ワイヤレス / モビリティ : ワイヤレス LAN(WLAN)

シスコ ワイヤレス デバイスの関連付けマトリクス

2016 年 1 月 16 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 12 月 20 日) | フィードバック


Ciscoエアロネットドライバを、ファームウェアおよびユーティリティーソフトは得るために、Ciscoワイヤレス ダウンロードを示します。


目次


概要

Wireless LAN (WLAN)を設計するか、または操作するとき、ハードウエアコンポーネント キャパシティがネットワークの他の要素を持つアソシエーションを形成すると考慮して下さい。 このドキュメントでは、単純な形式で各 Cisco ワイヤレス コンポーネントの関連付け機能について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この資料はすべての Ciscoワイヤレス ハードウェア および ソフトウェア バージョンに適当です。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ブリッジおよび自律 AP アソシエーション マトリックス

802.11 提携プロセスは AP がワイヤレス ステーションにロジカルポートまたはアソシエーション 識別子(援助)をマッピング するようにします。 提携プロセスはクライアントの機能情報が含まれている Association 要求 フレームのワイヤレス ステーションによって開始し、アソシエーション レスポンス フレームの AP によって完了します。 アソシエーション応答は成功か失敗、また理由コード示します。

行列を使用して下さい

この行列は異なる Cisco Aironet コンポーネントの設定可能な機能を考慮します。 たとえば、Cisco Aironet クライアントアダプタカードがインフラストラクチャ モードまたは任意モードではたらくために設定することができたりので各モードのためのカラムおよび行がある。

注: この行列は lightweight に焦点を合わせないし、デバイスを一致させます。 この資料、ワイヤレス メッシュ ハードウェア アソシエーションおよびこれらのデバイスのアソシエーション 詳細を論議する LWAPP AP アソシエーションに別のセクションがあります。

2 つの特定の Cisco Aironet コンポーネントがアソシエーションを形成できるかどうか判別するためにコンポーネントの 1 つを行列の上を渡るカラムから選択し、行列の左側に沿ってリストされている行から他を選択して下さい。

2 つのコンポーネントがアソシエーションを形成できる場合選択した列および行が横断する X があります。 余白は関連付ける不可能を示します。

マトリックスおよび凡例

CA = Client Adapter
AP = Access Point
BR = Ethernet Bridge
BSx = Base Station
X = association possible
/ = association possible if repeater is associated to "root" AP

/image/gif/paws/19242/matrix.gif

ワイヤレス メッシュ ハードウェア アソシエーション

Cisco Unified 無線ネットワーク ソリューションの一部であるメッシュ ネットワークソリューションは 1つ以上のワイヤレス ホップに互いに通信することを 2つ以上の Cisco Aironet 軽量メッシュ アクセス ポイントが(以後メッシュ AP と呼ばれる)複数のLAN に加入するか、または 802.11b ワイヤレス カバレッジを拡張するために可能にします。 Cisco メッシュ AP はメッシュ ネットワークソリューションで配置されるあらゆる Cisco WLAN コントローラ(WLC)からおよびを通して設定され、監視され、操作されます。

Cisco Aironet 1030 リモート エッジ Lightweight APs および Cisco Aironet 1500 シリーズ軽量屋外 AP はメッシュ AP として展開することができます。

これらの役割の 1 つの Cisco Aironet 1030 リモート エッジ Lightweight APs および Cisco Aironet 1500 シリーズ軽量屋外 AP を操作できます:

  • ルーフトップ アクセス ポイント(RAP)

  • Pole-top Access Point(PAP; ポールトップ アクセス ポイント)

メッシュ ハードウェア-アソシエーションテーブル

ワイヤレス メッシュ デバイスのためのアソシエーションテーブルはここにあります:

  • WLCM はワイヤレス LAN コントローラ モジュールを意味します

  • WiSM はワイヤレス Integrated services module を意味します

matrix-19242a.gif

注: Cisco Aironet 1030 リモート エッジ Lightweight APs および Cisco Aironet 1500 シリーズ軽量屋外 AP はシングル ホップ配置をサポートします。 ただしマルチホップ バックホール配置をサポートするために、Cisco Aironet 1500 シリーズ軽量屋外 AP が必要となります。

詳細については Cisco メッシュ ネットワークソリューション 配置ガイドを参照して下さい。

LWAPP AP アソシエーション

Lightweightアクセスポイントプロトコル(LWAPP) -マウントされる前にイネーブルになった AP は Cisco 統合ワイヤレス ネットワーク ソリューションの一部で、マニュアル設定を必要としません。 AP は LWAPP 可能な Cisco WLC によって設定されます。

Cisco では中心にされた WLAN アーキテクチャは Lightweight モードで、LWAPP 有効に された AP 動作します(自律モードに対して)。

セットアップおよびパス 認証およびランタイム オペレーションのための制御メッセージングを定義する LWAPP は IETF草案 プロトコルです。 また、LWAPP では、データ トラフィックのトンネリング メカニズムも定義しています。

LWAPP デバイスのためのアソシエーションテーブルはここにあります:

/image/gif/paws/19242/matrix-19242b.gif

注: LWAPP AP に自律 AP の関係がありません。 LWAPP AP は中央集中型 WLAN アーキテクチャの下に来ます。 、自律 AP が分散 WLAN アーキテクチャの下に来る一方。 LWAPP AP に加えて、適切なファームウェアがインストールされている場合 LWAPP 両方モードおよび自律モードで機能できるある特定の AP があります(同時に)。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 19242