音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco CallManager 3.x および 4.x を使ったパーソナルディレクトリに関するトラブルシューティング

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料がパーソナルディレクトリを解決するために必要なステップを記述したものです。 パーソナル ディレクトリには以下の機能があります。

  • Cisco Unified CallManager Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) ディレクトリで保存される個人的な住所録

  • Cisco IP Phone シンクロナイザー

  • 2 人の Cisco IP Phone サービスは Personal 住所録および個人的なファースト ダイヤルを呼出しました

Cisco Unified CallManager Address Book Synchronizer はディレクトリと Microsoft Outlook および Cisco Unified CallManager の Microsoft Outlook Express アドレス帳のエントリを同期することを可能にします。 エントリを調べ、選択をし、Cisco IP Phone 7960 または 7940 から『Number』 を選択 されるダイヤルするためにソフトキーを押すのに個人的な住所録サービスを利用できます。

個人的なファーストはサービスに許可しますにダイヤルします:

  • Cisco IP Phone からの速くダイヤルにインデックス番号(1-99)を割り当てて下さい。

  • 個人的なアドレス帳のエントリにインデックス番号を割り当てれば住所録に対応しない Directory エントリに付け加えます。

  • 電話か Cisco IP Phone ユーザー オプション アプリケーションから個人的なファースト ダイヤル エントリを割り当て、削除して下さい。

Cisco Unified CallManager Address Book Synchronizer は Microsoft Windows 住所録(WAB)エントリだけ同期できます。 Microsoft Outlook Express は Microsoft WAB をアドレス帳のエントリを保存し、アクセスするのに使用します。 Microsoft Outlook が Microsoft WAB を使用しないのでいくつかの特別なコンフィギュレーション ステップが Microsoft Outlook エントリを同期することを必要とします。 詳細についてはこの資料のトラブルシューティング個人的な住所録 Synchronization セクションを参照して下さい。

症状:

これは個人的な住所録および個人的なファースト ダイヤルにおける問題を示唆する可能性のある現象のリストです:

  • ユーザは個人的な住所録をインストールした後設定のためのページにアクセスすることができません。

  • Cisco Unified CallManager Address Book Synchronizer は同期が試みられるとき失敗します。

  • Cisco Unified CallManager Address Book Synchronizer が使用されるとき無効なユーザ名か Password エラーメッセージは受け取られます。

  • Error: -7ffbffcf: ユーザは個人的なファースト ダイヤルにアクセスするためにユーザが Services ボタンを押すとき検証されたエラーメッセージ ディスプレイであることができませんでした

  • 個人的な Address Book エラー: -7ffbc517:User は(xxxxxx)検証されることができませんでした。 個人的なファースト ダイヤルにアクセスするためにユーザが Services ボタンを押す場合の(15081) PFD エラーメッセージ ディスプレイ。

  • Error: -7ff5ec71: ユーザが長い第 1 の個人的なファースト ダイヤルに個人的なアドレス帳のエントリを追加するときオブジェクト xmlAddressBookWrite エラーメッセージ ディスプレイ、最後は、または全面的な名前を期待しました

  • 個人的な住所録および高速ダイヤルを使用するために試みるときサービスはこのエラーメッセージと失敗します:

    Error-7ffbc5c2 ユーザは(どれも)検証されることができませんでした(14910)。 ネットワークの電話はこの機能を使用して正常に動作していません。 現在このシステムおよびサービスははたらいていません。 このエラーメッセージは PAB サービスの間違ったピンナンバーを示します。

この資料は Cisco CallManager 3.x および 4.x でこれらのパーソナルディレクトリ問題を解決するのを助けます。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManager 3.1、3.2、3.3、4.0、および 4.1

  • Microsoft Windows 95、Microsoft Windows 98、Microsoft Windows NT 4.0 (サービスパック[SP] 4 およびそれ以降)、または Microsoft Windows 2000

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco CallManager 3.1 および 3.2 のサービス 設定を確認して下さい

次の手順を実行します。

  1. Cisco CallManager Administration ページに行って下さい(http:// <CallManager サーバ名前か IP アドレス >/ccmadmin)。

  2. 『Feature』 をクリック し、『Cisco IP Phone Services』 を選択 して下さい。

  3. この図が示すように、Cisco IP Phone サービスの下で『Address Books』 を選択 して下さい。 それが以前に追加された場合パーソナルディレクトリを参照して下さい。

