スイッチ : Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチ

スーパーバイザの show module コマンドに表示されない MSFC の回復方法

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 12 月 1 日) | 英語版 (2015 年 9 月 19 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Catalyst 6500/6000 スーパーバイザ エンジンの show module コマンドの出力にマルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード(MSFC)が表示されない、または other 状態になった場合の復旧方法について説明します。 多くの場合、MSFC の設定が変更されてからスーパーバイザがリロードされた時に発生します。 MSFC が other 状態になる現象は、多くの場合 MSFC の設定が変更されてからスーパーバイザがリロードされなかったことが原因となっています

前提条件

要件

シスコでは、このセクション内の情報についての知識があることを推奨します。

次に、MSFC が表示されない場合の show module コマンドの出力の例を示します。

Cat6500 (enable) show module

Mod Slot Ports Module-Type               Model               Sub Status
--- ---- ----- ------------------------- ------------------- --- --------
1     1    2   1000BaseX Supervisor      WS-X6K-SUP1A-2GE    yes ok

Mod Module-Name          Serial-Num
--- -------------------- -----------
1                        SAD040200B3

Cat6500 (enable) session 15

Module 15 is not installed.

次に、MSFC が other 状態の show module コマンドの出力例を示します。

Cat6500 (enable) show module

Mod Slot Ports Module-Type               Model               Sub Status
--- ---- ----- ------------------------- ------------------- --- --------
1    1     2   1000BaseX Supervisor      WS-X6K-SUP1A-2GE    yes ok
15   1     1   Multilayer Switch Feature WS-F6K-MSFC         no  other

Cat6500 (enable) session 15

Trying Router-15...

!--- The session is not created. Press Ctrl-C to escape.

この例ではスーパーバイザ エンジンおよび MSFC はスロット 1 にあります。したがって、MSFC に接続するには session 15 コマンドを発行する必要があります。 MSFC がスロット 2 にある場合、MSFC に接続するには session 16 コマンドを発行します。

このリストは、show module コマンドの出力に MSFC が表示されない、または other 状態にあることの最も一般的な原因を示します。 詳細および回復手順に関しては、このドキュメントの対応するセクションを確認してください。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

回復手順

MSFC が ROMMON 状態にある場合

このセクションの出力は、MSFC が ROMMON 状態にある場合の show module コマンドからのものです。

次のいずれかの session コマンドを発行します。

  • 回復したい MSFC がスーパーバイザ エンジン モジュール スロット 1 に物理的に存在する場合、session 15 コマンドを発行します。

  • MSFC がスロット 2 にある場合、session 16 コマンドを発行します。

スタンバイ側のスーパーバイザ エンジンの MSFC にアクセスできない場合、このドキュメントのシャーシ内のデュアル スーパーバイザ エンジンのスタンバイ側のスーパーバイザ エンジン MSFC を回復するセクションの手順を参照してください。

Cat6500 (enable) session 15

Trying Router-15...

Cat6500> (enable) show module 15
Module 15 is not installed.

この手順では、ROMMON 状態にある場合の MSFC の回復方法について説明します。

  1. コンソール ポート接続でスーパーバイザ エンジンに接続します。

    Telnet で接続しないでください。

  2. プロンプトが表示されたら switch console コマンドを発行します。

    Cat6500 (enable) switch console
    
    Trying Router-15...
    Connected to Router-15.
    Type ^C^C^C to switch back...
    
    !--- Press Enter here.
    
    rommon 1 >

    ROMMON 状態の MSFC にアクセスすることができる場合、ステップ 13に進んでください。

  3. ステップ 2 に示されているように、ROMMON にアクセスできない場合、これらの手順を完了してください。

    1. スーパーバイザ エンジン スイッチをリセットします。

    2. スイッチをリセットした後、スーパーバイザ エンジンのコマンド プロンプトにアクセスできるようになったらすぐに switch console コマンドを発行してください。

