +3dB です

このカードに関しては、電力バジェットはその間あります: 31dB および 6 dB。

最大 Rx レベルが -8dB であること与えられて、これはレーザ電力電力源が「より熱ければ」、ボードは被害に苦しむことができることを意味します。 また最小値 Rx レベル = -28dB がこの制限を越えて、受け取ることができないので。

これを念頭において、それを仮定して下さい:

  • 行の最小減衰は少なくともある必要があります:

    A(min) = Tx 最大レベル- Rx 最大レベル = +3dB - (- 8dB) = 11dB

  • 行の最大減衰は次のとおりである必要があります:

    A(max) = 最小値 Tx レベル-最小値 Rx レベル = -2dB - (- 28dB) = 26dB

また考慮事項にシステム マージンを運ぶ必要があります。 パッチ コードは、ケーブル ベンド、3dB のまわりで予測不可能な光減衰のイベント、等、必要となります。 さらに、基本的なケーブルセクションのいくつかのスプライスいくつかの外部コネクタ(0.7dB ので少なくとも 2 が可能性のあるあることができます従っておよそ 1.5 dB であるとこれが考慮できます)。

この情報に基づいて、計算の新しい値が次のとおりであることを推定できます:

A(min) = 11dB - 4.5dB = 6.5dB

A(max) = 26dB - 4.5dB = 21.5dB

これらの結果を使うと、光ケーブル(TA)のための最大減衰が結論を出し OC48 LR 1550 を使うと 1 リンクのための最大 26dB である必要があることを 11 dB より小さいできません。

これはこれらの条件を考慮に入れます:

  • ケーブルのオプティカル ファイバのための最小の長さは次のとおりです:

    L(min) = A(min)/a= 6.5dB/ 0.22dB/km = 29.5km

  • ケーブルのオプティカル ファイバのための最大長は次のとおりです:

    L(max) = A(max)/a = 21.5dB/ 0.22dB/km = 97.72km

a = 光ケーブル(dB/km)のための減衰ところ。

この計算に基づいて、OC48 LR 1550 カードのための最大ホップ距離は 29.5km と 97.72km の間にあります。

基盤としてこのプロシージャを使うと、スパン今他を計算できます。


関連情報


Document ID: 19762