    /image/gif/paws/19684/troubleshoot_person_dir_callman-1.gif

  4. サービス URL が http:// < CallManager>/ccmpd/xmlAddressBookInput.asp の IP アドレスであることを確認して下さい。

  5. IP電話ユーザによって定期講読される個人的な住所録をアップデートするために『Update Subscriptions』 をクリック して下さい。

  6. Service Parameter Information 領域の下で『UserID』 を選択 して下さい。

  7. 『Edit』 をクリック し、パラメータ名が USERID であることを確認して下さい。 この例が示すと同時にパラメータのためのチェックボックスが選択される必要となることを確かめて下さい:

    /image/gif/paws/19684/troubleshoot_person_dir_callman-2.gif

  8. 『UserPIN』 を選択 し、『Edit』 をクリック して下さい。

  9. またこの例が示すのでパラメータが必要となるパラメータはパスワード選択されますであり、ことパラメータ名が UserPIN である、ことを確認すれば:

    /image/gif/paws/19684/troubleshoot_person_dir_callman-3.gif

  10. http:// < CallManager>/ccmuser の IP アドレスでユーザ名 および パスワード(Cisco Unified CallManager のユーザ)のユーザページにログイン して下さい。 電話を選択し、デバイスかデバイス プロファイルを『Configure IP Phone Services』 をクリック します選択して下さい。

  11. 定期講読されたサービスの下で『Address Book』 を選択 して下さい。

  12. そのユーザ向けの USERID および PIN 情報を確認し、『Unsubscribe』 をクリック して下さい。 それから『Subscribe back the Service』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/19684/troubleshoot_person_dir_callman-4.gif

  13. クライアントから Cisco Unified CallManager Address Book Synchronizer をダウンロードし、インストールするために Cisco CallManager Administration ページから Application > Install Plugins の順に選択 して下さい。

  14. Cisco Unified CallManager Address Book Synchronizer を起動させ、Cisco CallManager サーバの IP アドレスを確認するために『CCM Server』 をクリック して下さい。 この図が示すようにユーザ名 および パスワードを確認するために『Password』 をクリック して下さい:

    /image/gif/paws/19684/troubleshoot_person_dir_callman-5.gif

  15. Cisco Unified CallManager LDAP 住所録と Microsoft Outlook Express 住所録を同期するために Synchronize ボタンをクリックして下さい。

    この図は Cisco Unified CallManager LDAP 住所録との正常な同期を示します:

    /image/gif/paws/19684/troubleshoot_person_dir_ccm40-6.gif

  16. ステップに個人的なファースト ダイヤルのための 3-15 従って下さい。 個人的なファースト ダイヤル サービスのためのサービス URL は次のとおりです: http:// < コール Manager>/ccmpd/xmlFastDials.asp の IP アドレス

Cisco CallManager 3.3、4.0、および 4.1 のサービス 設定を確認して下さい

次の手順を実行します。

  1. Cisco CallManager Administration ページに行って下さい(http:// <CallManager サーバ名前か IP アドレス >/ccmadmin)。

  2. 『Feature』 をクリック し、『Cisco IP Phone Services』 を選択 して下さい。

  3. それを既に追加したら『Address Books』 を選択 して下さいまたは新しいパーソナルディレクトリ ディレクトリー・サービスを追加する方法に関するパーソナルディレクトリを参照して下さい Cisco IP Phone サービスの下で。

    /image/gif/paws/19684/troubleshoot_person_dir_ccm40-1.gif

  4. サービス URL が http:// < CallManager>/ccmpd/xmlAddressBookInput.asp の IP アドレスであることを確認して下さい。

  5. IP電話ユーザによって定期講読される個人的な住所録をアップデートするために『Update Subscriptions』 をクリック して下さい。

  6. Service Parameter Information 領域の下で『UserID』 を選択 して下さい。

  7. 『Edit』 をクリック し、パラメータ名が USERID であることを確認して下さい。 この例が示すと同時にパラメータのためのチェックボックスが選択される必要となることを確かめて下さい:

    /image/gif/paws/19684/troubleshoot_person_dir_ccm40-2.gif

  8. 『UserPIN』 を選択 し、『Edit』 をクリック して下さい。

  9. またこの例が示すのでパラメータが必要となるパラメータがパスワード選択されるであることパラメータ名が UserPIN であることを確認すれば:

    /image/gif/paws/19684/troubleshoot_person_dir_ccm40-3.gif

  10. http:// < CallManager>/ccmuser の IP アドレスでユーザ名 および パスワード(Cisco Unified CallManager のユーザ)のユーザページにログイン して下さい。 電話を選択し、デバイスかデバイス プロファイルを『Configure IP Phone Services』 をクリック します選択して下さい。

  11. 定期講読されたサービスの下で『Address Book』 を選択 して下さい。

  12. そのユーザ向けの USERID および PIN 情報を確認し、『Unsubscribe』 をクリック して下さい。 それから『Subscribe back the Service』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/19684/troubleshoot_person_dir_ccm40-4.gif

  13. クライアントから Cisco Unified CallManager Address Book Synchronizer をダウンロードし、インストールするために Cisco CallManager Administration ページから Application > Install Plugins の順に選択 して下さい。

  14. 住所録シンクロナイザーを起動させ、Cisco CallManager サーバの IP アドレスを確認するために『CCM Server』 をクリック して下さい。 この図が示すようにユーザ名 および パスワードを確認するために『Password』 をクリック して下さい:

    /image/gif/paws/19684/troubleshoot_person_dir_callman-5.gif

  15. Cisco Unified CallManager LDAP 住所録と Microsoft Outlook Express 住所録を同期するために Synchronize ボタンをクリックして下さい。

    この図は Cisco Unified CallManager LDAP 住所録との正常な同期を示します:

    /image/gif/paws/19684/troubleshoot_person_dir_ccm40-6.gif

  16. ステップに個人的なファースト ダイヤルのための 3-15 従って下さい。 個人的なファースト ダイヤル サービスのためのサービス URL は http:// < コール Manager>/ccmpd/xmlFastDials.asp の IP アドレスです。

個人的な住所録 同期を解決して下さい

同期と成功していない場合これらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco Unified CallManager Address Book Synchronizer ツールは Microsoft WAB からのアドレス項目だけ同期できます。 Microsoft Outlook Express は Microsoft WAB をアドレス項目にアクセスし、保存するのに使用しますが Microsoft Outlook はアドレス項目にアクセスし、保存するのに個人的な住所録を使用します。 Microsoft Outlook 個人的なアドレス帳のエントリを同期するためにこれらのステップを完了して下さい:

    • Microsoft Outlook 2000 を使用する場合インターネットだけモードの Microsoft Outlook を設定して下さい。 Cisco Unified CallManager Address Book Synchronizer ツールは今 Microsoft Outlook アドレス帳のエントリを同期できます。 インターネットだけように Microsoft Outlook 2000 を設定するインターネットだけオプションを Tools > Options > Mail Delivery > Reconfigure Mail Support の順に選択 し、チェックして下さい。 団体オプションかワークグループは Microsoft Exchange のため、Cisco Unified CallManager Address Book Synchronizer を使用しません。

    • インターネットだけモードを設定するオプションは Microsoft Outlook 2002 および 2003 年から取除かれました。 Microsoft Outlook 住所録連絡先を CSV ファイルにエクスポートし、次にローカル コンピュータの Microsoft Windows 住所録(*.WAB)に CSV ファイルをインポートして下さい:

      • Microsoft Outlook 2002 および 2003 エントリを同期したいと思います。

      • インターネットだけモードの Microsoft Outlook 2000 を実行できません。

      Microsoft Outlook 連絡先が Microsoft WAB にあった後 IP電話サービスの住所録に個人的な連絡先を追加するために Cisco Unified CallManager Address Book Synchronizer を実行して下さい。

    • Microsoft Outlook 個人的なアドレス帳のエントリを同期できる Cisco Personal Assistant 製品を使用して下さい。

  2. 正しいユーザ名 および パスワードを使用するのにユーザをでなかったら検証されたエラーメッセージ受け取る場合これらのステップを完了して下さい:

    • Cisco Unified CallManager Address Book Synchronizer 1.0 を使用する場合 Cisco バグ ID CSCdw89283登録ユーザのみ)を経験するかもしれません(0.13)。 Cisco Unified CallManager Address Book Synchronizer 1.0 を使用できます(0.9)および 1.0 よりソフトウェア リリース 以降(0.13)この修正のために。

