非同期転送モード(ATM) : ATM の逆多重化(IMA)

ATM 逆多重化(IMA)の FAQ

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この FAQ では、2600/3600 7x00 ルータ シリーズ、Catalyst マルチサービス スイッチ ルータ(MSR)8500 シリーズ、および Lightstream LS1010 非同期転送モード(ATM)スイッチに関する IMA の問題に対処します。 DSL 製品および IGX/MGX WAN スイッチに関する特定の質問はこの資料で当たりません。

Q. IMA とは何か。

A. IMA は Inverse Multiplexing for ATM を意味します。 このテクノロジーは DS3 か OC3 回線の支払をしないで T1 速度からの WAN 帯域幅を、拡張するように努めている顧客向けにスケーラブルのおよび費用に対して効果の高いソリューションを提供します。 IMA を使うと、T1 2つ以上の回線は 3Mbps 速度の上向きに得るために「効果的に」組み込むことができます。

Cisco 7X00 ルータの ATM 逆多重化および詳細については ATM スイッチを参照して下さい。

Q. IMA を続けて設定する方法

A. E1/T1 クロス ケーブルは使用される必要があります。 これらのケーブルは 2 個の RJ 45 アダプタでピンの配線によって次の通り、標準 UTP ケーブルを使用して作ることができます:

ピン 1 ----------------------- ピン 4

ピン 2 ----------------------- ピン 5

他のピンはすべて未使用です。

ima_19168.gif

ルータ 1 関係のある構成だけ

interface ATM1/0
   no ip address
   no atm ilmi-keepalive
   ima-group 0
   scrambling-payload
   impedance 120-ohm
   !
   interface ATM1/1
   no ip address
   no atm ilmi-keepalive
   ima-group 0
   scrambling-payload
   impedance 120-ohm


interface ATM1/IMA0
   no ip address
   no atm ilmi-keepalive
   !
   interface ATM1/IMA0.1 point-to-point
   ip address 1.1.1.1 255.255.255.0
   pvc 10/100
   encapsulation aal5snap

ルータ 2 関係のある構成だけ

interface ATM2/6
   no ip address
   no ip route-cache cef
   scrambling cell-payload
   framing crc4adm
   ima-group 1
!
interface ATM2/7
   no ip address
   no ip route-cache cef
   scrambling cell-payload
   framing crc4adm
   ima-group 1
!

interface ATM2/ima1
   no ip address
   no atm ilmi-keepalive
!
interface ATM2/ima1.1 point-to-point
   ip address 1.1.1.2 255.255.255.0
   pvc 10/100
   encapsulation aal5snap

Q. IMA 回線上のフレーム リレーを実行できますか。

A. いいえ。 IMA カードのための根本的なレイヤ2 テクノロジーは ATM です。 これは回線が ATM セルに基づいて動作することを意味します。 ATMセルは固定長に設定され、53 バイトで構成されています。 従って、IMA カード上の他のどのレイヤ2 テクノロジーも実行することはできません。 以下の事項に注意して下さい: IMA カードは FRF8 回線の ATM 終わりか FRF5 ネットワークのフレーム リレー ATM 間 な スイッチで設定されるルータのために ATMインターフェイスとして使用することができます。 詳細については次に挙げるドキュメントを参照して下さい:

Q. すべての ATMサービス カテゴリーは IMA カードでサポートされますか。

A. いいえ。 IMA カードに固定ビット レート (CBR)または Unspecified Bit Rate plus (UBR+)トラフィックのためのサポートがありません。 ただし、可変ビットレート 非リアルタイム(VBR-nrt)、可変 ビット比率実質時間(VBR-RT)、未指定ビット レート (UBR)および使用可能ビット レート (ABR)を含む他のクラスのためのサポートが、あります。