      起動途中の MSFC にアクセスできます。

    3. すぐに Ctrl を押した状態で Break を押し、MSFC の ROMMON にアクセスしてください。

      MSFC の [rommon] > [prompt] にアクセスできたら、ステップ 13 に進みます。

      入力するブレーク シーケンスは、使用しているオペレーティング システムと端末エミュレーション ソフトウェアによって異なります。 たとえば、Microsoft Windows 2000 の HyperTerminal ではブレーク シーケンスとして Ctrl+Break を使用します。 詳細は、『パスワード回復中の標準的なブレーク キー シーケンスの組み合わせ』を参照してください。

    4. MSFC の ROMMON へアクセスできなければ、スイッチの電源を落とし、MSFC のブートフラッシュを物理的に取り外します。

      これらの図は、赤い矢印で物理的なブートフラッシュの場所を示しています。

      MSFC のブートフラッシュの場所

      124_a.gif

      2001 年 11 月より前に出荷された MSFC2 のブートフラッシュの場所

      /image/gif/paws/19284/124_b.gif

      2001 年 11 月より後に出荷された MSFC2 のブートフラッシュの場所

      /image/gif/paws/19284/124_c.gif

  4. スイッチで電源を再投入し、MSFC ROMMON にアクセスするために switch console コマンドを発行します。

    出力が画面でスクロールされるか、[rommon] > [prompt] が表示されない場合、MSFC にブレーク シーケンスを送信します。 詳細は、パスワード回復中の標準的なブレーク キー シーケンスの組み合せを参照してください。

  5. プロンプトに set コマンドを入力して、ROMMON ブート変数の現在の値を表示します。

    rommon 2 > set
    
    PS1=rommon ! >
    BOOTLDR=bootflash:c6msfc-boot-mz.121-6.E
    BOOT=bootflash:c6msfc-jsv-mz.121-6.E,1;?=1
  6. BOOT= コマンドおよび BOOTLDR= コマンドを使用して、BOOT および BOOTLDR 変数をリセットします。

    コマンドは大文字と小文字が区別されます。

    rommon 2 > BOOT=
    
    rommon 3 > BOOTLDR=
    
  7. コンフィギュレーション レジスタを 0x0 に設定するには、confreg 0x0 コマンドを発行します。

    このコマンドでは、大文字と小文字が区別されます。

    rommon 4 > confreg 0x0
    
  8. プロンプトで、sync コマンドを発行してブートとコンフィギュレーション レジスタの設定を同期してから、reset コマンドを発行します。

    rommon 5 > sync
    
    rommon 6 > reset
    
    System Bootstrap, Version 12.0(3)XE, RELEASE SOFTWARE
    Copyright (c) 1998 by cisco Systems, Inc.
    Cat6k-MSFC platform with 131072 Kbytes of main memory
  9. MSFC のリセット後、set コマンドを発行して設定が保存されたことを確認します。

    rommon 1 > set
    
    PS1=rommon ! >
    BOOT=
    BOOTLDR=
    CONFREG=0x0
  10. ステップ 11: スイッチ電源を落として、MSFC ブートフラッシュをもう一度挿入します。

  11. スイッチの電源を再投入し、MSFC にアクセスするために switch console コマンドを発行します。

  12. dir bootflash: コマンドを発行します。 このコマンドは、MSFC ブートフラッシュのコンテンツを表示します。

    rommon 1 > dir bootflash:
    
    File size Checksum File name
    1730952 bytes (0x1a6988) 0x880dbda7 c6msfc-boot-mz.121-6.E1.bin
    12212028 bytes (0xba573c) 0xbe32bc20 c6msfc-jsv-mz.121-8a.E2
  13. boot bootflash: コマンドを発行します。 MSFC を起動するためのコマンドです。

    適切なシステム イメージ(jsv、dsv、isv)を指定します。これらは dir bootflash: コマンド出力で表示されるものです。

    イメージのファイル名に「boot」を指定しないでください。

    rommon 1 > boot bootflash:c6msfc-jsv-mz.121-8a.E2
    
    Self decompressing the image : ######################################
    ######## [OK]
    cisco Cat6k-MSFC (R5000) processor with 57344K/8192K bytes of memory.
    Processor board ID SAD04010CCY
    R5000 CPU at 200Mhz, Implementation 35, Rev 2.1, 512KB L2 Cache
    Last reset from power-on
    Bridging software.
    X.25 software, Version 3.0.0.
    SuperLAT software (copyright 1990 by Meridian Technology Corp).
    TN3270 Emulation software.
    123K bytes of non-volatile configuration memory.
    4096K bytes of packet SRAM memory.
    16384K bytes of Flash internal SIMM (Sector size 256K).
  14. Return を押して開始します。