    • 正しい Cisco Unified CallManager Address Book Synchronizer ソフトウェア リリースを使用する場合ホスト名によって Cisco Unified CallManager を ping することを試みて下さい。 LDAPURL 値を-不成功である場合 Cisco Unified CallManager のこのレジストリ 設定を変更する HKEY_LOCAL_MACHINE > SOFTWARE > Cisco System, Inc > Directory Configuration の順に選択 し、Cisco Unified CallManager ホスト名の代りに IP アドレスを持つために変更して下さい。 それから Cisco Unified CallManager の DC Directory および IIS Admin サービスを再開し、ユーザを認証することを試みて下さい。

    • それでも成功していない場合匿名アクセスのためのデフォルト ユーザ ID を調べて下さい。 これをする Cisco Unified CallManager の管理ツールからの開いた Internet Services Manager。 親 ディレクトリを拡張した後デフォルト の Webサイトの下でバーチャル ディレクトリ CCMUser を選択して下さい。 指定バーチャル ディレクトリを右クリックし、Properties > Directory Security > Edit の順に選択 して下さい(「匿名アクセスおよび認証制御の下で」)。 それから『Edit』 を選択 して下さい(「匿名アクセスの下で」)。 テキストボックス ユーザ名のユーザ ID ディスプレイ。 それの下でこれにフォルダ C:\dcdsrvr\log のユーザ ID 書き込み 許可をおよびすべてのファイルおよびサブ フォルダ与えて下さい。 Cisco Unified CallManager の IIS Admin サービスを再開した後ユーザを再度認証することを試みて下さい。

    • いくつかのデータベースのための SQL トランザクションログファイルは 1 GB に育ちます。 SQL トランザクションログファイルは C:\Program Files\Microsoft SQL サーバ\ MSSQL \データディレクトリにある *.ldf ファイルです。 *.mdf ファイル ファイルは、特に art.mdf および cdr.mdf、システム構成によって 1 GB より大きい場合もあります。 これらの問題を解決するために Shrinkthe CDR/CAR データベース サイズSolution セクションで述べられる異った方法を参照して下さい。

    • SQL データベースの複製は、Cisco CallManager クラスタのコア機能です。 データベースのマスター コピーを持つサーバをパブリッシャと呼び、そのデータベースを複製するサーバをサブスクライバと呼びます。 従って SQL 複製においての問題は DC Directory および個人的な住所録に影響を与える場合があります。 複製失敗を当たる プロシージャは Cisco Unified CallManager のためのトラブルシューティングガイドパブリッシャとサブスクライバ セクションの間で複製失敗します- Cisco CallManagerシステム問題文書化されています。

    • 上記のステップが問題を解決しない場合、Cisco Unified CallManager 資料のためのアクティブ ディレクトリ 2000 プラグイン インストールで説明されているようにアクティブディレクトリ プラグインを取除き、次に再インストールして下さい。

  3. 4.1.3 から 6.1.3 へ CallManager をアップグレードし、住所録にアクセスできなければ問題を解決するためにこれらのステップを完了して下さい:

    1. 名前を挙げられる電話サービスを PAB 作成して下さい。

    2. この URL を使用して下さい:

      <http://server-name-or-ipaddr:8080/ccmpd/login.do?name=#DEVICENAME#&service=pab> &service=pab

    3. これらのサービスパラメータ(デフォルト値無し)を追加して下さい:

      • 名前

      • ピン留め

      • USERID

    4. サービスを追加することを望む電話に行って下さい。

    5. 関連リンク> 定期講読しましたり/定期講読を解除しますサービスを行って下さい。

    6. 作成した PAB サービスを選択して下さい。

    7. Name フィールドでは、デバイスの説明 SEP そして MAC に入って下さい(たとえば、SEP003123456789)。

    8. Pin Field では、ユーザのピンを入力して下さい。

    9. UserID フィールドでは、ユーザ ID を入力して下さい。

    10. [Subscribe] をクリックします。

    11. [Save] をクリックします。

    12. 電話機をリセットします。

  4. UXL Web サービスをアクティブにして下さい: 行き、> サービス アクティベーションは Cisco Unified CallManager サービサビリティに『Tools』 をクリック し、Cisco UXL Web サービスをアクティブにします。


関連情報


Document ID: 19684