Q. Cisco IMA カードは LANE をサポートしますか。

A. Cisco IMA カード サポート LANE v.1 および LANE v.2。

Q. シスコシステムズによって IMA のどんなバージョンがサポートされますか。

A. 両方のバージョンのための Ciscoサポートは製品タイプに従って現在異なります。 3600/2600 のルータシリーズ ネットワークモジュール(NM)がように、Cisco 7200 シリーズ ルータ IMA ポート アダプタ(PA)はバージョン 1.0 だけをサポートします。 LS1010/8510MSR/8540MSR ATM スイッチ サポート バージョン 1.0 だけのための IMA カード。 しかし DSL スイッチおよびルータは IMA バージョン 1.1 をサポートします。 以下の事項に注意して下さい: IMA 1.1 および 1.0 間に下位互換性があります。 下記の表は製品およびプラットフォームごとのバージョン サポートを示します:

製品 プラットフォーム IMA v 1.0 サポート IMA v 1.1 サポート
NM-4T1-IMA/NM-4E1-IMA 3600/2600 なし
NM-8T1-IMA/NM-8E1-IMA 3600/2600 なし
AIM-ATM 3600/2600
PA-A3-8T1IMA/PA-A3-8E1IMA 7x00 なし
C85MS-8T1-IMA/C85MS-8E1-IMA-120 LS1010/8510MSR/8540MSR なし

詳細については次に挙げるドキュメントを参照して下さい:

IMA v1.1 のためのサポートは Cisco 2600/3600 ルータで NM のために計画されます。 IMA v1.1 に関する詳細な情報詳細については、ATM の逆多重化(IMA) 仕様の v1.1 を理解することを参照して下さい。

Q. IMA カードがありますが、IMA を実行するように意図しません。 それにもかかわらず IMA プロトコルなしで明白な ATM T1 回線を実行するのにこのカードを使用できますか。

A. はい、これはサポートされます。 また接続しているプロバイダーのスイッチが同じような設定で動作することを確かめて下さい。 IMAグループと明白な T1 の ATMインターフェイスの設定は幾分異なっています。 それぞれの例は下記のように与えられます:

Example 1.: IMA のない ATM 設定例

ima1.gif

ルータ R1

ステップ 1 メインインターフェイス(オプションの)のインターフェイス 広い パラメータを設定して下さい。

! 
interface ATM1/0 
   no ip address 
	      atm uni-version 3.1  
	      no atm auto-configuration 
	      no atm ilmi-keepalive 
   no scrambling-payload

ステップ 2 ATM IMA カードで使用される仕様 T1 インターフェイスを定義して設定して下さい(ポイントツーポイントかマルチポイント要求に応じて定義することができます)。

!
interface ATM1/0.1 point-to-point 
  description atm circuit to R2 
  ip address 10.10.10.1 255.255.255.0 
  pvc 1/40 
  encapsulation aal5snap 
!

ルータ R2

interface ATM1/0.1 point-to-point 
  description circuit to R1 
  ip address 10.10.10.2 255.255.255.0  
  pvc  1/40  
  encapsulation aal5snap

Example 2.: IMA の ATM 設定例

ima2.gif

R3 の IMA プロトコルに加わっている設定だけここに与えられます。 この例では、2 つの ATM T1 ポートだけ R3 ルータの IMA に加わっていると仮定します。 R4 のための設定は明白な ATM T1 が使用中である場合 IMA が実行されれば、または R1 ですに類似した R3 に。

ルータ R3

ステップ 1 IMAグループに T1 参加インターフェイスを配置して下さい。

interface ATM1/0     
! -- 1st interface in the IMA group

 no ip address 
 ima-group 0         
! -- defining IMA group 0

interface ATM1/1     
! -- 2nd interface in the IMA group
 
 no ip address 
 ima-group 0         
! -- defining IMA group 0

!

IMAグループ 0 にインターフェイスを配置することの結果として、IMA 論理インターフェイス(ima0)は ATM1 の下で作成されます。 これは ATM1/ima0、それの下のサブインターフェイスを持っていることが可能なメインインターフェイスとして認識されます。

ステップ 2 論理的な IMA インターフェイスを設定して下さい。

!
interface ATM1/ima0
 no ip address 
 no atm ilmi-keepalive 
!

ステップ 3 ルータで使用される仕様 IMA インターフェイスかサブインターフェイスを定義して設定して下さい。

interface ATM1/ima0.1 point-to-point
description circuit to R4 
 ip address 10.10.10.3 255.255.255.0 
 pvc 1/41 
 encapsulation aal5snap 
!