このプロシージャで MSFC を回復できない場合、Cisco Technical Support に連絡してください。

MSFC にブート コマンドがない、または不正確な場合

設定が保存されていない場合や、ブート コマンドが正しく設定されていない場合、MSFC は正常に起動しません。 このセクションは、ブート コマンドがない、またはブート コマンドが正しくない MSFC からのコマンド出力の例と、この問題を解決するための手順の詳細を示します。

MSFC#dir bootflash:

Directory of bootflash:/
1 -rw- 1730952 Mar 27 2001 13:11:10 c6msfc-boot-mz.121-6.E1.bin
2 -rw- 12212028 Jul 16 2001 10:52:05 c6msfc-jsv-mz.121-8a.E2
15990784 bytes total (2047548 bytes free)

MSFC#show run

Building configuration...
Current configuration : 274 bytes
!
version 12.1
service timestamps debug uptime
service timestamps log uptime
no service password-encryption
!
hostname MSFC
!
boot system flash bootflash:c6msfc-wrong-image.bin

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. ステップ 1: 正しく設定されていない boot コマンドを削除します。

    MSFC(config)#no boot system flash bootflash:c6msfc-wrong-image.bin
    
  2. ステップ 2: 正しい boot コマンドを設定します。

    MSFC(config)#boot system flash bootflash:c6msfc-jsv-mz.121-8a.E2
    
    MSFC(config)#^Z
    
    MSFC#
    00:04:23: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
    
    MSFC#show run
    
    Building configuration...
    Current configuration : 275 bytes
    !
    version 12.1
    service timestamps debug uptime
    service timestamps log uptime
    no service password-encryption
    !
    hostname MSFC
    !
    boot system flash bootflash:c6msfc-jsv-mz.121-8a.E2
    

MSFC をリロードする前に必ず設定を保存してください。 write memory コマンドまたは copy running-config startup-config コマンドを発行します。

bootldr コマンドを適切に設定し、必要な boot イメージを指定します。 次に bootldr コマンドを適切に設定、検証するコマンドの出力例を示します。

MSFC#dir

Directory of bootflash:/
1 -rw- 1730952 Mar 27 2001 13:11:10 c6msfc-boot-mz.121-6.E1.bin
2 -rw- 12212028 Jul 16 2001 10:52:05 c6msfc-jsv-mz.121-8a.E2
15990784 bytes total (316064 bytes free)

MSFC#show run

Building configuration...
Current configuration : 326 bytes
!
version 12.1
service timestamps debug uptime
service timestamps log uptime
no service password-encryption
!
hostname MSFC
!
boot system flash bootflash:c6msfc-jsv-mz.121-8a.E2
boot bootldr bootflash:c6msfc-wrong-boot-image.bin

MSFC#configure terminal

Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

MSFC(config)#no boot bootldr bootflash:c6msfc-wrong-boot-image.bin

MSFC(config)#boot bootldr bootflash:c6msfc-boot-mz.121-6.E1.bin

MSFC(config)#^Z

MSFC#show run

00:13:05: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by consolen
Building configuration...
Current configuration : 326 bytes
!
version 12.1
service timestamps debug uptime
service timestamps log uptime
no service password-encryption
!
hostname MSFC
!
boot system flash bootflash:c6msfc-jsv-mz.121-8a.E2
boot bootldr bootflash:c6msfc-boot-mz.121-6.E1.bin

MSFC の IOS ソフトウェア イメージが破損している、または存在しない場合

boot 変数が正しいにもかかわらず MSFC がロードしない場合、Cisco IOS ソフトウェア イメージが破損しているか存在しない可能性があります。

リロード後に MSFC が起動するのを確認するには switch console コマンドを発行します。 これは、ブート問題の診断に役立ちます。 そのためには物理的なコンソール接続が必要です。 MSFC のセッションがリロード時に失われるのは、session {15 | 16} コマンドを使用して MSFC にアクセスした場合です。

verify コマンドを使用して、IOS イメージの完全性をチェックします。

MSFC#dir

Directory of bootflash:/
1 -rw- 1730952 Mar 27 2001 13:11:10 c6msfc-boot-mz.121-6.E1.bin
2 -rw- 12212028 Jul 16 2001 10:52:05 c6msfc-jsv-mz.121-8a.E2
15990784 bytes total (316064 bytes free)

