音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity: IP 対する複数の統合からスイッチへの一括編集の使用

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料に選択するためにすぐに電話 システム サブスクライバおよびコール ハンドラ 使用、また電話 システム Cisco Unity がメッセージ通知にダイヤルするのに使用する管理をするのに Bulk Edit ユーティリティを使用する方法を変更します必須記述されています。 このプロセスは、『Cisco CallManager Integration Guide』のステップ 7 に基づいており、レガシー構内交換機(PBX)システムを使用するすべての Cisco Unity のサブスクライバを IP システムに変換します。

ユーザおよびコール ハンドラを一つずつ変更するとき、ユーザの桁の大型 システムの多量の時間かかることができます。 Bulk Edit ユーティリティはレガシー PBX システムに割り当てられる IP システムにすべての Cisco Unityサブスクライバおよびコール ハンドラを変換することを可能にします。

Cisco Unityサブスクライバと一度コール ハンドラのための Bulk Edit ユーティリティを一度実行して下さい。

前提条件

要件

この資料は二重電話システム統合から Cisco CallManager統合 ガイドCisco CallManager だけ統合セクションに変換するとき統合ステップについて詳しく知っている読み、と仮定します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unity for Exchange バージョン 3.0 および それ 以降に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco Unityサブスクライバのために Bulk Edit ユーティリティを使用して下さい

Cisco Unity サーバで Bulk Edit ユーティリティをインストールして下さい。 それは Cisco Unity 3.1(2) と それ以降と出荷します。 Cisco Unity 3.1(2)の最初のリリースと出荷するバージョンに既知 の 問題があります。 Cisco Unity ユーティリティ Software Download ページ登録ユーザのみ)から正しいバージョンをダウンロードできます。

複数の統合から Bulk Edit ユーティリティを使用している Cisco Unityサブスクライバおよびコール ハンドラのための IP に切り替えるためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. Cisco Unity サーバの Bulk Edit ユーティリティを起動させ、> バルク編集します『Start > Programs』 を選択 して下さい。

  2. 外観 ページから、『Make changes to subscribers』 を選択 し、『Next』 をクリック して下さい。

  3. Select Subscribers ページから、『All Subscribers Associated with this Switch』 を選択 し、ドロップダウン リストから非 IP スイッチを選択して下さい。

    /image/gif/paws/19156/bulkedit-1.gif

    レガシー スイッチはまだドロップダウン リストに対話式ソフトウェアがアンインストールされるのにリストされています。

  4. レガシー スイッチと関連付けられるすべてのユーザを選択するために『Add Subscribers to Grid』 をクリック して下さい。

  5. [Next] をクリックします。

  6. Select Subscriber Changes ページから、Profile タブをクリックし、変更スイッチ 割り当てからドロップダウン リストに IP スイッチを選択して下さい。

  7. Notification タブをクリックして下さい。

    /image/gif/paws/19156/bulkedit-2.gif

  8. Notification タブから、Home Phone タブをクリックして下さい。

  9. 変更割り当てをからドロップダウン リストに、選択します IP スイッチを切り替えて下さい。

    /image/gif/paws/19156/bulkedit-3.gif

  10. すべての通知 デバイス(作業電話、ページャー電話、予備電話、ページャー、電話 2、電話 3、電話 4、電話 5、電話 6、テキスト ページャー、および 2 1 2)テキスト ページャーのためのステップ 8 および 9 を繰り返して下さい。

  11. [Next] をクリックします。

  12. [Update Subscribers] をクリックします。

    /image/gif/paws/19156/bulkedit-a.gif

  13. [OK] をクリックします。

    bulkedit-b.gif

  14. 出力ログを調べるためにプロンプト表示された場合『Cancel』 をクリック して下さい。

  15. 『Exit』 をクリック して下さい。

コール ハンドラのために Bulk Edit ユーティリティを使用して下さい

コール ハンドラのために Bulk Edit ユーティリティを使用するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco Unity サーバで、> バルク Bulk Edit ユーティリティを起動させるために編集します『Start > Programs』 を選択 して下さい。

  2. 外観 ページから、『Make changes to Call Handlers』 を選択 し、『Next』 をクリック して下さい。

  3. Select Call Handlers ページから、『All Call Handlers associated with this switch』 を選択 し、ドロップダウン リストから非 IP スイッチを選択して下さい。

    レガシー スイッチはまだドロップダウン リストに対話式ソフトウェアがアンインストールされるのにリストされています。

  4. レガシー スイッチと関連付けられるすべてのコール ハンドラを選択するために『Add Handlers to Grid』 をクリック して下さい。

  5. [Next] をクリックします。

    bulkedit-4.gif

  6. Select Call Handler Changes ウィンドウから、Profile タブをクリックして下さい。

  7. 変更割り当てをからドロップダウン リストに、選択します IP スイッチを切り替えて下さい。

    /image/gif/paws/19156/bulkedit-5.gif

  8. [Next] をクリックします。 転送、グリーティング、発信者 入力および Messages タブに必要な変更がありません。

  9. 『Update Call Handlers』 をクリック して下さい。

  10. [OK] をクリックします。

    bulkedit-b.gif

  11. 出力ログを調べるためにプロンプト表示された場合『Cancel』 をクリック して下さい。

  12. 『Exit』 をクリック して下さい。

結果の確認

このプロシージャを確認するために完了して下さい:

  1. Cisco Unity システム 管理を開いて下さい。

  2. 加入者のプロファイルを開いて下さい。

  3. Profile ページのスイッチ設定が正しいスイッチに行われることを確認して下さい。

    /image/gif/paws/19156/bulkedit-6.gif

すべてのサブスクライバのためのメッセージヘッダーを変更して下さい

すべての susbcribers のためのメッセージヘッダーを変更するために、メッセージ通知のための From フィールドを変更するか、またはアップデートして下さい。 メッセージ通知 From フィールドをアップデートするためにこのクエリを実行して下さい:

UPDATE  NotificationDevice
SET  DIvdevicePhoneNumber = 'Call xxx-xxx-xxxx to access your VM'
WHERE  (Alias = 'Text for VMI')

関連情報


Document ID: 19156