Q. 8 ポート IMA カードがありますが、IMA を実行していません。 このカードに 8 つの ATM T1 行を接続できますか。

A. それは疑わしいプラットフォームや IMA カードによって決まります。 NM-8T1-IMA を実行する 3600 /2600 で 4 人の IMAグループだけサポートされます。 PA-A3-8T1IMA カードを実行する 7x00 プラットフォームで 8 人の IMAグループはサポートされます。 (ところ x = NM モジュールのための 0,1,2...3 かグループの T1 の数に関係なく PA のための 0,1,2...7)、私達消費した 1 グループだけを T1 インターフェイスが IMAグループに ima-group x コマンドを用いることによって配置される時。 、しかし、ATM T1 は IMAグループにそれを置かないで使用されます、この設定は実際に別の IMAグループ考慮され、1 つ利用可能 な IMAグループの数を減らします。 8 ポート IMA カードが、IMAグループ 0 のポート 0 および 1 を、ポート 2、3、および 4 IMAグループ 1 に置き、次にポート 5 を、6 実行すればあったら、明白に ATM T1 として 7、事実上、5 人の IMAグループを使い果しました一例として。

NM-8T1-IMA (2600/3600 これらのポートが自由であるにもかかわらずそれ以上の T1 が設定されるか、または展開することができないこと)で、IMA なしで 4 つの ATM T1 行を実行することは影響を用いるすべての利用可能 な IMAグループを消費します。 始動にもう T1 を試みる場合、次 の メッセージを得ます:

コンソール出力:

%IMA-1-NO_ATM_CHANNEL_AVAILABLE: Delaying activation of ATM3/4        
      until a currently active interface is shutdown.

出力される show controller:

13 SIG          3D894E80         0    052F2C20  0 
      SAR Scheduling channels:  -1 -1 -1 -1 -1 -1 -1 -1

ATM チャネル番号は、割り当てられる待っている自由な channel.not 割り当てられません。

IMA プロトコルを有効に しないで 2600/3600 で IMA カードの完全なポート密度を使用するように意図する場合 NM-4T1-IMA カードを考慮したいと思う場合もあります。 以下の事項に注意して下さい: PA-A3-8T1IMA カードを実行する 7x00 プラットフォームにこの制約事項がないし、IMA プロトコルを用いないで 8 つの ATM T1 行をサポートします。

Q. 回線は IMA を実行するために使用されました。 ルータから分界点に T1 ケーブル/ポートを接続する必要がある特定の順序がありますか。

A. プロバイダとこれをチェックする必要があります。 Ciscoルータが順序に関係なく T1 接続を許可する間、ある特定のプロバイダーのスイッチが接続の堅い発注を期待した例がずっとあります。 これが事実である場合、どのポートかにどの T1 が行くか示すために分界点のポートが適切に分類されるようにして下さい。

Q. ATM T1 の巡回冗長検査(CRC)およびレイヤ1 がエラー インターフェイスすることを見ています。 トラフィックに IMA カードの ATM T1 または IMA インターフェイスを配布することがまたできません。 どのように IMA カードのユーザー ATM ポートが良いことを確認できますか。

A. これをする最もよい方法は T1 ループバックプラグを用い、ポートのそれぞれをテストすることです。 ここにどのようにかです:

  1. (1 つにあったら) IMAグループからテストされるべき ATM T1 インターフェイスを戻して下さい。

  2. テストされるポートに T1 ループバックプラグを接続して下さい。

  3. クロック ソースを「内部に」変更し、インターフェイスの shut/no shut をして下さい(インターフェイスおよびプロトコルはこの時点で稼働するはずです)。 これをすることがこのインターフェイスのすべてのユーザの接続に影響することに注意して下さい。

  4. 次にポイントツーポイント サブインターフェイスを作成して下さい、これに IP アドレスを割り当てて下さい、PVC を、およびクリア インターフェイスのカウンター作成して下さい。

