コラボレーション : Cisco ICM Peripheral ゲートウェイ

JTapi はいつIPCC 環境で循環される必要がありますか

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック



質問


概要

このドキュメントでは、特定の CallManager 設定の変更後に Cisco CallManager ペリフェラル ゲートウェイ(PG)の Java Telephony Application Programming Interface(JTAPI)プロセスを再起動する必要がある場合に関する一般的な質問の一部に回答しています。

Q. いつ Cisco Unified CallManager PG の JTAPI プロセスを循環させる必要がありますか。

A. PG の JTapi Gateway プロセスが Cisco Unified CallManager に接続されるとき、プロセスはユーザとして CallManager にログイン します。 典型的なログオンは PGuser です。 このユーザはユーザデバイス アソシエーションに基づいてある特定のデバイスの制御があります。 この質問に対する回答は環境で実行する Cisco Unified CallManager のバージョンによって異なります:

Q. Cisco IP Contact Center (IPCC) 環境の既存 の 電話の Dialed Number (DN)への変更を行なうとき、変更を見るために Cisco Unified CallManager PG の JTAPI プロセスを循環させる必要がありますか。

A. PG の JTapi Gateway プロセスが Cisco Unified CallManager に接続されるとき、プロセスはユーザとして CallManager にログイン します。 典型的なログオンは PGuser です。 このユーザはユーザデバイス アソシエーションに基づいてある特定のデバイスの制御があります。 この質問に対する回答は環境で実行する Cisco Unified CallManager のバージョンによって異なります:

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 19344