MSFC#verify c6msfc-jsv-mz.121-8a.E2

CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC
CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC
CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC
CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC
CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC
CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC
Verified c6msfc-jsv-mz.121-8a.E2

また dir コマンドまたは show bootflash: コマンドで出力されるファイル サイズを比較することもできます。 Software Center (ダウンロード)で正しいファイルサイズを(登録ユーザのみ )参照できます。

MSFC のブート変数、イメージの完全性、コンフィギュレーション レジスタに問題がないにもかかわらず正常に起動しない場合、フラッシュ デバイスに問題がある可能性があります。 Flash デバイスを交換する前に、format bootflash: コマンドを発行して、 デバイスをフォーマットします。 TFTP で新しいイメージをダウンロードしてフォーマットを完了します。

TFTP を使用して PC からデバイスにソフトウェア イメージ ファイルを転送できます。 このドキュメントでは、Cisco TFTP サーバ アプリケーションからの出力を使用しています。 シスコではこのアプリケーションをすでに打ち切っており、現在はサポートしておりません。 TFTP サーバがない場合は、サードパーティの TFTP サーバ アプリケーションを他の供給元から入手してください。

注意 注意: Flash デバイスをフォーマットするときは注意してください。 新しいイメージをダウンロードする前に MSFC をリロードした場合、Xmodem を使用して MSFC を回復する必要があります。 Flash デバイスをフォーマットし、イメージを置き換えても機能しない場合は、Flash デバイスの交換を検討してください。

MSFC に誤ったコンフィギュレーション レジスタが設定されている場合

コンフィギュレーション レジスタは、他の変数と同様に MSFC の起動条件を設定する値です。 show boot コマンドまたは show version コマンドを発行してこの値を検証します。

MSFC#show boot

BOOT variable = bootflash:c6msfc-jsv-mz.121-8a.E2,1
CONFIG_FILE variable =
BOOTLDR variable = bootflash:c6msfc-boot-mz.121-6.E1.bin
Configuration register is 0x102

MSFC#show version

Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) MSFC Software (C6MSFC-JSV-M),
   Version 12.1(8a)E2, EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1)
TAC Support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 1986-2001 by cisco Systems, Inc.
Compiled Fri 03-Aug-01 14:23 by hqluong
Image text-base: 0x60008950, data-base: 0x61928000
ROM: System Bootstrap, Version 12.0(3)XE, RELEASE SOFTWARE
BOOTFLASH: MSFC Software (C6MSFC-BOOT-M),
   Version 12.1(6)E1, EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1)
MSFC uptime is 3 minutes
System returned to ROM by reload at 19:20:19 UTC Sun Sep 3 2000
Running default software
cisco Cat6k-MSFC (R5000) processor with 57344K/8192K bytes of memory.
Processor board ID SAD04010CCY
R5000 CPU at 200Mhz, Implementation 35, Rev 2.1, 512KB L2 Cache
Last reset from power-on
Bridging software.
X.25 software, Version 3.0.0.
SuperLAT software (copyright 1990 by Meridian Technology Corp).
TN3270 Emulation software.
123K bytes of non-volatile configuration memory.
4096K bytes of packet SRAM memory.
16384K bytes of Flash internal SIMM (Sector size 256K).
Configuration register is 0x102

コンフィギュレーション レジスタ変数を変更した後、MSFC(または Cisco ルータ)設定をメモリに書き込む必要はありません。 正しいコンフィギュレーション レジスタ設定は 0x102 と 0x2102 がとなります。

このコマンド出力例は、コンフィギュレーション レジスタを修正する方法を示しています。

MSFC#show boot

BOOT variable = bootflash:c6msfc-jsv-mz.121-8a.E2,1
CONFIG_FILE variable =
BOOTLDR variable = bootflash:c6msfc-boot-mz.121-6.E1.bin
Configuration register is 0x0