  5. サブインターフェイス IP アドレスに拡張 ピングテストを行って下さい。 入力エラーがあり ping は正常な 100% であるはずです。 ポートがこのテストに合格する場合、Cisco ATM 端デバイスのハードウェア上の問題を持っていません。 それ以上のテストが問題がどこにあるか判別するために必要となります。 ハードウェア ループバック プラグの使用によってそれ以上のループバック テストをすることができます。 ピン 1 に 4 および 2 から RJ 45 モジュラージャックを使用して T1 ループバックプラグを作成する 5 をループして下さい。 T1 ループバックプラグを構築しループバック テストをする方法に関する詳細な情報詳細については T1/56k 回線向けループバック テストを読んで下さい。

    それは特に ATM IMA カードまたは回線上の回線および接続上の問題を解決するために Cisco TAC を呼出すとき役立ちます利用可能 なこのプラグがあるために。

Q. ルータが装備されている 2 つのサイト、それぞれおよび IMA カードがあります。 および明白な ATM T1 の他のサイトは IMA と 1 つのサイトを実行できますか。

A. はい。 以下の事項に注意して下さい:各々の個々のサイトはプロバイダの IMA ATM スイッチで適切に終わる必要があります。 たとえば、IMA を実行するスイッチのプロバイダで IMA として回線の終わりは終える必要があります。 このサービスを提供する ATM スイッチが私有である場合、これが適切に設定されるようにして下さい。 下記の図では、R1 は IMA カードを使用して、IMA ATM Telcoスイッチに接続されます。 R1 の設定は規則的な IMA設定です。 コード例全体のための Cisco 2600 および 3600 ルータで ATM の逆多重化(IMA)を読んで下さい。 R2 に関しては、図は下記の規則的な ATM T1 設定を示します。 はたらくこれのために Telcoスイッチは側面 R2 の接続の同じような設定があるはずです。

ima3.gif

Q. IMA カードの「遅延差」とは何、ときそれを変更する必要があるためにか。

A. differential-delay-maximum コマンドは受電端の隣接した IMA リンクからのパケットの受信の間で認められる最大遅延を設定 します。 IMA プロトコルは IMAグループを構成する ATM T1 行の「ラウンドロビン」方式でセルを送信します。 これらのセルは遅延 期間 規定最大値のの内で受信する必要があります。 この遅延が超過するとき、データ ストリームは正しく再建することができません。 ルータ(か ATM スイッチに)入って来る T1 特定の行に規定 された IMA 最大より大きい遅延がある場合この T1 はおよび IMAグループに加わらないことをためにダウンします。

下記の例は 75 ミリ秒に設定 される 最大遅延差を示します:

R1 (config)# interface atm 1/ima1 
R1(config-if)# ima differential-delay-maximum 75

設定可能な遅延 期間は 25-250 ミリ秒から及びます。 余りにも高い値割り当てたくさんの遅延許容は、およびこれを設定してある特定のネットワークアプリケ− ションに影響を与えるか、または再送信を引き起こすかもしれないです。

IMA設定の最大遅延差分が両端で一致する必要がない間、デバイスがリンクの遅延に同じように応答するようにこの値をエッジ デバイスとサービスプロバイダー スイッチ間で一貫した維持したいと思う場合もあります。 Ciscoルータおよびスイッチで、遅延差のデフォルト値は次の通りです:

Cisco Platorm IMA のためのデフォルト Differntial 遅延(ミリ秒で)
Catalyst 8500 25
Cisco 3600 25
Cisco 7200 250

Cisco 機能拡張 DDTS CSCdw53239 はデフォルト値のための一貫性を確認するためにファイルされました。

IMA および遅延差のさらに詳細な トラブルシューティング手法はここに説明されます。

Q. IMA カードのための仮想パス識別子/仮想チャネル識別子(VPI/VCI)範囲とは何か。

A. 複数の物理インターフェイスおよび IMAグループを当たるために、VPI 変換ロジックは追加されました。 このロジックは内部 処理のためのビット 5 および 6 で定義されたように VPI 範囲を保持します。 ロジックはきちんと物理インターフェイスまたは IMAグループ間の論理接続と Segmentation And Reassembly (SAR) 機能によって使用される Virtual Channel (VC)をマッピング するために VPI ビットを足し算や引き算します。 オリジナルインプリメンテーションは VPI 範囲に 4 ビットを提供しました。 CSCdt64050 は 8 ビットに 0s を vp-per-vc コマンドの省略のビット 5 および 6 の代わりにしている間 VPI 範囲のアドレス拡張についての情報を提供します。 ビット 5 および 0 の代わりになる 6 によって使用可能な VPI 値は 0-15、64-79、128-143 および 192-207 です。 この範囲の外部の VPI/VCI 値を設定することを試みる場合下記のように表示されたメッセージを得ます:

3640-2.2(config)#int atm0/0.100 
3640-2.2(config-subif)#pvc 16/35
%Invalid VPI of 16 requested: (ATM0/0): Not creating vc:1 
Legal VPI sub-ranges are 0-15, 64-79, 128-143, 192-207!

異なるプラットフォームは VPI/VCI 値の異なる範囲を備えています。 これらの値の詳細リストに関しては、Cisco ATM ルータ インターフェイスの最大アクティブ仮想回線数についてを読んで下さい。

Q. もっとも一般的な IMA 既知の問題とは何か。

A. もっとも一般的な IMA 既知の問題は下記の表で要約されます。 CCO に 登録済 の ユーザはこれらのバグの Bug Toolkit登録ユーザのみ)を詳細については使用できます。

Bug ID 説明
CSCdt64050 atm vc-per-vp コマンドが VCI 範囲の修正のつもりで NM に適用されるとき、コマンドはインターフェイスで許可されますが、SAR は更新済ではないです。 これは ATM VC の接続上の問題、PING 損失および 1 方法トラフィックに導きます。 この問題は Cisco IOS で解決されますか。 ソフトウェア バージョン 12.2(4)T、および 12.2(4)。
CSCdr39332 ATM の逆多重化(IMA) 環境の単一 T1 または E1 リンクが Cisco 3600 シリーズ ルータの遅延差限界を越えたら、他の good T1 または E1 リンクは無効になられるようになるかもしれ、IMAグループは過剰 遅延と単一 T1 または E1 リンクで動作します。 予期された動作は追加された遅延を用いる bad T1 または E1 リンクが無効になり、3 つの good T1 または E1 リンクが操作上に残ることです。
CSCdr22203 IMA に加わる ATM 物理インターフェイスはライン が アップ/プロトコル が ダウン の 状態にとどまります。 しかし IMA 論理インターフェイスは行のためにおよびプロトコル両方の上にあります。 これは見かけ上の問題で、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2 で解決されます。
CSCds56866 Cisco IOSソフトウェアはバーチャル IMA インターフェイスの削除を可能にしません。 画面で次のエラーメッセージが現れます: 「物理インターフェイスの削除%割り当てられません」。が 現在、唯一の回避策はルータをリロードすることです。 「write memory」が実行された場合、リロードはバーチャル IMA インターフェイスをクリアします。
CSCdu38436 T1 インターフェイスが IMAグループに含まれているとき、IMAグループのインターフェイスのそれぞれのクロッキングは内部に変更します。 これは PA-A3-8T1/E1IMA モジュールで特に時間を記録することがキャリアによって提供されれば観察され、接続/トラフィック転送問題という結果に終るかもしれません。 問題は IMAグループで各リンクに show controller atmx/y コマンドを使用することによって見られる場合があります。 txtiming 値は各インターフェイスの TX クロッキング 値を提供します。
txtiming = 0xA = Line
txtiming = 0xE = Internal  
回避策は IMAグループをシャットダウンし、ユーザー T1/E1 をグループから取除き、それを内部 クロックで設定し、IMAグループに戻って追加することです。 この問題は Cisco IOS ソフトウェア バージョンで解決されました。

Q. IMA インターフェイスのための clear counters をするときどんなカウンターがクリアすることができますか。

A. 次のコマンドによって表示するカウンターだけクリアすることができます:

show int atm1/ima0
show atm vc <vcd>
show atm pvc <vpi/vci>

show controller の出力の下の次のカウンターはモジュールが OIRd であるか、またはルータがリロードされれば場合だけクリアすることができます。

インターフェイス カウンタ

VC カウンター

そのモジュールに結ばれた顧客全員に影響を与えるので実稼働環境でこれをすることを推奨しません。

Q. T1/E1 8 ポート IMA カードが ATM スイッチで認識されない理由

A. 認識されるべきこのカードに関してはプロセッサカードのフィーチャ カード フロー単位 キューイング(FC-PFQ)を持っていることは必要です。 T1 および E1 IMA ポート アダプタはプロセッサカードの特殊機構カード クラスごとのキューイング(FC-PCQ)と動作できません。 8 ポート T1 および E1 によって読まれる IMA ポート アダプタ詳細については。

Q. どのように VBR-nrt VC クラスおよび PA-A3-8E1IMA を使用して IMA インターフェイスの PCR の 2M 多くを設定できますか。

A. PVC をで設定できるために PCR の 2M 以上、IMA バンドルそれの複数のアクティブ リンクがある必要があります。 IMA バンドルが 1 ATM E1 リンクだけが含まれている場合、設定 2M 以上できません。 vc-class の下で設定することができる最大レートはより高い速度 ATMインターフェイスによって定まります。 これは下記のように次のシナリオで見られる場合があります:

シナリオ 1: IMA バンドルの 1 アクティブ ATMリンク

Bernard#show ima int
ATM1/0/ima1 is up        
        ImaGroupState: NearEnd = operational, FarEnd = operational
        ImaGroupFailureStatus  = noFailure
IMA Group Current Configuration:
        ImaGroupMinNumTxLinks = 1    ImaGroupMinNumRxLinks = 1
        ImaGroupDiffDelayMax  = 25   ImaGroupNeTxClkMode   = common(ctc)
        ImaGroupFrameLength   = 128  ImaTestProcStatus     = disabled
        ImaGroupTestLink      = 0    ImaGroupTestPattern   = 0xFF
IMA Link Information: 
 Link                 Link Status              Test Status  
------         ----------------------------   --------------
ATM1/0/0       up                             disabled      
ATM1/0/1       down                           disabled
Bernard#config t
       Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
       Bernard(config)#vc-class atm 4000
       Bernard(config-vc-class)#vbr-n ?
       <1-2000> Peak Cell Rate(PCR) in Kbps

見られる場合があるようにこのクラスのための PCR に 2000 キロビット/秒の上限があります。 これは E1 1 ATMインターフェイスだけ IMAグループに稼働しているという理由によります。

シナリオ 2: IMA バンドルでアクティブな 2 つの ATM リンクがあります

Bernard#show ima int
ATM1/0/ima1 is up
        ImaGroupState: NearEnd = operational, FarEnd = operational
        ImaGroupFailureStatus  = noFailure
IMA Group Current Configuration:
        ImaGroupMinNumTxLinks = 1    ImaGroupMinNumRxLinks = 1
        ImaGroupDiffDelayMax  = 25   ImaGroupNeTxClkMode   = common(ctc)
        ImaGroupFrameLength   = 128  ImaTestProcStatus     = disabled
        ImaGroupTestLink      = 0    ImaGroupTestPattern   = 0xFF
IMA Link Information:
 Link                 Link Status              Test Status
------         ----------------------------   --------------
ATM1/0/0       up                             disabled
ATM1/0/1       up                             disabled
Bernard#config t
       Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
       Bernard(config)#vc-class atm 4000
       Bernard(config-vc-class)#vbr-nrt ?
       <1-4000> Peak Cell Rate(PCR) in Kbps

この場合、設定することができる PCR 最大値は 4000 キロビット/秒です。 これは IMAグループに E1 2 つの ATM アクティブインターフェイスがあるという理由によります。

トラフィック シェーピングを設定した場合、パーサー(CLI)は最大レートがであるもの決定する必要があります。 パーサーはそしてより高い速度インターフェイスのためのルータをスキャンし、最大シェーピング速度のために比率を使用します。 IMA を使うと、最大レートは ATM の量によってインターフェイスさせますバンドルの含まれたおよびアクティブ変わることができます。 従って、IMA を使用するとき、最初に IMA バンドルを設定しなければなり、それからすべての ATM を確かめるためにインターフェイスはトラフィック シェーピングを設定する前にアップし、アクティブになっています。


関連情報


Document ID: 19168