MSFC#configure terminal

Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

MSFC(config)#config-register 0x102

MSFC#show boot

BOOT variable = bootflash:c6msfc-jsv-mz.121-8a.E2,1
CONFIG_FILE variable =
BOOTLDR variable = bootflash:c6msfc-boot-mz.121-6.E1.bin
Configuration register is 0x0 (will be 0x102 at next reload)

config-register コマンドの詳細はブート コマンドを参照してください。

MSFC がブート モードのままである場合

MSFC は次のいずれかの理由でブート モードのままになる場合があります。

  • フラッシュ上のイメージの実際のファイル名と boot コマンドで使用されるファイル名が不一致

  • ブート コマンドが正しくない

  • コンフィギュレーション レジスタ値が正しくない

  • Cisco IOS ソフトウェア イメージが破損しているまたは存在しない

回避策

シャーシ内のデュアル スーパーバイザ エンジンのスタンバイ側のスーパーバイザ エンジン MSFC を回復する

このドキュメントでここまで説明した回復プロシージャは、シングルまたはデュアル スーパーバイザ エンジンが搭載されたシャーシ内のアクティブなスーパーバイザ エンジンに属する MSFC の回復に適用されるものです。 デュアル スーパーバイザ エンジンのスイッチでは、スタンバイ側のスーパーバイザ エンジンのコンソールはロックされ、アクティブなスーパーバイザ エンジンのコンソールのみ使用できます。 MSFC には物理的な外部コンソール ポートがないため、アクティブなスーパーバイザ エンジン MSFC のコンソールにアクセスするには switch console コマンドを発行する必要があります。

このセクションの例では、アクティブなスーパーバイザ エンジン/MSFC はスロット 1 に、スタンバイ側のスーパーバイザ エンジン/MSFC はスロット 2 にあります。 スタンバイ側のスーパーバイザ エンジン/MSFC がスロット 1 にあり、アクティブなスーパーバイザ エンジン/MSFC がスロット 2 にある場合、「16」の部分をすべて「15」に置き換えます。

モジュール 16 として表示されるスタンバイ側のスーパーバイザ エンジン内の MSFC を回復するには 2 つのオプションがあります。

  1. 現在のアクティブなスーパーバイザ エンジンから switch supervisor コマンドを発行し、MSFC を回復するスーパーバイザ エンジンをアクティブにします。 このコマンドで 2 番目のスーパーバイザ エンジンにフェールオーバーします。 以前のスタンバイ側のスーパーバイザ エンジンがアクティブなスーパーバイザ エンジンになり、コンソールにアクセスできるようになるため、回復手順を実行できます。

    This method is straightforward, but it does have a disadvantage. この手順により、MSFC が回復するまでネットワーク運用が中断する場合があります。 そのためこの方法は、スケジュールされたメンテナンス時間帯、またはネットワーク運用があまり必要ない状況で使用してください。 予備のシャーシを使用できる場合、現在のシャーシからスタンバイ側のスーパーバイザ エンジンを外し、予備のシャーシに設置して回復することができます。この場合、実稼働中のスイッチの現在の運用に悪影響はありません。

  2. これは、スタンバイ側のスーパーバイザ エンジンで MSFC を回復する際にネットワーク ダウンタイムが発生しない、影響の少ない方法です。 スタンバイ側のスーパーバイザ エンジン MSFC のコンソールにアクセスするには、アクティブなスタンバイ スーパーバイザ エンジンから switch console 16 コマンドを発行します。 このコマンドは、回復する必要がある MSFC 用のスタンバイ側のスーパーバイザ エンジン コンソールをアクティブにします。 端末をスタンバイ側のスーパーバイザ エンジンのコンソールに接続します。 次に、回復手順を使用してアクティブなスーパーバイザ エンジン MSFC を回復します。

MSFC の回復が完了したら、Ctrl を押した状態で C を 3 回押して、アクティブなスーパーバイザ エンジン上のコンソール ポートを再アクティブ化します。 スタンバイ側のスーパーバイザ エンジンのコンソールは以前と同様に再度ロックされます。


関連情報


Document ID: 19284